ネット 誹謗中傷 理由。 ネットで誹謗中傷する人の心理・特徴:加害者が経験する最悪シナリオとは

ネットで誹謗中傷する人の心理・特徴:加害者が経験する最悪シナリオとは

ネット 誹謗中傷 理由

ネットの世界には様々な人がおりまして、インフルエンサーの方や、私のように情報発信をしている人は少なからずアンチからの誹謗中傷などにあったことがある筈です。 私のことを知らない人はをご覧ください。 そんなときのために 誹謗中傷する人の特徴を把握して対策を考えておきたいものです。 特に匿名性の高いTwitterや2ちゃんねるなどの掲示板では、根も葉もない噂や人格自体を否定するようなひどい書き込みも見受けられます。 私も 「殺す」とか 「石油をかける」とまで書き込まれたことがあります。 正直とても傷付きました。 なぜこのような人達は、私を含め表立っている人をネットで誹謗中傷するのでしょうか? その特徴と心理状態を冷静に分析しました。 この記事の目次• ネットで誹謗中傷する人の特徴と心理 匿名のインターネット上で誹謗中傷する人の特徴には共通点があります。 ただの嫉妬 基本的には ただの嫉妬です。 自分よりも人生がうまくいっている人の人生が羨ましくて仕方がないのだと思います。 「自分は一生懸命やっているのに結果が出ない、なぜこんな奴が・・・」 こんな気持ちになって、欠点を血眼になって探しているのでしょう。 考えてもみて下さい。 人生がうまくいっている人が他人の悪口を言うでしょうか?? 私には想像ができません。 自分の現状がうまくいってないからこそ、 他人の芝生が青く見える心理が働くのでしょう。 そのように見える、他人の成功の下には、目に見えない失敗や努力が山ほどあることを誹謗中傷する人は知りません。 自分の正当化の為 誹謗中傷する人の中には自分を正当化するために他人の悪口を言う人もいます。 相手の欠点やアラを探して突き、「本当は悪である。 」とする事で、成功しない(その人の思う成功)自分を擁護しているんですね。 例えば私の所にもこんな中傷コメントをする人がいます。 「本当は稼いでないんだろ!証拠を見せろ」 「情弱から金を巻き上げてなんのサービスも提供してない」 などなど。 まあ私が思うに、そうであって欲しいんでしょうね。 私が金の亡者で、初心者の方々を騙しお金稼ぎをして蓋を開けたらなんのサービスも提供しておらず、 実はなんの実績もない詐欺師である事を願っているんです。 その証拠に、逆に私が「実は実績は嘘で本当は1万円しか稼げていません」とか言えば今までとは打って変わって疑わないと思います。 証拠を見せろなんて言わないでしょうね。 何故ならそうであって欲しいから。 私がうまくいってないという情報だけは鵜呑みにする筈です。 私はオフィシャルサイトも公開していますし、 スクール生にはアフィリエイトサイトも公開しています。 それで大体のスキルは読める筈です。 報酬の証拠も今まで何度か出した事はありますが、相手の成功している情報だけは疑って誹謗中傷します。 何故ならそうしないと自分を正当化出来ないからです。 イソップ童話のきつねとブドウの話をご存知ですか?? きつねは木のブドウが食べたくて仕方ありませんがどんなに努力しても取れないんです。 だから、言いました。 「あのブドウは酸っぱいに違いない」と。 「だから食べなくて正解だ」と。 自分を正当化して 他人を誹謗中傷する人の特徴は、この きつねのような感じなのかもしれません。 自分の優位性を誇示する為 中には人を誹謗中傷する事で 自分の優位性を誇示したがる人もいますね。 他人の間違いを指摘して、自分がいかに正しいかを周りに示そうとしてるんです。 そして、その間違いを見つけられた自分はその人よりも上であり、認められるべきだと。 普通の人が気づかないような欠点やアラを探してほじくり返し、 公の場で(ここがポイントです)間違いを中傷するんですね。 その人はダメでそれを見つけた自分は凄い!と評価されたいと言うことです。 誹謗中傷によって相手をひれ伏させる事が出来ると信じているのかも知れませんね。 冷静に考えればわかりますが、本当に間違いを指摘するのであれば公の場である必要がありませんよね。 個人的に言ってあげるのが道理な気がしますが。 わざわざ不特定多数が見ているネット上で誹謗中傷する人の心理は、自分の優位性を評価する第三者がいるという旨味があるからそうしているのです。 それはまるで中学生の女子が、 トイレで特定の子の悪口を仲間と同調し合う行為にも似ていますね。 反応が見たい 中傷を楽しんでいる ネット上で会った事もない人を 誹謗中傷する人の中にはシンプルに楽しんでいる人もいます。 ここまでくるとちょっと サイコ的要素が伺えますね。 基本的には攻撃に対しての反応を待っています。 激昂するのを楽しみしているんでしょう。 私の持論ですが、 反応するのは時間の無駄です。 誹謗中傷する人のお望み通りに動いてもなんの意味もありませんよ。 大体その様な人たちの特徴はとても粘着質で反応すればするだけまた、それを中傷しにかかります。 キリなくないですか? 大人と子供の間にケンカという概念はありませんよね。 子供のおふざけにイチイチ激昂する大人はいません。 反応するという事は「同レベル」という事になりますので、冷静になるのが大切ですね。 忠告と誹謗中傷は全く別の話 中には本当に忠告のつもりで辛辣な事を言う人もいるでしょう。 しかし誹謗中傷と忠告は全くの別物です。 ここまで見ていただければわかるように 誹謗中傷は自分の為。 忠告は相手の為です。 相手の為を思うならネットという公の場で誹謗中傷するなんてあり得ません。 DMするなり、なんらかの手段で直接間違いなどを教えてあげるのが 「忠告」です。 誹謗中傷は不特定多数の第三者が見ている公の場で、自分の悪意に同調してくれる仲間を集めているんです。 自分一人じゃない状態を作り、この様な欲求を満たします。 広告 誹謗中傷対策は超簡単 では、この様なアンチや誹謗中傷する人には打つ手なしなのか?と言われればそうではありません。 見なければないのも一緒 1日に与えられた時間は皆平等で24時間しかありません。 その限られた時間の中、誹謗中傷する人達に思いを馳せるのは、単純に時間の無駄使いです。 君が空を見上げて、そこに飛行機が見えていても 残念ながら飛行機の中からは君達を見つけられないものさ。 上に行くと細かい事なんていちいち気にならなくなるぜ。 やむを得ず自分の誹謗中傷を目にしてしまうこともあるかもしれませんが、わざわざ調べに行く必要は全くありません。 何度も言いますが時間の無駄です。 奇しくも、ネットなど匿名の世界で悪口を言ったり中傷する人たちは、対象の相手に貴重な時間を捧げているんですね。 アラ探しに時間を使い、誹謗中傷コメントをあらゆるところに書き込み、一生懸命拡散する活動に必死です。 人生は1度しかない訳ですから、嫌いな相手に時間を捧げるほど無駄な事はないと思うのですが・・・ 誹謗中傷は他人の問題 私の信念 「自分が変えられるものは自分しかない」 つまり誹謗中傷する人の事を私達は変える事は決して出来ません。 それは彼らの問題であり、私たちの問題ではないからです。 実は妬みや嫉み、 悪意に満ちている本人こそが1番苦しんでいるかも知れませんよね。 ですがその問題に気づき改善するのも彼らの問題です。 仮に頭に来て真っ向勝負をし、相手を言い負かしたとしてもそこから得るものなんてありません。 またその様な人達には基本的に正論は通じませんので、消耗戦になって疲れるだけのような気がします。 それならば、自分のやるべき事にフォーカスを向け他人の問題は他人に任せるのが1番です。 そのような時間があるのなら自分のスキル向上やを磨いた方が良いです。 自分を信じる 人間の価値は他人が決めるものではありません。 人にどんな事を言われても、それが全てではないんです。 匿名の場所で見えない所から攻撃する様な人の言っている事が真実な訳がありません。 「バカ」と言われても「自分はバカじゃない」と思えば堂々としていればいいんです。 堀江貴文さんもこう言ってます。 堀江氏は「書くやつはバカなんで、バカだから書くんで、頭悪いんで」といい、実名であることが抑止力にはならないとし、また、たとえ実名でなくても投稿者は特定できると語った。 また堀江氏は「誹謗中傷をしてるやつ」はごく少数だといい、「実名制になってもアホはアホのまま、しつこくしつこくすごいごく少数のやつがより先鋭化する。 引用元: 基本的には自分のやるべき事にしっかり目を向け、いい意味で周りなんて気にする必要はありません。 自分のことを信じて、自分の信じた道を行けばいいと思います。 誹謗中傷をした末路と事例 とは言っても、相手がエスカレートする場合もあるでしょう。 「匿名だから大丈夫」「絶対にバレない」そう思うからこそ過激な内容で攻撃してくるわけですが、実はそうでもありません。 法的措置であっさり身バレします 基本的に誹謗中傷は匿名であっても犯罪行為に値します。 その際は法的措置によって 発信者情報開示手続きが行われます。 ブログとかなら簡単ですし、 Twitterや 2ちゃんねるなどの掲示板であっても、時間はかかりますが 個人情報を突き止めることができます。 もしバレてしまった場合は、法的に訴えられることとなり損害賠償請求されるケースもあるでしょう。 そうなれば家族や友人にも誹謗中傷をしていたことがばれてしまうかもしれませんね。 その際に問われる罪名 実際に情報開示手続きによって身元がバレてしまった後、刑事罰を受ける可能性もあります。 名誉毀損罪 「名誉毀損」とは、他人の社会的評価を下げる言動を言います。 内容が本当か嘘か、相手が個人か企業などの団体かは問われません。 不特定多数の人が知り得る状況下で、他人の品性や能力を社会的に下げるような言動は、刑法230条で定める「名誉毀損罪」に問われる可能性があります。 3年以下の懲役50万円以下の罰金と定められています。 侮辱罪 「侮辱」とは、相手を軽視して、抽象的な言葉で名誉を下げる言動を指します。 例えば、「バカ」「アホ」「カス」「クズ」「ブス」など具体的には言わずに、漠然とした表現で相手の社会的評価を下げると、刑法231条で定める「侮辱罪」にあたる場合があります。 罪に問われると、拘留 または科料 に処される可能性があります。 脅迫罪 「脅迫」 きょうはく とは、相手を脅し、恐怖を与える行為です。 例えば、「お前を殺すぞ」と相手の命を脅かす言葉を、一言口だけでも発しただけで脅迫罪に該当します。 これは本人のみならず、親族への告知も含まれます 第2項。 「生命、身体、自由、名誉または財産に対して害を加える旨を告知」 第1項 と条文には記載されています。 これを一つひとつ例に上げると下記になります。 生命…「お前を殺すぞ!」「娘を殺すぞ!」 身体…「殴るぞ!」 自由…「娘を誘拐するぞ!」「閉じ込めてやる!」 名誉…「世間に公表するぞ!」 財産…「家に火をつけるぞ!」「ペットを殺すぞ!」 脅迫罪は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が定められています。 なお、この方法で人の社会的信用を損なわせることも同罪となります。 この罪は、範囲が広く故意に行った行為が仕事中の人に迷惑をかけた 場合、それが悪質と判断されると犯罪が成立します。 引用元: 攻撃する方からしてみれば軽い憂さ晴らしのつもりなのかもしれませんが、高い代償を支払うことになりそうです。

次の

ネットの誹謗中傷問題にお悩みの方へ|問題別の対策方法をご紹介|Web集客、ブランディングのお役立ちコラム

ネット 誹謗中傷 理由

最近では「誹謗中傷」ということばセットで使用されることが多いですが、本来「 誹謗」と「 中傷」は別々の言葉です。 誹謗とは、 根拠のない悪口で他人を誹り、名誉を汚し、貶めることをいいます。 中傷とは、 根拠のない嫌がらせや悪口などを言うこと。 これらを合わせると、「誹謗中傷」とは、根拠のない悪口や嫌がらせで、他人の名誉を汚すことと言えるでしょう。 そして、誹謗中傷は、立派な犯罪で、その結果として名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪、業務妨害罪などの罪に問われることがあります。 なぜなら、企業の場合は、これらの誹謗中傷による結果として、「社員の退職」「融資の停止」「顧客離れ」などが現実のものとなるからです。 個人の場合でも同様で、「失業」「人事考課のマイナス」「退職」などが現実のものになるからです。 誹謗中傷に当たるかどうかは、 書かれた事実が真実であるかどうかが分かれ目になります。 刑法230条の名誉毀損罪によれば、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」とあります。 インターネット上で不特定多数の人に見られる状態であれば、「公然」となります。 また、名誉毀損罪は、「公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない」とあり、ネット上に書いたことが「真偽にかかわらず」成立します。 社会的評価を低下させる情報がウェブページ等に掲載された場合には、当該情報を削除できる場合がありますが、以下の3つの要件を満たす可能性がある場合には削除を行われません。 確認しておきたい3つの要件 1.情報が公共の利害に関する事実であること 特定の犯罪行為や携わる社会生活上の地位に基づく行為と関連した情報が掲載されている場合 2.情報の掲載が、個人攻撃の目的などではなく公益を図る目的に出たものであること 特定個人に関する論評について、論評の域を越えて人身攻撃に及ぶような侮辱的な表現が用いられている場合には、この要件に該当しないことになる。 3.情報が真実であるか、または発信者が真実と信じるに足りる相当の理由があること 当該情報が虚偽であることが明白であり、発信者においても真実であると信じるに足りる相当の理由があるとはいえないような場合にはこの要件を満たさないことになる。 また、「抽象的に人の人格的社会的価値を落とそうとする」つまり、具体的な事柄を挙げずに誹謗中傷した場合は侮辱罪となります。 誹謗中傷は「いじめ」と同様に犯罪ですから、現在の状況では誹謗中傷された場合は非常にお辛い立場に立たされますが、ぜひ戦っていただきたいと思います。 ・名誉毀損罪の事例 その1 電子掲示板に、経営する病院(眼科)に関して「あのヤロー他院の批判ばかりだよ。...... 、お前のところは、去年三人失明させているだろうが」などの書き込みを行った。 これに関して、発信者情報の開示を求めた事例がありました。 裁判所では「原告が運営する病院は患者を失明させるような危険な治療を行っているとの印象を与えるものであり、...... 原告の社会的評価を低下させたものと認めるのは相当である。 」と判断されました。 なお、原告の提出した書証から、「原告が運営する病院においては、これまで1万8000以上の症例について屈折治療を行ってきたが、失明等の問題となる合併症を起こしたことがないことが認められ」ました。 事実ではないことによる風評被害だったわけですね。

次の

三浦春馬の自殺の理由は?ネットの誹謗中傷が原因って本当なの? | GORAKU DAILY

ネット 誹謗中傷 理由

SNSの普及と共に増える過激な誹謗中傷はなぜ起こるのでしょうか? 背景には2つの心理学的理由が……。 ネットで誹謗中傷が止まらない2つの理由SNSの普及と共に増えていく、ネット上の誹謗中傷。 ひとたび批判のターゲットにされると、瞬く間に攻撃され、とことんまで追い込まれてしまいます。 特に昨今は、政治家の言動や行政の対応、芸能人の素行が批判のタネとなり、ネット上ではたくさんの誹謗中傷の書き込みが炎上しています。 では、なぜネット上では誹謗中傷が過激になりやすいのでしょうか? 背景として、次の2つの心理学的理由が考えられます。 集団で議論をしているときには、一人で考えているときより極端な結論になりやすくなることがあり、これを心理学では「集団極性化」と呼んでいます。 たとえば、グループ内でマナーの悪い人の話題が出ると、いつしか口汚い罵りに発展し、あとから「みんなでなぜ、あれほど悪く言ってしまったんだろう」と後悔したことはありませんか? これは集団極性化によって、会話が極端な方向に暴走してしまったためです。 ちなみに、ネット上ではしばしばこの集団極性化が生じますが、これを「サイバーカスケード」と呼んでいます。 ツイッターなどのSNSは匿名で書き込むことができるため、個人が特定される心配がありません。 ですが、そのために普段は言えないようなことも、大胆に主張できてしまいます。 これは、心理学的には個人が集団の中に埋没する「没個性化」という現象によって生じるものと考えられます。 たとえば、SNS上の誹謗中傷により名誉棄損罪で逮捕された加害者が、普段はとても大人しく穏やかな人であり、性格のギャップに驚かされることがあります。 これは、SNSという没個性化の環境において、本人が普段は抑圧している攻撃性の一面が表出してしまい、暴走してしまった結果だと考えられます。 ネットで衝動的・感情的にならないために必要なこと SNSには、誰もが同じ条件(文字数制限等)でタイムリーに自分の考えを発信できること、そして、市井の人々の多様な意見や本音を知れること、趣味や感性の合う人とつながれる、といったたくさんの利点があります。 一方で、上に述べたようにSNS上では集団極性化によって話が極端な方向に流れ、没個性化によって衝動的で攻撃的な発言が生じやすくなる、といった欠点もあります。 思いつきで書いてしまった言葉がそのまま拡散され、過激な方向に暴走する。 その結果、人を追い込み、名誉棄損の加害者になってしまうリスクがあるのです。 そのため、SNSに書き込む際には、送信ボタンを押す前にいったん時間を置き、読み返す必要があります。 そして、「衝動的に書いていないか」「本当にこれを発表してもいいのか」と考える必要があります。 読む側も、SNS上の書き込みは集団極性化や没個性化によって極端な方向に流れやすいことを念頭に置き、発言の内容に感情的に巻き込まれず、冷静さを保ちながら読んでいく必要があります。 ネット・SNSを便利に使いこなす人は「メタ認知」を働かせているつまり、ネットやSNSを活用する際には、書き込む側も読む側も「メタ認知」を働かせる必要があるのです。 メタ認知とは、自分の認知を高い位置から認知すること。 つまり、自分が考えていることや感じていることを俯瞰して捉えることです。 そのため、何かをSNSに書き込もうとする際には、「私は今、このことをSNSで書こうとしているんだ」と認知し、その自分の行動を高い位置からモニタリングするイメージを持つことです。 そして、本当にそれを行って良いのか、書き込む内容に責任を持てるのか、匿名性という条件に安住して発言していないか、といったことを自分に問い掛けていくことが必要です。 また、ネットの情報を読んで感情が揺さぶられたときにも、そうした自分自身をモニタリングすることです。 「この発言に強く同感しているはなぜ?」「これを読んで、胸がえぐられるのはなぜ?」というように、その時に覚えた感情を観察していきます。 そして、同感や怒りから衝動的に書き込みをしようとしていないか、メタ認知を使って振り返りましょう。 すると、感情の暴走を防ぐことができ、責任のある行動をとることができます。 ネットやSNSを上手に活用すると、生活の幅や人間関係は格段に広がっていきます。 しかし、一時の感情や衝動に振り回されず、便利なツールとして使い続けていくためには、上で述べたように「メタ認知」を働かせていくことがとても重要になるのです。 ストレスマネジメントやメンタルケアに関する著書・監修多数。 カウンセラー、コラムニスト、セミナー講師として活動しながら、現代人を悩ませるストレスに関する基礎知識と対処法について幅広く情報発信を行っている。

次の