プロスピ サード 最強。 【プロスピA】2020年最強サード(三塁手)ランキング!歴代最高は長嶋、中村紀、落合!?

【プロスピA】2020年最強サード(三塁手)ランキング!歴代最高は長嶋、中村紀、落合!?

プロスピ サード 最強

2020年 イベント限定覚醒選手「助っ人外国人」が登場! さあさあ、プロスピAに助っ人外国人が登場しましたね! 昨年はP. ジョンソンなどガチ強助っ人も登場していました!(メジャー行ってしもたけど) 今年は去年と違って試合がないので正直誰が良い感じの成績残してるとか分かりませんよね。 安心してください。 このページで1人ずつ評価してランキングを紹介していきます。 名前がなんか可愛いですね。 ステータスは球威型で制球・スタミナはC。 覚醒選手なので例の如くまだまだステータスは低いです。 しかし、先発だけでなく 中継ぎの適性もあるので、配置はしやすいでしょう。 また、球種は5種類でチェンジアップは既にC、ツーシームも持っているので扱いやすい選手です。 特殊能力も悪くなく、 超対ピンチを持っているのでリーグでも戦力になりそうですね。 球威が76と既に高く、スタミナもBに乗っています。 ただ、スタミナが70しか無いながら、適性が先発のみなのは若干使いづらさも有ります・・・。 球種も5種類有り、ナックルカーブ、カットボールの変化量が大きく球質の評価も高いです。 特殊能力は、そこそこ。 金特が発動場面が限られてしまう奪三振なのがちょっと痛いですかね。 シャギワ選手は中継ぎと抑えの適性を持っていて、配置しやすい選手です。 そして既に球威が76と高く普通に戦力になりそうですね。 また、球種は4種類ですが、変化量の大きいスラッターを持っていて意外と使いやすいです。 実際に練習試合で使ってみましたが スラッターは、カットボールの変化量がちょっと大きい版って感じですね。 特殊能力に関してはボチボチですが、スラッターとキレは相性が良いでしょう。 楽天純正民は確実にシャギワ選手を取りにいくべきですね。 ロッテ — ジャクソン 総合評価 8. 元々広島で投げてた助っ人ですね! その分評価も高く、球威は称号次第でAにも乗ります(笑) 適性も中継ぎと抑えが有り、配置もしやすいです。 球種もストレートと縦スラがB、変化量も悪く無いです。 特殊能力はボチボチですが、普通に戦力になります! ロッテ純正民の方も中継ぎが足りていない方にもおすすめです。 日ハム — バーヘイゲン 総合評価 7. ステータスは球威スタミナがBに乗っています。 しかし先発としてはスタミナが物足りないので中継ぎ配置が良いでしょう。 球種は5種類。 バー平原選手もスラッターを持っていますね。 緩急も付けられるので使い勝手は悪くないかもしれませんが、ストレート、チェンジアップ、高速シンカーの球質が悪くあまり高評価はできませんね。 特殊能力は、打たれ強さがあるので頑張ってくれそう感はあります。 純正民は取っても良いでしょう。 オリックス — ヒギンス 総合評価 7. 球威は74とそこそこ。 適性が中継ぎのみなのでスタミナはなくて良いです。 球種は、種類的には緩急も付けられるのと変化量がそこそこあるので三振もゴロも狙い安そうではありますが、3種類と少なくちょっと使い勝手が悪そう。 特殊能力は、 対ピンチを持っているので、しっかりレベルを上げておけばリーグオーダーでもそこそこ戦力にはなりそうです。 オリ純正向けの選手ですね。 巨人 — サンチェス 総合評価 8. プロスピA側の評価かなり高く、ステータスはオールBです。 制球が76と高いのが特徴。 スタミナが71なので、できれば限界突破して中継ぎ配置したいですね。 球種は6種類と多く、コンボ変幻自在を発動させるための足を引っ張ることもありません。 また、特殊能力も超コントロールを持っているので使い勝手の良い選手でしょう。 ジャクソン選手と同じくらいおすすめの選手です。 制球型の選手です。 適性は先発と中継ぎ。 スタミナそんなに高くないので中継ぎ配置が理想です。 球種は5種類あり、球質も悪くないですね。 そして特殊能力が素晴らしい。 コントロール、キレ、対ピンチというなかなか素敵な構成。 うん、意外と悪くない。 ミートと走力が低いのはあれですが、弾道は高弾道でパワーが75と高いですね。 守備は適性が3つありますが、捕球がエグいので外野で使いましょう。 特殊能力はチャンス、広角打法を持っているのは素晴らしいですね。 満塁男が他のものでも良かった感はありますが。 ボーアが本当にバースの再来臭いのでサンズも当たりだったら阪神優勝待ったなし。 純正民は取っておきましょう。 広島 — スコット 総合評価 7. 適性は中継ぎのみで球威型の選手です。 スタミナが低く中継ぎでもちょっと怖さはありますね。 そして球種は3種類と少なめ。 変化量と球質は悪くありませんが使いづらさはあるでしょう。 また、変幻自在のコンボを狙っている方に取っては足を引っ張る存在になってしまいますね。 特殊能力はそこそこ。 打者のミートはしっかり下げられそうなのでまあ良いでしょう。 制球とスタミナがちょっと低すぎる感は否めない。 適性は中継ぎと抑えがありますが、抑えにするのはちょっと怖いですね。 中継ぎが良いです。 球種は3種類と少なく使いづらさはあるでしょう。 ストレートC、スライダーBはまあそこそこ良いんですけどね・・・。 特殊能力を見ると・・・出ました 「荒れ玉」(笑) 制球Dの時点で察してはいました。 正直諸刃の剣なので怖さはありますね。 中日純正民向けの選手。 球威・制球がBに乗っていて制球は76と結構高いです。 スタミナがないのが痛いですが、中継ぎ配置もできるのでそこまで問題なし。 球種は4種類で変化量はそこそこですね。 特殊能力に コントロールがあるので操作はしやすい選手かと。 ちなみにこれ書いてる管理人はヤクルトファンですが、イノーア選手なかなか良さそうです。 縦にめちゃくちゃキモい軌道で落ちる縦スラっぽい球持ってて意外と活躍しそう。 他の球団の選手をあまり見られてないのであんまり言えないですが(笑) 結論:新戦力は誰を取りに行くべきなのか? さあ、結局知りたいのはこれですよね。 現時点の能力だけを考えたら、 サンチェス選手 ジャクソン選手 ムーア選手 辺りですね〜。 イノーア選手、ピープルズ選手、辺りもおすすめです! 打者が欲しいって方はサンズで決まりですね。 ランキングとしてまとめるとこちら。 1位 サンチェス 5. 0 2位 ジャクソン 5. 0 3位 ムーア 5. 0 4位 イノーア 5. 0 5位 ピープルズ 5. 0 6位 シャギワ 4. 5 7位 サンズ 4. 0 8位 バーヘイゲン 4. 0 9位 ヒギンス 4. 0 10位 スコット 4. 0 11位 ゴンザレス 3. 5 12位 ノリン 3. 5 いやー難しい・・・。 今年の覚醒選手は一味違う? 今年の覚醒選手はみんな同様ですが、 スピリッツ3300 特殊能力に金特付き です。 普通に戦力アップになるので育てましょうね! まとめさせてもらうぞ 助っ人外国人出たわね。 打者が欲しい!!って人は選ぶの簡単ですが、正直難しいですね。

次の

【プロスピA】「助っ人外国人」は誰を取るべき?1人ずつ評価&最強ランキングも

プロスピ サード 最強

2020年シリーズ1のセンター選手一覧 現在登場しているセンター選手の一覧です。 去年は成績全部がもう一声!って感じでしたね。 ミパAA同値が今シーズンからなくなってしまったのでそこをどう判断するか。 ま、取れるかは別の話やけどな。 個人的には日本代表に入って欲しい存在。 なんと言っても走力が高い。 や、高すぎる。 80後半となると前半と比べて一気に評価を上げています。 守備面打撃面も考えると去年バージョンの方が強かったのですがね・・・あれが強すぎただけか。 守備に衰えが見えますが打撃はまだまだいけますね!ずっと日本にいたらどんな成績だったんだろうと思いますね。 起用したいユーザーさんもたくさんいそうですね。 いまだにレベルは高くても、 ワンチャンTSで出てくる可能性もあるのでそこも期待したいです。 守備はAじゃなくなりましたが普通に使えますし同値もあるのでリーグでも使えます。 パワーと守備はもう一つですがそれでも飛躍がすんごいですね。 その スピードと球際の強さで一気に定着してきましたね!今年はセンターかライトででのフル出場を期待されていると思うのでぜひ頑張ってもらいたいっす。 ちなみにかなりナメてるらしい。 俊足外野手として秋山選手の抜けた穴を埋めるべく 1番センターで期待されています。 昨年はゲッツー崩れからの盗塁を量産し盗塁王に輝きました!昨年序盤に定着できなかった1番に定着できるかが注目ポイントになります。 センターよりレフトの方が適性高いっす。 称号もけっこう幅が広いので 純正民は間違いなくAをたくさんとっておきたい選手ですね。 去年はアニバで出るくらい人気だったので今年は成績ぐーんと上げてほしいです。 センター最強ランキングベスト10は以上! やはりセンターには良い選手を配置したいですね。 センター選手の選び方 センターは、外野手びの要のポジションです。 打撃力に特化した選手もいますが、 なるべく守備力も伴っている選手を配置するのが好ましいでしょう。 その点、丸選手は攻撃力、守備力共にトップクラスであり理想的なセンターと言えますね。 最後に センターはやはり良い選手が多いですね。 TSやOBでも出ることがあるので、選手が追加され次第こちらのページも更新していきます。

次の

【プロスピA】2020シリーズ1 サード選手評価一覧と最強ランキング(三塁手)

プロスピ サード 最強

正直、年齢もありもう厳しいのかなと思ってからのこの迫力。 の調子が落ちたあたりからは圧巻の4番打者でした。 TSでの登場時は圧巻の パワー87Aを叩き出していましたが、まだまだあの頃に負けていない。 さすがのアーチストも魅力。 とにかく打点王獲得のタイトルホルダーは魅力的! 続きまして、第2位! まばたき多めの熱々男!アチゥオー! ソフトバンクからせーのっアツァーーーオーーー(拳)!昨シーズンのベストナインは守備もよし。 今シーズンも正直打率はそこまでながらホームランは30本越え。 さすが超パワーヒッター。 ミートも 60Cから 74Bへ大幅アップ。 年齢は上がってきてますが、パフォーマンスとリーダーシップはまだまだ健在。 ちなみにに選出されてます。 まだまだ日本のサードは松田選手が熱い。 そんでもって、第3位! ヒットメーカー、ゲンスゲェー!北斗さん風 球界を代表するヒットメーカー、ゲンスゲー 北斗さん風。 今シーズン序盤はあまり打率が上がってこない感じでしたが、最終的には上位争いしている圧巻の3割打者。 前シリーズまでの夢の捕手適性はなくなっていますが、適性がレフトからサードへ変更。 ミートが高いサードの選手は珍しさもありますね。 残念ながらパワーが 71Bから 66Cにダウン。 三塁手に大きいのを求める方は候補から外れちゃいますが、超アベレージヒッター持ちのサードは貴重かも。 続きまして、第4位! 君がいた夏は~首位打者狙う夏~ぅ!惜しかった高橋くん! 中日から、ついに開花との声が聞こえる高橋周平選手。 今か今かと待ちわびていた高橋くんの覚醒。 いや、覚醒ではない。 ついに本調子になったのだと解説陣も口を揃える背番号3。 どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれでしたが、今シーズンは何かが違う!残念ながら打率3割には乗りませんでしたが、頼もしい活躍でした! まだまだ若い選手、、、伸びしろですねぇー! まだまだいくぜ、第5位! フレディマーキュリー髭のザッキー!ユーアーザチャンピオン! DeNAから宮崎選手。 今シーズン序盤は苦戦ながらも最終的にはやっぱり宮崎さんでした。 残念ながら 82A 77B 56Dから 78B 76B 59Dへとマイナス部分が目立ってはいます。 打率3割が続いていたシーズンだったので、仕方ないですが残念感はあり。 三塁手もありましたが、宮崎選手は安定感あります! ちょうど真ん中、第6位! 寿司!スシ!SUSHI!お口の恋人レアード! ロッテのスシボーイ、レアード選手。 今シーズンは釣って捌いて大忙しでした。 シーズン序盤、どこまで量産するのかと言う活躍でしたが、着地的には安定の?32本。 パワーは圧巻。 率が残ってくればより怖いバッターになるかも。 電撃移籍の今シーズンから、来シーズンはより寿司量産となるか。 三木さんがお腹いっぱいになりますように。 そしてそして、第7位! 小山とは言わせない!負けるな浜風、大山くん! 今シーズン、4番に座っていたからか色々と言われました。 もちろん期待あってこそですが、6番あたりを打たせたらとても素晴らしい打撃ではないかとも思います。 かつてのロッテ4番サブロー選手のように、繋ぐ4番も素敵なものがありました。 スタメン落ちもありながら、右打ちがどーの、言われても自分自身を貫いて笑顔を見せて欲しい!もちろん大きいのが打てるのも魅力ですが。 ただ守備の失策が目立つのは残念。 プロスピでの守備能力はいいですが! つづきまして、第8位! ボックス踏みながらボールを投げる賀来賢人! 日本ハムから移籍の太田選手。 パ・リーグ出身ならでは 偏見 のセンスが溢れておりました。 特にハムの目利きが獲得しただけある(妄想)素晴らしい選手感。 1番を打っていた姿には未来のヒットメーカーを感じました。 内野手全般いけるものの、サードには今シーズン第ブレイクの、ショートには期待の生え抜き広岡選手、もちろん二塁手にがいます。 ただこの方もまだ22歳。 ミートとパワーも 61C 58Dから 66C 63Cへと飛躍。 これから間違いなく育ってくる選手に違いなし。 そしてそして、第9位 守備はおまかせ!小島だよ!小島だよ。 オリックスから小島だよ!限界突破4以上必要ながらも、捕手以外全て守れるまさにユーティリティープレーヤー。 突出した能力はなくても、これだけ守れるのはまさに天才かもしれない。 今シーズンは試合で見る機会も多くて、ベテランでもあるので雰囲気ありました。 若手が躍動していきそうなオリックスの中でベテランの力は必須。 どこでも守れる大島選手(小島だよ!)がいてこそ。 来シーズンもお願いします。 そうして、第10位! エンタメベースボーラー!ウィーラーザチャンピオン! 楽天のファニーボーイ、ウィーラー選手。 ムードメーカーをつけて欲しいくらい仲間の活躍を喜ぶ姿は魅力的。 シーズン序盤は寒さもあり、マスクマンと化してましたが、ここではポッケに入れて登場。 残念ながら パワーAにはのってませんが、超パワーヒッターでホームランは出ます。 ミスターインパクト。 そして、第11位! 来年こそはノリノリダー!アベッチ! ヒットメーカーとして素晴らしい活躍だった2017年から徐々にミートも下がってしまい、ついに 70Bから 68Cとなってしまいました。 躍動しまくってたタナキクマルと同世代。 長く続いた緒方監督時代から、まもなく佐々岡さんへ確定しそう。 仮にがショートで固定されてくれば、サードは来シーズンより争いが厳しくなりそうです。 メヒア選手、このまま黙ってはいないであろう田中選手もいます。 またミート復活となるか。 期待しましょう。 まだまだこれから!そんな第12位! 影薄目の後半戦。 ガンバラネバ! 巨人の助っ人、ビヤヌエバ選手。 なぜビヤヌエバ。 ナカジとの争いに勝って序盤は活躍。 坂本、丸選手をビヤヌエバでホームへカエサネバでやってた頃から、シーズン終盤は若手の躍動がありました。 の飛躍があれば枠の問題など色々とありますが、まだ飛躍があるのか。 期待しましょう! まとめ 以上、俺的サードランキングでした! サードは毎年圧巻のOBの登場があるので、現役を見送りがちでしたが熱いメンツです。 何より、おかわりくん、マッチはずっとお世話になるであろう選手。 いい!.

次の