ワールドプレゼント anaマイル ルート。 ソラチカルート終了前に!ワールドプレゼントのボーナスポイントを移行しよう

「ワールドプレゼント」のANAマイル交換を増やす方法

ワールドプレゼント anaマイル ルート

三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル!変更点とメリット、デメリットを解説! 三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントが2020年6月1日に「Vポイント」リニューアルされました。 これまで、1,000円につき1ポイント貯めることができましたが、新プログラムでは200円につき1ポイント貯まるようになります。 また、この変更は、ANAカードの「マイレージ移行コース」にも影響も与えます。 当記事では、変更点とメリット、デメリットをまとめてご紹介していきたいと思います。 更新履歴(2020年6月1日):新ポイントの名称が「Vポイント」になりました。 6月1日から既に適用スタートになっています。 三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル:変更の概要 三井住友カードのポイントプログラムが「ワールドプレゼント」から「Vポイント」にリニューアルされました。 2020年6月1日から既に利用可能となっています。 変更点の主な概要は以下になります。 これまで、 「1,000円につき1ポイント」貯まっていたのが、 「200円につき1ポイント」貯められるようになります。 また、 貯めたポイントは「1ポイントにつき1円相当」の価値で利用することができます。 <変更点の概要>• ご利用金額の合計 200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。 ワールドプレゼントのポイントは、ご利用金額の合計1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まります。 1ポイントにつき、 1円相当で交換いただけます。 ワールドプレゼントのポイントは、1ポイントにつき5円相当で交換いただけます。 三井住友銀行のお取引で貯まるポイントと合算できます。 ポイントサービスの違いを表でまとめると以下にようになります。 <ポイントサービスの比較> リニューアル前 リニューアル後 ポイント名称 ワールドプレゼント Vポイント 対象カード ・個人カード(一部の提携カードは除く) ・一部のビジネスカード、コーポレートカード ・個人カード(一部の提携カードは除く) ・三井住友ビジネスカード for Owners ・三井住友コーポレートカード(個人システム型) 有効期限 ・プラチナ:ポイント獲得月から4年間 ・ゴールド:ポイント獲得月から3年間 ・上記以外のカード:ポイント獲得月から2年間 1ポイント獲得するために必要なカード利用金額(税込) 1,000円 200円 交換できる景品などの金額(1ポイントあたり) 5円相当 1円相当 スポンサーリンク 三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル:メリットとデメリット リニューアルのメリット 今回のリニューアルにより、ポイントを貯められる単位が「1,000円ごと」から「200円ごと」というように小さくなりました。 これまでは、例えば「800円」の支払いの場合、貯められるポイントは「0ポイント」でしたらが、これからは「4ポイント」貯められるようになります。 つまり、 リニューアルによる変更により、ポイントを貯めやすくなったと言えます。 一方で、 ポイント還元率については変更ありません。 これまでは、「1,000円につき=1ポイント=5円」という計算式でポイント還元率は「0. 5%」でした。 これからは、「200円につき=1ポイント=1円」という計算式で、こちらもポイント還元率は「0. 5%」のままと変わりません。 ただし、 「1ポイントの価値が1円」となったことで、覚えやすくなったとは言えますね。 今回のリニューアルのメリットをまとめると以下のよういなります。 <メリット>• ポイントを貯められる 単位が小さくなり貯めやすくなった• 1,000円つき1ポイントから、200円につき1ポイントに• ポイント価値が わかりやすくなった• 1ポイント=5円から、1ポイント=1円に リニューアルのデメリット 今回のリニューアルでは「ポイント還元率」の変更はありません。 また、次でご紹介しますが「マイル還元率」についても変更はありません。 そのため、 今回のリニューアルによるデメリットはありません。 <デメリット>• なし ただし、今回のリニューアルにより、 これまで保有していたポイントについては、2020年6月1日以降に「5倍」のポイント数となって反映されます。 これに伴い、 2020年5月16日(土)から5月31日(日)の期間はポイント交換ができなくなっていますのでご注意ください。 今回のリニューアルの詳細については、公式ウェブサイトも合わせてご参照ください。 スポンサーリンク 「Vポイント」へのリニューアル:ANAカード「マイレージ移行コース」への影響 「ワールドプレゼント」ポイントは、三井住友カード発行の「ANAカード」でも採用されています。 そのため、今回のポイント制度のリニューアルは、 ANAカードの「マイレージ移行コース」にも影響を与えます。 リニューアルの影響を受ける 対象のカードは以下になります。 基本、三井住友カード発行の全てのANAカードが影響を受けます。 <対象カード>• ANA VISAカード/ANAマスターカード、ANA銀聯カード会員• ANA VISAプラチナ プレミアムカード• ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード• ワイドゴールド• スーパーフライヤーズゴールド• 一般・ワイド・学生・スーパーフライヤーズ・ANA VISA Suicaカード・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード・ANA VISA nimocaカード• ANA銀聯カード 今回のリニューアルでは。 ポイントの名称が変更になります。 これまで、クレジットカード決済で貯められるポイントを「獲得ポイント」と呼んでいましたが、これが 「ANAマイル移行可能ポイント」に変更になります。 また、それ以外のマイペイすリボの手数料発生などで得られたポイントは「ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント)」と呼んでいましたが、これが「 「ANAマイル移行可能ポイント」以外のポイント」というように変更になります。 <ポイント名称の変更> リニューアル前 リニューアル後 クレジットカード決済で得られるポイント 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント 上記以外のマイペイすリボの手数料発生などで得られるポイント ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント) 「ANAマイル移行可能ポイント」以外のポイント また、 マイル移行コースの名称も変更になります。 「5マイルコース」「10マイルコース」「15マイルコース」と呼ばれていたものが 「1倍コース」「2倍コース」「3倍コース」と変更になります。 <マイル移行コースの名称変更> リニューアル前 リニューアル後 マイル還元率 5マイルコース(1ポイント=5マイル) 1倍コース(1ポイント=1マイル) 0. 5% 10マイルコース(1ポイント=5マイル) 2倍コース(1ポイント=2マイル) 1. 0% 15マイルコース(1ポイント=5マイル) 2倍コース(1ポイント=3マイル) 1. 5% ただし、 マイル移行コースについても名称は変更になりますが、一番重要である「マイル還元率」については変更ありません。 例えば、10マイルコースを例にすると、これまでは「1,000円につき=1ポイント=10マイル」で、マイル還元率が「1%」となっていたものが、これからは「200円につき=1ポイント=2マイル」で、マイル還元率は同じ「1%」となります。 関係式は異なりますが、1,000円単位で得られるのは共に10マイルということで、結果としてのマイル還元率は同じということですね。 また、 ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント)についても同等で、関係式は異なりますが、マイル還元率は「0. 3%」のままとなります。 リニューアル後は5ポイント単位となっており、マイル還元率は変わらないものの、表記としてはちょっとわかりづらくなっていますね。 5% 各コースごとの変更点をまとめると以下のようになります。 6マイル) ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位 5ポイント以上5ポイント単位 移行方式 応募方式 応募方式 三井住友カードは年会費割引制度の変更に注意 三井住友カードでは 「マイ・ペイすリボの登録+利用で年会費割引」で年会費割引が受けられていました。 しかしながら、 2021年2月支払い分から、年1回以上リボ払い手数料を発生させることが条件に変更されます。 <特典の適用条件>• 改定前:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のご利用がある• 改定後:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、 年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある(毎月のお支払い・臨時のお支払い) 陸マイラーに人気の「ANA VISAワイドゴールドカード」では、この特典により「3,850円(税込)」と大きな額の割引を受けられていますので、保有している方は注意が必要です。 「ANA VISAワイドゴールドカード」の改悪の詳細については以下の記事をご参照ください。 スポンサーリンク まとめ:リニューアルにより効率よくポイントやマイルを貯められるのがメリット!デメリットはなし! 今回は、2020年6月1日に予定されている、三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントのリニューアルについて、変更点とメリット、デメリットをまとめてご紹介しました。 リニューアル後は、200円につき1ポイント貯まるようになり、これまでよりも効率良くポイントが貯められるのがメリットとなっています。 また、「ポイント」や「ANAマイル移行コース」の名称は変更になりますが、「ポイント還元率」および「マイル還元率」に変更はありません。 リニューアルというと「改悪」を想像しますが、今回のリニューアルによるデメリットがなく安心できます。 早く、新しい名称に慣れないとですね。 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

【LINEルート徹底解説】LINEポイントからANAマイルへ。ソラチカルートへの交換方法を完全解説。

ワールドプレゼント anaマイル ルート

JQみずほルートに必要なクレジットカード JQみずほルートに必要なクレジットカードは、 JQ CARDセゾン、 みずほマイレージクラブ/ANAカード(以下、みずほANAカードと記載)の2枚となります。 みずほマイレージクラブ/ANAカードの特徴• 年会費永年無料• みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードの一体型カード。 クレジットカードの発行条件としてみずほ銀行に口座を解説する必要がある。 クレジットカード利用で貯まるポイントは、UCカードの永久不滅ポイント。 カードの特典に、永久不滅ポイントを高レート(交換率70%)で交換できる特典がある• 取引状況に応じて、みずほATM/イオン銀行ATMの時間外手数料が無料• 取引状況に応じて、コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)の利用手数料/時間外手数料が月4回まで無料 JQ CARDセゾンで貯まるポイントは「JRキューボ」です。 「JRキューボ」は、2017年7月に登場した新しいポイントサービスでJR九州が運営しています。 そして、JQ CARDセゾンは、JRキューボと永久不滅ポイントの相互交換(等価)が可能となってる点が特徴です。 また、JRキューボはポイントサイトのGポイントとも等価交換が可能となっており、各種ポイントを永久不滅ポイントに繋ぐハブとして重要な役割を果たすカードとなります。 みずほマイレージクラブ/ANAカードの「 ANAマイル交換率優遇の特典」を活かすためには、ポイントサイト等で貯めたポイントを永久不滅ポイントに交換する必要がある訳ですが、このJQ CARDセゾンはその重要な役割を果たしてくれるカードとなります。 JQみずほルートの概要図 JQみずほルートの概要をまとめると以下の図のようになります。 これが「 JQみずほルート」です。 三井住友VISAのVポイント(旧ワールドプレゼント)とGポイントはJRキューポへのハブとなる Gポイントに各種ポイントを集める役割を果たすのが三井住友VISAカードです。 三井住友VISAカードで貯まるポイントは、「Vポイント(旧ワールドプレゼント)」と言いますが、このVポイントも重要な役割を果たします。 JQみずほルートはGポイントからJRキューポへの交換が重要になりますが、陸マイラーが活用している全てのポイントサイトがGポイントに交換できるわけではありません。 そこでGポイントに繋ぐハブとして重要な役割を果たすのが「Vポイント」です。 ご覧のように、ちょびリッチ、モッピー、ハピタスは、直接Gポイントに交換可能ですが、ポイントタウン、げん玉、PEX、ゲットマネー、ECナビは、Vポイントを経由する必要があります。 (2020年1月現在) Vポイントに交換するには三井住友VISAカードが必要 Vポイントに交換するには、三井住友VISAが発行するクレジットカードが必要となります。 以下、代表的な三井住友VISAのクレジットカードを紹介します。 移行申請手順 移行申請手続きは、UCとセゾンのメンバーサイトを使い分ける必要があります。 ずほマイレージクラブ/ANAカードはUCカード系になるので、「 アットユーネット」で管理されています。 そして「 JQみずほルート」は、 みずほマイレージクラブ/ANAカードのみが持つ「 ANAマイル交換率優遇の特典」を利用するものです。 つまりは、ANAマイルへ移行申請は、「 アットユーネット」から実施する必要があります。 セゾンの「NETアンサー」では、 みずほマイレージクラブ/ANAカードは管理されていないので、「 ANAマイル交換率優遇の特典」を受けることが出来ないのです。 下の画像は、セゾンの「NETアンサー」からANAマイルへ交換申請する画面です。 アットユーネットからANAマイルを交換すると交換率70%で交換可能 ご覧のように、こちらは、 みずほANAカード限定で永久不滅ポイント100P=350マイル(ANAマイル交換率70%)となっています。 ANAマイルへの移行申請は、必ず、「アットユーネット」から実施して下さい。 JQみずほルートでANAマイル交換に必要な移行期間 VポイントからANAマイルに交換は、最短24日で可能です。 手続きもPCやスマホから簡単に申請することができました。 VポイントからGポイントへの移行は 即日• GポイントからJRキューボへの移行は 2日• JRキューボから永久不滅ポイントへの移行は 2日• 永久不滅ポイントからANAマイルへの移行は 最短20日 新ANAマイル交換ルート~番外編~ こんなルートもあります。 「Vポイント」から直接ANAマイルに交換する方法です。 このルートは、ANAマイル交換率は60%と少し低下しますが、 短期間(約3日)でANAマイルに交換することが可能です。 移行レート 1P=0. 6マイル 移行単位 5P以上5P単位 移行所要時間 オフィシャルでは約1週間と記載されていますが、約3日で移行可能 移行上限ポイント数 なし 手続き方法 PC/スマホから簡単な操作で可能 Gポイントの交換手数料を実質無料にする方法 GポイントからJRキューポに交換する際、一律、交換手数料5%の交換手数料が掛かりますが、この手数料は、以下の条件を満たすとキャッシュバックされるため実質無料にすることが可能です。 対象となるサービス・お買い物の広告利用が1件以上「承認されている」• 交換申請の前月1日~交換申請月の4ヶ月後末日までが対象 獲得するポイント数は決められていないので、対象の広告利用を1件承認されれば大丈夫です。 ポイント交換完了時に広告対象アクションの加算が確認できた場合は、交換完了後1日以内にポイントバックさます。 交換完了後に広告対象アクションの加算が確認できなかった場合は、広告対象アクションのポイント加算後2~3日以内にポイントバック 以下はポイントがキャッシュバックされた際の明細です。

次の

【改善!?】三井住友カードのポイント制度変更はANA陸マイラーに朗報か|杜くまの陸マイラーへの道

ワールドプレゼント anaマイル ルート

「ワールドプレゼント」とは 「ワールドプレゼント」は、三井住友カードのポイントプログラムサービス。 三井住友カードでは、毎月のカード利用合計額1,000円につき1ポイントが付与されます。 1ポイントは5円相当ですので、ポイント還元率は0. ポイントをANAマイルに交換する場合、「ワールドプレゼント」1ポイントは3マイルに交換され、ANAマイル還元率は0. より多くのANAマイルに交換する方法 「ワールドプレゼント」のポイントを、「Gポイント」「JQルート」と「TOKYUルート」経由でANAマイルに交換すると、より多くのANAマイルに交換できます。 具体的に「ワールドプレゼント」ポイント200PをANAマイルに交換する場合を見てみましょう。 「ワールドプレゼント」のポイントを直接ANAマイルに交換する場合は600マイルに交換されるが、「Gポイント」「JQルート」と「TOKYUルート」を経由する場合は12. 「ワールドプレゼント」で直接ANAマイルに交換する場合 約1週間 「Gポイント」「JQルート」と「TOKYUルート」経由でANAマイルに交換する場合• ポイント交換サイト「Gポイント」 「ワールドプレゼント」のポイントを他社ポイントに交換するためには、まずポイントをポイント交換サイト「Gポイント」に移行します。 「Gポイント」に移行したポイントは、等価で他社ポイントに交換できます。 ぜひご利用ください。 なお、上記リンクをクリックしてから入会が完了するまで、かならず同一ブラウザで操作してください。 同一ブラウザで操作しない場合は特典がもらえないので、ご注意ください。 クレジットカード「JQ CARD セゾン」 「Gポイント」に移行したポイントは、JR九州のポイント「JRキューポ」に移行します。 「JRキューポ」が貯められるクレジットカードはたくさんあるが、「JRキューポ」のポイントから「永久不滅ポイント」に移行できるのは、セゾンカードが発行するクレジットカード「JQ CARD セゾン」だけです。 「JQ CARD セゾン」の入会申込み 「JQ CARD セゾン」の入会申込みは、ポイントサイト経由ならポイントも貯められるが、2020年2月1日時点、ポイントサイト経由の案件はなく、直接申し込むことになります。 セゾンカード発行のクレジットカード 「JRキューポ」に移行したポイントは、「永久不滅ポイント」に移行します。 「永久不滅ポイント」対象のセゾンカードなら何でもよいので、好きなセゾンカードをお使いください。 「永久不滅ポイント」対象のセゾンカードは、下記からご確認ください。 お持ちでなければ、好きなセゾンカードにご入会ください。 ポイント交換サイト「ドットマネー」 「永久不滅ポイント」に移行したポイントは、ポイント交換サイト「ドットマネー」に移行します。 「ドットマネー」に移行したポイントは、等価で「TOKYU POINT」に移行できます。 ポイント交換サイト「ドットマネー」の入会 ポイント交換サイト「ドットマネー」にお友達紹介制度はありません。 ご入会は直接「ドットマネー」にお申し込みください。 クレジットカード「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」 「ドットマネー」に移行したポイントは、「TOKYU POINT」を経由して0. 75の交換レートでANAマイルに交換できます。 「TOKYU POINT」が貯められるクレジットカードはたくさんあるが、「TOKYU POINT」からANAマイルに交換できるのは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」だけです。 マイ友プログラムとは ANAマイレージクラブ会員の方からの紹介を受けた方が対象カードに入会すると、ANAマイレージクラブから「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」がプレゼントされます。 入会ステップ STEP 1:紹介番号など必要情報を登録 STEP 2:「マイ友プログラム」対象カードに入会する 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」ご入会の際は、ぜひ下記紹介者情報をお使いください。 なお、プレゼントされる500マイルは、入会者のお手元にカードが届いてから、約10日後に積算されます。 紹介者氏名 ヤマナカ ヨシノリ 紹介番号 00071865 記事のポイント• 「ワールドプレゼント」のポイントを直接ANAマイルに交換する場合、ANAマイル還元率は0. 「ワールドプレゼント」のポイントを「Gポイント」「JQルート」と「TOKYUルート」を経由する場合、ANAマイル還元率は0. 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の入会申込みは、ポイントサイト経由よりもANAの「マイ友プログラム」を経由した方が、入会ボーナスマイル500マイルが得られてお得です。

次の