ネーム 子供。 子供の名前にキラキラネームはどうか?メリットとデメリット

【楽天市場】子供向け名入れタオル > ハンカチ:名入れ 名前入り タオルのマミー

ネーム 子供

森鴎外 キラキラネーム。 それは、一般的に学がないだの常識がないだのと 非難されがちな名前たち。 共通していえるのは、 どこか違和感を覚える名前であること。 90年代半ばごろから台頭してきたとされるキラキラネームは、それ以降の若い世代にみられる流行とされ、 若者の学のなさを揶揄する材料とされてきた。 だが 100年ほど前に、 学がありまくるのにキラキラネームを我が子に付けまくった偉人が存在したことをご存知だろうか。 鴎外さんがっすか!? 【雑学解説】文豪・森鴎外は5人の子供にキラキラな名前をつけていた! 森鴎外。 国語の教科書や資料集で顔を見たことがある人も多いのではないだろうか。 めちゃくちゃいかついおじさんだ。 数多くの作品を残した森鴎外は、日本の最高学府、 現在の東京大学医学部を卒業した超エリート。 東大医学部の予科に入学したときは12歳、なんと2歳ごまかして入ったというのだからびっくりだ。 作家であると同時に、 陸軍のトップで軍医でもあった、様々な顔を持つ多才な森鴎外。 作家として文豪と称されるだけで十分にすごいことなのに、お医者さんとしても活躍していたなんて、もうすごいなんてもんじゃない。 そんな森鴎外が 子供にキラキラネームを付けちゃっただなんて信じられない…。 いったいどんな名前なのだろうか。 よ、読めない…!森鴎外の5人の子供たちの名前! それでは森鴎外の5人の子供たち、一気に紹介しよう!• 長男・ 於菟(おと)• 長女・ 茉莉(まり)• 次女・ 杏奴(あんぬ)• 次男・ 不律(ふりつ)• 三男・ 類(るい) うおおお!??なんかスゴいっす…! うーん、読めない…。 読めないし、日本離れしたちょっと違和感のある名前…。 間違いない。 キラキラネームである。 於菟・杏奴・不律はそもそもふりがながないとわからないし、長女の茉莉、三男の類は今では違和感のない名前だが、100年前の当時からしたらやっぱり 違和感があるだろう。 いったいどうして、森鴎外はキラキラな名前をつけたのだろうか。 実はこれには 理由があるのだ。 ドイツへの留学経験があり、早くから 国際的な感覚を身につけていた森鴎外は、 自分の子供たちに対しても 世界で通用する人間になってほしいという思いがあった。 森鴎外の本名「林太郎」は外国では発音が難しく、子供たちには 世界でも溶けこめる名前を、という理由でキラキラさせたみたいだ。 知識人だからこその発想だな。 たしかに、みんな ヨーロッパぽい名前。 筆まめで子供たちには頻繁に手紙を送り、育児や教育にも積極的。 娘の写真を人に「かわいい」と褒められなくて怒ったり、子供たちにハゲ頭をばかにされるなどイタズラをされても許しちゃったり、 親バカエピソードも多く残っている。 元祖キラキラネームの名付け親なだけでなく、 元祖イクメンでもあったのだ! そんな森鴎外に溺愛されて育った子供たちは、森鴎外を 「パッパ」と呼んで心から慕い、後にそれぞれ 森鴎外に関する思い出を綴って 出版したりしている。 子供たちもまた、パパが大好きだったようだ。 なんだかとてもほっこりする、素敵な親子関係である。

次の

子供の名前にキラキラネームはどうか?メリットとデメリット

ネーム 子供

私の名前は、キラキラネームです。 DQNネームとも言われます。 私は、高校2年の女子です。 漢字が当て字だけならまだしも、平仮名にしても、人名ではありえない言葉ですし、声に出して言うと誰もが振り向きます。 私自身、自分の名前が変わっているのは、小さい頃から分かっていました。 疑問に思い始めたのは、小学生の頃ですが、親に感化されている時期でしたし、クラスメートや友人に恵まれていたのでイジメもなく、中学まで過ごしました。 高校に入学してから、名前について嫌な事を言われたり、バイト先で大人たちが、ひそひそと聞こえるように言う悪口に、傷つき落ち込みました。 それでも、高校で仲の良い子ができて、ある日、名前のことで悩んでいると話したら、確かに外で大きな声で名前を呼べないよね、何かあだ名を考えようと言ってくれました。 優しいから、優ちゃんはどう?と言われて、私はもし自分の名前が変えられるなら、「子」をつけたいと前に話していて、優子になりました。 それから、友人、クラスメートと広がり、今では高校の友人は全員、ユウコと呼びます。 友達からの手紙には、優子へと書いてあります。 私は、みんなにユウコと呼ばれることが嬉しいです。 今日、家に友人が遊びに来たとき、みんながユウコと呼ぶことに、もう違和感がなくなっていて、気にしていなかったのですが、友人が帰った後、ユウコにいつ改名したの?と母が聞いてきました。 自分の名前が気に入らないのかと聞かれ、今までの溜まっていた気持ちをぶつけてしまいました。 何故、この名前にした?普通の感覚ならつけない!普通じゃない、ずっと我慢してきた、名前は自分で決められないからこそ、せめて一般生活に支障のない名前にしてほしかったと言ってしまいました。 ユウコは、あだ名で、友達が考えてくれた名前、お母さんがつけた名前よりずっと気に入っている、この名前に改名したいと言って私は部屋へ戻りました。 父が帰宅して、父から話があると言われて、お母さんと出合った話や妊娠の話、妊娠中に一生懸命考えてつけた名前だから、お母さんに謝りなさいと言われ・・ でも、前に名前の由来を聞いた時、可愛いからつけた、響きがいいからと・・ 謝らないと食事がないそうです。 いらないけど・・・ どんな名前でも受け入れて当然ですか? どう思いますか? 私が謝るべきだと思いますか? 母が怒る理由は分かりますが、怒れるのがすごいやと思ってしまいます。 補足色々な回答が欲しくて、投稿しましたが、こんなに多くの回答にビックリしています。 今までは、家の中の平和を考えて、我慢してきましたが、今回はちゃんと話し合いがしたいです。 母を傷つけたとは思いもしなかったので、回答を読んでその部分は反省しています。 でも今は、どうしたらいいのか悩んでいます。 全部読んでよく考えます。 食事のことを心配してくださってありがとうございます。 バイトしているので大丈夫です。 あなたの質問やみなさんのコメントを読ませてもらいながら、私が思う事を書きたいと思います。 姓名判断の観点から言えば名前とは、その子の人生や将来を願って考えるものです。 そのために画数や音色を気にするくらい重要だと捉えるべきです。 基本的にそれを一生背負うのは子供であると考えたとき、親は慎重に一生懸命に考えるのは当然です。 ですから、結果として子供が悩み、苦しむならばまさに本末転倒です。 であるので、親があなたを苦しめているのですから謝るのは、親であるべきです。 それが筋ですし、大人になるのは親ではないでしょうか? 親は、あなたの心情にたって考えてはいないと推察します。 父と母の出会いや盛り上がった恋やその結果の妊娠などは、優子さんを存在させる原因ではありますが、あなたの人生とそれを天秤かけてたとき果たしてどちらがより大切でしょうか? ただ、友達があなたをどんなあだ名で呼ぼう気にする親は、そうはいないのですが、優子さんのお母さんは気にするくらいあなたの名前に愛着と自信があるかもしれません。 そして、それを一番知っているのがお父さんなのかもしれません。 しかし、お父さんは、お母さんの立場に立って考えるのではなく中立に立つべきだと思います。 反抗を自立の兆しと考えドンっと構えるのは、父の役目です。 ですから父は、母の心情を察するのと同時に娘の心情を聴きその上で話し合いを持って、方向性を示して行かなければいけないと感じます。 今の状況では、優子さんが孤立して話し合いどころではなく、食事抜きなどの圧力で子供の自立性を抑制しています。 優子さんのご両親は、ちゃんと優子さんと向き合うべきだと考えます。 制裁を与える事は、子供と向き合えていないただの逃げでしかありません。 最後に私の考えとして、優子さんは戦うべきです。 今を変えたいならば、戦うべきです。 その為に仲間を増やし、公的機関や学校の先生、友人、知人に相談し助けを求めるべきです。 衣食住は、憲法にもある国民の権利ですから親に奪う力はありません。 それも名前がために侵害されるものではないのです。 優子さんが自分の未来を勝ち取る事を願っています。 それでは 大人になると、なかなか自分の誤ちを素直に認めることが出来ないと思います。 しかも良かれと思って名付けた子供から指摘されるとなると・・・。 どのような家庭環境かは分かりかねますが、知的なご両親であれば落ち着いて事情を説明することで理解をしてもらえるかもしれません。 もちろん他の回答者のみなさんと同意見で、まずは謝罪から。 負けるが勝ち、ですよ。 ただ、20〜30分話しても堂々廻りになるのなら、知的な方を説得するのは(あなたの年齢的に)困難だと思います。 子供の気持ちよりも自分のプライドを大事にされる方なので、今は我慢して知恵と勇気をしっかり蓄え、将来の話し合いに備えることをお勧めします。 (あだ名として「優子」を使用すること位は交渉して許可して貰えたらベスト!!) 名前のことでは無いですが、私も親に変わって欲しくて言い争ったことがあります。 結局私よりも自分自身を守ることを優先したので・・・長い時間をかけて準備をし、こっちの言い分を「力」で通しました。 ぼちぼちやっていきましょう。 この質問&回答をご両親に見せるのは 心優しい人がすることではないと思います。 ご両親に対する誹謗中傷があまりにも多すぎます。 確かに冷静な名づけが出来なかったことと ご飯抜きにした対応はご両親に過失がありました。 しかし友達から「優しい」と言われる女の子に 育ててくれたのもご両親なんです。 「優子」と呼ばせていることをいきなり聞いて ご両親も精神的な苦痛を味わったと思います。 質問者さまの苦しみが長期にわたる慢性的なものなら ご両親の受けた苦しみは急性的なものですが それでも今回の事は100%どちらかが悪いと 決め付けられることではないと思います。 名前で嫌な思いをしてきたこと ご両親のことが憎いというわけではなく あくまで名前自体が嫌なこと をご両親に伝えるべきです。 ただ、改名するなら「優子」ではなく 質問者さんとご両親で新しい名前を考えた方がいいと思います。 もし「優子」にしたらご両親との関係に入った亀裂は 一生修復できないと思います。 お友達には家族全員で話し合って決めたことと説明すれば きっと新しい名前で呼んでくれると思います。 あなたがいやでいやでたまらないその名前、なんて言う名前か、具体的にわからないので、判断しづらいのですが・・・ 今でもDQNネームだということは、十数年前、あなたが命名されたころには、それはそれは、当時としてはありえない、型破りな名前だったんでしょうね。 ご両親の勇気には感服いたします。 あらゆる障害を乗り越えて役所に届け出たその名前を持つわが子が、いつの間にか勝手にユウコと名乗っていた。 ご両親にしてみたら、そりゃあ、怒りますわな。 ユウコと名乗る前に、ご両親にあなたから本心を打ち明けるべきでしたね。 「私、自分の名前が実はいやなの・・・」 ご両親はひょっとしたら、この日が来ることを恐れていたのかもしれませんよ。 ずーっと前から。 ご両親が怒っておられるのは、あなたが勝手にユウコと名乗っていることについてです。 勝手にユウコと名乗ったことについては、素直に謝りましょう。 そうすれば、事は意外と簡単に解決するように思います。 改名の要領についてはほかの回答者の方々が述べておられますし・・・ まあこれを両親に見せるかはお前さんに委ねるが…。 なぜ謝る必要があんのかわからんな。 父さんの言い分から考えれば 「苦しかろうが辛かろうが一生懸命考えたんだ、我慢しなさい。 」 って言ってるようにしか聞こえんがね。 一生懸命考えたからって絶対いい名前になるなんてことはまずない。 ここを見てくれればわかるだろうが、実際つけられた名前だ。 そりゃあ小さいときはかわいいぜ? ララ桜桃(ららさくらんぼ)ちゃんとかよ、波波波(さんば)君とかよ、かっこいいじゃねぇか。 だがよ、これが大人になってからのこと考えてみてくれ。 会社やバイトの面接で「ララ桜桃です」って答えんのか? 名は体を表すって言葉があるからよ。 いくらまじめでいい子でも名前で選ばれないなんてこともあるんだぜ? それじゃあ駄目じゃねえか。 ましてやお前さんは人に呼ばれるのすら嫌な名前なんだろ? だったら我慢する必要なんかねぇやな。 自分で産んだ子だからって全ての権利が親にあるわけじゃないんだ。 一度お互いの考えをぶちまけるってのが一番いいと思うぜ。

次の

子供にキラキラネームをつけるバカ親が増えた本当の理由

ネーム 子供

キラキラネームをつける親は頭悪い?そう言われる理由は? よく、キラキラネームをつけるのは親が低能だからと言われることがあります。 でも、そうでしょうか? キラキラネームと言われるものの定義は、先にも少し言いましたが、 ・人の名前にふさわしくないと思われる名前 ・当て字を多く使った名前(読めない、意味の通じない名前) ・難しい漢字を使った名前 のことです。 キラキラネームは私の子供の園でも多いのかな?と思います。 初見で間違わず読める名前の子は、男の子でも女の子でも少ないと思います。 名前の読みを覚えても、今度は漢字を覚えられません。 何せ書いたことはまずないような漢字をあてている名前が多いんです。 そう言っている私自身の子供も、漢字自体は良く見るし、使うものですが 恐らくは初見で読みを言い当てる人は少ないです。 そもそも同じ名前の子に会ったことが、まだありません。 こんな感じで、今の時代、同じ名前が少なく、 同じ漢字となると本当に被らなくなっていますよね。 逆にキラキラネームをつける親の知能って高いんじゃないかと私は思います。 とは言っても、「人の名前にふさわしくない」名前を当て字で付けている人を指すのではなく、 ちゃんと意味を理解した上で、願いを込めて珍しい名前をつけている人に限定してということです。 名づけは全く0から、人に名前を与える作業ですが、 好きな名前だったり漢字だったりがあって、 そこから自然に決まっていくというのが、よくあるパターンだったと思います。 でも、そうではなく、子供に与えたい将来などを描いて、 そこから名前と漢字を普通に導き出す今の名づけは、とってもレベルが高いと思います。 特に漢字なんて、学校で習った漢字以外、滅多に見ることはないのに、 よくこの漢字を知ってたな・・・と感心しませんか? 実際、キラキラネームをつける親は、 学歴が高くても低くても、同じ名前をつけるのではないでしょうか? 周りのキラキラネームを付けた人たちを考えても、 みんな学歴が低いわけじゃないですよね?? 私は漢字を先に決めて、読みを後から選んだので、 読み方はちょっとキラキラ?と思ったりはしますが、 いろんな意味を込めた子供の名前を気に入っています。 将来、子供自身もそう思ってくれるように、 ちゃんと話をする用意をしています。 キラキラネームをつけた親を恨む切実な子供の想いとは。 キラキラネームを付けた親の気持ちはどうでも、 実際に子供たちはどう思っているのでしょうか。 実は名前のことで親を恨むというのは、 実際、珍しくないんですよね。 特に目立ってしまうような名前の子は、 いじめの対象になったりすることが多いです。 私立の学校などでは、それを避けるための対策として、 入学をお断りするということもあるくらいです。 SNSなどに投稿されていますが、 「普通の名前に生まれたかった」 と思う気持ちは、私もよくわかります。 私も特に子供のうちは、名前をからかわれたりしましたし、 自分の名前が本当に大嫌いでした。 今の時代になって、珍しい名前でなくなったこともあり諦めもつきましたが、 「私(親)が好きだった~の名前」 とかいう由来は、正直受け入れられませんでした。 名前を変えたいと思ったことも実際にあります。 そうです。 どうしても受け入れることができない場合は名前を変えることができます。 裁判所に申し立てを行い、その名前が日常生活において 支障のある名前と認められた場合に限ってのことにはなりますが、 15歳以上であれば、本人の意志だけで申し立てできます。 実際にキラキラネームでの生活に問題があり、 自分の思う「普通の名前」に変えて人生を再スタートさせています。 私の場合は、15歳の時には諦めがついて、 改名には至らなかったですし、裁判所には認められなかったと思います。 ですが、申し立てをして認められるということは 世間一般からズレているという証明にもなりますね。 また、キラキラネームをつけた親も後悔することはあるのでしょうか? 調べると結構あるみたいですね。 今の私のように、「大人になった将来、どうかな?」と ちょっと不安に感じている程度の人から、 「その時の気持ちだけで、後先考えずにつけてしまったけど・・・」と 切実に後悔している人まで多くいます。 子供って、本当、生まれた瞬間から誰よりも輝いて見えますよね。 だから誰にも負けない「可愛い」「カッコいい」 そんな名前を付けたくなるものだと思います。 でも、外国人ならOKな名前も、日本人ではダメって言われるのも なんか辛い話ですし、やっぱり名づけは難しいものですね。 漢字をあてるからおかしくなるのでしょうか? みんながみんな同じような名前を付けてしまったら、 同姓同名が溢れてしまうでしょうし、個性は必要・・・。 これは、どこまでがよくて、 どこからがダメなのか、誰も線引きできない問題ですね。 キラキラネームをつけた毒親の主張 ここからは、キラキラネームの中でも、本気でDQNだと思われるものについて紹介します。 話題になった名前として有名なのは、 「光宙(ぴかちゅう)」「皇帝(しいざあ)」など、 明らかにアニメなどから命名したであろう名前とその当て字。 この字をあてる想像力を尊敬しますが、読み方は 受け入れがたいというのが私の意見です。 私が子供の頃に思ったように、大人になって、大切な場面で名乗るのを 想像するだけで、不安になります。 キラキラネームをつけた親の言い分は 「ちゃんと考えて、意味もある名前をつけたつもりだから、文句を言われる覚えはない」 ってことが大半なんですよね。 でも、こういう名前をつけてしまって、批判を受けても 後悔もしない親って 「毒親」 と言われても仕方がないかもしれません。 悩んでいるのは子供だけだったりするんですよね。 親からしたら、自分の名前じゃないし・・・。 挙句「自分の名前はこんなので、すごく嫌だったから」と 親自身の名前を出して言ってきたりします。 その名前と常に一緒の子供の気持ちを考えないんです。 その名前を親として気に入っていても、子供本人が嫌だと思っているなら せめて、そのことに一緒に向き合ってほしいものですね。 キラキラネームをつけることが非常識といわれるのは、 親があまりに自分本位だからではないでしょうか。 自分のつけた名前を非難されたら、誰もいい気はしないと思います。 ですが、それが原因で、子供が虐められたり、 子供自身が「受け入れられない」と悩んでいるなら、 周りの声も聞き、本人の声も聞き、 その声を受け入れる姿勢が求められると思います。 だって、子供には「名前を受け入れろ」っていうんですから、 親だって「周りの意見を受け入れろ」って言われても普通ですよね。 胸を張って「良い名前」と言えるなら、冷静に 「どこがどう良い名前か」を誰にでもちゃんと伝えられるはずではないでしょうか。 まとめ 本当に意味もあり、素敵な名前でも、 聞きなれない名前や読み方はどうしても キラキラネームに分類されてしまいます。 そして、そんな名前をつけた親に良いイメージは持たれません。 でも、キラキラネームを持つ子は、本当にたくさんいます。 誰よりも、その名前を持つ本人たちのために、 少しでも悪いイメージを払拭したいですよね。 そのために、批判に批判で返すことは止め、 その場に応じた真摯な対応ができる親になりましょう。

次の