埋没 法 抜糸。 埋没法で糸を取るには?抜糸の料金や方法、負担を解説│フランケンのモテ研究所

不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)

埋没 法 抜糸

埋没法は、まぶたの内部構造を本当の二重瞼に変えていませんので、埋没した糸を取り除けば元に戻すことができます。 これが埋没法の特徴でもあります。 抜糸する手術は、皮膚を1~2mm切開し、まぶたの中に埋没した糸の結び目を見つけ出し、結び目近くで糸を切断し、結び目ごと糸を摘出するのです。 手術後2~3か月以内でしたらほぼ確実に元に戻りますが、手術後長く経過した場合や糸の周りの炎症による癒着が進んでいますと、抜糸をしても薄くクセがついてしまい、完全には元に戻らないこともあります。 また、まぶたの中の奥深くに結び目がある場合、糸が発見できず抜糸ができない場合もあります。 これまで埋没糸は異物であるという側面が軽んじられてきたきらいがありました。 埋没法の効果が追及される一方で、その副作用が軽視されてきたのです。 埋没法の抜糸について検討が十分になされなかったので、情報提供が乏しく、埋没法を受け実際に副作用が出た患者さんはどうすれば良いか分からず、悩みは深刻でした。 埋没法は糸で留めるだけの簡単な手術と宣伝されています。 このように宣伝されると、埋没法は体にやさしい方法であると錯覚してしまいます。 しかし、言い方を換えると、埋没法は糸という異物を埋め込む方法であり、まぶたの健康には良くない手術とも言えます。 したがって、異物である埋没糸を抜糸することも常に念頭におかなければなりません。 抜糸を受ける理由として、二重ラインのデザインが気に入らなかった、二重ラインが浅くなったり消失してきた、糸が青く透見されたり、シコリができた、牽引感や重圧感あるいは違和感がある、眼のゴロゴロ感、目やに、眼の痛み、充血といった角膜刺激症状などです。 糸の周りにシコリができ、プックリと盛り上がって見える 埋没法に使う糸の劣化変性も問題になります。 宣伝では、糸は医療用で溶けることのない永久糸であるから安全性に問題はないとされます。 しかし、埋没法の糸として用いられることの多いナイロン糸は経年変化で劣化変性し、10年も経過するとボロボロになってしまうのです。 埋没糸が劣化断裂すると全部が抜糸できず、一部の糸が残存することにもなります。 また埋没糸の周囲にシコリや瘻管 ろうかん が認められることもあります。 抜糸の方法には皮膚側アプローチと結膜側アプローチとがあります。 皮膚側アプローチには皮膚を切る長さにより穿刺 せんし 切開法、小切開法、全切開法があります。 ほとんどの埋没法では、皮膚側に埋没糸の結び目があるので、基本的な抜糸方法としては皮膚側アプローチでしかも傷跡の短い穿刺 せんし 切開法を行っています。 穿刺 せんし 切開法では、埋没糸の存在が予測される皮膚に1~2mmの刺し傷 穿刺切開 を加え、糸を探し出し抜糸をします。 経験上、この穿刺切開法で半径6mmほどの範囲にある埋没糸は十分に抜糸可能です。 この時の傷跡は残るものの、ほとんどわからないぐらいキレイに治ります。 まぶたの裏側の結膜側からの抜糸 埋没法の糸の存在部位は、皮膚皮下、筋肉内、瞼板前の3つに分類できます。 埋没法の瞼板固定法では、糸の結び目が瞼板前の深い所にあることが多く、糸の発見が難しく抜糸は困難を伴います。 一方、糸の結び目が皮膚皮下にある場合は、結び目が青く透見されます。 これは容易に穿刺切開法で抜糸できます。 糸が筋層にある場合、皮膚面での変化が乏しく問題となることがありません。 また抜糸をする場合も比較的容易にできます。 埋没糸の存在部位は筋層が適切であると思われます。 元に戻らない埋没法はありません。 「当院の埋没法は、元に戻らない、永久保障します」との宣伝をうのみにすると危険です。 そのクリニックでは複雑な糸の掛け方をしているのです。 埋没糸の本数を増やり複雑な糸の掛け方をするほど、異物としての副作用が増すとともに抜糸が難しくなってきます。 まぶたの裏側の炎症は抜糸をすることで治まりますが、まぶたの裏側の瘢痕 傷あと は消失することはなく永続しますので、その旨をよく理解する必要があります。 宣伝では抜糸をすれば元に戻るから安心とありますが、これは間違いです。 ひとたび埋没法を受けると、たとえ抜糸しても皮膚の陥凹、癒着、浅い二重ラインが残り、完全には元のまぶたに回復することがないことを理解する必要があります。 抜糸手術では、埋没糸が発見できるまで1時間ないし2時間もかかることがありますが、深刻な悩みを解消したいという患者さんの期待を裏切ることなく粘り強く慎重に、まぶたへの負担を最小にすべく努力しなければならないと思います。 「埋没糸は異物」ですから、抜糸がしやすいように、しかも一生涯異物による副作用が起こらないような埋没糸の掛け方を行うことが大切であると考えています。

次の

二重埋没法の30年後。癒着した糸を抜糸した体験談。

埋没 法 抜糸

もくじ• 埋没法の抜糸とは 埋没法の抜糸とは、二重まぶたをつくるために まぶたに入れた糸を抜糸する手術のことです。 基本的に、 まぶたの皮ふをメスで数ミリほど切開し糸をとりだします。 まぶたを切開する範囲はすごく狭いので、基本的に縫うことはありません。 埋没法の術式によっては、まぶたの裏側(結膜)から抜糸をすることもあるようです。 抜糸をする理由には、「幅や食い込みが気に入らなかった」「まぶたがあまりに腫れすぎて不安になる」「埋没糸がゆるんだ(取れた)ので再度埋没をするため」などがあります。 (参考:twitter、instagram) 痛み 管理人も埋没法の抜糸をしましたが(詳しくは) 抜糸の痛みはほとんどありませんでした。 抜糸をするときにまぶたに麻酔の注射をするのですが、腕にする注射よりも痛みを感じませんでした(先生のおかげかもしれませんが)。 麻酔が効いているのでまぶた切開をする感覚や痛みはありませんし、まぶたが糸で引っ張られている感覚はあったものの、痛くてたまらない!ということはまったくありません。 ただ、抜糸をしたあとまぶたにチクチクした痛みがありました。 耐えられないほどではありませんでしたし、数時間後にはなくなっていたので、そこまで心配する必要はいらないと思います。 ・・・ヤフー知恵袋やツイッターを見ていると「埋没よりも抜糸のほうが痛い」という投稿があったりして、ビビる気持ちもよく分かりますw 埋没法の抜糸の期間 埋没後いつから抜糸できる? 美容外科・形成外科の公式サイトを調べてみましたが、 埋没後何日経ってから抜糸してもいいかが分かりませんでした。 ただ、抜糸の経過ブログを見ていると、最短で 埋没法の手術から5日で抜糸したという方がおられました。 お医者さんや知恵袋のコメントに「埋没の腫れがしっかり引く2週間後くらいがおすすめ」とか「埋没後1か月くらい経ってから考えてから?」という意見をよく見かけます。 そのため、埋没をしてから2週間くらい経たないと抜糸できないと考えている方がいますが、そうではありません。 「数日前に埋没したけどどうしても抜糸したい!」「精神的に耐えられない!」ということもあると思うので、抜糸したいと感じたときは我慢せず、お医者さんに相談することをおすすめします。 再埋没はいつからできる? 美容外科・形成外科の公式サイトを調べてみましたが、 抜糸何日後から再埋没できるという情報がみつかりませんでした。 ただ、SNSやブログで再埋没した方のレポートを読むと、最短で 「抜糸から2週間後に再埋没した」という方もいらっしゃいました。 クリニックによって抜糸から何日後に埋没手術ができるかはちがっているようなので、埋没手術をうけたいクリニックに確認するようにしてくださいね。 ちなみに城本クリニックの公式サイトには以下のように書かれていました。 他院で埋没法を行いました。 気に入らないのでやり直ししたいのですがどれくらい間をあければいいでしょうか。 再手術は 最低1ヵ月以上あけていただくようお願いしております。 腫れやむくみ具合によっては、2ヶ月ほどあけていただく場合もございます。 (城本クリニック) ほかの美容外科の情報も、見つかり次第のせていきますね。 昔した埋没法の抜糸はできる? 5年~10年前など何年も前にした埋没法の糸は、 糸の状況によっては抜糸することができます。 では、「7年前」「12年前」や「15年前」などの埋没糸を除去したという記事がありました。 しかし、何年も前にした埋没法の糸の場合、「糸が奥深くにあって見つからない」とか「糸の糸が抜けて透明になり見つからない」という理由で、 抜糸できないこともあります。 (参考:高須クリニック、神戸ゆりクリニック) 埋没糸が見つからないときは、まぶたの切開部分を大きくすることで見つかりやすくなりますが、そのぶん「腫れ」や「傷」もできやすくなります。 埋没法の抜糸をするクリニック・先生 どこの美容外科に頼むべき? 抜糸したいと思ったとき、「埋没法の手術をうけたクリニックがいい?それとも他院がいい?」と悩む人がいるかもしれません。 また、「埋没手術がうまくいかなかったから、ちがうクリニックで抜糸をお願いしたい」という人もいるかもしれませんね。 埋没から5年以内であれば、埋没法の手術をしたクリニックで抜糸することをおすすめします。 なぜなら、病院のカルテに「どんな術式の埋没法なのか「何点止めたなのか」などの手術内容が記録されていて、埋没糸を抜糸しやすいからです。 「埋没から5年以内」の理由は、病院のカルテの保存期間は5年間と決まっているから。 (参考:厚生労働省) 逆に言うと、埋没手術から5年以上経っている場合、カルテが捨てられている可能性もあります。 カルテがなければ埋没手術の記録を参考にできないので、どこのクリニックに行っても目視のみで糸を探すことになります。 名医はいる? ごめんなさい、ウェブ検索やSNSで調べてみましたが 抜糸がうまいと評判の先生(名医)は分かりませんでした。 ただ、 「埋没法の修正を多くしている先生」と 「他院抜糸を専門にしている先生」は抜糸の経験が多いので、ほかの先生よりも抜糸が上手な確率が高いといえると考えています。 埋没法・切開法の修正手術でよく名前を聞くのは、 ・タウン形成外科(東北・表参道) ・池本形成外科(東京) ・山本クリニック(東京) ・こまちクリニック(大阪) など。 あくまで「名前をよく聞く」というだけなので、名医かどうかは分かりませんごめんなさい・・・。 また、他院抜糸では ・アロマ美容外科クリニック(神奈川) という美容外科の名前をよく耳にします。 アロマ美容外科クリニックの公式ブログには抜糸の症例写真(除去した糸の写真)がたくさん掲載されているので、抜糸経験は相当あるんじゃないかなと感じます。 料金 抜糸の料金は、 クリニックによって大きく変わります。 また、埋没時につけた(ついている)保証によっても、抜糸の料金がかわることがあります。 参考として、抜糸をしているクリニックと料金(公式サイトで掲載しているクリニックのみ)をまとめています。 病院名 当院抜糸 他院抜糸 メモ ヴェリィ美容外科 両目計4本まで20,000円 片目2本まで12,000円 両目計4本まで60,000円 京都 プリモ麻布十番 50,000円 1点ごとに50,000円 アロマ美容外科クリニック 基本料金20,000円 美容外科・美容クリニックの公式サイトを見ても、 抜糸の料金を書いていないところが多くあります。 「埋没をしたところで抜糸がしたいけど、料金がわからない!」と不安にならないためには、 埋没手術をうけるときに抜糸についても確認しておくことが大切です。 といっても、私も経験しましたが、カウンセリングで聞いてもざっくりしか教えてくれなかったり、そもそも抜糸について聞きにくい雰囲気だったりするんですよね。 よく分かります。 それでも未来のあなたのために、抜糸の料金だけでも確認しておくことを強くおすすめします。 埋没法の抜糸の腫れについて 「抜糸はどれくらい腫れるの?」と「抜糸の腫れをできるだけふせぐ方法」を解説していきますね。 どれくらい腫れる? 抜糸から 約7日間~10日間くらいは、腫れやむくみが気になることがあります。 (参考:神戸ゆりクリニック) 埋没手術から7日目に抜糸をした私の場合、抜糸直後はそこまで腫れず、 抜糸した2~3日後が一番腫れました。 必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。 抜糸直後。 腫れやむくみはそこまで気にならないですよね。 抜糸した次の日。 やや内出血が気になるものの、腫れはそこまでありません。 抜糸2日目。 前日に入浴したせいか黄色く腫れてしまいました。 昨日の夜お風呂に入りましたが、2日目ほど黄色っぽさはありません。 ちょっとむくみが気になるかな?くらい。 すべての人が同じように腫れる・腫れがひくわけではありませんが、私の場合はこんな感じでした。 よければ参考にしてくださいね。 腫れないようにする方法 抜糸後に腫れないようにする方法は、 埋没法手術のあとに腫れないようにする方法とまったく同じです。 「」の記事にかなり詳しくまとめていますので、ぜひこちらの記事をご覧くださいね。 簡単にまとめると、 血行がよくなることを控えることで腫れをふせぐことができます。 血行がよくなることとして、熱めのお風呂に入る、長風呂をする、運動をする、お酒を飲む、などがあります。 埋没法の抜糸での癒着について 癒着して元に戻らないことがある? 埋没法の抜糸をしても、 糸が癒着して二重のまま元に戻らないこともあり得ます。 埋没法は糸をとれば、ラインが元にもどるのではありません。 糸により組織が一定期間縛られることになり、この 組織の癒着が残ることがあります。 したがって、 糸をとっても元の目にならないことがあります。 二重がそのままになることも、一重にもどることも、浅いしわのようになることも、狭い幅の二重になることも、すべてありうることです。 (日本美容医療協会(JAAM)オンライン公開相談室/メガクリニック) なお、癒着(ゆちゃく)が残ってしまうと、糸を除去しても二重のラインが消えない場合があります。 残念ですが、これはやってみないと、わかりません。 もし、元の目に戻したいと思っているのであれば、1日も早く、当院に、ご来院ください。 時間が経てば経つほど、癒着(ゆちゃく)が強くなってしまいます。 (アロマ美容外科クリニック) ただ、埋没をしたすべての人が、癒着をおこして元に戻らなくなるわけではありません。 埋没法をしてからある程度時間が経ってから抜糸したものの、癒着しておらず、一重まぶたに戻った方もたくさんいます。 また、「埋没をしてから何ヶ月以内に抜糸すれば癒着しないですむ?」と疑問に思うかもしれませんが(私も抜糸したときは調べまくりました)、これもはっきりとした答えはありません。 埋没から半年経って抜糸したけど癒着した人、埋没から2年後に抜糸したけど癒着していない人、などさまざまです。 抜糸をするときに癒着して後悔しないためには、 埋没法とは癒着をおこし、もとにもどらなくなる可能性がある手術だと知っておくことが大切だと考えています。 埋没法の抜糸のダウンタイムについて メイク 抜糸をして切開部分を縫わなかった場合、アイシャドウなど傷の上へのメイクは 2~3日控える必要があります。 (参考:神戸ゆりクリニック、城本クリニック) 切開した部分からお化粧品が入り込み、 細菌感染や色素沈着の可能性があるからです。 抜糸をして切開部分を縫ったときは、 抜糸した次の日からメイク可能です。 コンタクト ソフトレンズ、ハードレンズともに 抜糸当日から着用できます。 (参考:神戸ゆりクリニック、城本クリニック) しかし、コンタクトをして違和感やゴロゴロした感じがするときは、着用するのをやめてください。 埋没法の抜糸で迷っているあなたへ 埋没をしてからあまり時間が経っていないのに「抜糸したい!」「二重に違和感があって気になってしょうがない」と悩んでいるあなたへ。 私も埋没法の手術をうけてから たったの7日間で抜糸をしてしまいました。 「埋没法 抜糸」とか「埋没法 腫れ」とかって検索すると、「埋没から1か月は抜糸せず様子を見たほうがいい」「すぐに抜糸するなんてもったいない」ときには「自分の意志で埋没したのにすぐ抜糸するなんてあり得ない」という批判の声もみられますよね。 それを見ると「その通りなんだけど、どうしても抜糸したい気持ちに変わりはないのになぁ。 どうすればいいんだろう。 このまま様子を見たほうがいいの?でもこんなに違和感のあるまま生活するのもつらい」と、延々と考えていたことを思い出します。 7日間で抜糸をした私としては、 すぐに抜糸をして本当によかったと思っています。 なぜなら、違和感のある二重が気になるまま生活する苦しみから、はやく解放されることができたから。 あまりにもひどい腫れが何週間も何ヶ月も続いたとしたら?そのあいだ仕事や外出やデートのたびに気になってどうしようもないとしたら? ひとりでいるときですら辛くて仕方なかったのに、頻繁に人に会うようになったときのことなど、考えられませんでした。 ただ、埋没法の経過ブログやレポを見るかぎり「腫れがひどくても2週間、1か月と経てばグンと落ち着く」というのも本当だと思います。 私はそもそも糸を留めた場所があまりにも納得がいかなかった、また、腫れが引いてもなりたい二重まぶたになり得ないと分かりきっていたから抜糸という決断に至れました。 あなたはどうでしょうか?その腫れが引いた先は想像できますか?止めた場所に納得はいっていますか?このまま腫れが続いても大丈夫ですか? すごく迷わせるようなことを書いて申し訳ありませんが、どうぞよく考えてほしいなと思います。 また、「抜糸したい」という気持ちが強いのであれば、「もったいない」なんて意見は耳に入れず抜糸をしてください。 自分がなりたくもないラインに二重ができて、そのまま戻らなくなるほうがよっぽどもったいないと思います。 あなたが納得いくようにすすめますように。

次の

埋没法の抜糸で傷跡が残った場合|埋没法の失敗克服BOOK

埋没 法 抜糸

埋没法は人気のプチ整形であり、二重ラインを点で留めることによって自然なラインを作り出せるというものです。 しかし希望通りのデザインに仕上がらなかったり、左右差や目元にトラブルが出たりときには抜糸をして再度やり直しをしなければなりません。 ここでは、埋没法の抜糸方法や痛み、ダウンタイムについて紹介します。 埋没法抜糸とは 埋没法の抜糸では、まぶたに埋没させた糸を回収するために手術を行います。 二重部分に入っている糸を2mm〜3mm程度の微小な切開穴から抜き取ります。 このとき開けた切開穴は縫合の必要はなく、腫れも数日で軽減していきます。 クリニックによっては顕微鏡下で極小の切開穴を開け、傷跡を最小限に抑えた抜糸が可能です。 顕微鏡を使うことで正確性の高い抜糸ができ、腫れを最小限にできるメリットがあります。 なかには透明の埋没糸や糸の色抜けによって見えづらくなっているケースもありますので、そのような場合には顕微鏡を使う必要があります。 顕微鏡下の抜糸はクリニックによって対応できる場合とできない場合があるため、事前に確認をしてください。 痛みはあるの? 埋没糸の抜糸は、一般的な抜糸と同じように行われます。 ここでは、実際に感じる痛みについてみていきます。 手術中の痛み 埋没部分の糸がどの程度組織に癒着しているかによって、抜糸にかかる時間や手間が変わります。 たとえば、1ヶ月しか埋入していなかった糸と3年以上埋入したままだった糸とでは、皮膚組織への癒着度合いが異なります。 また、糸と組織の相性・癒着の程度や痛みの感じ方には個人差があるため、抜糸にどの程度時間と痛みがかかるかははっきりと明言することができません。 抜糸中は皮膚に麻酔を使用しますが、まぶたが引っ張られるようにして、軽い鈍痛を感じることがあります。 施術部分が目元のため、デリケートに痛みを感じる患者さんもいます。 抜糸にかかる時間はおよそ10分~15分程度で、基本的に糸を抜ききってしまえば終了します。 それ以上の長時間になることはほとんどないでしょう。 痛みに弱い方は事前に医師に相談し、痛みを感じにくいように施術を行ってもらうと安心です。 抜糸直後の痛み 術中は麻酔が効いているためほとんど痛みを感じることはありませんが、抜糸直後に麻酔がきれてくるタイミングで痛みを感じることはあります。 ただしどの程度抜糸後に痛みが続くかは個人差があります。 埋没の期間が短ければまぶたの裏から糸を取り除けますが、埋入期間が長ければまぶたの表面から切開をして糸を取り出すことになり、傷跡も大きくなります。 表面切開をしても、通常はかるくむくむ程度のダメージで済みますが、1,2週間程度はまぶたに触れることで軽い痛みが続く可能性があります。 ダウンタイム中の痛み 抜糸を終えた後は傷口が治るまでダウンタイムに入ります。 糸を無事に回収できれば、その後の痛みはほとんどありません。 抜糸のために開ける穴は見た目にもほとんど目立たない小さなものなので、ダウンタイム中の痛みについてもほぼ心配はなく、傷口も短期間のうちに塞がります。 ただし、ダウンタイム中はまぶたがデリケートな状態になっていますから、過度に刺激を加えたり傷跡に直接メイクを塗り込んだりすることは避けましょう。 抜糸の期間について 一度施術を行った部分について、デザインや目元のトラブルにより再治療(二重戻し)をする場合は、2,3ヶ月空けてから行うのが一般的です。 埋没法を行って1ヶ月は傷口の治癒に費やされるので、1ヶ月以上は期間を空けておかなければなりません。 すぐに対処をしてくれるクリニックがあっても、トラブルを避けるために2ヶ月以上は期間をおくようにしましょう。 抜糸の腫れについて 抜糸にともなう腫れについては、皮膚と糸の癒着度合いによって変わります。 抜糸をして間もない頃はデリケートな状態ですが、そこから徐々に糸が皮膚に埋入していきます。 1年以上の長期にわたって糸が埋入している場合は、組織に糸が癒着しているため抜糸後に軽くむくみが出る可能性も。 しかし埋没法の傷口はほとんど目立たないほど小さいサイズですから、大きく腫れるといった心配はありません。 腫れによる見た目の変化が気になる場合は、抜糸後2日程度のダウンタイムを挟んでおくと安心です。 腫れが出る期間 糸と組織の癒着度や医師の手腕に左右されますが、基本的にほとんど腫れる心配はありません。 むくみのような腫れは1,2日程度続いて、その後少しずつ引いていき目立たなくなっていきます。 ただし傷口に雑菌が入るなどのトラブルが出てしまうと腫れが長引くおそれがありますので、術後は患部を清潔にして安静に過ごすようにしてください。 腫れている期間を短くする方法 抜糸後、少しでも腫れを早く引かせるためには以下の点に留意してください。  激しい運動を避ける  水分の過剰摂取を避ける  患部を冷やす 激しい運動は血圧を上げるため、腫れを悪化させる可能性があります。 水分の過剰摂取は顔やまぶたをむくませるので、腫れを目立たなくしたい場合には水分の摂りすぎを避けましょう。 腫れている部分は適度に冷やすようにします。 冷凍庫で凍らせた保冷剤にハンカチなどを巻いて、軽くまぶたに当てます。 抜糸の手術後にしてはいけないこと 抜糸を行った後は、以下の点に注意が必要です。 メイク・洗顔の禁止 まぶたの表側に穴を開けて糸を取り出した場合、2日間は腫れが出るためメイクや洗顔は避けましょう。 患部に刺激を加えることはもちろん、雑菌が傷口から入り込むと腫れが長引いてしまう可能性があります。 コンタクトの使用禁止 まぶたの裏側から糸を取り出した場合は、手術当日のみコンタクトレンズの使用が禁止されます。 裏側からの抜糸では傷口は目立ちませんが、コンタクトレンズを入れると直接患部に触れてしまうので、術後1日程度はメガネで代用するなど工夫を行ってください。 再埋没について 抜糸後に二重ラインをもう一度形成し直す場合は、ラインが薄くなったタイミングで再埋没手術を受けることができます。 抜糸は前回の埋没から1ヶ月程度経過しなければならないので、再埋没は少なくとも前回の埋没手術から1ヶ月以上がかかります。 前回の埋没から傷口が塞がり、安定するまでに一定の期間を空ける必要があるためです。 ただし、抜糸さえすれば必ず再埋没ができるわけではなく、事前に医師とよく相談を。 埋没法は腫れの少ない施術方法ですが、傷跡が残るなどのデメリットもあるため、無限に繰り返せるわけではありません。 2回までは基本的にやり直しがききますが、3回以上の再埋没になると埋没法には適さないとして、切開法のように効果の高い方法を勧められることがあります。 二重埋没法は1回目で失敗した場合、2回目以降も再び取れてしまう可能性が高いため、同じ手術を繰り返すことは推奨されていません。 再埋没の期間 再埋没は前回埋め込んだ糸の抜糸を行った直後から可能となります。 ただし目元にトラブルが出ている方は、炎症や傷が完治するのを待ってからの施術となります。 再埋没の方法 再埋没の方法は従来の埋没法と同じ手順で行います。 ただし前回とは異なるラインに二重を形成するので、前回の二重痕が残っていると、線が重なって三重になる可能性も。 再埋没をしても再び糸外れが起きてしまうと、今度は切開法や挙筋法といった方法で強力に二重を形成しなくてはなりません。 再埋没が最良の方法かどうかは、医師とよく相談を行って決めましょう。 1ヶ月以上経過してからの抜糸を 万が一二重ラインのデザインや幅が気に入らなければ、埋め込んだ糸を抜いてもう一度埋没法をかけていく必要があります。 その際、必ず1ヶ月以上が経過してから抜糸を行うようにしましょう。 1ヶ月が経過していなければならない理由は、患部に腫れやむくみが出ている可能性があるため。 目元の状態が安定していなければ、再埋没でも希望のラインが形成できない可能性があります。 はじめに埋没法を受けた場所とは違うクリニックで埋没法を受ける方も、1ヶ月が経過していないのに虚偽の申告をして治療を早めるのは避けてください。

次の