諸々 承知 しま した。 「承知いたしました」は正しい敬語なのか・メール・上司への使い方

「諸々」と「諸所(諸処)」の意味の違いと使い分け

諸々 承知 しま した

ビジネスシーンでは、取引先からの依頼や上司からの指示を受ける場面が毎日のようにあると思いますが、みなさんはどう返答していますか? 今回は、「分かりました」という気持ちを表現する言葉の正しい使い方について調べてみました。 後者は、特別な条件下で用いるものなので、一般的なビジネス用語として使われるのは、前者になるでしょう。 「する」の丁寧語が「します」、その過去形が「しました」ですから、「了解しました」=「理解 することが完了 しました」という意味の丁寧語ということになります。 故に、同僚や目下の人に対して使う言葉であって、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたりますので、注意が必要です。 では、取引先や目上の人に対しては、どのような言い方が正しいのでしょうか。 これは、「承知する」という言葉が「わかる 了解する 」の謙譲語だからです。 ちなみに、「承知しました」よりも「承知いたしました」とした方がより丁寧に感じるかもしれませんが、「承知する」がすでに謙譲語であることから、「する」を「いたす」という謙譲語に変換せずとも、失礼にあたることはありません。 「了解しました」は同僚や目下の人に対して使うべき言葉だと説明しましたが、調べてみたところ、「する」の謙譲語が「いたす」であることから、「了解いたしました」であれば、取引先や目上の人に対して使っても、本来問題はないのだそうです。 しかしながら、一方で、「了解いたしました」は使うべきではないとされており、多くの企業が、「了解いたしました」よりも「承知しました」の方を使用するよう、指導しています。 実際、ビジネスシーンで「了解いたしました」を使っている人が少ないのも、事実です。 目上の人に対しての「了解しました」がNGとされていることで、いつの間にか「了解」という言葉自体が失礼にあたるという風潮が出来上がってしまったのかもしれません。 また、そもそも受け取る側が誰であれ、「了解」よりも「承知」の方が良い印象を与えることができるように思います。 例えば、部下に「3時までにコピーしておいて」と指示した場合に、「了解いたしました」と返されて怒る人はいないと思いますが、自分が一般客という想定で、「金曜日の夜から2泊でお願いしたいのですが」とホテルに予約の電話を入れた時に、「了解いたしました」と言われたらどうでしょうか。 「了解いたしました」は間違いではないかもしれませんが、相手やシチュエーションによっては失礼な言葉と受け止められる可能性がある以上、ビジネスの世界では使うべきではないとされ、「承知しました」の方を推奨しているのです。 端的に言えば、「承知しました」の方が無難だということです。 了解しました」 ・「了解しました。 先方にその旨連絡しておきます」 目上の人に対して ・「承知しました。 飛行機の手配はお任せ下さい」 お客さまに対して ・「明日2名様ですね。 承知いたしました」 ・「承知しました。 では、在庫を確認して参ります」 「分かりました」という気持ちを表す言葉はほかにもありますが、相手やシチュエーションによって、その形は変化します。 まずは、「了解しました」は同僚や目下の人に、取引先や目上の人には「承知しました」を使うということを、覚えておくと良いでしょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

承知いたしました、って英語でなんて言うの?

諸々 承知 しま した

尊敬語は、相手側の存在や動作を立てる敬語。 丁寧語は、言い方を丁寧にして、聞き手や読み手を立 てる敬語で、文末に「です」「ます」が付いた言い方。 美化語は、自分の言い方を飾る言葉遣い。 「承知いたしました」は尊敬語ではなく謙譲語です。 自分が「承知」した場合、「承知いたしました」というのは 正しい敬語の用法です。 ただ、固い感じがするので、 接客業の場合は「かしこまりました」と言った方が感じよく 聞こえるかもしれません。 また、女性が使うと生意気だと 思う人もいるかもしれません。 しかし、上記の通り、「承知いたしました」が謙譲語の適 切な用法であることは確かです。 「承知」は「承(うけたまわる)」という漢字を含みますが、 尊敬語としても使うことができます。 相手側(上司や顧客など)が「承知」した場合は、「ご承 知くださいました」などの尊敬語か、「ご承知いただけました」 などの謙譲語を使います。 間違っても、「お客様が承知いたしました。 」などと言っては いけません。 確かに上司の方のおっしゃるとおり、正しくは間違いとなります。 つまり「承知」と「致しました」は2つの言葉がつながって出来ており、「承知」=「わかった・納得」という意味合いになるのです。 したがって、「承知致しました」は、丁寧な言葉には聞こえますが、実際には「納得致しました」となってしまうのです。 一般的に社会人が上司や目上の方に使う「尊敬語」は「かしこま・りました」が正しいのです。 「かしこま・る」の意味は 「広辞苑」から引用致しますが、 1:身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとるとき。 2:謹みの気持ちを表し堅苦しく姿勢を正して座る。 正座する。 承りました。 窮屈である。 言いわけをする。 となるのです。 ご理解いただけましたでしょうか? 正しい日本語ですよ。 きっと、聞き慣れなかったのでしょう。 女性は「かしこまりました」と言った方が、 やわらかくて好感が持てるという ご年配の方も多いですから。 元気出してくださいね。 ちなみに、「かしこまりました」が尊敬語、 「承知いたしました」が謙譲語です。 ですから、どちらも目上の人に対する敬語として、 「わかりました」を表す正しい語です。 ura9man3さん、「承」にそんな偉そうな 意味合いはありませんよ(笑)。 だって、「承る(うけたまわる)」が謙譲語として 存在しなくなってしまうじゃありませんか。 男性が使うことが多く、堅苦しいかんじがするので そのようなイメージになってしまったのでしょうね。 こちらのページを参考にどうぞ。

次の

「了解しました」の正しい使い方

諸々 承知 しま した

承知しましたの本当の意味と使い方をお伝えしています。 承知しましたという言葉は敬語なのか? そしてビジネスの場面でお客様や取引先、上司や先輩など目上の人に使っていい言葉なのかも確認していきましょう。 ビジネスの場面で、相手の言葉に対して理解したというような言葉の意味の敬語というのはいくつかありますよね。 その中でも、特に多く使われるのが「承知しました」という言葉です。 承知しましたという言葉は、 相手に対して理解したという敬語の中でもお客様や取引先、さらには会社での先輩や上司など、幅広い相手に使用することが出来る言葉。 実際に会社の研修などでも、使用するようにと教えられることも多いようです。 ここではそんな承知しましたという言葉について見ていきたいと思います。 承知しましたという言葉の本当の意味は?• 承知しましたという言葉の使い方とは?• 承知しましたは敬語?目上の人に使っていい?• まとめ• 自分よりも上の立場の人や• 敬意を払わなければならない相手 に対して使用する言葉でもあります。 「承知しました」と「かしこまりました」 同じ意味の言葉で「かしこまりました」という言葉がありますが、こちらは承知しましたという言葉よりもさらに丁寧に言いたいと気に使われる言葉でもあります。 どちらも同じ意味なので、どちらを使っても特に間違えではありませんが、相手によっては、かしこまりましたというと、ちょっと固すぎるととられることもあります。 しかし、承知しましたという言葉であれば、オールマイティーに使うことが出来るので比較的使用しやすい言葉でもあるので必ず覚えておくと便利です。 承知しましたの使い方とは? 承知しましたという言葉の意味は分かったと思います。 では実際にどのように使えばいいのでしょうか? 相手からの頼まれごとに対する使い方の例• 先輩や上司をはじめとする全ての目上の人• 取引先やお客様 に対して使うことが出来ます。 ただ、お客様に対して使用する場合には、承知しましたでも間違えではありませんが、より丁寧な「かしこまりました」という言葉の方が適切な場合もあります。 まとめ 「承知しました」という言葉は、相手に対してその言葉を理解したという意味で使用する言葉です。 相手に対して理解をしたという意味では、他にも同じような意味でも「了解しました」「かしこまりました」という言葉があります。 しかし了解しましたという言葉は目上の人が目下の人に対して使う言葉ですし、かしこまりましたは承知しましたとほぼ同じ意味ではありますが、より丁寧に伝えたいときに使用します。 その為、上司や先輩やお客様など、目上の人に対してオールマイティに使用できるのが「承知しました」という言葉になります。 特にビジネスの場面では承知しましたという言葉が必要な場面が多々あると思いますので、しっかりと覚えて置き正しく使用することが出来るといいですね。

次の