寿司 タイピング。 タイピング速度測定(タイ速)

タイピング練習道場【無料ゲーム】ブラインドタッチの練習におすすめ!

寿司 タイピング

「寿司打」の中毒性 コードとブログ書く休憩中に,とんでもない中毒性を持ったゲームに出会ってしまった。 ざっくりいうと,寿司打はキーボード入力のスピードと正確さが試すゲーム。 回転する寿司にあわせてタイピングするお題の言葉がだされ,制限時間内に入力に成功したら,その寿司を食べたことになる。 そして最後に,タイピングのスコアが自分の食べた寿司の値段として発表されるゲームだ。 キーボード入力ミニゲームとして最も有名なものの一つである寿司打。 とりあえず,中級の5,000円コースでやってみた。 自己流ブラインドタッチに毛が生えた程度のタイピングスキルの僕のスコアは次のようだった。 ランキング画面を見てると,上には上がいる。 5000円コースなのにその何倍も行く値段の寿司を制限時間内に平らげてる猛者たちがゴロゴロいるのである。 自分のタイピングスキルの貧弱さを痛感した日だ。 悔しい。 悔しい…。 そう思って,寿司打にのめり込んでしまった。 テスト前なのに,やることは他にもあるのに,寿司打と格闘しているだけで4時間も経っていた。 普段集中力がないのが悩みなのに,こういうとこはむだに負けず嫌いで集中できてしまう自分が不甲斐ない。 さて,4時間寿司打にのめり込んだ経験から,寿司打の攻略法がいくつか見えてきたので紹介したい。 寿司打攻略法1 「速く不正確」よりも「少し遅く,正確に」 寿司打は,タッチミスない状態が続くと,「連打ボーナス」がたまり,ボーナスに応じて制限時間が伸ばされる。 強者たちが 5000円コースでその何倍ものスコアを叩き出す理由は,この連打ボーナスにある。 彼らは,とにかくタイピングが正確なのだ。 制限時間90秒の中で,タッチはたったの1回か2回。 そのため,ボーナスタイムと彼ら本来のタイピングスキルが相まって,あのようなとんでもないスコアが叩き出されるのだ。 寿司打攻略法2 ハイフンとコンマ 寿司打で出題されるキーワードは,ローマ字入力のひらがなだけではない。 「ー(ハイフン)」と 「,(コンマ)」 も出題範囲に含まれているのだ。 パソコンを普段から多少使っていれば,よくつかう母音の位置と子音のキーの位置が体に染み込んで,それなりにタイピングができてしまう。 でも,そんな初心者に毛が生えたようなタイピングスキルは寿司打では通用しない。 コンマとハイフンが出題された時点でたじろいでいるようでは,まだまだタイピング上級者の道は遠いと痛感させられた。 寿司打上達のために,日常のタイピングで何を意識する? 寿司打上達したい,5000円コースで1500円,10000円コースで20000円くらいのスコアを叩き出せるようになりたい…。 4時間のめり込んで寿司打をやりこんだ結果,まったくスコアは向上しなかった。 むしろ,飽きと疲れと自棄でタイピングが雑になりスコアが下がったほどだ。 やはり,寿司打上達には普段なんとなくしていた「タイピング」という行為に改めて向き合う必要がある。 自分の場合は,これから以下の2点を徹底することに決めた。 文字だけでなく,記号や数字もブラインドタッチするようにする 2. 「Back space」を使う回数=うち間違えの回数 を減らすように心がける 特に2. の「Back space」は,無意識にたくさん押してしまっている人が多いような気がする。 5文字に1回 Back space を押している人が10文字に1回の Backspace で済むようになれば,その人の文書作成の精度が純粋に2倍になるということだ。 Back space 依存のなんちゃってブラインドタッチからはやく卒業せねば。 いろんなタイピングのスクールのページやタイピングに関するブログ記事を見ていると,「タイピングの早い人は仕事の生産性も高い」ということを主張している。 記号のブラインドタッチと,Back space に依存しないタイピングを意識しながら,これからの自分の仕事の生産性がどう変化したかモニタリングしていきたい。

次の

タイピングが上達しないたった1つの理由【練習法も解説】

寿司 タイピング

タイピングを練習してもなかなか上達しない• センスがないから?• それとも何か上達するコツがあるの? こういった疑問にお答えします。 この記事の内容• タイピング初心者が陥りがちな落とし穴• タイピングが誰でも必ずマスターできる理由• 初心者の頃に実際に行っていた練習法 この記事を書いているぼくは、タイピング歴13年ほど。 小学生の頃からタイピングを始め、現在は仕事やプライベートで1日10時間以上はキーボードに触れています。 また、パソコンのインストラクターのお仕事もしているため、初心者の方からよくタイピングの相談も受けるので、そういった観点から初心者の方にも分かりやすく解説していきます。 スポンサードサーチ タイピング初心者が陥りがちな落とし穴 タイピングを始めた頃によく陥りがちなのが、キーボードのキーの位置を全て 覚えようとしてしまうことです。 これが、なかなかタイピングが上達しない理由です。 タイピングが早い人は、キーの位置を考えながら打っていません。 自転車に乗るときに、乗り方を意識しなくても乗れますよね。 それと同じように「りんご」と打ちたいと思ったら、指が自然にそのキーの位置に移動するイメージです。 このあたりは、感覚的な部分もあるので言葉で説明しづらいですが、練習方法のところでもう少し詳しく解説します。 タイピングは誰でも必ずマスターできる タイピングにセンスは必要ありません。 タイピングをマスターするコツは、クセをつけることです。 「HAPPY」と打ちたいときに、「H」はどこだっけ?と探すのではなく、指をこのへんの位置に動かしてキーを押せば「H」を入力できるという感じで入力します。 「指をこのへんの位置に動かす」というクセがつけられると、タイピングは一気に上達します。 スポンサードサーチ 初心者の頃に実際に行った練習法 ぼく自身が小学校の頃に、実際に行っていた練習方法をご紹介します。 小学生にもできたので、あなたにも絶対できるはずです! ステップ1 ホームポジションを覚える 徒競走のとき、スタートラインに指を置くように、キーボードも入力を始める前に指を置く位置が決まっています。 これをホームポジションというのですが、手元を見ずにすばやくタイピングをするには必須です。 入力を始める前と入力を終えたあと(次の入力を始める前)には、必ずホームポジションに指を合わせるようにします。 指の置き方は以下の図を参考にしてください。 引用:ちびむすドリル小学生 指を合わせるコツとして、「F」と「J」のキーの上にある、小さな突起を目印にします。 こうすることで、キーボードをいちいち見なくてもホームポジションに指を合わせられるようになります。 メモ帳などを開き、あいうえおと打ってみる 次は実際に文字を打ちながら練習してきます。 メモ帳やワードなど何でもいいので、文字を入力できるソフトを起動させてください。 ホームポジションに指を置き、「あいうえお」と入力してみます。 打ち終わるたびにホームポジションに指をセットするのを忘れないでください。 「あいうえお」ー「ホームポジション」ー「あいうえお」…と連続で入力していきます。 少しなれてきたら、徐々にスピードをあげていきます。 限界までスピードをあげて20回は繰り返し入力してください。 速い速度で同じワードを繰り返し入力していくと、頭で考えて打つ余裕がなくなります。 「この順番で指を動かせば打てる」という感覚で打つことによって、クセをつけていきます。 20回程度打てたら、同じ要領で「かきくけこ」も練習してみましょう。 これを50音分すべて行います。 最初のうちはこれを毎日繰り返します。 タイピングサイトを使って腕試し 1週間も練習すると、キーボードに少し慣れてきます。 そのタイミングで、タイピングサイトで腕試ししてみましょう。 おすすめをまとめます。 どちらもタイピングの練習ができる有名なサイトです。 最初はスコアが低くても心配する必要はありません。 できるだけ手元を見ないで入力するように意識してみてください。 タイピングが上達するとこんなに便利 タイピングをマスターすると下記のメリットがあります。 練習を頑張るモチベーションにもなるので、ぜひ覚えておいてください。 作業のスピードが早くなる:打てる文字数が増えるので• 考えることに集中できる:考えなくても打てるので• 長時間作業しても疲れにくくなる:目線がモニターとキーボードを行き来しなくなるので• 資格取得に活かせる:P検ではタイピングの実技テストがあります スポンサードサーチ.

次の

タイピング練習道場【無料ゲーム】ブラインドタッチの練習におすすめ!

寿司 タイピング

「寿司打」の中毒性 コードとブログ書く休憩中に,とんでもない中毒性を持ったゲームに出会ってしまった。 ざっくりいうと,寿司打はキーボード入力のスピードと正確さが試すゲーム。 回転する寿司にあわせてタイピングするお題の言葉がだされ,制限時間内に入力に成功したら,その寿司を食べたことになる。 そして最後に,タイピングのスコアが自分の食べた寿司の値段として発表されるゲームだ。 キーボード入力ミニゲームとして最も有名なものの一つである寿司打。 とりあえず,中級の5,000円コースでやってみた。 自己流ブラインドタッチに毛が生えた程度のタイピングスキルの僕のスコアは次のようだった。 ランキング画面を見てると,上には上がいる。 5000円コースなのにその何倍も行く値段の寿司を制限時間内に平らげてる猛者たちがゴロゴロいるのである。 自分のタイピングスキルの貧弱さを痛感した日だ。 悔しい。 悔しい…。 そう思って,寿司打にのめり込んでしまった。 テスト前なのに,やることは他にもあるのに,寿司打と格闘しているだけで4時間も経っていた。 普段集中力がないのが悩みなのに,こういうとこはむだに負けず嫌いで集中できてしまう自分が不甲斐ない。 さて,4時間寿司打にのめり込んだ経験から,寿司打の攻略法がいくつか見えてきたので紹介したい。 寿司打攻略法1 「速く不正確」よりも「少し遅く,正確に」 寿司打は,タッチミスない状態が続くと,「連打ボーナス」がたまり,ボーナスに応じて制限時間が伸ばされる。 強者たちが 5000円コースでその何倍ものスコアを叩き出す理由は,この連打ボーナスにある。 彼らは,とにかくタイピングが正確なのだ。 制限時間90秒の中で,タッチはたったの1回か2回。 そのため,ボーナスタイムと彼ら本来のタイピングスキルが相まって,あのようなとんでもないスコアが叩き出されるのだ。 寿司打攻略法2 ハイフンとコンマ 寿司打で出題されるキーワードは,ローマ字入力のひらがなだけではない。 「ー(ハイフン)」と 「,(コンマ)」 も出題範囲に含まれているのだ。 パソコンを普段から多少使っていれば,よくつかう母音の位置と子音のキーの位置が体に染み込んで,それなりにタイピングができてしまう。 でも,そんな初心者に毛が生えたようなタイピングスキルは寿司打では通用しない。 コンマとハイフンが出題された時点でたじろいでいるようでは,まだまだタイピング上級者の道は遠いと痛感させられた。 寿司打上達のために,日常のタイピングで何を意識する? 寿司打上達したい,5000円コースで1500円,10000円コースで20000円くらいのスコアを叩き出せるようになりたい…。 4時間のめり込んで寿司打をやりこんだ結果,まったくスコアは向上しなかった。 むしろ,飽きと疲れと自棄でタイピングが雑になりスコアが下がったほどだ。 やはり,寿司打上達には普段なんとなくしていた「タイピング」という行為に改めて向き合う必要がある。 自分の場合は,これから以下の2点を徹底することに決めた。 文字だけでなく,記号や数字もブラインドタッチするようにする 2. 「Back space」を使う回数=うち間違えの回数 を減らすように心がける 特に2. の「Back space」は,無意識にたくさん押してしまっている人が多いような気がする。 5文字に1回 Back space を押している人が10文字に1回の Backspace で済むようになれば,その人の文書作成の精度が純粋に2倍になるということだ。 Back space 依存のなんちゃってブラインドタッチからはやく卒業せねば。 いろんなタイピングのスクールのページやタイピングに関するブログ記事を見ていると,「タイピングの早い人は仕事の生産性も高い」ということを主張している。 記号のブラインドタッチと,Back space に依存しないタイピングを意識しながら,これからの自分の仕事の生産性がどう変化したかモニタリングしていきたい。

次の