気持ち悪い 類義語。 「殺伐とした雰囲気」とは?「殺伐」の意味と使い方、読み方、類語、対義語

寄り添うの意味や類義語とは?気持ち・人に寄り添うなどの使い方も解説

気持ち悪い 類義語

「エモい」の意味として一例挙げると、「自分に酔いしれている」「哀愁が漂う」「しっとりとした大人っぽさ」「情緒がある」「趣がある」「悲しげな」「懐かしい感じの」「心に響く」といった意味で使われることがありますが、中には 何の意味のなく口癖のように「エモい」と言う若者もいます。 エモいを簡単にわかりやすく説明すると 「エモい」を簡単にわかりやすく説明すると、 良い・悪いにかかわらず何かしらの「雰囲気が漂っている」という意味だと覚えておけば間違いありません。 美味しそうなごはんを見てもエモい、映える写真が撮れてもエモい、悲しげな雰囲気が漂っていてもエモいと表現されます。 「ヤバい」は「凄い」といった良い意味や、「大変だ」といった悪い意味でも使われますよね。 それと同じ、あるいはそれよりもさらに広い意味で「エモい」が使われるため、特に意味もなく「これエモくない??」と言ったりする若者もいます。 そのため、あまり意味を深く考える必要はないのかもしれません。 エモい写真とは 「エモい写真」とは、 美味しそうに撮れた写真、どこか悲しげな雰囲気が漂いつつも様になっている写真、レトロでちょっと古めかしい雰囲気が漂う写真、というような「雰囲気が出て映えている写真」のことです。 インスタではこういった写真を「エモ映え」といったりします。 エモいイラストとは 「エモいイラスト」とは、 それを見た人が共感できるようなイラストであったり、心を揺さぶられるような、あるいは感動してしまうイラストのことです。 それ以外にも、「下手だけど良い味や雰囲気が出ている」といったイラストにも「エモい」という表現が使われます。 エモい曲とは エモい曲とは、 ラブソングや失恋ソングなどの共感できる、聴くと涙を流してしまいそうな曲という意味です。 これ以外にも、自分が思い入れのある曲や共感できた曲を「エモい曲」といったりもします。 「エモい」の使い方と例文• スイーツの写真がキレイに撮れたので「これエモくない?」と友達と盛り上がった。 エモいという言葉を最近知ったので使ってみたら、娘から「もうそれ古いよ?」と言われた。 雨の日に傘をさして撮影した写真がエモいと言われている。 もはやエモいの意味がわからなくなってきた。 昔のテレビ番組を見ていた娘が「これ超エモいじゃん」と言っていた。 「エモい」の類義語 「エモい」と同じような意味を持つ類義語には、「哀愁が漂う」「大人っぽい」「美味しそうな」「雰囲気のある」「情緒がある」「昔懐かしの」「レトロな」「おしゃれ」など、複数の言葉があります。 何の意味もなく「エモい」を連発している人もいますが、「エモい」=「雰囲気のある」と覚えておくとわかりやすいですね。

次の

「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

気持ち悪い 類義語

それでは「画策」という言葉の読み方はいったいどれが正しいのかを知るために、「画策」という言葉の語源から紐解いてみましょう。 まず「画策」という漢字ですが、「画」は先程述べたように「が」という読み方と「かく」という読み方があり、それぞれに違う意味があります。 以下に説明してまいります。 「画」という漢字 まず「画」を「が」と音読みで読む際には、以下のようなことを意味している漢字であります。 ・絵そのもの ・写真そのもの ・絵を描くこと ・テレビやビデオなどの映像のこと 対して「画」を「かく」と音読みで読む際には、以下のようなことを意味している漢字となります。 ・限り、区切り ・時間や空間、数量などを限る、区切る ・境目が付いたようにはっきりとしている ・事前に方法や順序などを考えること ・漢字汚点や線を数える言葉 それぞれの読み方で漢字の意味を調べてみると、読み方が違うだけで意味はこれほどに異なってくるということが分かります。 「策」という漢字 では今度は「策」という漢字をクローズアップしてみましょう。 「策」は常用音訓では「さく」と読み、音読みでは「しゃく」といいます。 この「策」という漢字の意味を調べると以下になります。 ・札のこと ・文書や手紙などの文の意 ・命令書、王の命令を伝える文書の意 ・昔紙がなかった時代に文字を記した竹の札の意 ・(馬を打つ)むち、またはむちを打つこと ・杖、または杖をつくこと ・記す、書きつける ・はかりごと(物事がうまくいくように前もって考えた手段や方法、または相手を騙そうとする企み) ・はかりごとを立てること ・数、数を数えること ・文体の名前 ・「策策(さくさく)」など音の形容 「策」にはさまざまな意味が含まれている 「竹の札の意」や「王の命令を伝える文書の意」など昔に使われていた意味も含めると、これだけの意味が「策」ひとつの漢字に込められているということが分かりました。 その中で現代に通じる意味合いとすると、「物事がうまくいくように前もって考えた手段や方法、または相手を騙そうとする企み」などや「数、数を数えること」が挙げられるのではないでしょうか。 「画策」の読み方はどれが正しいのか 以上の意味から、「画策」とは「事前に方法や順序などを考えること」や「はかりごとを立てること」などに使われるようになったとされています。 また、これまで記載したことから鑑みると、「画策」という言葉の語源などから紐解いてみた結果から、「画策」は「かくさく」と読むのが正解であるということが結論付けられます。 「画策」の意味と使い方 「画策」の意味とは まずは「画策」という言葉の正しい意味について、把握しておきましょう。 デジタル大辞泉(小学館)と併せて大辞林 第三版において、「画策」を「かくさく」という読み方で調べて みると、以下のように記載されていました。 どちらも計画を立ててひそかに実現することに対して使われる言葉ということが分かります。 [名] スル はかりごとをめぐらすこと。 ひそかに計画を立てること。 また、その計画。 「陰であれこれ画策する」 ( 名 ) スル 計画を立てその実現に努めること。 謀はかりごとを巡らすこと。 多く、好ましくないという気持ちを込めて使う。 「裏面で-する」 「画策」の使い方 では実際に使い方について、実際の例文を交えてご紹介いたします。 「画策」のいい意味 企む・謀る・考える・策する・仕組む・設計・計画・巧む・企てる・策す・工作・図る・按ずる・案ずる・企らむ・企図・企画・企劃・意図・劃策・目論む・構想 「何らかのプロジェクトや事業の計画や設計を案出する行為や過程」という意味で類義語 設計・計画・立案・企て・企画・プランニング・企劃・構想・予定 「敵をかわすための行動」という意味で類義語 マヌーバー・機動・工作・劃策 「画策」という言葉を多用するよりも、「画策」の類義語である言葉を都度その場に合わせて活用できた方が、表現の幅も広げられますしボキャブラリーの多い人間であると相手に印象付けることもできます。 ぜひ類義語も含めて活用できるようにしましょう。 正しく「画策」という言葉を使おう ここまで「画策」という言葉について、その意味や語源、類義語や使い方について詳しくご説明してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 決していい意味だけを持っている言葉ではないため、使い方を少しでも間違えてしまうと、相手に伝わる意味が変わってきてしまうことも考えられます。 「画策」という言葉を使う際には、ぜひとも正しく使いこなせるように、その意味や使い方を正しく理解した上で使うことをおすすめいたします。 このように日本語には、普段何気なく耳にしたり使ったりしている言葉でも、その言葉の意味を詳しく調べてみると、案外間違った意味で使われているのが慣例となってしまっている言葉もありますので、大人の嗜みとして、ぜひ今回を機に正しい日本語を使いこなせるようになっていただければ幸いです。

次の

「フランク」とは?意味や使い方、類義語を説明

気持ち悪い 類義語

「とりあえず」と何の気なしに使っていることありませんか。 普段何気に使っている「とりあえず」という言葉はそもそもどういう意味でどんな時に使うのが正しいのでしょうか。 もしかしたら使い方を誤っていて、知らずに相手に悪い印象を与えている可能性があります。 まずは「とりあえず」の意味から説明していきましょう。 「とりあえず」の意味は? 「とりあえず」の意味とその使い方には大きく二つに分かれます。 一つは「第一に」・「とりいそぎ」・「なにはさておき」と同じように緊急対応するときなどの第一歩として使う場合と、もう一つは現状のみを表現する際に使う「さしあたって」と同じように使う場合に分かれます。 どちらとも一時的なことを提案したり報告したりする意味として使います。 説明だけではピンと来ないので、さらにそれぞれの使い方とその意味を説明していきます。 緊急対応としての「とりあえず」を使ってみる 決断を迫られるような際に、決断はできないけれど最終的に決断が下せるように、または問題が解決するまでの時間に猶予を持たせるような場合に使用します。 「社員証を忘れてしまったため、とりあえず本人確認をしてもらい中に入った」 ずっと本人確認で通すわけにはいかないので、社員証を持ってくるまでの一時的な対応を意味していることになります。 現状のみを表現するときの「とりあえず」を使ってみる 今後については分からないけれど、現状を説明するために使用します。 「衰弱状態であったが、とりあえず一命は取り止めた」 一命を取り止めたのは結果なので、現状を表す意味になります。 手紙などの最後に「とりあえず」を使ってみる 手紙などの最後にお礼や挨拶などを添える時に使用します。 「まずは、とりあえずご挨拶まで」 改めてお礼に伺う際に、先に手紙やメールで連絡をする時によく使われます。 いち早くお礼やご挨拶の旨を伝えたいという気持ちが表現できます。 また、お詫びをしたい場面でも対策などの具体的な連絡よりも先にお詫びの連絡を入れる場合に置き換えることができます。 本文とは別に最後に一文添えることでこちらの気持ちをより強く伝えられます。 手紙やメールの最後の締め方が分からないときなどに知っておくと便利な表現です。 この後に改めて正式な行動を起こす意味を込めているので、この文章で挨拶やお礼やお詫びが終わってしまうと、相手の印象が悪くなってしまうので注意しましょう。 「とりあえず」の類義語は、意味を説明した時に出てきた、「第一に」・「とりいそぎ」・「なにはさておき」・「さしあたって」と、他には「まず」・「ひとまず」・「最初に」といったものが類義語になります。 類義語によっては、その一文だけでは話は完了していない印象を相手に与えてしまいます。 ビジネスやまじめな会話の場合は、「とりあえず」を使うにせよ類義語を使うにせよ、後に続く話しを類義語に合わせて続ける必要があります。 類義語に置き換えるだけだと説明が不自然になっているかも? 「とりあえず」を類義語に置き換える場合、「第一に」・「まず」・「ひとまず」・「最初に」と始めると、「次に」・「それから」・「最後に」・「最終的に」などが後に来ないと、相手は話が終わったように感じません。 「とりあえず」の文章だけで終わっている場合、類義語に置き換えると説明が途中で終わったような印象を持たれる可能性があります。 そもそも「とりあえず」自体が暫定的な話をする意味合いが強いため、本来であれば「とりあえず」だけで文章が終わっていることも中途半端と考えましょう。 ビジネスで「とりあえず」を使うと相手に与える印象はよくない? 「とりあえず」は一般的な会話でもよく使用しますが、フランクな会話では、その場しのぎの意味合いで使うことも多いので、ビジネスで目上の方に使うことは避けた方が無難です。 特に顧客相手に使ってしまうと、相手がその場しのぎの方の意味で受け取ってしまい、自分たちがやっつけ仕事をしていると思われかねません。 また、メールなど形として残る文章にも使用は避けた方が良いですし、社内でもフランクに話せないような目上の方にも使用は避けましょう。 一生懸命やっている仕事がやっつけでやっているなどと思われるのも悲しいことなので、言葉づかいから勘違いされないように気を付けましょう。 目上の方へ「とりあえず」を使ってしまったら? 「とりあえず」を敬語で表現すると、「まず」・「ひとまず」という言葉に置き換えられます。 また、緊急対応の意味では「とりいそぎ」もよく使われます。 いずれにせよ、「とりあえず」を使用するタイミングは一時的な対応の意味合いが多いので、言い換えた場合でも、その後の対策をどうするのか、それをいつ連絡しいつ結果が出るかまで伝えておくのが敬語以前にとても礼儀正しい伝え方になります。 もちろん、暫定対応後に改めて方針を固める時間を取ることもあります。 その場合はその旨をきちんと伝えれば、相手は理解し安心できることになります。 「とりあえず」のその先が大切 相手が自分の事をどう思うかは、言葉遣いから判断されることもあります。 「いい加減そう」という印象を避けるためにもビジネスではなるべく「とりあえず」は避け、敬語表現や類義語を活用して相手に良い印象を与えましょう。 また、意味正しく理解して言葉の選択を心がけることはとても重要ですが、意見や対策を求められるシーンでは相手が困っていることも多いため、最終的な対応を望んでいる可能性もあり得ます。 「とりあえず」の提案だけで終わってしまっては、信頼を得るチャンスを逃してしまいます。 言葉だけでその場しのぎをしてしまっては、過去に与えた良い印象を帳消しにするほどの落胆を相手に与えかねません。 ビジネスで得た大切な信用を落とさないために「とりあえず」と頭につけた場合は、最終的な着地点を念頭に置いて相手と話をすることも大切です。 丁寧な言葉遣いと誠実な行動でよりよい関係を築いていきましょう。

次の