朝 イチ 料理 レシピ。 【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方、ごはんが進む中華料理の陳建一シェフのレシピ(3月31日)

【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方、ごはんが進む中華料理の陳建一シェフのレシピ(3月31日)

朝 イチ 料理 レシピ

生姜は1cm四方の薄切りにする。 ピーマン・パプリカ 赤 は1cm四方に切る。 赤唐辛子は種を取り除く。 2、鶏もも肉は厚みを均一にするように開き、筋を切って2cm角に切る。 ボウルに入れ、塩・こしょう・酒・醤油を加えてしっかり揉み込んで下味をつけたら、溶き卵を加えて揉み込む。 片栗粉を加えて揉み、サラダ油を加えてさらに揉み込んで表面をコーティングする。 3、甘酢タレを作る。 砂糖・酢・醤油・酒・水溶き片栗粉 同量の水で溶いたもの ・チキンスープ 顆粒チキンスープの素を表示通りに溶いたもの)・こしょうを入れてよく混ぜればOK。 4、熱したフライパンにサラダ油(適量)をひき、赤唐辛・ホワジャオを加えて油に色がうつるまで弱火で炒める。 唐辛子が黒くなってきて油に色が移ったら、(2)の鶏肉を皮目を下にして重ならないよう1つずつ並べる。 5、鶏肉を動かさないで、時々鍋を揺すりながら2分ほど焼いてしっかりと焼き色をつける。 焚き火のようなパチパチと音がして鶏肉の縁の色が変わったら、上下をひっくり返して火を止める。 6、くっついた鶏肉同士をはがしたら、再び火をつけて鍋を時々揺すりながら裏面も焼き色をつける。 ピーマン・パプリカを加えて軽く炒め合わせたら、ねぎ・生姜を加えて炒める。 7、(3)の甘酢タレを3回に分けて少しずつ加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 仕上げにカシューナッツを加え、サラダ油(少々)を回しかけて全体に絡めてツヤを出したら、器に盛り付ければ出来上がり。

次の

【あさイチ】なすとそぼろのピリ辛あんかけ丼の作り方、オレのどんぶりレシピを中華料理・孫シェフが紹介(6月9日)

朝 イチ 料理 レシピ

NHKあさイチは、NHKが毎月曜日~金曜日午前8時15分~9時54分まで暮らしに役立つ情報を紹介する生放送番組です。 あさイチは、博多華丸・大吉コンビにブラタモリで人気となった近江友里恵アナがメインキャスターを務めています。 クイズにdボタンから参加したり、メールやFAXで寄せられる視聴者からの質問や疑問に番組内で答えてくれ、視聴者との距離が近いのがあさイチの特徴のひとつです。 あさイチの人気コーナーは、『みんなゴハンだよ!』『ハレトケキッチン』『クイズとくもり』です。 『みんなゴハンだよ! 月 — 木曜9時台後半 』 では、「マンネリ」「うまくいかない」などの料理のお悩みスパッと解決します。 ここのあさイチレシピが凄く好評です。 おいしくて安い旬の食材を使ってもいつもワンパターンになってしまったり、 美味しかった料理の味や、技がどうしても決まらないなどの毎日の料理につきものの問題を、 一流シェフや人気料理研究家が解決します。 今日の料理にそのまま使いたくなるような美味しくて便利な納得のレシピが満載です。 『KITCHEN SESSION』 は、世界の一流シェフが、スーパーマーケットで買える普通の食材をって、生放送中にプロがどのように調理するかがみられ、やっぱりプロはすごいなと感心されます。 『 ハレトケキッチン』は、その日のゲストが食べたいレシピを三人のシェフ三人が競いあいながら作ります。 料理人は、日本料理=篠原武将さん、中国料理=山野辺仁さん、フレンチ=秋元さくらさんです。 すごくかっこよかったです。 その中でも秋元さくらさんが作ったがとても気になりました。 旬なイチゴを使っていてとっても美味しそうでした。 今度ぜひ作ってみようと思います。 クイズ形式で、家事や暮らしを楽にする裏ワザやスゴ技を紹介しています。 視聴者はdボタンで、クイズに参加できます。 洗えるんですね。 痛みを軽減するちょっとしたコツを紹介していました。 『クイズとくもり』は、知っていると得するちょっとした情報を知ることができます。 見逃してしまったで確認できます。 「あさイチ」の人気の理由 あさイチが人気の理由のひとつは、前述したように視聴者と番組との距離が近く 『番組に参加している感ががある』ことだと思います。 あさイチとは、「イチバン」欲しい情報を、「市場」みたいなスタジオから放送する、元気でさわやかな生放送番組。 お得な情報いっぱいの、朝の情報マーケットです!! 生活実用情報はもちろん、社会問題や政治などのジャーナルなテーマからエンターテインメントまで、皆さんが一番気になるテーマを毎日ピックアップ。 それを、徹底的な取材でとことん掘り下げてお伝えします。 そんなあさイチが大切にするのが、皆さんの声。 メールやFAXに寄せられる疑問や質問に、時間の限り精一杯お答えします。 さらに、皆さんの声をもとに、放送中も内容がどんどん変化。 あさイチは皆さんと一緒に作る、皆さんの番組です。 より引用 「あさイチ」成功の立役者はNHK制作局の井上勝弘チーフプロデューサーだといいます。 かつてのHNKは、視聴率を気にせずに良い番組を作れば良いという風潮がありました。 低視聴率でも局内のキーパーソンに認められればディレクターの評価は下がらなかったからです。 しかし、この風潮を彼は良しとしませんでした。 日経ビジネスアソシエ(2013年3月号)のインタビューで彼は、『誰もテレビを見なくなるかも』という危機感が独自色を追求する原動力となった」と語っています。 主観的に良い番組を作っても誰も見てくれなくてはしかたありません。 民放に負けない視聴率の取れる番組作りのため、いろいろと検討を重ねました。 現実に視聴者が高齢化している状態を考えて、若い視聴者に見てもらえる番組作りから考えたそうです。 そして、完成した番組は民放を大きく引き離す視聴率の取れる番組となりました。 成功のポイントは3つあります。 1 一つ目は、番組やニュースの「コンテンツ」を邪魔しない 「美人すぎないキャスティング」です。 以前は、この枠は決まったように美人女性アナウンサーが司会を務めていました。 朝の連続テレビ小説で美人女優を見た後は、和風の親近感の持てる顔の方が良いということで、美人過ぎない有働由美子アナウンサーと井ノ原快彦さんが起用されたのではないかと言われています。 今回の近江友里恵アナも美人というよりも「地味カワ」でとっつきやすく親近感がわきます。 2 二つ目は、朝ドラの視聴者をのがさないように、 「朝ドラの内容との連動」を徹底したことです。 即ち、朝ドラの内容との連動を図るため朝ドラの特集を組んで、朝ドラの出演者をゲストとして呼んで、朝ドラを見終わった視聴者が直ちにテレビから離れずに次の番組に引き連れられるようにしたのです。 有働・いのっちコンビの時から、朝ドラみて有働さんの反応を見るのが楽しみでした。 現在のあさイチも少し少なくなりましたが、朝ドラ見てからのあさイチになっています。 3 三つ目は、 「ターゲットを40代女性の主婦層に絞ったこと」です。 そのため特集部分は完全に女性目線で番組が作られています。 このため、番組のスタッフの半数は女性とし、多彩な意見を照りいれるため民放出身の制作会社のスタッフも多く採用しました。 ターゲットを絞って視聴率を上げるためにはどうしたらよいか、その目標に向かって、外部スタッフの意見を積極的に取り入れ、女性のスタッフが興味を持てないと言ったトピックは取り上げないなど、多彩な意見を取り入れて成功に導いたのです。 民放の情報番組の多くは男性目線で作られていますから、女性目線で作成した「あさイチ」が女性視聴者を獲得できたのは当然とも言えます。 「あさイチ」の改革は、アメリカのABC放送のモーニングショーの番組改革ととても似ています。 アメリカの朝のモーニングショーはABC、NBC、CBSという3大ネットワークの中で16年間にわたってNBCが視聴者数1位を独占していました。 ところが、2010年にABCニュースのトップに抜擢されたベン・シャーウッド氏によるモーニングショー改革により視聴者数が増えその年にNBCを逆転しました。 ABCが徹底的に重視したのも女性目線での番組作りです。 ターゲットを女性に絞り、女性スタッフをそろえその意見を聞き、多彩な意見を集めるため外部スタッフも積極的に集めて意見を募るなど、今までのNHKでやってこなかった市場分析とターゲットを絞ったマーケティング戦略が「あさイチ」の成功につながっているのです。 しているようです。 NHKの狙い通り、しっかりと視聴率の取れるキャスティングの流れは、有働・いのっちコンビのあさイチから現在の博多コンビのあさイチにおいても受け継がれています。

次の

NHKあさイチ

朝 イチ 料理 レシピ

生姜は1cm四方の薄切りにする。 ピーマン・パプリカ 赤 は1cm四方に切る。 赤唐辛子は種を取り除く。 2、鶏もも肉は厚みを均一にするように開き、筋を切って2cm角に切る。 ボウルに入れ、塩・こしょう・酒・醤油を加えてしっかり揉み込んで下味をつけたら、溶き卵を加えて揉み込む。 片栗粉を加えて揉み、サラダ油を加えてさらに揉み込んで表面をコーティングする。 3、甘酢タレを作る。 砂糖・酢・醤油・酒・水溶き片栗粉 同量の水で溶いたもの ・チキンスープ 顆粒チキンスープの素を表示通りに溶いたもの)・こしょうを入れてよく混ぜればOK。 4、熱したフライパンにサラダ油(適量)をひき、赤唐辛・ホワジャオを加えて油に色がうつるまで弱火で炒める。 唐辛子が黒くなってきて油に色が移ったら、(2)の鶏肉を皮目を下にして重ならないよう1つずつ並べる。 5、鶏肉を動かさないで、時々鍋を揺すりながら2分ほど焼いてしっかりと焼き色をつける。 焚き火のようなパチパチと音がして鶏肉の縁の色が変わったら、上下をひっくり返して火を止める。 6、くっついた鶏肉同士をはがしたら、再び火をつけて鍋を時々揺すりながら裏面も焼き色をつける。 ピーマン・パプリカを加えて軽く炒め合わせたら、ねぎ・生姜を加えて炒める。 7、(3)の甘酢タレを3回に分けて少しずつ加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 仕上げにカシューナッツを加え、サラダ油(少々)を回しかけて全体に絡めてツヤを出したら、器に盛り付ければ出来上がり。

次の