マラケシュ 観光。 初めてのモロッコ・マラケシュ!絶対行きたい王道観光スポット5選

【モロッコ・マラケシュ】おすすめの観光名所を巡るモデルコースの紹介

マラケシュ 観光

モロッコ旅行の拠点となる都市・マラケシュ。 混沌とした旧市街メディナに、対をなすパリのような新市街グリース。 良い面も悪い面を含めて、モロッコらしさを体感できる街だと思います。 今回は、マラケシュ観光において知りたいことをぎゅっとまとめて紹介していきます。 スポンサーリンク マラケシュ観光何日必要? マラケシュは、見所がたくさん。 1日で十分という人もいれば、1週間いても飽きないという人もいるでしょう。 私たちは、マラケシュをモロッコ旅行の拠点にしたので、合計5日マラケシュに滞在しました。 その中で、マラケシュの観光に丸々当てたのは、約2日。 それでも、全部を見て回れていません。 1日は、airbnbで地元ファミリーが提供する料理教室に参加しました。 観光もいいけれど、地元の人と触れ合う体験をすることで、モロッコの違った面も見ることができます。 予算は? マラケシュの物価はやすくはありません。 宿泊費と食費は、日本での物価と同じくらい。 地元の人も食べたり飲んだりするようなものは極めて安いです。 タクシーを含め、交通機関は安いですね。 観光客が行くレストランでの食事 1000円〜 メディナで売られているサンドイッチ 130円 屋台でのオレンジジュース 50円 バス 50円 マラケシュ観光のモデルコース それでは、マラケシュ滞在中に訪れたい場所を紹介していきましょう。 バヒア宮殿 19世紀に建設されたモロッコ王族のための宮殿です。 モロッコにおける最高峰の建築の一つと言われています。 現王モハメッド6世が、公開されていない部分に滞在することもあるそう。 広大な宮殿で、大きな中庭があり、室内には繊細な装飾が施されており、一見の価値あり。 特に、ヨーロッパの大聖堂のステンドグラスとは一味違うステンドグラスが素敵でした。 入場料 40ディラハム メディナのマーケット きっと誰もが一度は目にしたことがあるであろうメディナのマーケットの写真。 実物は本当に、入り組んだ道に小さな店が連なっています。 目移りしちゃうくらい可愛いモロッコ雑貨の宝庫。 しかし、 このメディナには定価はありません。 何かを買う場合は、価格交渉が必要になります。 メディナでの買い物は、比較的割高になりやすいようなので注意。 大 きな買い物をするときは、地元の人や、宿のオーナーに価格が適正なのか相談してから購入すると安心です。 個人的には、マラケシュ以外の街でお土産を買ったほうがお得かなと。 私は海と芸術の街エッサウィラでお土産を購入しました。 フナ広場 マラケシュの中心といえば、フナ広場。 ここは、年がら年中人で賑わっています。 50円で飲めるオレンジジュースの屋台や、ストリートフードの屋台が並んでいるかと思えば、蛇使いや猿使いのおじさん、ヘナを施行する女性たち、ひたすらダンスする人、と人間観察するなら飽きない場所。 でも、ここでの写真撮影には注意が必要。 思わず写真を撮りたくなるような衣装を来た人や、動物使いの人は、それを商売として行なっています。 写真を撮りたいのであれば、そのサービスにチップをあげましょう。 彼らの勝手に写真を撮って、お金を請求されて困っている観光客を目にしたので、気をつけてくださいね。 ちなみに、フナ市場で写真撮影にお金を払わずに、上記のようなフナ市場の賑わいの写真を撮るには、フナ市場に面した屋上テラスがあるカフェに行くのが一番。 テラスには人がわんさか。 夕焼け時は、さらに混み合います。 モスク モロッコの国教はイスラム教で、至る所にモスクがあります。 モスクは、基本的に一番高い建物ではなければいけないそうです。 素敵な外観なので、中も見学したくなるかもしれません。 しかし、モスクは基本的にムスリムの方がお祈りする場所で、 ムスリム以外の人は、入場禁止です。 外から鑑賞するのに留めておきましょう。 フナ市場の近くのクトゥビーヤ・モスクは、モロッコの中で2番目に高いモスクで、 一番高いモスクはカサブランカにあるハッサン2世モスクです。 ベン・ユーセフ・マドラサ 唯一ムスリム以外でも入れるモスクが、神学校ベン・ユーセフ・マドラサです。 しかし、2018年11月現在改築中で、中は見学できませんでした。 マジョレル庭園 ここまでは、旧市街にある観光スポットを紹介してきましたが、新市街ゲリーズにも、見所が。 それは、こじんまりとしているが、青色が美しいマジョレル庭園です。 デザイナーのイブ・サンローラン氏も愛した庭園ということで有名。 1980年には彼とピエール・ベルジュ氏二人で庭園を買い取っています。 マジョレル庭園を訪問予定なら、 朝早めの時間に行くのがオススメ。 私たちは、午後にマジョレル庭園に来たのですが、そこには長蛇の列が。 泣く泣く入場を諦めました。 行かない方が良い場所 マラケシュは、それほど治安は悪くありません。 もちろん、日本とは比べられませんし、貴重品の管理は重要です。 マラケシュのメディナは、自転車やモーターバイクが色んな方向から走ってくるので、気をつけながら歩いてください。 メディナを歩いていて、唯一「ここはあんまり行かないほうがいいかも」と思ったところがあります。 タンネリ モロッコの一大産業が皮なめし。 フェズの皮なめし場が有名ですが、マラケシュにも皮なめし場(タンネリ)があります。 私たちは、タンねりのあるエリアに足を踏み入れた途端、タンネリをガイドするという男性からの客引きにあいました。 かなりしつこい人で、「これは行かないほうがいいな・・」と思い、引き返すことに。 実際にタンネリに行った人も、ガイドにぼったくられたり、革製品のしつこい勧誘にあったりとひどい思いをしている人が多そうでした。 写真で見ると、素敵に見えますが、安全性は高いといえないので、できれば行かないほうがいいと思います。 どこで食べる? 私たちは、1回メディナのレストランで食事をしましたが、あまり美味しいと感じませんでした。 モロッコで食べた料理でオススメできるのが、料理教室で食べた料理たちと、サハラ砂漠ツアー中のリヤドの食事ですね。 どうやらモロッコは、人々は家で食事をする習慣があり、外食産業が発達していないようです。 そのため、レストランではなかなか美味しい食事には出会えないかも。 レストランには期待できないので、モロッコ料理を試したい方は、リヤドの食事を頼んでみるのがいいと思います。 リヤドで食事をした人の方が満足度が高いなと感じましたので。 レストランはお勧めできるところがないので、カフェを1軒紹介しておきます。 Corner Cafe メディナの中にあるオアシス的なカフェ。 錯綜としたメディナの中を歩いていると、かなり疲れます。 そんな疲れた心と体をつかの間の間癒してくれるのが、カフェ。 いわゆる観光客向けのカフェではあるのですが、それゆえに品質は保証されています。 ここのジュースは種類が豊富で美味しいですよ。 Category• 227•

次の

南の真珠と称されるモロッコの“マラケシュ”が今アツい!魅力・観光情報を一挙にご紹介!

マラケシュ 観光

アラビア語で死人の集会場を意味し、かつては公開処刑場があった場所としても知られています。 現在は、飲食物や金属細工などの屋台が建ち並び、大道芸人達が連日パフォーマンスを繰り広げるなど、マラケシュのエネルギーの源とも呼べる場所かもしれません。 毎日フェスティバルが開かられているかのような異様な光景は、まさに世界無形文化遺産に相応しい場所です。 44の屋台 Chez Tijani 昼は、屋台で販売されている搾りたてオレンジジュースが名物のひとつです。 63軒並ぶオレンジジュースの屋台は、どこで飲もうか迷ってしまうほどです。 在住日本人に人気のオレンジジュースを提供するのが、No. 12の屋台です。 フレッシュな甘さは、ついついおかわりしたくなります。 一杯4DH(約48円)です。 8:00から24:00まで営業しています。 ジャマ・エル・フナ広場は、夜になると、マラケシュの大きな大衆食堂へと早変わりします。 マラケシュの郷土料理タンジーヤ(壺でお肉を煮込んだシチューのような食べ物)を提供するNo. 44の屋台は、いつも混雑しています。 17:00頃から翌3:00頃まで営業しています。 ジャマ・エル・フナ広場を取り囲むカフェのテラスから、クトゥービア・モスクに沈んでいく夕日を見るのもおすすめです。 スークとはアラビア語で、市場、商業地区を意味します。 マラケシュのスークは、年中無休で連日にぎわい、モノの豊かさ、文化の多様さを見れば、北アフリカのもっとも重要な商業エリアだったことを感じさせます。 また、マラケシュのスークでは、職人たちが実際にモノづくりをしており、モノを生み出す瞬間を間近に見ることができます。 一つひとつ手作りされたモノを手に取り、お気に入りの一品を見つける楽しさは、まさに買い物の醍醐味と言えるでしょう。 かわいいが集まる街マラケシュで、お気に入りアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか。 アトラス山脈に囲まれたオリーブ畑の中央には貯水池があり、その貯水池に反射するパビリオンがとても美しいです。 メナラ庭園は、ジャマ・エル・フナ広場からマラケシュ・メナラ空港方面に30分ほど歩いた所にあります。 タクシーを使えば、ジャマ・エル・フナ広場からは約15DH(約180円)前後で行けます。 バスを使えば、ジャマ・エル・フナ広場から12番バスに乗り、4DH(約48円)で行けます。 お客さまを持つラクダ メナラ庭園の付近には、ラクダに乗れる場所がたくさんあります。 休日は、観光客のラクダライド待ちで一日中にぎわいます。 オリーブの木の下で談笑する女性たち 天気のよい日は、温かい日差しが降り注ぐオリーブの木の下で、ミントティーとモロッコ菓子を持ち寄り、談笑しながらピクニックをしている地元住民を見かけます。 メナラ庭園は、旧市街メディナの騒音を忘れ、ゆっくりと時間が流れる場所です。 敷地内に入ると、柑橘系の香りとブーケンビリアの花がやさしく出迎えてくれます。 室内の屋根はゴージャスな装飾や手描きの絵に飾られている いくつものタイルを組み合わせてできるゼリージュが、宮殿を鮮やかに彩ります。 また、天井には繊細な画が描かれており、壁や柱の彫刻はまるで芸術作品のようです。 奥に広がる、明るい中庭に散りばめられたゼリージュは、訪れた人々を魅了します。 フランスの画家ジャック・マジョレル(1886-1962)が造園し、彼の他界後、デザイナーのイブ・サンローランが買い取りました。 施設を紹介するの前に、モロッコでよく言われる、青色を指す3つの言葉を紹介しましょう。 シャウエンブルー、フェズブルー。 そしてマジョレルブルーの3つです。 そのマジョレルブルーとカナリアイエローとのコントラストが美しい写真の建物は、マジョレル庭園の中にあり、訪れた人々を一瞬にして惹きつけます。 現在は、ベルベル美術館として、北アフリカの美術品や宝石などが展示されており、マグレブ(モロッコ、リビア、チュニジア、アルジェリアなどの北西アフリカ諸国の総称)の昔の様子を見ることができます。 このイブ・サンローラン博物館では、オシャレと流行を生み出し、世界に発信してきたイブ・サンローランブランドの歴史を見ることができます。 職人技が光る、ブティックマジョレル 博物館のブティックはとてもオシャレで、モロッコテイストをベースにイブ・サンローランブランドの高級感がプラスされています。 マラケシュ旅行の記念に、お気に入りのアイテムを購入してみてはいかがでしょうか。

次の

マラケシュのおすすめ観光スポット クチコミ人気ランキング【フォートラベル】

マラケシュ 観光

旧市街は世界遺産にも登録されていたりします。 マラケシュはモロッコの中でもかなりウザいと評判で不安でしたが、実際はそこまでウザくありませんでした。 むしろモロッコ自体それまで苦手意識が強かったのが、マラケシュに来て少しモロッコが好きになりましたね。 街並みも今までと違いかなり栄えていてよかったです。 今回は、そんなモロッコの世界遺産の街マラケシュのメディナ(旧市街)と新市街でおすすめの観光場所とホテル宿を紹介したいと思います。 モロッコのマラケシュでおすすめの観光場所 先ずはモロッコのマラケシュでおすすめの観光場所を紹介します。 ジャマ・エル・フナ広場 マラケシュに来たら、絶対に外せないのがジャマ・エル・フナ広場。 世界遺産であるメディナ(旧市街)の中にあります。 夜には多くの屋台がひしめき合い、活気がものすごく溢れています。 ジャマ・エル・フナ広場を見て回るだけでも面白いです。 昼間は夜に比べると静かですが、ヘビ使いがいたりとそれはそれでまた楽しい。 住所:Derb Chtouka, Marrakech 40008 モロッコ 2. スーク(マーケット) スーク(マーケット)は、フナ広場の北に位置するマーケット。 食べ物から日用品、雑貨、洋服までたくさんのお店が立ち並んでいます。 日本へのお土産を買うには最適な場所。 スーク(マーケット)を見ているだけであっという間に時間が経ちます。 猫もすやすやお昼寝中。 ロバもいてかわいらしかったです。 住所:Souk Semmarine, Marrakech 40000 モロッコ 3. ル・ジャーディン・シークレット ル・ジャーディン・シークレットは、メディナ(旧市街)の中にある植物園。 ごちゃごちゃしたメディナ(旧市街)の中にあるのが驚くほど静かです。 テラスはカフェになっており、そこから植物園を見下ろせます。 名前の通りシークレットな植物園でした。 住所:121 Rue Mouassine, Marrakesh 40000 入場料:50ディルハム(約540円) 営業時間:9時30分~19時00分 4. ジャーディン・マヨレル ジャーディン・マヨレルは日本では「マジョレル庭園」とも呼ばれている、モロッコのマラケシュで人気の庭園。 ジャーディン・マヨレルは旧市街ではなく新市街にあります。 中はとても綺麗でリラックスできましたね。 中にいた猫が可愛かったです。 写真に写っている通り、人気の観光スポットなので、ある程度時間に余裕を持って行きましょう。 大人だけでなく子どもも要注意。 迂闊について行ってはダメです。 写真を撮ったのがバレるとお金を請求されることもあるので、こっそり撮るのがおすすめ。 また宿泊したホテルの人たち皆に言われたのですが、ジャマ・エル・フナ広場でオレンジジュースなどのジュースを買うとお腹を壊すそうなので、よほどの自信がない限り別の場所で買うようにしましょう。 道を聞く場合も、声をかけてきた人に聞いたらお金を請求される場合があるので、お店の人に聞くようにしましょう。 モロッコのマラケシュで泊まって良かったおすすめのホテル宿 続いてモロッコのマラケシュで泊まって良かったおすすめのホテル宿を紹介します。 居心地抜群のホテルに泊まるなら「Riad Dar Dialkoum」 「Riad Dar Dialkoum」は、旧市街のフナ広場から徒歩15分程度のところにある4つ星高級ホテルです。 リヤド(木が植えられた庭)があるモロッコ風の内装がめちゃくちゃおしゃれ。 トリプルルームだけあって部屋もかなり広いです。 スタッフさんも親切だし居心地抜群! この中がマラケシュなら良かったのにと思いました(笑) 今回はトリプルルームに泊まったので値段は少し高めでしたが、快適に過ごせました。 「Riad Dar Dialkoum」は、マラケシュで居心地の良いホテルに泊まりたい人におすすめです。 住所:40000, 317 Derb Nakhla, Marrakech 宿泊料金:一泊1,350DH(約16,200円) 2. フナ広場近くに泊まるなら「ホテル リヤド アート プレイス マラケシュ」 ホテル リヤド アート プレイス マラケシュは、フナ広場直ぐ横にある4つ星高級ホテル。 モダンでラグジャリーな内装も素敵だし、屋上のテラスからフナ広場を少し眺めることができます。 値段は高めですが、それ以上のサービスが受けられます。 Wi-Fiもモロッコ観光した中で一番速かったです。 クレジットカード支払いも可能。 そして朝食がめちゃくちゃ美味しかったです! 「ホテル リヤド アート プレイス マラケシュ」はフナ広場近くに泊まりたい人におすすめ。 フレンドリーなホテルに泊まるなら「Riad Dar Najat」 「Riad Dar Najat」は、フナ広場から徒歩10分ほどのところにあるホテル。 ここのホテルはスタッフさんがとてもフレンドリー。 屋上にはかわいい犬もいます。 値段も1万円ちょっとで上記2つと比べて安いのが特徴。 住所:Derb Lalla Chacha, Marrakech 宿泊料金:一泊10,315円 4. 新市街のホテルに泊まるなら「イビス マラケシュ サントル ガール」 マラケシュの新市街のホテルに泊まるなら「イビス マラケシュ サントル ガール」がおすすめ。 マラケシュ駅の隣にあるので立地は最高。 ホテルもヨーロッパの雰囲気の部屋の格安で泊まれます。 Wi-Fiもサクサクだしクレジットカード支払いも選択できます。 「イビス マラケシュ サントル ガール」は、新市街で立地の良いホテルに泊まりたい人におすすめ。 住所:AV HASSAN II, PLACE DE LA GARE, Marrakesh 40000 宿泊料金:一泊558DH(約6,696円) モロッコのマラケシュのホテル宿を格安で予約するならホテルズコンバインドがおすすめ! モロッコのマラケシュのホテル宿を格安で予約しようと思われているなら、 「ホテルズコンバインド」と言うサイトを使うのがおすすめです。 ホテルズコンバインドは、 ・Booking. com ・Expedia ・Hotels. com ・Agoda ・じゃらん ・楽天トラベル などのホテル予約サイトを一括で比較して、 最安値で泊まれるプランを提供してくれるサイトです。 一つ一つ検索する手間が省けるので楽チン。 僕自身もホテルズコンバインドを使ってホテルを予約しています。 ホテルズコンバインドを使えば、モロッコのマラケシュだけでなく世界中のホテル料金を格安で調べられるのでおすすめです。 モロッコのマラケシュにはいい人もいる! アフリカのモロッコに来る前はとても不安ですよね。 僕もそうでした。 世界一周で一度はルートから外したくらい。 モロッコで初めて上陸した都市タンジェでは客引きの多さに、ぶっちゃけ初めはモロッコが嫌いでした(笑) マラケシュでも偽ガイドがいて、案内されそうになったんですが、近くにいた地元民じいさんが助けてくれて、偽ガイドを追っ払ってくれました。 全員が悪いわけではなくて、優しい人もいるんですよね。 それは日本でも一緒。 このことがあってから、モロッコがちょっと好きになりました。 モロッコは距離も遠いし文化も違う、大変なこともあると思いますが、あなたのモロッコ旅行が最高の思い出になることを願っています。

次の