逆流 性 食道 炎 薬 市販。 逆流性食道炎は市販薬で治る?おすすめはコレ!胃薬は効く?処方薬は何が違う?

逆流性食道炎からの脱出

逆流 性 食道 炎 薬 市販

気になる所から確認してみよう• 逆流性食道炎でオススメな市販薬 医薬品の成分を持つから一般の市販薬で逆流性食道炎の諸症状を改善する市販薬を紹介します。 ガスター10(ガスターテン) (発売)第一三共ヘルスケア (特徴) H2ブロッカーのファモチジンという成分で、胃酸の出過ぎを抑えます。 (効能)胃痛、むかつき、もたれ、胸やけ (用法・容量)成人(15才以上80才未満)1回1錠、2回まで サクロン (発売)エーザイ (特徴) 成分は主に水酸化マグネシウムで胃粘膜の保護と胃部の諸症状を改善します。 (効能)胃部不快感、胃弱、胃痛、もたれ等 (用法・容量)成人(15才以上)1回2錠、1日3回、8才以上15才未満1錠、3回 毎食後水又はぬるま湯で服用 8才未満服用しない パンシロンAZ (発売)ロート製薬 (特徴) 胃潰瘍などに効果があるアズレン、Lグルタミン等を含有し胃粘膜に付着し胃粘膜を保護することで効果を発揮します。 (効能)胃痛、胸やけ、胃酸過多、胸つかえ、ゲップ、胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃部膨満感、はき気、食べ過ぎによる消化不良など (用法・容量)成人(15才以上)1回3錠、1日3回、毎食後に水又はぬるま湯で服用 スクラート (発売)ライオン (特徴) スクラルファートを含有し、胃粘膜の荒れた部分を保護します。 (効能)胃痛、胃もたれ、胸やけ、胃酸過多、ゲップ、胃重、胃部膨満感、胸つかえ、食べ過ぎ、消化不良、飲みすぎ等 用法・容量)成人(15才以上)1回3錠、1日3回、食間、就寝前、又は食後服用 ギャクリア (発売)小林製薬 (特徴) 漢方薬の六君子湯を含み胃腸が弱っている時や食欲がない時に効果があります。 (効能)体力中程度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすい等の方で、胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐等 (用法・容量)成人(15才以上)1回1包、1日2回食前又は食間に水又はお湯で服用 【関連記事】 逆流性食道炎の治療用医薬品 市販薬ではなく、医師の処方が必要な医療用医薬品で、逆流性食道炎の効能のある医薬品は次の通りです。 (PPI プロトンポンプインヒビター)胃内の胃酸を止める効能をもつ強力な薬です。 タケプロン、パリエット、オメプラール(オメプラゾン)、ネキシウムカプセル等 また、パリエットやタケプロンにはジェネリック医薬品があり、ラベプラゾール、ランソプラゾールと 名前が違いますが同じ作用、効き目を持っています。 (H2ブロッカー)胃酸の出方をおさえて胃内の炎症を抑える薬剤です。 ガスター、アルタット、アシノン、タガメット、ザンタックがありそれぞれのジェネリック品もあります。 他に、胃潰瘍や逆流性食道炎における自覚症状の改善などの適応症を有する薬剤の種類は多くあり、ムコスタ(レバミピド)やアルロイドG(アルギン酸ナトリウム)、ガスモチン(モサプリドクエン酸)などの消化性潰瘍用剤も有効です。 スポンサーリンク 逆流性食道炎にオススメな漢方薬 漢方にも逆流性食道炎の諸症状に効果がある薬があります。 六君子湯(りっくんしとう) 食物がのどや食道を通過しますと胃の上部が弛緩(しかん ゆるむこと)して食べ物を胃にためる事が出来るようになりますが、六君子湯は胃を緩める作用により、 食物を胃にためたり胃から出したりすることで胃もたれや食欲不振を改善します。 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) この漢方は神経を鎮めて心身の状態を良くする効果が認められています。 不安感や緊張感、イライラ等を抑え神経性の胃炎を改善します。 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう) 胃腸の働きを良くし 食欲不振、胃もたれ、はきけ、嘔吐などをおさえます。 【関連記事】 スポンサーリンク 逆流性食道炎で薬が効かない時の対処法 ある程度の期間、市販薬で自覚症状の改善を図りますが、服用期間が長くなり治らない場合は医師に相談して下さい。 食事等の見直し 過食や胸やけを引き起こす 高脂肪食、アルコールを控えます。 また、強い香辛料、さつまいも、チョコレート、ケーキ、甘味和菓子、柑橘類、炭酸飲料、コーヒーなどの食品も控えます。 生活習慣の見直し 腹圧をあげるような運動(強い前傾姿勢)をさけ、 就寝時には胃酸が逆流しないように頭部を高くして左側を下にして寝るなど日常生活の習慣の見直しを図ります。 食べてすぐに横にならない事、また喫煙は控えめにしストレスをためない事です。 【関連記事】 外科的治療 薬物治療で良くならない状態ですと、外科的手術を考慮する事が必要です。 具体的には胃カメラなどで 緩くなった食道と胃の境目を閉めるようにして縫い合わせる方法でニッセン法と呼ばれて広く行われています。 病院は何科を受診すべきかと迷いがちですが、一般的には、 内科を受診し 胃腸科などを標榜している専門病院が良いでしょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

逆流性食道炎からの脱出

逆流 性 食道 炎 薬 市販

おすすめの市販薬一覧 ガスター10 第一三共から販売されているガスター10は、CMで初めて薬の使いすぎを呼びかけた商品ではないでしょうか。 「用法・用量を守って正しくお使いください」というフレーズは、どの薬剤の説明書にも記載されているものでしたが、テレビCMで明確に宣言したのは、かなり新鮮なものでした。 さて、そのガスター10の有効成分は H2ブロッカーと呼ばれる成分です。 有効成分はファモチジンと呼ばれるH2ブロッカーの一種で、主に胃酸の出過ぎを抑えてくれます。 逆流性食道炎では、胃酸を抑えることが、優先されるのでガスター10はまさにぴったりな薬と言えるでしょう。 また、ガスター10については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 サクロン エーザイから販売されているサクロンは、逆流性食道炎の市販薬としては、かなり人気があるものとなっています。 胃酸の中和、 胃酸の分泌抑制、 胃の粘膜修復や保護といった働きをもつ成分が配合されているためでしょう。 ロートエキスで胃酸の分泌をおさえて痛みを止め、無水リン酸水素カルシウムなどで分泌過多の胃酸を中和し、同クロロフィンカリウムによって傷ついた胃の粘膜を修復し保護してくれます。 逆流性食道炎だけでなく、胃に関するさまざまなトラブルを解決してくれるお薬です。 また、サクロンについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 胃腸のトラブルが起きたら、キャベジンで解決している人も多くいるでしょう。 MMSCは荒れた胃の粘膜の修復・保護を、各種制酸成分で胃酸のコントロールを、リパリーゼAP12で消化を助け、胃の負担を軽くしてくれます。 二日酔い対策で服用する人もいるようですが、基本的に胃腸薬ですので、二日酔い対策には専用の物を服用しましょう。 スポンサードリンク おすすめの漢方薬一覧 半夏厚朴湯 「ばんげこうぼくとう」と読みます。 主に不安症状などの改善のために用いられる漢方薬で、鎮静作用や精神安定作用、筋弛緩作用を持っています。 さらに、鎮吐作用や去痰作用、健胃作用をもつので、逆流性食道炎にも効果を発揮します。 また、半夏厚朴湯については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 六君子湯 「りっくんしとう」と読みます。 主に胃腸が弱っているときや食欲がないとき、疲れやすいときや貧血気味なときなどに用いられます。 また、六君子湯については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。 半夏瀉心湯 「はんげしゃしんとう」と読みます。 胃炎や下痢などの消化器系の異常に対して効果を発揮します。 他にも、口内炎や二日酔いなどにも効果があるので、そちらでお困りの方にもおすすめです。 また、 半夏瀉心湯については、こちらの記事でも詳しく紹介しております。 まとめ 以上、逆流性食道炎に効果がある市販薬・漢方薬を紹介してきました。 しかし、紹介した薬は、あくまでも緩和剤にすぎません。 逆流した胃酸によって荒れた食道や胃を 一時修復する効果しかないからです。 胃酸の逆流そのものを止められるわけではありません。 逆流性食道炎は、生活習慣の乱れやタバコの吸い過ぎなどでなりやすい病気と言われています。 それらの根本的な原因を取り除かない限りは、 対処療法に過ぎません。 また重度の症状が表れるようであれば、医療機関で適切な薬などを処方してもらうなどの処置を受ける必要があります。 重度の症状はゲップと同時に嘔吐するような反応を起こすことがあります。 ただの胸やけなどと考えずに、長期にわたって、脂っこいものを食べたときに限ってゲップや痰が絡むなどの症状がある場合は医療機関で受診するようにしましょう。

次の

逆流性食道炎に効く市販薬

逆流 性 食道 炎 薬 市販

食後にげっぷが良く出たり、胃酸が逆流して口の中に酸っぱさが広がって不快な思いをしてはいませんか? それはもしかしたら「逆流性食道炎」かもしれません。 胃の中にある胃液が何らかの形で食道に逆流し、炎症を起こす病気です。 食道が炎症を起こすだけでなく不快な症状が多発しやすくなります。 逆流性食道炎予備軍は実はかなり多いです。 胃から食道まで何か不調を感じる人は注意してみましょう。 今回は胃酸の逆流など消化器系の不調を市販薬で防ぐ方法をご紹介します。 逆流性食道炎って何? 逆流性食道炎は、最近では若い人たちにも広がり一般的な病気となってきました。 人の体は口から食べ物を飲み込み、食道を通って胃へと入り胃酸によってドロドロに溶かされて腸へ運ばれる仕組みとなっています。 胃酸は食べ物をドロドロに溶かすほど強い酸性で、胃はその酸性から身を守るために粘膜によってコーティングされています。 逆流性食道炎はこの 胃酸が食道へ逆流することで食道がただれて炎症を起こす病気です。 普通は胃酸が逆流しないように下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉がぎゅっと閉まっています。 それなのになぜ胃酸は逆流してしまうのでしょう? 次は逆流性食道炎が起こるメカニズムを見ていきましょう。 逆流性食道炎が起こるメカニズム 逆流性食道炎が起こるメカニズムは下部食道括約筋が深く関係しています。 下部食道括約筋は食べ物が体内へ送られるときに食べ物を包み込むようにぜん動運動を行って胃へ運ばれます。 普段から閉じていて食べ物が送られるときにのみ少し開くだけという食道ですが、逆流性食道炎が起こるのはこの 下部食道括約筋が緩んでしまったり、胃液の量が増えすぎて逆流してしまうことで起こります。 食道のぜん動運動の機能が正しく機能していれば逆流しても唾液を飲み込むことで胃酸を胃へ戻すことが出来ますが、逆流性食道炎を起こしている人はぜん動運動が正しく行えないため胃酸が食道に長くとどまって食道を痛めてしまうのです。 逆流性食道炎が起こる原因 実は普段の食生活にも逆流性食道炎の原因が隠されています。 知らないうちに逆流性食道炎になっていたということもあり得ます。 それほど逆流性食道炎は私たちに身近な存在なのです。 次は逆流性食道炎が起こる原因を詳しく見ていきましょう。 脂っこい料理の食べ過ぎ 脂っこい食事は美味しいですが、肥満になるだけでなく生活習慣病の原因にもなりますよね。 実は脂っこい食事は逆流性食道炎の原因にもなるのです。 脂肪分を多く摂取すると十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌されます。 このホルモンが働くことで下部食道括約筋が緩むと言われています。 加齢による筋力低下 年齢を重ねると誰しも筋力が低下してしまうものです。 それと同じように 食道も加齢によって弱ってしまいます。 普段は閉じている食道と胃の境目も筋力が弱まることで開いてしまい、胃酸が逆流してしまうのです。 歳を重ねると引き起こしやすい病気でもあるので意識的に対策を取っていくと良いですね。 妊娠している 意外にも、 逆流性食道炎になりやすいのです。 お腹の中の赤ちゃんは成長を続け、妊婦の体内を圧迫してしまいます。 その時に普段はあまり圧迫されない胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなります。 妊娠の中期から出産直前までげっぷをする胃酸が逆流していると感じる人もいます。 肥満体系の人 肥満体系の人は特に逆流性食道炎になりやすいと言われています。 なぜ肥満体系の人が逆流性食道炎になりやすいのか、それは普段から脂っこい食事をとり続けているだけでなく腹圧が高まることで胃酸が逆流しやすくなるためです。 妊婦さんが赤ちゃんにお腹を圧迫されるのと同じように太っている人も皮下脂肪・内臓脂肪によって胃を圧迫されます。 そして普段から脂っこい食事を取って緩くなった食道に胃酸が逆流するのです。 さらに太っている人は普段から食べる量が多く、分泌される胃酸の量も多い傾向にあります。 逆流性食道炎になりやすい人 逆流性食道炎になりやすい方も存在します。 そんな方々は、どのような日常生活を送っている人なのでしょうか。 食後にすぐ寝る人 胃酸の逆流が最も起こる時間帯は食後です。 その食後にすぐ寝てしまうと重力による抵抗で胃酸が胃にたどり着かなくなってしまいます。 この状態が睡眠により長時間続いてしまうと逆流性食道炎が発生してしまいます。 アルコールや喫煙 高脂肪の食事を摂ることでコレシストキニンというホルモンが分泌され、胃酸の逆流やゲップの原因となります。 これと同様に胃に刺激となるアルコールや喫煙も胃酸の逆流に悪い影響を及ぼしてしまいます。 姿勢が悪い人 猫背の方や常に前かがみになるような仕事をされている方、腹部に力をかけるような仕事をしている方は注意が必要です。 短時間では問題ありませんが、このような状態が続いてしまうと胃酸の逆流が起こりやすくなってしまいます。 胃酸の逆流は病院に行かずに対策できる!! 胃酸の逆流に疑いがある人や心当たりのある人は病院へ行って治療しないと治らないの? と不安になりますよね。 しかし 胃酸の逆流は身近な薬局やドラッグストアでも対策が出来るのです! どうして薬局やドラッグストアでも胃酸の逆流の対策がとれるのか詳しく説明していきます。 胃酸を中和する商品がある 胃酸はその文字通り強い酸性で、食べ物をドロドロに溶かすほどです。 胃は酸に強い粘膜で覆う事で酸から守られていますが、食道はそういった粘膜の働きが弱いです。 胃の強い酸性を中和させる商品があります。 胃酸の分泌を抑える商品がある 意外かもしれませんが、 胃酸の分泌を抑える商品があります。 胃酸はストレスを感じたときや食べ過ぎてしまったときに多く分泌されますが、そういった場合に胃酸を抑えるために市販薬にも胃酸の分泌を抑える働きがあるのです。 胃酸が多く分泌されてしまって起こってしまう逆流性食道炎に効果を発揮してくれます。 粘膜を保護してくれる商品がある 胃酸が過剰に分泌されると胃を守っている粘膜に異常をきたし胃痛の原因となります。 胃痛が起こると胃が収縮し、胃酸が逆流しやすい条件となってしまいます。 そういった悪循環が起こらないように胃の粘膜を保護することが大切ですが、 胃の粘膜を保護する商品は非常に多く存在します。 気になる胃酸の逆流におすすめな商品5選 数ある商品の中から効果的なものを選ぶのは難しいですよね。 胃痛に悩む人は多く、薬局やドラッグストアに足を運んでも種類が多いので知識のない人がみてもどれが良いのか判断出来ないことが多いです。 そこで今回は 胃酸の逆流(逆流性食道炎)に効果がある商品を5つ厳選しました。 参考にしてみてください。 イツラック 商品名 イツラック メーカー 株式会社漢方生薬研究所 値段 2,980円(税込) 内容量 1箱90カプセル 主成分 ケイヒ、ウイキョウ、チョウジ、I-メントール、中鎖脂肪酸トリグリセリドなど 漢方薬にも使われている生薬を中心に作られた食べ過ぎや飲みすぎによる胃の不快感や吐き気などに効果的な指定医薬部外品です。 胃がもたれたり暴飲暴食をしてしまっても、お得な一ヶ月分の大容量サイズなので気兼ねなく使うことができます。 スクラートG 出典 : 商品名 スクラートG メーカー ライオン株式会社 ブランド名 スクラート 値段 1,026(税込) 内容量 6包 主成分 スクラルファート水和物、メタケイ酸、アルミン酸マグネシウム、コウボク流エキスなど 公式サイト 数多くの有効成分を配合している市販薬のスクラートGです。 スクラルファートという成分があれた患部を保護するだけでなく修復も行ってくれます。 胃酸を中和する制酸剤も配合し、強い酸性で満たされている胃の中を中和して痛みを和らげてくれます。 使いやすい飲みきり2日分です。 さらにコウボクとソウジュツという生薬も配合することで胃の働きを高めて胃酸の排出を助けています。 食間、食前、寝る前に服用できるのでいざという時には使いやすいです。 ガストール 出典 : 商品名 ガストール メーカー エスエス製薬 ブランド名 ガストール 値段 税込1,026円 内容量 10包 主成分 ピレンゼピン塩酸塩水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、ビオヂアスターゼ2000など 公式サイト 出すぎてしまった胃酸を素早く中和してくれるのがこのガストールです。 飲みやすい細粒タイプなのでつい食べ過ぎてしまったという食後でも飲むのが苦になりません。 胃酸の分泌を抑える成分も配合されているので 食後に逆流しやすい胃酸も抑えることが出来ます。 使いやすい10回分です。 一日に3回までで毎食後に服用できるのは嬉しいポイントです。 サクロン 出典 : 商品名 サクロン メーカー エーザイ 値段 1,058円(税込) 内容量 10包 主成分 銅クロロフィリンカリウム、無水リン酸水素カルシウム、沈降炭酸カルシウム、水酸化マグネシウムなど 公式サイト 胸やけ、飲みすぎ、胃痛、胃酸過多、胃もたれなどを改善してくれます。 胃の粘膜の保護のために葉緑素が含まれているのが特徴です。 1日3回まで飲むことができ約2日分になっています。 メントールや香料も添加しているのですっきりと飲みやすい薬です。 脂肪の分解を助けてくれるリパーゼAP12を配合し、胃に負担がかかりやすい脂肪の分解をサポートしてくれます。 さらに出すぎた胃酸を中和させ、荒れて弱ってしまった胃の修復も行ってくれるのです。 胃の活動を元気にするソヨウという生薬も配合されているので胃酸が逆流する心配もありません。 ギャクリア 出典 : 商品名 ギャクリア メーカー 小林製薬 ブランド名 ギャクリア 値段 税込 1,728円 内容量 10包 主成分 六君子湯エキス、ステアリン酸Mg、ケイ酸Alなど 公式サイト 胃痛、消化不良、嘔吐など胃の不調に使われる漢方薬です。 1日2回服用するタイプで5日分です。 食べ過ぎというより、胃腸が弱かったり、疲れやすいタイプの人に向いています。 食生活から逆流性食道炎を治す! 薬ばかりに頼っていては出費が積み重なって自分の負担になってしまいますよね。 一度に大量購入すれば少しは安くなりますが、いつまでも続けられません。 そこで逆流性食道炎を治すための努力が必要となりますが、 一番簡単なのは食生活を改善することです。 しかし今まで脂っこい食事や外食を中心に生活してきてどうやって改善すればいいのかわからないという人もいらっしゃいます。 簡単に出来る生活習慣の改善方法をご紹介します。 野菜を中心の食生活にする 一番簡単なことは 野菜を中心とした食生活にすることです。 自分で野菜を買ってきて切るだけでなので料理をする手間も時間もあまり必要ありません。 生野菜が苦手という人は濡らしたキッチンペーパーに包んでレンジでチンするだけで温野菜が作れます。 オリーブオイルを使う オリーブオイルは油ですが 腸内環境を整えてくれる働きがあります。 サラダを作ってオリーブオイルをかけて食べるだけでも良いので毎日実践しましょう。 オリーブオイルを選ぶ際は「エクストラバージンオイル」がオススメです。 これは非加熱で搾りたてのオリーブオイルなので香り豊かで風味が損なわれておらず成分も破壊されていないためです。 食後すぐに横にならない 横になると 重力の関係で胃酸がより逆流しやすくなります。 食べた後はイスやソファに座って胃酸が逆流しにくいような体制を取りましょう。 アルコールと脂っこい食事は控える アルコールは胃の中を荒らすため頻繁にお酒を飲むことはあまりお勧めできません。 さらにお酒を飲むと脂っこい料理が食べたくなってしまいますよね。 これは 胃にとっては最悪のことで、ダメージが蓄積されてしまいます。 お酒と脂っこい食事は控えるようにしましょう。 逆流性食道炎を悪化させてしまう飲食 食生活を改善するうえで逆流性食道炎を引き起こす飲食物をしっかりと把握することは大切です。 逆流性食道炎を悪化させてしまう飲食物をご紹介します。 高脂肪・高タンパク質 高脂肪・高タンパク質の食事は胃酸の分泌量を増やしてしまうため逆流性食道炎になりやすくなってしまいます。 さらに脂肪の多い食事を続けると下部食道括約筋が弱まり、胃酸が逆流しやすくなります。 脂身の多いお肉や揚げ物などはなるべく避けるようにしましょう。 アルコール アルコールは刺激物なので胃に入ると胃の粘膜を攻撃してしまいます。 お酒を飲みすぎて胃が痛いなんて話はよくありますよね。 アルコールを摂取すると胃酸の分泌も促してしまうため、悪循環に陥ってしまいます。 過度な摂取は控えて程々にしましょう。 香辛料 最近は辛くて美味しいという料理が沢山ありますが、 刺激物の香辛料は注意が必要です。 スパイスが持っている独特の食欲中枢が胃酸の分泌を促進させるため、食事の量以上に胃酸が分泌されてしまいます。 辛いものを食べた後は胃酸を中和する薬を摂取するなど工夫が必要になります。 カフェインが含まれる飲み物 さらに胃酸を分泌するので逆流性食道炎のリスクを高めてしまうのです。 コーヒーだけでなくお茶にもカフェインは含まれていますのでご注意ください。 低カフェインの飲料は飲みすぎなければ胃へ負担がかかりにくいので代用品を探してみてください。

次の