生理前胸の張りいつから。 生理前に胸が痛い…原因と対処法は?生理中も痛みがあるときは?

生理前の胸が張る時や痛い時に知っておきたいこと

生理前胸の張りいつから

生理前の胸の張り、胸が大きくなる主な原因は 女性ホルモンの変化によるものです。 女性には 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンがあります。 エストロゲンとプロゲステロンの分泌量はずっと一定ではなく、周期ごとに増えたり減ったりします。 エストロゲンは排卵前に分泌のピークを迎え、排卵後に急速に減ります。 そしてプロゲステロンは 排卵後から次の生理までの期間に多く分泌されます。 今回、注目するのが プロゲステロン(黄体ホルモン)の方です。 プロゲステロンは 妊娠を助ける役割を果たす女性ホルモンですが、それと胸の張りやバストの変化はどのような関係性があるのでしょうか? この記事の目次• 胸が大きくなる正体は「むくみ」だった! プロゲステロンには、 水分を体にため込む(保持する)性質があります。 バストと子宮は 女性ホルモンに対する感受性がある部位で、プロゲステロンが乳腺に働きかけると 乳腺と乳腺との間に水をため込んだ状態になります。 生理前の「胸が張る」「バストサイズが大きくなる」というのは、 胸が水分でむくんでいる状態という訳ですね。 生理前のバストは20%近く増量するという文献もあるので「生理前になると、上部分がカパカパ空いていたブラジャーがぴったり合うようになる」「生理前後でバストサイズが1カップ違う」という人がいるのは、全く不思議な話ではありませんね。 胸の張りはいつから感じる? プロゲステロンの分泌量は排卵後7日頃にピークを迎えて徐々に少なくなりますが、乳腺のむくみのピークとは数日のタイムラグがあります。 生理が始まる3~4日前から生理が始まる頃までが、胸が最も大きくなる時期で、生理が終わる頃には元のバストサイズまで戻ります。 バストアップを実感するのは「生理前の数日前から生理中」という1週間~1. 5週間の短い期間に限定されています。 「最近胸が良く張るようになってきたな」と思えば、そろそろ生理が来る頃という目安にもなりますね。 胸が張らない原因とは? プロゲステロンによるバストの周期的な変化について、説明してきましたが、中には「生理前になっても、今まで胸の張りを感じたことがない」「以前は胸が張った感があったが、今は全然無い」という人も多いのではないでしょうか? その原因にはいくつか考えられますが、• 本当は胸が大きくなっている(張っている)が、自覚がない• ホルモンバランスが乱れて、プロゲステロンの分泌量が少ない という場合が多いのではないかと思います。 本当は胸が大きくなっている(張っている)が、自覚がない 生理前後のバストの肥大化に関しては、個人差による所も大きいので、全ての女性が分かるとは限りません。 ただし単純に「自分のバストに関する感性が鈍い」という可能性も考えられます。 例えば普段からワイヤレスブラやカップ付きインナーを愛用していて、ゆるっとした格好をすることが多いのであれば、自分のバストや体型の変化には気付きにくいです。 またバストマッサージをしたり、胸をブラジャーを収め直したりする「バストを触る習慣」がないと「前よりもちょっと大きくなった?」と感じる機会も少なくなってしまいます。 プロゲステロンの分泌量が少ない 「胸が張らない」と「プロゲステロンの分泌量の減少」に関しては、 黄体機能不全も知っておくと分かりやすいです。 黄体機能不全とは、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌する源となる「黄体」(卵巣に有る内分泌器官)の機能が上手く働いていない状態のことです。 主な原因には以下の3通りが考えられます。 脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの分泌量低下• 子宮内膜のプロゲステロンに対する感受性の低さ• 子宮系の疾患(卵胞発育不全、高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群など) 黄体の機能が上手く働かなければ、プロゲステロンの分泌量も減ってしまいます。 その為、プロゲステロンの分泌によって起こるはずの「胸の張り」や「バストサイズが上がる」ということも無くなってしまうのです。 黄体機能不全の自覚症状としては• 高温期が9~12日未満と極端に短い• 高温期と低温期の基礎体温の差が「0. 高温期の途中で体温がガクッと下がる(高温を維持できない) 他にも「子宮内膜の厚さが8mm未満」や「血液検査でプロゲステロンが10ng未満」も黄体機能不全の症状ですが、こちらは産婦人科で検査してもらう必要があります。 基礎体温を付けていれば、高温期と低温期の変化が分かりやすいのですが、基礎体温を付けていない人は 「胸が張る。 微熱っぽさがある」などの生理前特有の症状が起こっているかどうかが、見分けるポイントになります。 黄体機能不全になると「胸が張らない」だけではなく、プロゲステロンの分泌不足で子宮内膜を妊娠に適した状態に維持できない為、 生理周期が長い「稀発月経」や生理日でも無いのに出血が起こる「不正出血」、妊娠がしにくい「不妊症」の原因にもなります。 黄体機能不全の治療法としては、排卵誘発剤や絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)、プロゲステロンの服用が挙げられます。 まずは産婦人科を受診して検査を受け、お医者さんの指示を受けましょう。 ホルモンバランスの乱れ自体は、一生涯で何度も起こり得ること。 もちろん黄体機能不全と診断されていても「胸が張って痛い」という人も少なくないので「考えられる原因の一つ」くらいに思っておいて下さい。 まとめ 生理前や生理中に感じるバストアップ効果や胸の張りは「ホルモンの所為だから仕方ない」くらいに考えておくと良いです。 ただし似たような胸の張り感でも、以下の症状が出た時は要注意。 胸の張り方に左右差がある• 普段以上に強い胸の張りがあり、高熱が出た• 生理が終わっても胸のサイズが小さくならない• 乳頭から分泌液が出てきた という場合は、何かしらの病気の疑いがあります。 プロゲステロンの分泌によって起こる胸の張りではない場合は、放っておけば自然に治るものでも無いので、我慢せず産婦人科の受診をおすすめします。 女性ホルモンのバランスや分泌量は、年齢やその時期の体調によって変化するので「生理前でもバストに変化が無いのは変だ」と思う必要はありません。 中には生理前後で0. 5~1サイズほど、カップサイズが異なる人も多いので「いつも着けているブラジャーが生理前になると窮屈に感じる」「生理前に試着してぴったりだったブラジャーが、いつの間にかカパカパに空いてしまった」という事態も良く起こります。 「周期によってバストサイズが変わりやすい」と自覚している人は、カップサイズが異なる2種類のブラジャーを用意して、時期によって使い分けてみると、何かとブルーに感じがちな生理前や生理中でも、過ごしやすくなるのではないでしょうか? お知らせ。 姉妹サイト「」を開設しました。

次の

生理予定日頃の胸の張り…なくなる場合、妊娠の可能性は

生理前胸の張りいつから

PMS(月経前症候群)とは? 月経前になると、下腹部が張ったり腰が痛くなったりする、胸が張ったり痛みを感じたりする、頭痛、めまい、肌荒れ……こんな症状を感じたことはありませんか? よく、「生理前になるとイライラする」と表現されるようなココロの症状をふくめ、月経がある年代の女性のうちおよそ7~8割の人が、何らかの違和感や不調を月経前に感じているのだそう。 それが生活上困るものでなければ「生理的な変化」、つまり月経が近づいているサインだといえます。 不快な症状のために生活に支障が出るような状態を「PMS(月経前症候群)」と呼び、およそ2~4割の女性が経験していると考えられています。 ひとくちにPMSといっても、現れる症状は人によってさまざま。 京都大学が女子学生を対象におこなった「月経周期に関連する症状の調査」(2012)によると、月経前に感じるココロとカラダの症状としては、次のようなものが挙げられました。 カラダに現れる一部の症状は鎮痛剤を飲むなどで緩和することもありますが、ココロの症状に関しては相談先が見つからず、ひとりで悩んでいる人が多いようです。 私たちがおこなったインタビューでは「普段だったら流せるような些細なことが気に障って、イライラしてしまい、後から自己嫌悪におちいる」「卵が上手に割れないことすら気にかかり、取り乱してしまったことがある」と話す人もいらっしゃいました。 PMSの症状はココロとカラダへの影響だけではなく、「集中力・作業効率の低下によっていつもの仕事ができなくなる」「だれとも会いたくない、話したくないと感じる」など、本人の社会的な行動にも影響を与えます。 そのため、月経を経験する女性の「QOL(Quality of Life:生活の質)」に大きく関わる問題ですが、疾患としての認知度はまだ十分とはいえない状況です。 月経前の感覚や変化を「もうすぐ月経がはじまる合図」または「卵巣がはたらいている証拠」とニュートラルに、あるいはポジティブにとらえている人もおられます。 不快な症状が日常生活や社会生活に悪影響を及ぼしている場合は、ケアや治療の対象になります。 PMSの診断はまず自分が気づくことから PMSと診断されるのは、「日々の症状を自分で実際に記録してみて、1つ以上の症状が月経前に現れ、月経開始後に軽くなっていくというパターンが2周期以上確認できた」場合。 PMSは何らかの検査の結果で診断されるというものではないのです。 PMDDはPMSのうちココロの症状が非常に重い状態 PMSの中でもとくにココロの症状が重く、日常生活や社会生活に非常に大きな支障をきたすものは「月経前不快気分障害:PMDD(premenstrual dysphoric disorder)」とよばれます。 これはPMSと異なる病気ではなく「PMSの重症タイプ」と考えられています。 精神医学の診断上は「うつ病関連疾患の特殊なもの」ととらえられており、おもに精神科や心療内科で治療されます。 レディースクリニックや産婦人科でPMDDと診断された場合は精神科・心療内科に紹介されたり、そちらと連携して治療をされたりすることもあります。 PMSもPMDDも基本的には「月経が始まるとラクになる」病気です。 もしも月経前が特につらいが月経後も症状がなくならない状態が毎月続くなら、うつ病や不安障害などのココロの病気が潜んでいる可能性も考えなければなりません。 精神科やその他の領域の基礎疾患が月経前に特に悪化することがあることも知られており、それは「(基礎疾患の)月経前増悪:PME(premenstrual exacerbation)」と診断されます。 そのような場合は、医学的にはあくまでも基礎疾患に対する治療を優先するという方針になっています。 ですから、もしココロの症状がとても重い場合や月経前の時期に限らず持続している場合は、精神科や心療内科に相談することをおすすめします。 月経周期にともなうカラダの変化、PMSの現れる時期 女性のカラダには排卵にともなう、約一カ月のリズムがあります。 PMSはこのような排卵をともなう健康な女性の変化の中で、排卵から次の月経までの間の黄体期におこります。 そう、PMSの女性は卵巣に病気があるのでもなく卵巣の働きが悪いのでもない、むしろ排卵できていて女性ホルモンもちゃんと分泌されている方なのです。 PMSの原因は? PMSは黄体ホルモンが分泌されている黄体期にあらわれ、黄体ホルモンがなくなる月経期には和らいでいくものですので、黄体ホルモンは症状に何らかの影響を与えているものだと推測されています。 でも、血液中のホルモン量とPMSの症状や程度との間には直接の関係はないこともすでにわかっています。 つまり月経周期の中でホルモン状態が変動することにPMSは関係しているけれども、「女性ホルモンの過不足」「ホルモンバランスの悪さ」がPMSの原因とは言えないということ。 これまでの研究成果からPMSが起こるメカニズムや有効な治療法の一部はわかってきていますが、PMSのすべてを説明できるような学説は今のところありません。 少なくとも症状に影響を与える要因は一つではないと理解されています。 つまり、生物学的な要因だけではなく、性格やココロの反応の傾向、食生活の偏り・運動不足・たばこなどの生活習慣、環境や対人関係のストレス状態なども症状のあらわれ方に影響を及ぼしているようです。 PMSかな?という意識から! まずは自分のココロとカラダに意識を向けて、あるがままの自分へのいたわりの気持ちをもち、自分への気づきを大切にしましょう。 「これって、ひょっとしてPMS?」・・・そうかもしれないし、そうでないかもしれません。 けれどもPMSの場合、月経周期に伴う自分の変化に気づくことが、PMSのつらさから解き放たれる第一歩なのです。 それは「なりたい自分に近づいていく」第一歩にもなるかもしれません。

次の

生理前に胸が張らないときに知っておきたいこと

生理前胸の張りいつから

ちょうど今頃の季節に妊娠が判明しました。 私も月経前症候群である生理前一週間続く胸の張りが全くなかったです。 後にも先にも生理前の胸の張りがなかったのはこの時のみです。 妊娠を希望していたので、ジリジリしながら生理予定日から一週間を待って市販の検査薬で陽性。 すぐに婦人科に行きました。 あくまで私の場合でまだ一人しか産んでいないので、あまり期待しないでいただきたいですが…。 もしも市販の検査薬で陽性が確認できたら、可及的速やかに婦人科へ。 産科の分娩予約は出産予定月で締め切られることが多く、もしも出産予定日が月末の場合は分娩予約が締め切られていたなんてこともあります。 ママ友はこれで希望の産科での出産を諦めたと言っていました。 人気の産科での出産をお考えなら、まずは電話で予約方法を確認をして下さい。 産科の候補は複数ピックアップしておくと安心ですよ。 妊娠・出産・育児ランキング• 胸の張りはずっとありました。 個人差の大きいものなので何とも・・・・・・ 強いて言うなら、一人目の時、ブラをつけている時とか 重ね着をしていて胸元が暖まっている時は、張って痛かったように思います・・ あとは外出時に、歩いてて揺れるとかで痛みも。 が、二人目妊娠の今、胸の張りってなんじゃいな?ってほど まーったく痛くもなんともなかったです。 上の子にまだ、ぼちぼち授乳してたからかなあ・・・ というわけで、さっぱりアテになりません! 期待する気持ちも、胸の張りに賭けたい気持ちもよーーっく分かりますけど まずは検査薬、もしくは受診です。 も一つ言うなら、おりものも当てにならんですからね。 張りの度合いも分かりませんけど、我慢できんほど痛いなら妊娠云々の前に 乳腺外来行った方がいいんじゃないかとも思うんですが・・ まあ、今が生理予定日辺りなら、もう1〜2週間はじっと我慢ですねー。 それか、予定日当日から使える検査薬なら、もしかしたら分かるかもです。 ユーザーID: 4486981915• あのね〜 あなたは、辛抱とか様子見とか我慢とか待つとか、出来ないのでしょうか。 胸の張りなんて個人差があり、また一々覚えていません。 妊娠してるかどうかは、病院で検査してもらってください。 判定が出る時期まで待って、その間、妊娠の可能性も考え、腹筋や 走ったり無理なことをしない、お酒を飲まない、早めに寝る、性生活を控えるなどの配慮のある暮らしをする、それしかないです。 皆さんが良心的に意見を書かれてるので、投稿しているみなさんの方が偉いという感想です。 私はそんなに優しくなれません。 今後もっと我慢したり様子見たりしなきゃいけないことが世の中にいっぱいあります。 ちょっとしたことにも騒ぐ、人に聞きまくる性格を何とかしないと子育てはかなりつらくなりますよ。 ユーザーID: 2331494337•

次の