審美歯科 鹿児島。 審美歯科治療

鹿児島中央駅すぐ「さこだ歯科医院」無料矯正相談実施中

審美歯科 鹿児島

MENU• 審美歯科 当院の審美歯科の特徴 治療を成功に導く秘訣 当院では、悪いところを治すだけではなく、歯や歯茎の健康を維持し 美しい口元を作ることを目的としています。 歯を美しくする審美治療と、 歯並びを美しくする審美治療があります。 また当院では、被せ物の前処置として仮歯(プロビジョナルクラウン)を非常に重要視しており、 必ず入れさせていただきます。 なぜなら、 被せ物の治療を成功に導く最善の方法であると考えているからです。 この処置の段階で歯茎と被せ物との調和を図り、より仕上がりが美しくなるように調整を行なっています。 歯を美しくする 審美治療のメニュー 歯のクリーニング 歯の歯垢、歯石、タバコのヤニや茶しぶなどを徹底的に除去します。 日常的な歯の汚れを取り除き、 自然な歯の白さを取り戻す方法です。 さらに、定期的にクリーニングを行うことにより虫歯や歯周病予防にもつながります。 ホームホワイトニング 当院では患者様に自宅で行なっていただくホームホワイトニングを行なっています。 歯型を取り、ご自身にあったトレーを作成させていただきます。 2週間程度継続していただき、その後来院していただいて写真を撮影します。 実際の変化をお写真で確認してもらい、色を合わせるシェードガイドを用いて比較しながら進めてもらいます。 セラミック治療 歯を一定量削り、セラミックを用いて歯の色や歯の形を美しくする方法です。 セラミックとは、陶器と同じ材料です。 セラミック治療のメリット・デメリット メリット ・天然歯の色に限りなく近くできるので 自然でキレイな仕上がりになる ・ 変色しない ・ 金属アレルギーの方もOK ・生体親和性に優れている ・強い接着により 虫歯になりにくい ・プラークが付着しにくい素材なので虫歯になりにくい デメリット ・素材が固いので、研磨不足により咬み合う歯を傷つけることがある ・保険適応外のため治療費が高くなる ・保険治療より期間が長くなる ・硬くて脆いので欠けることがある (歯を守るという意味合いではメリットになりうる) 詰め物の種類 セラミックの 種類による分類 ハイブリッドセラミック セラミックとレジン(プラスチック様の素材)を混ぜ合わせたものです。 メリット ・保険のレジンよりは変色しない ・通常のセラミックより安価である ・通常のセラミックよりも柔らかいので、噛み合う歯を削ることはない デメリット ・金属アレルギーの方は使用できない ・経年的に変色する ・セラミックより透明感に劣るので細かな色の調整が難しい ・金属の裏打ちをしているので、歯肉が下がると金属色が見えてくる ・歯の削除量は比較的多くなる メタルボンド 金属の上にセラミックを焼き付けたものです。 金属で補強している分耐久性に優れていて、セラミックの種類も豊富にあるので色を合わせやすく自然でキレイな仕上がりになります。 メリット ・自然でキレイな仕上がりが期待できる ・変色しない ・耐久性に優れておりブリッジなどにも使用できる デメリット ・金属アレルギーの方は使用できない ・歯の削除量は比較的多くなる ・金属イオンが歯茎を変色させる場合がある ・金属がある分オールセラミックに比べると透明感に劣る オールセラミック 全てがセラミック素材でできているものです。 金属は使用していないので審美的には最も優れていて、人工のダイヤモンドで知られる鉱物・ジルコニアを使用したセラミックもあります。 メリット ・金属アレルギーの方もOK ・セラミック治療で最も審美性に優れている ・比較的適応範囲は広い ・変色はない ・生体親和性に最も優れる デメリット ・セラミックの中で最も高価 ・硬くて脆いので衝撃やたわみ力には弱い 治療目的別の分類 奥歯の治療 セラミックインレー・アンレー・オーバーレイ 奥歯に入れる部分的な詰め物。 前歯には適応でない。 保険の場合より若干削除量は多くなる。 虫歯・劣化した銀歯や詰め物 インレー・アンレー 虫歯になったところ、銀歯や古くなった詰め物を除去し、部分的に形を整えて型取りをしセラミックで修復する方法。 噛み合わせの面の修復 オーバーレイ 噛み合わせの面(咬合面)をセラミックに置き換える方法。 歯を全部削るクラウン(被せ物)より少ない削除量で歯の形、 噛み合わせをセラミックで作ることのできることが特徴。 前歯や奥歯の被せ物 セラミッククラウン 前歯や奥歯に行う歯全体を削って被せる人工の冠。 被せる部位や噛み合わせの状態、患者様の仕上がりのご希望を伺い、セラミックの種類を決定。 変色・表面の虫歯・歯の形を変える ラミネートベニア 歯の表面(エナメル質の範囲内で)を薄く削り、 薄いセラミック(付け爪のようなもの)を貼り付ける治療法。 歯へのダメージが少ないのが特徴。 歯並びを美しくする 治療について 歯並びを美しくする治療は矯正治療がありますが、セラミッククラウンやラミネートベニア修復などの被せ物で歯並びを人工的に並べる方法もあります。 歯を削る治療になるので、矯正治療をするメリットより上回る時に限り、この方法を適応できます。 したがって、適応症はごくごく限られたケースになります。

次の

ハイレベル審美歯科

審美歯科 鹿児島

新型コロナウイルスの感染予防のために 新型コロナウイルス(covid-19)の流行に伴う患者様へのお願い 発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)、味覚や嗅覚異常などの症状があり、 新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、 必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。 また、 2週間以内に国外・県外・県内島嶼部(奄美大島など)への渡航歴がある方も万が一の感染を考慮し、受診を控えていただきますよう、よろしくお願いします。 新型コロナウイルスと闘うために 鹿児島県内では新型コロナウイルスの感染者数は低い水準で抑えられ、緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ不安な日々を過ごされている方が多いのではないでしょうか。 「不要不急」の外出を控える中で、継続してきた歯科診療やメインテナンスを中断している方が多いことと存じますが、「不急」な処置はあっても、「不要」な処置は有りません。 私たちは、治療の中断による口腔内疾病の重症化のみならず、全身に及ぼす影響を懸念しています。 決して自己判断で診療を中断するのでなく相談してください。 口腔内の症状を放置すると・・・• 歯周病の進行は、心疾患、脳血管疾患、糖尿病を悪化させる可能性がある。 口腔内の細菌による誤嚥性肺炎リスクが高まる。 口腔細菌がインフルエンザウイルスの感染促進に深くかかわるばかりでなく、抗インフルエンザ薬の効果を著しく低下させることが明らかとなっている。 良好な口腔環境を維持することは細菌性の誤嚥性肺炎、インフルエンザのみならず新型コロナウイルス感染にも有効であることを示唆しています。 感染予防ならびに重症化予防策として、日常の口腔ケアが大切です。 不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥性肺炎やウイルス性疾患の予防につながります。 毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。 家でのブラッシングは、下記のポイントを注意してみてください。

次の

審美歯科|鹿児島市鴨池駅/郡元駅の【杉田デンタルクリニック】

審美歯科 鹿児島

MENU• 審美歯科 当院の審美歯科の特徴 治療を成功に導く秘訣 当院では、悪いところを治すだけではなく、歯や歯茎の健康を維持し 美しい口元を作ることを目的としています。 歯を美しくする審美治療と、 歯並びを美しくする審美治療があります。 また当院では、被せ物の前処置として仮歯(プロビジョナルクラウン)を非常に重要視しており、 必ず入れさせていただきます。 なぜなら、 被せ物の治療を成功に導く最善の方法であると考えているからです。 この処置の段階で歯茎と被せ物との調和を図り、より仕上がりが美しくなるように調整を行なっています。 歯を美しくする 審美治療のメニュー 歯のクリーニング 歯の歯垢、歯石、タバコのヤニや茶しぶなどを徹底的に除去します。 日常的な歯の汚れを取り除き、 自然な歯の白さを取り戻す方法です。 さらに、定期的にクリーニングを行うことにより虫歯や歯周病予防にもつながります。 ホームホワイトニング 当院では患者様に自宅で行なっていただくホームホワイトニングを行なっています。 歯型を取り、ご自身にあったトレーを作成させていただきます。 2週間程度継続していただき、その後来院していただいて写真を撮影します。 実際の変化をお写真で確認してもらい、色を合わせるシェードガイドを用いて比較しながら進めてもらいます。 セラミック治療 歯を一定量削り、セラミックを用いて歯の色や歯の形を美しくする方法です。 セラミックとは、陶器と同じ材料です。 セラミック治療のメリット・デメリット メリット ・天然歯の色に限りなく近くできるので 自然でキレイな仕上がりになる ・ 変色しない ・ 金属アレルギーの方もOK ・生体親和性に優れている ・強い接着により 虫歯になりにくい ・プラークが付着しにくい素材なので虫歯になりにくい デメリット ・素材が固いので、研磨不足により咬み合う歯を傷つけることがある ・保険適応外のため治療費が高くなる ・保険治療より期間が長くなる ・硬くて脆いので欠けることがある (歯を守るという意味合いではメリットになりうる) 詰め物の種類 セラミックの 種類による分類 ハイブリッドセラミック セラミックとレジン(プラスチック様の素材)を混ぜ合わせたものです。 メリット ・保険のレジンよりは変色しない ・通常のセラミックより安価である ・通常のセラミックよりも柔らかいので、噛み合う歯を削ることはない デメリット ・金属アレルギーの方は使用できない ・経年的に変色する ・セラミックより透明感に劣るので細かな色の調整が難しい ・金属の裏打ちをしているので、歯肉が下がると金属色が見えてくる ・歯の削除量は比較的多くなる メタルボンド 金属の上にセラミックを焼き付けたものです。 金属で補強している分耐久性に優れていて、セラミックの種類も豊富にあるので色を合わせやすく自然でキレイな仕上がりになります。 メリット ・自然でキレイな仕上がりが期待できる ・変色しない ・耐久性に優れておりブリッジなどにも使用できる デメリット ・金属アレルギーの方は使用できない ・歯の削除量は比較的多くなる ・金属イオンが歯茎を変色させる場合がある ・金属がある分オールセラミックに比べると透明感に劣る オールセラミック 全てがセラミック素材でできているものです。 金属は使用していないので審美的には最も優れていて、人工のダイヤモンドで知られる鉱物・ジルコニアを使用したセラミックもあります。 メリット ・金属アレルギーの方もOK ・セラミック治療で最も審美性に優れている ・比較的適応範囲は広い ・変色はない ・生体親和性に最も優れる デメリット ・セラミックの中で最も高価 ・硬くて脆いので衝撃やたわみ力には弱い 治療目的別の分類 奥歯の治療 セラミックインレー・アンレー・オーバーレイ 奥歯に入れる部分的な詰め物。 前歯には適応でない。 保険の場合より若干削除量は多くなる。 虫歯・劣化した銀歯や詰め物 インレー・アンレー 虫歯になったところ、銀歯や古くなった詰め物を除去し、部分的に形を整えて型取りをしセラミックで修復する方法。 噛み合わせの面の修復 オーバーレイ 噛み合わせの面(咬合面)をセラミックに置き換える方法。 歯を全部削るクラウン(被せ物)より少ない削除量で歯の形、 噛み合わせをセラミックで作ることのできることが特徴。 前歯や奥歯の被せ物 セラミッククラウン 前歯や奥歯に行う歯全体を削って被せる人工の冠。 被せる部位や噛み合わせの状態、患者様の仕上がりのご希望を伺い、セラミックの種類を決定。 変色・表面の虫歯・歯の形を変える ラミネートベニア 歯の表面(エナメル質の範囲内で)を薄く削り、 薄いセラミック(付け爪のようなもの)を貼り付ける治療法。 歯へのダメージが少ないのが特徴。 歯並びを美しくする 治療について 歯並びを美しくする治療は矯正治療がありますが、セラミッククラウンやラミネートベニア修復などの被せ物で歯並びを人工的に並べる方法もあります。 歯を削る治療になるので、矯正治療をするメリットより上回る時に限り、この方法を適応できます。 したがって、適応症はごくごく限られたケースになります。

次の