吉本 興業 大崎。 役員

吉本興業の歴代社長と経歴まとめ【画像】歴史やエピソードが凄い!

吉本 興業 大崎

いま、吉本興業が揺れています。 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんの契約解消に端を発する、一連の反社会的勢力が同席する会合への闇営業問題。 この騒ぎの中でときどき見え隠れするのが吉本興業の社長・大崎洋氏の名前。 この事件の責任者でもあります。 どんな人なのでしょうか? 大崎洋社長の基本経歴 1978年に関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。 その後はエンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させた、辣腕の人。 同社に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤が可能な会社だったからとか。 フリーダムですね。 東京支社長就任後は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注ぐ反面、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラしています。 山本圭一の淫行事件で早々に専属芸能家契約の解除を決定し 2016年11月に吉本復帰が許された 、島田紳助さんの暴力団との親密交際 最終的には紳助が自ら引退 など、不祥事、モラルに反する行為を起こしたタレントに対しては、厳格な措置を取っています。 2009年から、吉本興業代表取締役社長に就任しています。 大崎洋社長とダウンタウンとの関係 吉本所属タレントの中でも、大崎社長は特にダウンタウンとの関わりが強いことは有名です。 その理由は、大崎社長こそがダウンタウンを見出し、育て上げたから。 大崎社長は吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員となり、無名時代のダウンタウン2人の兄貴分・マネージャー的存在として、かれらに業界のイロハを教えてきました。 その後、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを、東京に進出させます。 ダウンタウンがメインの番組には、大崎社長がプロデューサー・オーガナイザーなどとして参加していたほど。 それでも2人は『ありがとうございます』と受け取って、時間どおりにやってきて、3人で一生懸命黙々とネタ作りに励んだ」 と、のちに語ってます。 なんでしょ、これこそ 引き寄せの法則でしょうかね。 今でこそ超有名なダウンタウンですが、まだ無名な頃から目をつけ東京進出させて・・ってなかなか出来ないことではないでしょうか。 大崎洋社長と松本人志との関係 大阪の放送局の楽屋で「これから本出したり、映画撮ったりいろんなことしよう」と、大崎社長が話しかけると、松本人志さんは次のように答えました。 「大崎さん、何でそんなこと言うんですか。 僕は金持ちの家に生まれたわけでもないし、運動神経がいいわけでも、ギターが弾けるわけでもない。 やっとお笑いっていうものを見つけて、100メートル走を一生懸命、走ろうとしているのに。 走り幅跳びもしなさい、棒高跳びも、て」 松本人志さんらしい面白い答え方ですよね。 しかも例えもとてもわかりやすいです。 ……まあ、松本人志さん監督映画は すべてずっこけましたが。 また、松本人志さんとスポーツジムに行ったとき、25メートルのプールを目の前にして大崎社長は、 「松本人志が売れるようになったら、もう僕の言うことなんか聞いてくれなくなるなぁ」 「でも、松本が間違った方向へ進もうとしていたら、絶対にとめなければいけない」 と考えました。 そして松本人志さんに『25メートル1回も息継ぎせずに潜水したら、将来俺の言うことを聞いてくれるか?』と聞いてみたら、『ええ、いいですよ』との回答。 その後、何かのことで意見の食い違いがあり、松本人志さんが頑として首を縦に振らなかった時にとっておきの 「あのときのプールの約束、今使うわ(-_-)」 松本人志さんは「えーっ、こんなときにですか……わかりました」と苦笑して受け入れたそうです。 なんかほっこりしますよね。 社長と社員っぽくないというか……信頼関係があるのでしょうね。 スポンサーリンク 大崎洋社長と明石家さんまとの関係 2011年、当時の大人気タレント・島田紳助さんが暴力団と付き合いがあることが明るみに出て引退しました。 この大事件にかかる大崎社長の相談先は、明石家さんまさん。 それは紳助さんの引退会見の直後であり、明石家さんまさんは大崎社長に「俺に任せろ」と言ったとか。 関西ローカルの番組では、さんまさんは「紳助は復帰したっていいんだ」とも発言していました。 この発言の裏には、吉本興業の稼ぎ頭である明石家さんまさんが、第一線から引退することに対するけん制があったといわれています。 テレビ関係者によると 「明石家さんまは60歳になったら芸能界を引退し、好きな事をしたいという思いを以前から持っていました。 さんまの引退を吉本興業の大崎社長は認めないだろうと思い、さんまは大崎社長から紳助の事を相談された際、『紳助を自分の力で復帰させるから、その代わり俺を60歳で引退させてくれ』という約束を交わした」 といわれています。 確かに明石家さんまさんは、当時「還暦だから~」「引退するで」とか少し言っていたような気もします……ですが、今でもずっとテレビには出ているので、この約束はどうなったんでしょうね。 やはり犯罪は犯してなくても、暴力団関係と関係あったという経緯があると、出演するにあたって厳しいです。 島田紳助さん復帰の可能性がなくなった=さんまさんの引退がなくなった、ということでしょうか。 大崎社長と、明石家さんまさんの信頼関係がうかがえますが、まあやっぱりドル箱であるさんまさんを、吉本側は手放せなかったのでしょう。 それにしても大崎社長はこの時から、反社会勢力の人たちと関わった役員やタレントを、厳しい態度で追い出してきた人です。 今回の闇営業問題の中心である入江慎也さんも、芸能界から引退せざるをえないのでしょうか。 大崎洋社長と山口組との関係 漫才コンビ「中田カウスボタン」を結成後、これまでに も数多くの漫才大賞を受賞してきた中田カウスさん。 ダウンタウンの松本さんと一緒に M-1グランプリの審査員を務めていることでも有名ですね。 実はこの中田カウスさん、若い頃から山口組の幹部と付き合いがあり、東京の芸能人が関西で仕事をするときに仲介などをしていたそうです。 「素晴らしき吉本芸人たち」は、前田五郎が撮ってきた芸人仲間の写真集。 昭和30年代頃~写真の数が多いから、ベテラン芸人は基本、何枚も掲載されているんだけど、中田カウスは一枚だけ。 しかも、わざわざこの写真をチョイスした意図とか考えちゃう。 — はしもと なおき torigaraa ヤクザとの交際を暴露された中田カウスさんは、すでに吉本興業所属タレントの肩書きを外されています。 しかし元暴力団幹部の人と吉本興業とトラブルがあった時は吉本興業側につき、現在では 吉本興業内での発言力が強まり、「影のフィクサー」的存在になっているとか。 つまり吉本興業内において、暴力団関係者の処理班というか、窓口的な役割になっているようです。 このため現在の吉本興業は、 大崎洋一派VS創業者一派VS中田カウスといった混沌状態になっているそうです。 島田紳助さんが暴力団との関係を暴露され引退に追い込まれたのも、実は田中カウスさんが仕掛け人だったとか。 また過去にも、吉本所属の歌手・FAYRAYのライブを訪れた大崎社長(当時専務)は、会場にいる一人の女の子を指して 「あれは山口組の五代目の娘や。 歌手になりたいと言ってると、(中田)カウスさんから頼まれた。 ウチでレッスン受けさして、CDを1~2枚出したら満足するやろ」 と語ったといいます。 結局、デビュー計画は頓挫しましたが、吉本興業側はその娘さんに担当社員をつけ、歌唱レッスンまでさせていたそうです。 業界トップの芸能事務所の重役が暴力団に恩を売るため、組長の娘を自社で売り出そうとしていたというのは、社会的責任を問われかねません。 これがもし事実であれば、この当時から中田カウスさんを通じ、大崎社長も暴力団とズブズブだったと思われても仕方ないことですね。 まとめ: 少なくとも表向きは、暴力団と関係のあるタレントを厳しく処分している大崎社長。 社長さんだけあって、自社所属の大物タレントとの関係は良好のようです。 しかし反面、それ以外のタレントさんの待遇が悪いのもまた真実。 もう時代は令和になったというのに、 なんと吉本興業は現在も、大御所を除く若手タレントさんとは、契約書を取り交わしていないのです。 今回の宮迫さんたちの闇営業に関しても、日頃から周囲に「仕事をください」と声をかけていた結果で、いわば公然と闇営業を行っていたのです。 タレントは売れないうちはお給料も低いし、いつ仕事がなくなるかわからない不安定な職業で、そんな職業で家族を養っている人だってたくさんいます。 仕事をしなければ家族を食べさせられず、今まで以上に闇営業をしなくては食べていけなくなる。 今回、謹慎になった芸人たちへの暴力団からのオファーは、逆に増えるかもしれないのです。 大御所だけではなく、若手タレントさんにも契約書が存在すれば、闇営業事件も起きなかった可能性は大きいです。 芸能界ですから暴力団との関係は切っても切れないものですが、こういった暴力団絡みのスキャンダルは少なくなるのではないでしょうか。 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい!仰天エピソードまとめ【画像】

吉本 興業 大崎

1978年 吉本興業株式会社に入社• 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動• 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動• 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任• 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任• 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任• 2006年 吉本興業取締役副社長に就任• 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任• 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 入社当初は「私服OK」という理由だけで選んだ会社ということもあり、やる気もなく適当に仕事をしていたという大崎会長。 しかし、ある日を境に仕事への姿勢が一変したと言います。 それは 会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときのことでした。 明け方近くまでずっと終始一人負け続けた大崎会長はいきなり立ち上がると、カーテンや窓を開けて外に向かって 「絶対に出世する! 」と大声で叫んだんだそう(笑) 深夜+負け続きというテンションでおかしくなってしまったのかと思われましたが、 その日以来、真面目に仕事に取り組むようになり、ついには社長職に就くという結果に至ったのです。 「マージャンで負けた=出世する」の発想は常人には理解できません…! タレントには厳しい一面も 大崎洋会長は、1980年に吉本興業東京支社へ上司の木村政雄さんと共に異動してから、企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注いできました。 しかし、その中には 会社の方針に従わない芸人やタレントは容赦無くリストラするという厳しい一面もありました。 山本圭一さんの淫行事件での契約解除など、不祥事やモラルに反する行為を起こしたタレントに対しては厳格な措置を取る姿勢を見せています。 一昔前の芸能界、特に芸人の世界は不祥事を起こしても変わらず活動ができたりと、一般社会に比べて犯罪や不祥事に非常に寛容な世界でした。 大崎会長はそんな会社の在り方を大きく変えた人物なのかもしれません。 年収は10億円? 大崎洋会長の年収はどのくらいなのでしょうか? 吉本の現社長の岡本昭彦さんの年収は7億円ほどと言われています。 大崎会長自身は、吉本の芸人の給料についてこう語っています。 吉本興業の会長・大崎洋とダウンタウンの関係は? 大崎洋会長は、吉本興業のタレントの中でも特にダウンタウンとの関わりが強かったと言われています。 タレントと社員という間柄ですが、若い頃から切磋琢磨し合ってきた3人。 ここでは大崎会長とダウンタウンのエピソードをいくつか紹介させていただきます。 ダウンタウンの育ての親 大崎洋会長は、 ダウンタウンの才能にいち早く気づいた存在として知られています。 当時全くの無名だったダウンタウンの才能に気づいた大崎会長は、吉本総合芸能学院(NSC)開校時に2人の 担当社員となり、 マネージャー的存在として業界のイロハを教えたと言います。 マネージャーという立場でもなかったけれど、つきっきりで接していたということですね。 大崎会長はダウンタウンのお二人よりも 10歳年上ということで、いい兄貴分、いい相談役として慕われていたそう。 また、大阪で人気の頂点に立ったお二人を 東京進出させたもの大崎会長でした。 大阪で満足していたのに、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた… 松本人志さんはネタにしていますが、結果的にダウンタウンはここから全国的な人気を獲得し、スターダムにのし上がりました。 若手時代から大阪での活躍、そして東京進出…と、 ダウンタウンが人気の頂点に立つまで育て上げた存在として業界でも大崎会長の名前は一気に有名になったそうです。 ダウンタウンとのドッキリで今田耕司が号泣 旧知の仲であるダウンタウンと大崎洋会長。 ダウンタウンの冠番組である「ダウンタウンのごっつええ感じ」には、大崎洋はプロデューサー・オーガナイザーとして参加をしていました。 ドッキリの仕掛け人として企画に登場したこともあります。 ダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役として出演。 大崎会長「あのときのプールの約束、今使うわ」 松本人志「こんなときにですか…わかりました」 一体どんなことに使われたか…めちゃくちゃ気になりますが、これは男2人だけの秘密なのでしょう。 吉本興業の会長・大崎洋まとめ 吉本興業の会長・大崎洋さんに関する情報をお届けしました。 学歴は関西大学を卒業しており、大学卒業後吉本興業に入社し、無名時代のダウンタウンの才能にいち早く気づき、お笑い界の頂点に立つまで育て上げた大崎会長。 今回宮迫博之さんと田村亮さんからの契約解除の最終判断をした張本人としも言われているようですが、松本人志さんはこの事態をどう受け止めているのでしょうか? 松本さんが働きかけて吉本が何か動きを見せるのか、今後の情報に注目したいと思います。

次の

吉本興業・大崎会長「いまのやり方変えない」発言に人気芸人も反発……トップダウン体制の限界か (2019年7月20日)

吉本 興業 大崎

2019年7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見は、世間に大きな衝撃を与えた。 詳細については割愛するが、そこで語られたのは吉本興業、岡本昭彦社長によるパワハラ、そして時代にそぐわぬ 吉本興業の隠蔽体質、 ブラック企業体質であった。 翌21日、自身がレギュラー出演する「ワイドナショー」にて松本人志が一連の騒動に対する見解を発表、事態の収束へ自らが乗り出すことを明かした。 松ちゃんが動くならもう大丈夫……と言いたいところだが、番組を見ていて一点だけどうしても気になることがあった。 やもすれば、いかに松ちゃんとはいえ「 大崎洋会長を私情だけでかばいすぎたら危ないのではないか」と。 ・松ちゃんが守りたいもの 番組内で松ちゃんが何を語ったのか? そちらについては各種サイトをご覧いただくとして、記者は「 松ちゃんが守りたいもの」がよく見えた生放送だったと思う。 これだけの騒動にこのスピード感で対応した松ちゃんは流石の一言で、一連の騒動の行方は松ちゃんの双肩にかかっていると言っても過言ではないだろう。 記者が感じた松ちゃんが守りたいものとは、後輩・お笑い・吉本興業・自分自身と自分自身が築き上げたもの……といくつもが垣間見えたが、その中の1つが冒頭でもお伝えした「 大崎洋会長」である。 番組内で松ちゃんは以下のように語っている。 「(大崎会長が)これ以上、騒ぎが大きくなるようなら自身の進退も……なんて言ってましたけど、それは止めます。 もし大崎が辞めるなら僕も吉本興業を辞めます。 ずっと一緒にやってきた兄貴なんでね」 あまり表舞台に出てくることはないものの、大崎洋会長はダウンタウンの育ての親として知られる人物で、 大崎会長とダウンタウンが今日の吉本興業を築き上げたと言っても大げさではあるまい。 また松ちゃんの言葉を借りるならば、両者の信頼関係は肉親ほど近いものがあるのだろう。 ・吉本興業のトップ中のトップ だがしかし、である。 仮に今後の吉本興業が大崎会長の指揮のもと、世間からある程度は理解される企業に変貌するならば問題はない。 ただ、契約書や最低賃金などの問題をクリアせず 今まで通りの会社運営をしていくならば、大崎会長に批判の矛先が向くのではなかろうか。 問題なのは、大崎会長がビジネスインサイダージャパンのインタビューで以下のように発言していること。 「契約は口頭でも成立する。 契約書を導入する予定はない」 「最初のギャラは250円でもいい。 月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は本当に芸人を育てるやり方とは思えない。 吉本の今のやり方を変えるつもりはありません」 お笑いに限らず、芸事は特殊な世界である。 歌舞伎も絵描きも相撲も、 一般的な社会通念とは相容れない部分が多い。 大崎会長が言いたいことは理解できるし、その通りなのだとも思う。 ましてやダウンタウンの育ての親が言うならば、これ以上の説得力はない。 とはいえ、一昔前ならばいざ知らず、コンプライアンス至上主義の現代において、 吉本興業のやり方は隙が多すぎる。 ギャラの問題にせよ契約書にせよ、ツッコミどころだらけなのだ。 ましてやこれだけの騒動になってしまった以上、ある程度は世間が納得する必要がある。 ・冷静に大崎会長体制を維持する意味を伝えて欲しい 番組内で松ちゃんは「(吉本興業が)時代を読み違えたのかな」と発言していた。 そして松ちゃんは 時代を読む能力に長けた人物である。 今回の件で多くの人が松ちゃんを支持する理由は、松ちゃんの意見が時代の流れに沿っていること、そしてそれが多くの人の意見と重なり合う部分が多いからであろう。 生放送内で、松ちゃんは上層部と「ギャラのことも話した」としていたので、大崎会長が インタビュー時とは違った方針に舵を切る可能性は十分にある。 だが、もし今まで通りの運営を続けていくならば、世間の目はトップである大崎洋会長に向いてしまうハズだ。 ビジネスインサイダージャパンのインタビュー内で、大崎会長は「僕が社長になった当時、社内に反社のような人たちもいた。 役員にもいて、 身を賭して戦って、やっと追い出したんです」としている。 表には出づらい話ではあるが、大崎会長の功績は非常に大きい。 それ以外にもきっと、大崎会長がいたからこそ達成できたことが多くあって、それを松ちゃんは知っているのだろう。 だが、 残念ながら世間の人はそれを知らない。 いまあるボンヤリしたイメージは「吉本の一番偉い人」ともすれば「ブラック企業の総大将」ではなかろうか。 なので、松ちゃんは「大崎会長が兄貴だから」と言うだけではなく、大崎会長がいたからこそ達成できた事実、また「 大崎会長がいるからこそできる改革」を世の中に示すべきだ。 番組を見ている限り、他のことは全て客観視できているのに、大崎会長の件だけは私情に見えてしまった。 ・松ちゃんが本当にピンチになったとき…… こんなことを書いている最中、22日放送の「スッキリ!! 」にて加藤浩次さんが「 上層部が辞めなけば吉本興業を辞める」と発言したとの情報が入ってきた。 松本さん、東野さんクラスは岡本社長および大崎会長と意思疎通が取れるのだろうが、加藤さん、宮迫さんクラスでも上層部との意思疎通は容易ではないということだ。 つまり、松本さんは大崎会長が会長職を続ける意味を、何より 後輩たちに示さねばなるまい。 加藤さんは「経営陣が責任を取れない会社ってどうなんだ?」とぶち上げていたというが、個人的にはその後に収まる人物が、大崎会長以上の能力がなければ意味がないと考える。 辞めるだけが責任の取り方なのか? 難しいところだ。 とはいえ、空中分解寸前の吉本興業を救えるのは松本さんしかいないのだろう。 上層部、後輩たち、そして世間。 その際、私情だけで大崎会長を擁護するのは、 いくら松本人志といえども危険だ。 松ちゃんが惚れ込むくらいの人物である。 きっとこれからの吉本興業を変革してくれるに違いない。 なお、あくまで個人的な予測だが、この件がさらにねじれにねじれたとき、つまり松ちゃんおよび吉本興業が本当にピンチを迎えたとき、ついにあの男が動き出すと見ている。 吉本興業のもう1人の巨人、 浜田雅功さんだ。 参考リンク: 、 執筆: イラスト:.

次の