ギャラドス 自信過剰。 【ポケモン剣盾】シーズン2 最終40位 壁ドラパルト展開構築【構築記事】

呪いドラパルト+自信過剰ギャラドス

ギャラドス 自信過剰

3つのステータス種族値…ポケモンの種ごとに決まっているステータス 100体のコイキングがいても、同じコイキングという種類なのでみんな同じ種族値です。 個体値…ポケモンの個体ごとのステータス。 1〜31で決まります。 100体の野生コイキングを捕まえたら、100体の個体がいるので100通りの個体値になります。 努力値…他のポケモンを倒した時に得られるステータス ココガラを倒しまくったコイキングと、ジグザグマを倒しまくったコイキングは努力値が違います。 タマゴから産まれた時点ではまだステータスが振られていません。 個体値は1〜31の数値から決まり、31で「さいこう」と表示されます これがVと言われる。 できるだけ「さいこう」を目指しましょう。 これは持たせたポケモンだけではなく、一緒に預けたもう片方の親にも影響します。 これで高個体値ポケモンを預けた時に欲しい5つのステータスが「さいこう」なら、5Vを目指すことができます。 まあ、よくわからなくても預ける際にとりあえずどっちかのポケモンに持たせておいてください。 これは遺伝させたい性格のポケモンに必ず持たせてください。 今回は陽気のギャラドスを厳選するので、陽気のポケモンに持たせます。 かわらずのいしはワイルドエリアによく落ちていたり、育て屋前の穴掘り兄弟から入手できます。 あかいいとはものひろいで入手できます。 面倒くさい人は、ナックルシティで10bpのあかいいとを購入しましょう。 モンスターボール級になれば、20bpくらい溜まっているのでそれを使います。 育てたいポケモンを決める さて、ここまで来れば厳選に必要な機能とアイテムは揃ったので色んなポケモンを厳選することができます。 さすがについて来れてますよね…? 育てたいポケモンですが、最初は好きなポケモンを育ててみましょう!そっちの方がモチベが上がりやすいですし、強いポケモンを育ててもステータスを考えて振らないと活かしきれないからです。 次に育てるポケモンは、最初に育てたポケモンとタイプ相性が良いポケモンを育ててみましょう。 ギャラドスを最初に育てた場合、電気技にめちゃくちゃ弱いので電気を無効化する地面タイプのカバルドンを育ててみる、とか。 ギャラドス、カバルドンを育てたら特殊攻撃をするポケモンがおらず、素早さが全体的に遅い。 さらにみずタイプのポケモンを倒すのが難しそうなので、サンダースを育ててみるとか。 最初の一体を決めたら弱点を他のポケモンで補うように育てて行く所からスタートすると、なんとなく育てるべきポケモンの感覚がわかってきます。 厳選に必要なポケモンを捕まえよう そもそも厳選厳選って言うけど、何を厳選するの?って話ですよね。 陽気自信過剰 夢特性 ギャラドスの厳選では、 性格、夢特性、個体値を厳選します。 どのポケモンでも性格と個体値は必ず厳選します。 特性はポケモンによって厳選したりしなかったりです。 夢特性の場合は、レイドバトルで夢特性の厳選したいポケモンを捕まえる必要があります。 特性「ほのおのからだ」のポケモンを捕まえる 「ほのおのからだ」は手持ちの先頭に配置すると、手持ちのタマゴの孵化が早くなる特性です。 これがあれば効率よく厳選を進められます。 主にシャンデラ系全般とトロッゴン&セキタンザンが持っています。 自分はげきりんの湖にランプラーがめっちゃいたので入手しました。 どんな高個体値ポケモンを捕まえる必要があるのか?おみやげ ここからややこしくなるので、一つ一つ説明します。 ギャラドスの場合、基本的に特攻は使わないのでステータスの体力、攻撃、防御、特防、素早さが「さいこう」と表示される5Vを目指します。 そのためには高個体値同士のポケモンをかけ合わせ、コイキングを産ませなければいけません。 つまり欲しいステータスが「さいこう」と表示されているポケモンを捕まえなくてはいけません。 マックスレイドバトルで星4以上から4Vの個体が手に入るので、その個体同士をかけ合わせコイキングを産ませます。 最低でも攻撃と特防が「さいこう」と表示されるポケモンとタマゴを産ませない限り5Vは狙えません。 ではコイキングを産ませる場合、なんのポケモンを捕まえなくてはいけないのか。 結論から言えば、コイキングorコイキングと同じタマゴグループのポケモンorメタモンです。 最善なのは、高個体値コイキングand高個体値メタモンです。 例えば、メスのコイキングとオスのホエルコを預けると、コイキングのタマゴが産まれます。 これは水中2というタマゴグループだからです。 つまり違う種類のポケモンを預ける場合、厳選したいポケモンのメスが必要になります。 メタモンとのタマゴ メタモンと預けた場合、性別に関係なくもう片方のポケモンのタマゴができます。 コイキングの性別が何だろうが、メタモンと預ければコイキングのタマゴがでてきます。 性別不明のポケモンを厳選する際はメタモンと預けない限りタマゴが産まれません。 つまり、高個体値メタモン一体いれば他の高個体値ポケモンを量産する事が可能になります。 みんなが高個体値メタモンを求める理由はこれですね。 同じタマゴグループの4Vポケモンを捕まえたら、お互いの「さいこう」が欲しいステータスとちゃんと重なっていれば、5Vのポケモンを獲得できる可能性があります。 欲しい性格のポケモンを捕まえよう こちらも同じタマゴグループもしくはメタモンを捕まえます。 今回の場合は陽気のポケモンを捕まえます。 性別はコイキングと別の種ならオスを捕まえます。 できれば高個体値が良いですが、後で上記の高個体値ポケモンと預けるのでここでは拘らなくても問題ないです。 夢特性のポケモンを捕まえよう こちらは厳選したいポケモンが夢特性だった場合のみ必要になります。 交換以外では、夢特性はマックスレイドバトルで稀に出現するのでそれを狙うしか方法はありません。 ポケモンを預けてみる 欲しい性格、特性、高個体値のポケモンが手に入ったら、それぞれを遺伝させていきましょう! 厳選手順 陽気自信過剰(夢特性)ギャラドスの厳選を例にあげます。 この2体を預ける。 特に夢特性を狙う場合はせっかく5Vでも通常特性だったなんて事も多いです。 僕がコイキングを厳選した時はボックス2個と半分埋まりました。 ソシャゲでもやりながら根気よく頑張りましょう。 FGO、艦これ、アズレンはいい感じに回しながら厳選できました。

次の

【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と弱点・対策まとめ【自信過剰物理アタッカー型】

ギャラドス 自信過剰

3つのステータス種族値…ポケモンの種ごとに決まっているステータス 100体のコイキングがいても、同じコイキングという種類なのでみんな同じ種族値です。 個体値…ポケモンの個体ごとのステータス。 1〜31で決まります。 100体の野生コイキングを捕まえたら、100体の個体がいるので100通りの個体値になります。 努力値…他のポケモンを倒した時に得られるステータス ココガラを倒しまくったコイキングと、ジグザグマを倒しまくったコイキングは努力値が違います。 タマゴから産まれた時点ではまだステータスが振られていません。 個体値は1〜31の数値から決まり、31で「さいこう」と表示されます これがVと言われる。 できるだけ「さいこう」を目指しましょう。 これは持たせたポケモンだけではなく、一緒に預けたもう片方の親にも影響します。 これで高個体値ポケモンを預けた時に欲しい5つのステータスが「さいこう」なら、5Vを目指すことができます。 まあ、よくわからなくても預ける際にとりあえずどっちかのポケモンに持たせておいてください。 これは遺伝させたい性格のポケモンに必ず持たせてください。 今回は陽気のギャラドスを厳選するので、陽気のポケモンに持たせます。 かわらずのいしはワイルドエリアによく落ちていたり、育て屋前の穴掘り兄弟から入手できます。 あかいいとはものひろいで入手できます。 面倒くさい人は、ナックルシティで10bpのあかいいとを購入しましょう。 モンスターボール級になれば、20bpくらい溜まっているのでそれを使います。 育てたいポケモンを決める さて、ここまで来れば厳選に必要な機能とアイテムは揃ったので色んなポケモンを厳選することができます。 さすがについて来れてますよね…? 育てたいポケモンですが、最初は好きなポケモンを育ててみましょう!そっちの方がモチベが上がりやすいですし、強いポケモンを育ててもステータスを考えて振らないと活かしきれないからです。 次に育てるポケモンは、最初に育てたポケモンとタイプ相性が良いポケモンを育ててみましょう。 ギャラドスを最初に育てた場合、電気技にめちゃくちゃ弱いので電気を無効化する地面タイプのカバルドンを育ててみる、とか。 ギャラドス、カバルドンを育てたら特殊攻撃をするポケモンがおらず、素早さが全体的に遅い。 さらにみずタイプのポケモンを倒すのが難しそうなので、サンダースを育ててみるとか。 最初の一体を決めたら弱点を他のポケモンで補うように育てて行く所からスタートすると、なんとなく育てるべきポケモンの感覚がわかってきます。 厳選に必要なポケモンを捕まえよう そもそも厳選厳選って言うけど、何を厳選するの?って話ですよね。 陽気自信過剰 夢特性 ギャラドスの厳選では、 性格、夢特性、個体値を厳選します。 どのポケモンでも性格と個体値は必ず厳選します。 特性はポケモンによって厳選したりしなかったりです。 夢特性の場合は、レイドバトルで夢特性の厳選したいポケモンを捕まえる必要があります。 特性「ほのおのからだ」のポケモンを捕まえる 「ほのおのからだ」は手持ちの先頭に配置すると、手持ちのタマゴの孵化が早くなる特性です。 これがあれば効率よく厳選を進められます。 主にシャンデラ系全般とトロッゴン&セキタンザンが持っています。 自分はげきりんの湖にランプラーがめっちゃいたので入手しました。 どんな高個体値ポケモンを捕まえる必要があるのか?おみやげ ここからややこしくなるので、一つ一つ説明します。 ギャラドスの場合、基本的に特攻は使わないのでステータスの体力、攻撃、防御、特防、素早さが「さいこう」と表示される5Vを目指します。 そのためには高個体値同士のポケモンをかけ合わせ、コイキングを産ませなければいけません。 つまり欲しいステータスが「さいこう」と表示されているポケモンを捕まえなくてはいけません。 マックスレイドバトルで星4以上から4Vの個体が手に入るので、その個体同士をかけ合わせコイキングを産ませます。 最低でも攻撃と特防が「さいこう」と表示されるポケモンとタマゴを産ませない限り5Vは狙えません。 ではコイキングを産ませる場合、なんのポケモンを捕まえなくてはいけないのか。 結論から言えば、コイキングorコイキングと同じタマゴグループのポケモンorメタモンです。 最善なのは、高個体値コイキングand高個体値メタモンです。 例えば、メスのコイキングとオスのホエルコを預けると、コイキングのタマゴが産まれます。 これは水中2というタマゴグループだからです。 つまり違う種類のポケモンを預ける場合、厳選したいポケモンのメスが必要になります。 メタモンとのタマゴ メタモンと預けた場合、性別に関係なくもう片方のポケモンのタマゴができます。 コイキングの性別が何だろうが、メタモンと預ければコイキングのタマゴがでてきます。 性別不明のポケモンを厳選する際はメタモンと預けない限りタマゴが産まれません。 つまり、高個体値メタモン一体いれば他の高個体値ポケモンを量産する事が可能になります。 みんなが高個体値メタモンを求める理由はこれですね。 同じタマゴグループの4Vポケモンを捕まえたら、お互いの「さいこう」が欲しいステータスとちゃんと重なっていれば、5Vのポケモンを獲得できる可能性があります。 欲しい性格のポケモンを捕まえよう こちらも同じタマゴグループもしくはメタモンを捕まえます。 今回の場合は陽気のポケモンを捕まえます。 性別はコイキングと別の種ならオスを捕まえます。 できれば高個体値が良いですが、後で上記の高個体値ポケモンと預けるのでここでは拘らなくても問題ないです。 夢特性のポケモンを捕まえよう こちらは厳選したいポケモンが夢特性だった場合のみ必要になります。 交換以外では、夢特性はマックスレイドバトルで稀に出現するのでそれを狙うしか方法はありません。 ポケモンを預けてみる 欲しい性格、特性、高個体値のポケモンが手に入ったら、それぞれを遺伝させていきましょう! 厳選手順 陽気自信過剰(夢特性)ギャラドスの厳選を例にあげます。 この2体を預ける。 特に夢特性を狙う場合はせっかく5Vでも通常特性だったなんて事も多いです。 僕がコイキングを厳選した時はボックス2個と半分埋まりました。 ソシャゲでもやりながら根気よく頑張りましょう。 FGO、艦これ、アズレンはいい感じに回しながら厳選できました。

次の

【剣盾】【対戦】ギャラドスのダイジェット+自信過剰が強すぎなんだけどwww⇒それより〇〇ギャラのほうが強い気がするんだが

ギャラドス 自信過剰

10回目の投稿をさせていただきます。 誤り等があればコメントでご指摘いただけると幸いです。 始めにいくつか注意事項を... ・育成論中のダメージ計算はトレーナー天国様のものを利用しております。 ・育成論中のダメージ計算は基本的にすべて6V前提です。 ・体力:H、攻撃:A、防御;B、特攻;C、特防;D、素早;S と略記する場合がございます。 ・育成論中に他の育成論のリンクを無断で貼る場合がございます。 問題がございましたらコメント欄で仰っていただければ対応いたします。 前書き こんにちは。 frillです。 10回目の投稿になります。 今回はまだ投稿されていないASベースの夢特性ギャラドスのテンプレ補完的な育成論を書こうと思います。 以前他の人が投稿されていた気がするのですが、何故か消えているのです... 概要 ギャラドスの夢特性「じしんかじょう」を主軸にした型です。 『相手を倒すごとに攻撃が1ランク上昇する』という特性で、これと「りゅうのまい」を組み合わせることで高い突破力,抜き性能を持つことができます。 ここで重要なのがとにかく1匹目を倒して、能力上昇の起点を作ることです。 ですので、育成論では起点にできる一匹目の目安を明確にするためのダメージ計算に重点を置きたいと思います。 さらに、BW2において取得した「げきりん」により、苦手だった相手も突破できるようになったことも書きたいと思います。 考察に入る前にギャラドスについて簡単な説明をしておきますね。 タイプについて タイプ耐性は次のようになっています。 岩ニ倍もタイプ不一致の「ストーンエッジ」くらいなら耐えれるので「りゅうのまい」を積みやすいです。 種族値について 種族値は次のようになっています。 特に高い攻撃とS80族抜きの素早さがあいまって、「じしんかじょう」の起点にできる敵は多いです。 ここからは型の説明です。 性格について 逆鱗習得により広がった範囲を活かすために「いじっぱり」推奨です。 水ロトへの確定数が変わったりするので「陽気」よりも採用価値はあるかな、と思います。 舞った後に130族を抜きたい,素でマンムーを意識したいなら「陽気」もありだとは思います。 「りゅうのまい」後の抜き性能を最大にしたものです。 基本的にはこの配分で大丈夫です。 育成論改良前は少々耐久調整を施したパターンも載せていましたが、調整先の慎重ブシンが希少種になったので今回は割愛させていただきます。 「りゅうのまい」後は最速130族-1になっています。 「げきりん」習得前は陽気がテンプレでしたが、今は水ロトム,臆病スイクンを意識するためにいじっぱりが主流になっています。 【A調整】 特に仮想敵はいません。 抜き性能重視の極振りです。 【H調整】 余り4を振りました。 特性について 夢特性「じしんかじょう」を採用します。 相手を一体倒すごとに攻撃が1ランク上昇します。 技構成について BW2にて教え技逆鱗が解禁されました 確定技 りゅうのまい...... これが無いと始まりません。 AとSを上昇させて決定力を高めます。 アクアテールorたきのぼり...... タイプ一致のメインウェポンです。 威力重視の「アクアテール」の方が断然良いですが、命中不安なら「たきのぼり」でも良いです。 げきりん...... BW2にて解禁された教え技です。 竜全般を相手できる火力を手に入れました。 ロトムなんかも突破できるのがポイント。 選択技 ストーンエッジ...... 「だいもんじ」とどちらを確定欄にするか非常に悩ましいですが、一応等倍で撃てる範囲なんかも考えてこちらにしました。 だいもんじ...... 主にナットレイ,ハッサム,ユキノオーに撃ちたいです。 性格下降補正でもナットレイならH252D80,ユキノオーならH252D236まで確2にできるので、ピンポイントではありますが採用価値はあります。 「ストーンエッジ」とは技マシンで簡単に変更可能なのでパーティに合わせて変えてください。 じしん...... 水と範囲が被り気味です。 鋼や電気に撃ちたいです。 ただし、「りゅうのまい」後には「アクアテール」でもサンダース確1,メタグロス確2と確定数が変わらないので採用価値は微妙。 ジバコイルなどを意識したいなら有りかもしれません。 技スペ余るなら。 起点作りにどうぞ。 持ち物について ドラゴンジュエル...... 逆鱗の威力底上げのため。 有利対面で1回積めば、受けに来た水ロトム 確1 などを突破できます。 水のジュエル...... コチラは起点重視の持ち物。 バンギなどを確実に起点にしていきたいときにおススメ。 ラムのみ...... 状態異常が怖いのなら。 ジュエルもたせて突破範囲広げる方が格段に使いやすいと感じました。 差別化 他の「じしんかじょう」との差別化 運用方法が似ているものにボーマンダがいますが耐性も範囲もまったく別物なのでとくに気にしなくて良いと思います。 「いかく」ギャラドスとの差別化 「いかく」と「じしんかじょう」を見比べたときに、どちらにもデメリットはありません。 それぞれ異なるメリットを持っているだけです。 具体的に挙げると、 ・「いかく」は繰り出し性能が高い。 ・「じしんかじょう」は抜き性能が高い。 というメリットがそれぞれにあります。 それぞれ立ち回りも全く違いますし、差別化を特に意識する必要は無いと思いますが、一応差別化するならこんな感じだと思います。 立ち回りについて 死に出し前提の有利対面や起点作りの後に繰り出します。 あとは舞って殴るだけ。 逆鱗取得によってロトムやスイクン,ラティの相手も出来るようになりました。 繰り出し時に『「いかく」でないことがバレる』=『「じしんかじょう」がバレる』ことには注意しましょう。 パーティについて 威嚇ギャラはそのタイプ,特性によって補完的な採用が多かったのに対し、龍舞逆鱗の夢ギャラを採用するとなると、エース採用が多くなるかと思います。 ギャラドスとの相性補完がよく、相手を削っていけるユキノオーとの同時採用なんかが考えられると思います。 最後にダメージ計算を載せておきます。 例えばなら能力一段階上昇です。 与ダメージ計算 げきりん ・H207B136スイクン:46. ・「アクアテール」も微妙にジュエルが欲しかったり・・・ ・耐久は見たままです。 耐えるものは無振りでも耐える、耐えないものは振っても耐えないって感じですね。 ダメージ計算は希望をコメント欄で仰っていただければ追加いたします。 考察は以上です。 最後に 今回はBW2に適した夢ギャラのテンプレを考察しました。 私自身はユキノオーと組ませて運用しています。 霰降らせておけば痒いところに手が届くんですよね^^; 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 誤り等がございましたらコメントでご指摘頂ければありがたいです。 てか水技、龍技の両方を 半減にしてくるエンペは ギャラにとって大きな壁。 その上ドランの処理も より確実性が増す。 利点としては、 ガッサミラーに強い 最速バンギやノオーより速いので安心して胞子を打てる などがありますね。 私は相手に依存して、 最速は少ないからしゃーない などと言ってエースを落とす訳にはいかないと思っておりますので、最速推しです。 候補には入ってもよいかと思います。 私の言いたいことは言ったつもりですので、 ここら辺で失礼します。 ちなみに、 サマヨールやヨノワールって武神に有効打ありましたっけ? しかし、威力85で命中80(でしたっけ?)の2ターン技が一致わざとしてそこそこ使えるとは...? それはつまり半減されにくいメイン技、いうなればサンダーのめざ飛感覚ということでしょうか。 ぼんぼん撃つ技ではない気がしますが。 普通に使うときは最速のほうが使いやすいかはPTによると思いますが。 どこまで火力確保したいかによるとおもいますよ。 以下余談。 サマヨヨノワは武神耐性高いですよ...。 武神はドレパンしか回復ソースが無いのでこっちが痛み分けとナイトヘッドしてるだけでゴリゴリ削れてくれますし。 毒意識で眠る入れるサマヨとかもあるみたいですよ。 それではさようならです。 次は他のコメントへ順次応対していきます。 お待たせしてスミマセン。 飛び跳ねるは、逆鱗でこだわりたくないけど、水技じゃ半減されるような相手に打つとよいかと思います。 飛び跳ねる読み身代わりなどという 神読されたら仕方ないですが、 まず無いと思いますので、サブウェポンの1つとして考えればよいかと思います。 また、抜き考えると勿論意地っ張りの方がよいですが、舞っていない状態での動きやすさ VSマンムーなど や、 舞った後でスカガッサやスカシャンなどからの奇襲を防げる点で安定感はあるかと思います。 私事ですが、この育成論を根本から書き換えるような改良をする気は無いです。 リアルがけっこう忙しいのもありますし、育成論を環境に合わせて書き換える義務があるわけでもないので。 環境に合わせて投稿したり補完したりできるようにフォークがあったりするわけで...。 飛び跳ねるは逆鱗で拘りたくないけど水技半減...。 スイクンとかキノガッサですか。 んー...。 私が気になるところはけっこうあるんですけど、どれもこれも実践していないのでほんとになにも言えないです。 机上論で私が判断するなら採用しないんですけど...。 何故今の環境で使ってないのかと言われると、それは今の環境に龍舞ギャラ自体が向いてないからの一言で終わってしまうわけでして^^; 環境に合ってないから切る、という選択をした私に今の環境で飛び跳ねる採用したら〜云々と語る立場は無いんですよ。 それに加えて上のようにけっこう異なる育成論になる可能性もあるので加筆しづらいです。 もしもですよ、飛び跳ねるギャラを真剣に考察する方がおられるならその方にお任せしたいです。 性格陽気については一致する点も多かったので加筆しておきます。 飛び跳ねるに賛成してくださる方もいましたが、抵抗のある人も多いようで、 加筆が面倒になるのも十分分かりますので、 候補入りは諦めます。 私は、飛び跳ねるの有用性を説きたかっただけだったのですが、予想以上に大掛かりな議論になってしまいましたねw 私はレートでギャラをとびはねさせていますが、割と使えると思いますよ。 では、これにて失礼します。 HNは省略して番号だけとさせていただきます。 ギャラの火力考えると問題だらけです。 でないと、1舞逆鱗ですらスカガブ逆鱗以下なので火力不足が目立ってきますよ。 耐久も振ってないので、上から殴れるようになっただけではまったく問題解決しません。 ですね。 とりあえず有用そうなものだけに絞ってみます。 コメ感謝です。 ごめんよデスカーン... 忘れてました ご指摘感謝です^^; 改良前は入れてたんですけどね... 挑発は技スペ的にはいらないかなーと 身代りよりは有用そうなので入れ替えときます。 コメ感謝です。 というのもありました。 (後麻痺が決まったときw) が、命中の不安定、舞う前は全く使えないなどがあり、逆鱗のほうが安定性はありましたので、正直逆鱗のほうがいいので気にしなくていいかと。 ついでに飛び跳ねを採用する場合はラス1文字のほうがよかったです。 洗濯機ぐらいにしか逆鱗打つ相手いなくなるので。 ただ、これだけコメ伸びてればあとで見る人も飛び跳ねるについて考える機会は保障されると思いますよ^^; まあまたブログでも回って飛びギャラ使ってる人いないか探してみます。 ここよりもチャットやブログでお話したい話題でした^^; はい、こちらこそお手数おかけしてごめんなさい。 ではでは。 機会があったら私も作ってブログにでも書こうかな...。 コメありがとうございました。 意地珠誰か書いてくれると嬉しいのですが。 他の地震やエッジと比べどのようなメリットがあるか等のご自身の説明の仕方が悪かったにも関わらず、そのような言い方はいかがなものかと。 抜かれるポケモンとしてガッサ等いますが、別のポケモン起点にして舞えば気にならなそうですし。 また、元々火力酷いポケモンなので、火力の減少の方が目につきそうです。 純粋なエースになるほどの火力もないのでピン性能を確保するために陽気というのもわからなくはないのです。 この育成論もギャラ愛好家さんが提言される以前から陽気は候補に挙げていました。 おそらくその理由が明確でなかったことへのご指摘だったのではないかと思っています。 まあ、特に意識しないなら意地のほうが良いのは私も同意見です。 せっかくの逆鱗取得ですからミトムへのダメージを減らしたりはしたくないですからね。 コメありがとうございました。

次の