味の素 早期退職。 【悲報】早期退職者を大量に募集している味の素、同時に求人募集もしている

早期退職に伴う「割増退職金」相場一覧(2012年度~2020年度現在)

味の素 早期退職

金銭的に得なのは・・・ 早期退職すると決めたものの、後から本当に大丈夫なのか? 収入面ではどっちが得なのか・・・いろいろ考え始めたのだ。 どちらが得なのかを比較するには、いろいろな要素を考慮しなければならない。 例えば、• 総収入 (これからの給与収入)はどちらが多い?• 税金を引いた手取り収入ではどちらが多い• 住宅ローン支払い総額など、支出総額ではどちらが得?• 生命保険、年金、健康保険の費用はどちらが少なくてすむ?• 厚生年金の減額影響 (総収入に影響)は? もう考えただけで嫌になってくる・・・・ それに将来のことだから、厳密に損得を判断するのは、不可能だろう。 なので、これから、ある仮定・前提で、早期退職した場合と、今の延長でサラリーマンを続けた場合の、様々な損得を調べた範囲で紹介していこうと思う。 退職金加算はいくらもらえるの?! 今回の早期退職制度では、かなり大きな加算金が支払われることになっている。 これが、実際には、早期退職を決めた大きな理由のひとつでもあります。 人間、目の前の大金には贖えません・・・ もちろん年齢や役職によって違うのだが、自分の年齢ではそれなりに加算金が出るようだ。 たとえば、45歳の人だと、逆にあまり加算金はでない。 会社は若い元気のある人には、それほどやめて欲しくないものだ。 会社にいれば、まだあと20年は給料もらえるのに、加算金数か月分では、とても怖くて早期退職などできないのだ。 一番にやめてほしい、高年齢層に対して、加算金を多く払う設定をするのは普通のやり方だろう。 リストラの対象は普通、年寄りだからだ。 あくまで、損得比較をする上でのモデルとしてだが、現状の月収110万円。 ボーナス年間530万。 給与年収が1850万円だとしよう。 退職加算金は奮発して45ヶ月出されると仮定しよう。 あくまでも仮定の話だ。 うちは金融系なので、平均よりはかなり高いレベルの加算金が出るとは思う。 退職金加算は月収の45か月分としたので、4950万円だ。 あくまで仮定の話だが、夢を持てるような金額に設定してみた 笑。 給与収入 どっちが得か 上記仮定で言えば、加算金の金額は、単純に言えば、今の年収の2. 7年分に相当する。 すなわち、今の給料のまま、あと2. 7年以上、働き続けられれば、加算金よりも得ということになる。 しかし、実際にはこれから年収は下がる一方なので、さらに以下の仮定で定年まで働き続けた場合の総収入を計算してみることにしよう。 1295万円• 年収は970万円 9か月分) これらの合計は、4115万円になる。 加算金をもらって早期退職し、60歳まで働かない場合でも、加算金の4950万円をもらった方が約835万円も得することになる。 60歳で定年後、65歳までは仮に年収300万円で再雇用してもらえる。 5年間、それで働けば、1500万円の給与収入が上記の4115万円に加算されることになり、この場合はもちろん、65歳まで働き続けた方が多くの収入を得ることが可能だ。 しかし、あと8年、サラリーマンを続けることという意味でもある。 結局、自分がいつまでどう働くのか、働けるのかを決めて、比較するしかないのである。 早期退職は損。 早まるな! 一般的によく言われていることだが、やっぱりいくらすごい加算金が出ても、早期退職は給与収入的には損と考えた方がよいのだろう。 毎月一定の収入があるということは強い。 しかし自分の場合、年齢がもう57歳だし、加算金条件から、60~61歳ぐらいまで今のまま働く想定なら、今、早期退職しても収入的には変わらない、損はないと判断したのだ。 早期退職して、その後も収入を得られれば、さらに得ということになる。 早期退職しても、すぐに経済的に困窮しないですみそうだし、これから会社の邪魔者としてしがみつくより、思い切って新たな第二の人生をスタートさせることが、自分の決断だったのだ。

次の

味の素、管理職の希望退職募集 50歳以上から100人

味の素 早期退職

「早期退職って得なの? それとも、損なの?」 昨年、三越伊勢丹ホールディングス(HD) の早期退職制度の見直しが報じられました。 このニュースは私たちFP仲間でも話題となり、その際に議論されたのが早期退職は「得か?」「損か?」でした。 ちなみに、三越伊勢丹HDは早期退職者の「退職金を加算する対象」を部長職で50歳から48歳に引き下げ、最大5000万円の増額を設定、さらに課長職の退職金についても最大2倍にする方針だそうです。 「5000万円の増額」は魅力的なようにも感じられます。 もし、私が三越伊勢丹HDの部長だったなら……正直ちょっと心が揺らいでしまうかも知れません。 読者のみなさんはいかがでしょうか? ライフスタイルは人それぞれであり、一概にどれが正解とは言えないと思います。 しかし、これからの時代、「早期退職制度」を推進する企業が増える可能性も否定できません。 三越伊勢丹HDが直面する問題も決して他人事ではないのです。 今回はFPとして「お金の問題とどのように向き合うか?」アドバイスする立場から、早期退職について考えてみたいと思います。 企業の人事採用は景気と連動します。 景気が良いと企業の採用人数が増加しますが、悪いと減少します。 日本は1980年代後半にかけて「空前の好景気」に沸きました。 いわゆるバブル期と呼ばれ、求職者にとっては圧倒的な売り手市場でした。 この時期に新卒で大量に採用された社員が1960年代生まれを中心とする「バブル世代」です。 2020年代には「バブル世代」の大部分が50代を迎え、給与水準もピークに達します。 企業にとっては人件費負担増という問題が重くのしかかります。 それでも高い給与水準に見合った「責任あるポスト」を任せることができれば良いのですが、このままではその用意すべきポストも不足する恐れがあります。 上記の通り、バブル期に大量採用した社員の人件費負担増やポスト不足といった企業が直面する経営課題が「2020年問題」なのです。 もちろん、企業が「2020年問題」とどう向き合うかは様々です。 新規事業などで新たな可能性を見出し、その新たな収益を生む「責任あるポスト」を用意することができれば、企業にとっては人件費負担増に見合った成長が期待できるかも知れません。 しかし、現実は過酷です。 むしろ、退職金を上乗せしてでも「早期退職制度」を推進する道を選択する企業が増える可能性もあるのです。 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・ 「退職金5000万円上乗せ」は得なの? 一方、社員も難しい選択を迫られます。 その判断基準の一つとして重要なのが「退職金がどれだけ上乗せされるか?」でしょう。 「退職金5000万円上乗せ」は、とても魅力的な金額に感じられます。 しかし、それまで年間500万円で暮らしていた人が、その生活水準を維持しようとすると10年でなくなってしまいます。 定年退職まで働いて得られる収入と比較すると5000万円は必ずしも魅力的な金額とは言えないのではないでしょうか。 早期退職を選択するにしても、再就職や起業を視野に入れる必要があるように思います。 では、どれだけの退職金があれば、一生暮らしていけるのでしょうか? 50歳で早期退職し90歳まで生きるケースを想定してみましょう。 ただし、これはあくまで計算上の話で旅行や介護、住宅のリフォーム等の出費は含まれていません。 それにどうやって「年4%で運用」するのかも検討する必要があります。 方法は色々あるのですが、いずれにしても90歳までギリギリの生活になりそうです。 現在バイアスの「ワナ」にご注意を! 私がFPとして読者のみなさんに伝えたいのは「目先の金額」に惑わされないことです。 たとえば、行動経済学の世界では「現在バイアス」という言葉があります。 現在バイアスとは目先の利益を優先し、将来の利益を小さく評価してしまう傾向のことです。 多くの人がこの現在バイアスの「ワナ」に陥りがちです。 たとえば、読者のみなさんは「今日1万円」もらうのと「1年後に1万1000円」もらうのとどちらを選択するでしょうか? 「今日1万円」を選択した人は現在バイアスの強い人です。 現在バイアスが強い人は将来得られる利益や目的達成(可能性)よりも、目先の利益を優先しがちな人です。 スタンフォード大学の心理学者、ウォルター・ミシェル氏は現在バイアスについて「目先の欲求を辛抱したほうが、将来の成功につながる」と自制心、セルフコントロールの重要性を指摘しています。 早期退職については様々な意見があると思いますが、私は単純に生涯給与(お金)という意味で「得か?」「損か?」と問われれば、損だと考えます。 将来の可能性よりも目先の利益を優先してしまうのはもったいないように感じるのです。 もちろん、早期退職を選択し、本当に自分のやりたかった仕事を始めることができれば、その人にとっては最良の判断だったと言えるでしょう。 すべての物事が「お金」を基準に判断できるものではありません。 これは本当に人それぞれなので、一概には言えませんよね。 ただし、繰り返しになりますが「本当に自分のやりたい事」を明確にできずに、目先の利益を優先すると現在バイアスの「ワナ」に陥りかねない点には注意したいものです。 どのような選択をするにしても、一人でも多くの人が笑顔で「最良の判断だった」と言えることを願わずにはいられません。 (ながお・よしひろ) NEO企画代表。 ファイナンシャル・プランナー、AFP。 徳島県生まれ。 大学卒業後、出版社に勤務。 1997年にNEO企画を設立。 出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。 新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。 著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『お金に困らなくなる黄金の法則』『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)。 監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・•

次の

味の素の離職率とリストラ情報【転職の評判とホワイト企業度】

味の素 早期退職

希望(早期)退職者の募集に踏み切る上場企業が増加の一途をたどっている。 11月だけで5社が計画を発表し、その顔ぶれも味の素、LIXILグループ、ファミリーマート、ノーリツ、オンキヨーと有名どころが並ぶ。 その内容をみると、業績が堅調なうちに人員体制の適正配置の一環として幹部社員などを中心に人員削減に取り組むケースと、不振事業などからの撤退に伴い人員削減に迫られるケースに大別され、明暗が分かれる。 今年に入って希望退職者の募集を発表した企業は少なくとも27社に上り、すでに前年の倍以上に達する。 味の素、ファミマは初の実施 味の素は、50歳以上の管理職を対象に特別転進支援施策を導入し、100人程度の希望退職者を募集する。 募集期間は2020年1月6日~3月13日。 退職日は6月30日。 通常の退職金に特別加算金を上乗せするほか、再就職支援を行う。 人数や期間を決めて希望退職者を募集するのは同社として初めて。 中長期的な事業構成に沿った組織再編や人材配置を進めるのが目的という。 今回の募集人員約100人は全社員(単体)約3490人の3%に満たない、しかし、対象者である満50歳以上(2020年6月末時点)の管理職は約800人と、全体の4人に1人に相当する。 味の素の足元の業績をみると、2020年3月期予想は1%増の1兆1385億円、最終利益39%減の180億円。 ちなみに、国内の食品会社(ビールなど飲料会社を除く)で売上高が1兆円を超えるのは日本ハム、明治ホールディングス、山崎製パンと同社の4社しかない。 同様に、初めて希望退職者募集を打ち出したのがファミリーマート。 2020年2月までに全社員の約1割にあたる約800人を募集する。 原則40歳以上が対象(出向者を含む)で、本部組織の構造改革の一環としている。 市場の飽和などコンビニ業界を取り巻く厳しい経営環境を勝ち抜くため、先んじて組織のスリム化・業務効率化を進める。 ノーリツ、住設分野撤退で約2割人員削減へ 業績の悪化や不振に伴い、希望退職者を募集するのはノーリツとオンキヨーだ。 ノーリツは不採算の住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の生産・販売を2020年6月末に終了することを決めた。 これに伴い、1月に、約600人の希望退職者を募集する。 全社員(3168人、9月末)の2割近くに上る規模で、45歳以上の正社員(2020年3月20日時点)、契約社員が対象。 ノーリツは一連の構造改革費用として2020年12月期に特別損失70億円を計上する。 経営責任を明確にするため、社長以下の役員報酬50%~10%を6カ月間減額する。 今後、給湯器やコンロなど温水・厨房機器に経営資源を集中する。 今年1月には52億円を投じて、米国のガス・石油ボイラメーカー、PB Heat社(ペンシルベニア州)を買収するなど攻めの施策も推進中だ。 予期せぬ展開になったのが経営再建中のオンキヨー。 米企業に対するホームAV事業の売却(約82億円)が10月に白紙撤回となったからだ。 再建計画の前提が崩れたことで、改めて抜本的な合理化を迫られ、11月に入って本社などの拠点集約と並んで約100人の希望退職者募集を打ち出した。 40歳以上60歳未満の正社員で拠点集約による転勤者が対象。 退職日は2020年3月末日。 LIXILグループは2012年以来の募集 一方、人数は定めていないものの、「キャリア制度」の名称で希望退職者を募集するのはLIXILグループだ。 募集期間は2020年2月17日~2月28日で、本体と国内子会社の一部子会社に在籍する50歳以上勤続10年以上の正社員を対象とする。 LIXILグループが希望退職者を募集するのは2012年以来。 この時は建材・住宅設備事業子会社のLIXILを中心に900人規模で募集したところ、倍以上の1884人の応募があった。 今回導入した同制度については当面5年間の運用を予定しているという。 LIXILグループはトップ人事をめぐる創業家と元CEOとの対立が昨秋から半年以上続くなど経営混乱に陥り、業績改善と合せて社会的にも信頼回復の途上にある。 LIXILグループの本社(東京都江東区) 下期さらに勢い増し、すでに15社 希望退職者の募集は上期(1~6月)で12社を数え、昨年1年間にほぼ並んだ。 下期はさらにペースが上がり、15社に達する。 9月の日銀短観(全国企業短期経済観測調査)によると、大企業・製造業の景況判断DI(業況判断指数)はプラス5と、3四半期連続で悪化し、6年3カ月ぶりの低水準となった。 米中貿易摩擦の激化など世界経済の不透明感が広がっていることが背景にあり、引き続き、国内企業へのリストラ圧力の高まりが予想される。 上記以外に日産自動車は7月末に国内外で1万2500人の人員削減を発表。 この中で国内従業員の一部は早期退職者制度の活用が見込まれている。 文:M&A Online編集部.

次の