ボンゴレ ビアンコ レトルト。 貝の旨みがたっぷり! ボンゴレビアンコを美味しく作るための科学

[あさイチ]パスタソースでボンゴレピラフ!炊くだけの簡単レシピ

ボンゴレ ビアンコ レトルト

ゆでたてのパスタ(湯3リットルに塩10gを入れてゆでたもの)を中火のフライパンに加えてよく混ぜ合わせ(ソースがからみにくいときは、ゆで汁を少しずつたす)、塩、粗びき黒こしょう各適宜で味をととのえる。 器に盛り、パセリ少々をふる。 ---パスタのゆで方--- 1. 鍋に3リットル(ショートパスタのときは2リットルでOK)の水を入れ、沸騰したら、塩30g(ショートパスタのときは20g、アンチョビーやあさりなど塩味の強い具のときは作り方の分量を参照)を入れる。 パスタを入れる。 端が焦げたりしないように急いで湯の中に沈める。 鍋の縁にぐるりと広げるようにして入れると沈めやすい。 鍋に入れたら、すぐかき混ぜる。 かき混ぜることで、湯に沈みやすくなるし、パスタどうしがくっついてしまうことを避けられる。 袋の表示の1分くらい前になったら1本取り出して、かんでみて。 何回か堅さを確かめ、ちょっと堅いかなというくらいで引き上げる。 パスタを引き上げる。 ざるに上げてもよいが、そのときはゆで汁をおたま2~3杯分取り分けておくのを忘れずに。 ショートパスタは、ロングパスタよりも余熱で柔らかくなりにくいので、気持ち長めにゆでてOK。 ゆでかげんをみるとき、鍋から取り出し、そのまま口に入れると湯がすきまに入っていて、やけどすることが。 まな板に取り出して切ってからにして。 ファルファッレはひだの寄ったリボンの真ん中が火が通りにくいので、真ん中で切って、ゆでかげんを確かめます。

次の

手軽にできるボンゴレスパゲッティのおすすめレシピ20選

ボンゴレ ビアンコ レトルト

ボンゴレは、イタリア語のVongole(ヴォンゴレ)で、本来はアサリやハマグリなどの二枚貝を指します。 スパゲッティ・ボンゴレはナポリの名物料理で、伝統的なトマトソースを使ったロッソ(赤)と白ワインだけで仕上げたビアンコ(白)に加え、バジルソースを使ったヴェルデ(緑)やイカ墨のネーロ(黒)などもあります。 スパゲティやリングイネ、ヴェルミチェッリなどのロングパスタがよくあうお料理です。 この記事では、ボンゴレの基礎知識に加え、オイル系、トマト系、スープスパゲッティにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ボンゴレについて ボンゴレはイタリア語で二枚貝という意味で、ナポリ付近の地中海でよくとれるアサリやハマグリを白ワインで酒蒸しにしたものをパスタと合わせたのが、スパゲッティ・ボンゴレです。 貝のエキスが溶け込んだワインをパスタソースに使うので、貝の味をしっかり楽しめます。 ソースは、酒蒸しにしたワインをそのままソースに使う白いビアンコとトマトソースのロッソは、ピッツァと並ぶナポリの名物料理です。 アサリはイタリアでは高級食材だそうですが、日本ではそれほど高くないので、アサリをぜいたくにつかった本場の味を手軽に楽しめるのがうれしいですね。 アサリの酒蒸しは日本人にもなじみのあるお料理なので、しょうゆで味付けをして海苔をトッピングしたり、アサリと旬が重なる菜の花を合わせたりといった、和風アレンジも簡単にできます。 ボンゴレの栄養素について スパゲッティ・ボンゴレのメイン食材、アサリはミネラル、タウリン、亜鉛、ビタミンB1・2、鉄分が豊富で、疲労回復や美肌効果、貧血予防など、幅広い効果が期待できる食材です。 例えば、鉄分はアサリのむき身100gあたり約7mg含まれており、一日あたりの推奨摂取量をカバーできます。 またうまみ成分のタウリンは、二日酔い防止や中性脂肪の改善、血液をさらさらにする効果もあります。 鉄分、ビタミンB、亜鉛はビタミンCと一緒にとると、吸収がよくなるので、パスタと一緒にサラダなどを食べると効果的です。 調理する際のだしに栄養素がつまっているので、蒸した後の白ワインをソースにする、スパゲッティ・ボンゴレは、貝の栄養素を無駄にせずに食べられる、理想的な調理法だと言えます。 あさりはしっかり砂を吐かせ、にんにくはみじん切りに、キャベツは一口大に切ります。 スパゲティをゆでている間に、あさりを蒸し焼きにして、開いたところにキャベツ、白ワイン、塩・こしょうをし、3分ほど煮込みます。 パスタのゆで汁をあさりのワイン蒸しに混ぜて、味をなじませ、パスタと和えれば出来上がりです。 パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 日本生まれのパスタ料理「ナポリタン」は、戦後の横浜で発祥したと言われています。 ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなどの具材を炒め、ケチャップで味付けし、パスタをあわせて炒めると、トマトの甘い香りが食欲をそそりますよね。 ケチャップで味付けするので、簡単に作れるのも魅力の一つ。 作り方がシンプルなので、アレンジは自由自在。 家庭によって味や具材が変わる料理です。 この記事では、ナポリタンの基礎知識に加え、基本のナポリタン、和風ナポリタン、ナポリタンのアレンジ、パスタ以外の麺で作るナポリタン、変わり種ナポリタンにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

キユーピーあえるパスタソース ボンゴレビアンコ 白ワイン仕立て

ボンゴレ ビアンコ レトルト

kurashiru. 炊飯器で炊き込むだけ、という超簡単なレシピ。 パスタソース1人分に対し、米は1合です。 材料 ・米 1合 ・ボンゴレソース 1食分 ・パセリ 適量 作り方 1. 米1合で、水の量も1合の目盛りに合わせます。 ボンゴレソースを入れます。 混ぜ合わせ、炊飯器に入れて通常通り炊くだけです。 パセリを適量加えて混ぜるだけ。 あさりの香りが食欲をそそる ボンゴレピラフの完成です。 お米を研いで、ボンゴレソースを入れるだけ。 あとは普通通りご飯を炊くだけなので超簡単なレシピです。 ボンゴレソースに具材が入っているので、味付けはこれだけでOK.

次の