アゾ リウス フライヤー。 【神デッキ】自信あり!タコ入りアゾリウスフライヤーが環境をぶった切る! MTGA MTGArena MTGアリーナ

アゾリウス・スピリット(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

アゾ リウス フライヤー

Contents• 最初はアリストクラッツでよく見かけるような生け贄要素をたくさん組み込む形で作り始めたものの、1種類1枚だとさすがにパーツが足りないので断念したそうです。 サーチカードがたくさんあれば別ですが、 ブロールの1種類1枚という構築ルールでは、少数の特定のカードを主力にするというのはちょっと難しいという判断だったみたいですね。 スタンダードでもおなじみの 《大釜の使い魔》と 《魔女のかまど》のコンボは強力なのでぜひ入れたかったと思いますが、さすがに1枚だと揃えられなさそうですね。 猫かまどエンジン 《石とぐろの海蛇》はブロール戦では常に一定の働きをしてくれます。 ブロールでは相手が多色デッキのことが多く、自ずと多色の呪文も多く採用されているため、プロテクション 多色 が除去耐性や回避能力として輝きます。 単色相手でも、ある程度のサイズで出せばそれなりの脅威になってくれます。 いつ出しても仕事をします 今後の調整や別バージョンで採用し得るカード 前述したとおり、 《災いの歌姫、ジュディス》とシナジーのある生け贄パーツがたくさんあればアリストクラッツ型で組み上げることができそうです。 1種類1枚という縛りはあるものの、 《災いの歌姫、ジュディス》は統率者なのでほぼほぼ確実に場に出せるため、 《災いの歌姫、ジュディス》とシナジーする生贄パーツがあるカードを大量に採用することでカバーできるかもしれません。 ライフをゴリゴリ削る 他の部分については今回アグロ型で組んでいるのもあり、横並びからの 《災いの歌姫、ジュディス》でのパンプアップというシナジーはあるものの、基本的にはコンボ要素は排した割と素直な構成になっています。 あとは横並びプランが基本戦術なので、 《エンバレスの宝剣》が置きやすいというのはありますね。 基本的には飛行ビート軸で構成されています。 《風の憤怒、カイカ》はなるべく長く場に留めたいということで、統率者を守るために全体的にスペル多めで若干受け身構成。 全体的に軽いので主力といえるカードはほぼありませんが、自分の手札や相手に応じて柔軟に戦えます。 まずは 序盤からクリーチャーを並べてウィニーとして振る舞うプラン。 動きとしてはスタンダードのアゾリウス・フライヤーに近いですね。 さすがにオーバーキル 呪文でコントロールしながらクロックを作っていく 《僧院の導師》のような使い方であれば、コントロールならワンチャンあり…か?! 呪文でコントロールしてるうちに自然と盤面を掌握 コンボ・ギミック コンボというコンボではありませんが、おしゃれ枠?として 《栄光の好機》が入っています。 全員、突撃!! ちなみに、 《栄光の好機》の破壊不能付与には「ターン終了時まで」のような効果終了の制限がないので、敗北の誘発型能力を 《物語の終わり》で打ち消すと 自軍に永続的に破壊不能が付与されます。 統率者も打ち消せるナイスなカード 大変に気持ちいいので快楽重視の構築を試してみたい方はオススメ。 ブロールということで、4Cケシスのようなコンボデッキではなく強力な伝説のカードをふんだんに盛り込んだグッドスタッフデッキになっています。 《隠された手、ケシス》の能力で伝説の呪文のコストを軽減して連打するほか、対処されても墓地から再利用し、 カードパワーで押し潰します。 アタッカーにはスタンダードでも活躍している 《探索する獣》、 《悪ふざけの名人、ランクル》、 《虐殺少女》などが採用されています。 制作者曰く、「正直レジェンドで弱いカードはほとんど入ってないと思います。 」とのこと。 また、「 ケシスの能力を有効活用すると実は自由度が低いのでほとんどの人がこれに近い形に落ち着く気がしています。 それでも強いカードを軒並み採用できるのでパワーはある印象。 」という総評でした。 今後の調整や別バージョンで採用し得るカード 今回は採用されていませんが、 《永遠神ロナス》、 《永遠神オケチラ》を採用する案もあったそうです。 コンボ・ギミック グッドスタッフなのでこれといって目立つものはありませんが、 《デヴカリンのリッチ、ストーレフ》の回収能力は 《ゴルガリの女王、ヴラスカ》や 《悪ふざけの名人、ランクル》などのサクリファイス系カードとシナジーを形成しています。 もちろん、生贄にしたパーマネントが伝説の場合は、統率者である 《隠された手、ケシス》の能力で墓地から唱えることもできます。

次の

アゾリウス・スピリット(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

アゾ リウス フライヤー

関連動画• 再生回数:2294 コメント:96 マイリス:3• 再生回数:2354 コメント:71 マイリス:3• 再生回数:2650 コメント:121 マイリス:4• 再生回数:3276 コメント:140 マイリス:8• 再生回数:710 コメント:76 マイリス:4• 再生回数:1986 コメント:24 マイリス:1• 再生回数:6077 コメント:101 マイリス:104• 再生回数:8535 コメント:534 マイリス:19• 再生回数:2437 コメント:154 マイリス:8• 再生回数:2476 コメント:97 マイリス:5• 再生回数:1582 コメント:140 マイリス:1• 再生回数:2848 コメント:141 マイリス:5 タグ がついた人気の動画•

次の

MTGアリーナ(PC):ヒストリックアンソロジー2が間近

アゾ リウス フライヤー

[] 主義・沿革 が法の執行者であるなら、アゾリウスは法の作成者である。 ラヴニカの公式政府を前身とする評議会は、その名残として立法府としての機能に特化し、現在もなお、ラヴニカの法整備を生業としている。 そのため、他のギルドに比べ、官僚的な性格が非常に強く、保守的であるが故に彼らはギルドパクトの遵守に勤めている。 だが、法律が他のギルドによってしばしば看過されている現状を善しとせず、アゾリウスは限りない現状維持を掲げそれを実行に移そうとしている。 具体的には、ラヴニカのすべての住人に何もさせないこと。 混沌による変化を許容しないことこそが、最大の安定に繋がると彼らは考えている。 そしてアゾリウスにはそれを実行、継続できる武力も存在する。 「」時点での指導者は盲目の大判事、。 自身の正義に何ら疑問を抱く事がない彼は、文字通りあらゆる事象に対して盲目であり、彼の下す判決は絶対である。 故に上告は認められない。 大判事の役職は前任の判事によって任命され、アウグスティンの名は名誉ある称号でもある。 賢明で神秘的、しかし同時に不可解である、は何千年もの昔から、ギルドのアドバイザーとして君臨しており、大判事だけが彼女の発するメッセージを理解する事ができる。 (創始者)であるスフィンクス、はラヴニカの外部から来訪したであり、魔力による契約「」と、さらにそれが効力を失った場合の保険として「」を築き上げた。 がギルドパクトを崩壊させた際、アウグスティン四世はそれを利用しようとザデックを殺害し、その霊を支配し、の天使を虐殺させた。 やもギルドパクト欠落の状況を好機と見て動き出す。 その混乱の中、アゾリウス評議会が新たな秩序を築くというのが彼の目論見であったが、その陰謀を察したボロス軍の警官によって食い止められた。 そして、イスペリアが新たなギルドマスターの座に就任し、ギルドを再建したを経てが「ギルドパクトの体現者」となってからは、アゾリウス評議会の迷路走者であったがその副官となり、堅実にその業務を支えた。 構想そのものはギルド創立時から存在していたが、ギルドパクト崩壊後にギルドが再建されるまでは形式的なものに過ぎなかった。 復活後はギルドの構造と組織の中で意義深く有力なものとなっている。 軽騎兵にはに乗る者もいればや大型動物に乗るものもいる。 歩兵隊は密集陣形(ファランクス)の訓練を受けており、群衆を統制するためのアゾリウス独特の戦術を身に付けている。 大理石や水晶によって作られた立法の議場である尖塔群と、裁判所であるドームから構成される(役所などの行政府の建物のように、全てが整然としていて不便にすら感じるようにデザインされている)。 儀式的な陸・空にまたがる騎士団と強力な法魔法によって守られており、あらゆる審議に滞りが起きぬように常に目を光らせている。 の事件において、ボロスの空戦艇パルヘリオンの墜落と自爆によって破壊されてしまう。 その跡地は。 3面の塔が3つそびえたって円形の中庭を形作っており、おそらく真上から見るとアゾリウスのシンボルそのものになっている()。 これらの塔はラヴニカの建築物の中で最も高い物である。 中心にはアゾリウスのシンボルを模した3つの演壇がある。 ギルドパクトの時代にはアゾリウスの法の施行を行うだけの場所だったが、イスペリアは広場にかけられた魔法を解除し、ラヴニカの市民なら誰でも訪れる事のできる活気溢れる場所となった。 アゾリウスは他ギルドに境界線周囲の土地を寄贈しており、他の(を除く)8つのギルドはそこに新人募集所を置いている。 のもここで行われた。 第10地区に張り巡らされた力線の終端であり、暗黙の迷路の終わりでもある。 それのコントローラーが 1 を支払わないかぎり、それを打ち消す。 特に、法による拘束をイメージした、の行動を縛るようなカードが多く収録されている。 固有メカニズムとしてでは、では、ではを有する。 いずれもがふさわしいメカニズムを見つけるのに苦労した、問題児なギルドである(、)。 [] 関連カード・関連 [] ラヴニカ・ブロック• [] ラヴニカへの回帰ブロック• () [] 関連リンク• (、ディセンションミニサイト)• Azorius Fiction: "The Hussar's Last Mission" 、、• (WotC、ラヴニカへの回帰特設サイト)• 以下は各コーナーの特集記事。 (Magic Arcana、2012年10月29日、文:)• (Serious Fun、2012年10月30日、文:)• (Magic Arcana、2012年10月30日、文:)• (Top Decks、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月2日、文:) [] 参考•

次の