2021 年 節分。 【2020年】節分の日はいつ?由来と意味は?2月3日じゃないの!?

【2021年節分は2月2日】節分から立春の過ごし方:豆まき以外もあります!!楽しみ方や過ごし方

2021 年 節分

スポンサーリンク 2021年の節分の豆まきはいつやる? 2021年の節分は2月3日です。 なのでこの日に豆まきを行います。 節分の豆まき用の「福豆」を用意しよう 最初に節分に使われる豆を、節分用の「福豆」についてご紹介します。 節分の日にスーパーで豆を買ってそれをただ単に豆まきをするのではなく、前日などに豆を買って『節分用の豆』の福豆を使うことがポイントとなります。 なんで福豆なんて作るの?と思いますが、節分に使う豆まき用の豆は本来、 邪気を払い福を取り入れるという意味があります。 そのため節分に使う「豆」はとても大切になってきます。 といって福豆を手に入れるのは全く難しくなく、「炒めた大豆」となります。 お正月時期ぐらいからスーパーで節分の豆が売っていますが、これが福豆だったりします。 スーパーで売っている100円ぐらいの節分用の豆はすでに炒めてあるものがほぼなので、炒めなくて大丈夫です。 スーパーで買わない場合で生の大豆を使う場合は、福豆を作る必要があります。 といっても作り方は全く難しくなく、生の大豆から使う場合、節分用として炒めるだけです。 これで節分用につかう豆「福豆」の完成です。 節分の福豆で豆まきをする理由 節分の福豆と言われる豆をなぜ「炒る」必要があるのか、「普通に大豆で豆まきすればいいじゃん」と思うかもしれません。 節分の豆を炒るには理由があります。 大豆は炒めないと、豆まきをした豆から芽が出るとされています。 これが「不吉」や「よくない」といういわれがあります。 また豆を「炒る」は「射る」という語呂にもなり、魔 邪気 を射るという意味もあるのだそうです。 ここまでは一般的ですが、福豆の作り方は次から違います。 節分の豆まきの福を上げる福豆の作り方 さらに節分の豆の福をアップさせるための「福豆」の作り方をご紹介します。 ここでは炒ったりするなど調理をするわけではなく、福豆に少し手間を食わる方法となります。 上記でご紹介した炒った大豆の福豆は必要となります。 ではなぜこのような手間を加えるのか? 昔の言い伝えでは、穀物には「霊力」が授かるとされていて、豆には邪気を払うとされてきました。 神棚にお供えした神様の力のある豆は、邪を払うことができるとされているので、神棚などにお供えしてパワーをもらってから、節分に挑むという意味があります。 神棚がない場合神棚がない場合は、高い場所に白い紙をしいて、そこに桝に入れた豆をお供えすると『節分用の福豆』の完成です。 では次に、豆まきのやり方をご紹介します。 節分の豆まきをする前に覚えておくこと 次に節分の豆まきのやり方の手順についてご紹介します。 場所によってかけ声が違うところもありますので覚えておきましょう。 一般的な豆まきのかけ声は 『鬼は外 福は内』 です。 また地域によっては、 『福は内』 だけのかけ声のところもありますが、わからなければ一般的な節分の豆まきのかけ声で大丈夫です。 神社などで豆まきをする方もいらっしゃると思いますが、鬼の神様が祀っている神社 京都など の場合の豆まきのかけ声は、 『鬼は内』となります。 多少違いますが、神社では神主さんなどが言うので、それを真似してみると良いですね。 節分の豆まきの投げ方 節分の豆まきには「豆の投げ方」もあります。 では豆まきのやり方を覚えたら、次に実際に豆をまいてみましょう。 次に豆まきをする場所をご紹介します。 節分の豆まきをする場所はどこ? 節分で豆まきをする場所は ・窓 ・扉 ・玄関 部分です。 後ほど方角についてはご紹介しますが、この場所で豆まきをするのを覚えておいてください。 節分の豆まきのやり方 場所を確認したら、節分の豆まきのやり方についてご紹介します。 豆まきのかけ声は「2回」その場所で「鬼は外」とかけ声をしてます。 鬼が入ってこないようにすぐに窓を閉めます。 扉はしめなくて大丈夫です。 次に2回室内に『福は内』とかけ声をしてまくだけです。 これが一般的な節分の豆まきのやり方となります。 窓に投げて、家にいれればOK。 節分の豆まきの時間帯は昼と夜どちら? 次に豆まきを行う時間帯についてご紹介します。 豆まきをする場合、昼や夜どちらかに行う方が多いと思いますよね。 豆まきの時間帯は「邪気となる鬼を退治する」というのがメインとなるので、「鬼が現れる前の時間帯」に豆まきをするのが良いとされています。 鬼は丑寅の刻時間帯( 午前2時00分頃~4時頃)の夜中から早朝にかけてやってきます。 深夜じゃない!?と思われますがご安心ください。 鬼は夜中~早朝に現れることから、丑寅の刻の前の時間帯に豆まきをすればよいとされています。 夜にできない場合は、昼に行っても大丈夫です。 なんだかんだ言っても、時間帯は特に決まりはないので、「正直いつでも良い」という面もあります。 節分の豆まきの方角はどこ 鬼が合わられるのは丑寅の鬼門の方角とされていて、「 北東」から現れます。 そのため節分の豆まきは「北東の方角」で行うと良いとされています。 ちなみに恵方巻を食べる方向と一緒と勘違いされている方もいますが、恵方巻は福の方向なので全く違います。 ご注意くださいね。 ただ、家の主人やその年の年男・年女が豆をまいたり、地域によっては厄年の人がまいたりとする姿が本来の節分でもあります。 ただ今はそのようなしきたりみたいなものはないので、豆まきは皆で楽しく行ってみましょう。 節分の豆まきで巻いた屋内の豆は食べてもいい!? 節分でまいた豆はどうすればいいのか地味に気になりますよね。 余った豆を食べられる方も多く、外にまいた豆は放置、内にまいたものは掃除機やほうきではいてゴミ箱に・・・って方も多いのではないでしょうか。 節分でまいた豆は「屋内でまいた豆は食べても良い」ということになっているのはご存知でしょうか。 節分の豆は福豆で、本来は神様にお供えした豆です。 そのため神様のパワーが宿っています。 もう少し書いていくと、じつは節分のまいた豆はお供えしているものなので「捨ててはいけないもの」ともされていたりします。 ただ床に直接まいた豆を、いくら捨ててはいけないといわれても食べたくないですよね。 (抵抗がない場合は落ちた豆は食べてもOKです) その場合は来年小袋やラップに包んで投げて食べるか、節分前だったら部屋を掃除して清潔にするか、包んで投げてみるといいかもしれませんね。 外にまいたものは食べなくて大丈夫です。 節分の豆まきの別の意味 じつは節分も豆を食べるに関連して、豆まきには別に意味があるのはご存知でしょうか。 それは「部屋を綺麗にするという意味合い」もあります。 『部屋に豆をまいて、その撒 ま いた豆が食べれるほどいつも清潔に、きれいに掃除をしておけば病気知らずで幸せに過ごせる』という意味です。 節分の豆まきは特別な行事で厄払い以外にも、無病息災を願うために豆を食べるという意味もあります。 食べ物を粗末にしないという意味合いもあり、節分で豆まきをする前だったら、一度豆まきをするところは掃除をしたり、磨いておくと良いですね。 面倒くさい方はラップなどでもいいですよ。 今の時代、無理しないがベストなので、絶対に掃除しなければいけないというわけではないです。 また絶対に落ちている豆を食べなければいけないというわけではなく、あくまでも邪気を払うのが節分の豆まきのメインとなるので、楽しんで豆まきをしてみてはいかがでしょうか。 節分では恵方巻も食べます。 ぜひ邪気を払って運を体の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

節分の日は2月3日とは限らない!?年によって変わる節分の日の謎

2021 年 節分

2020年(令和2年)節分の日はいつ? 2020年の節分の日は、 『2月3日(月)』です。 「毎年2月3日が節分の日」と思っている人が多いかと思いますが、それは間違いです。 確かにここ30年程はずっと2月3日ですが、実は2月2日になったり2月4日になったりします。 実際、来年2021年の節分は2月2日になるのです。 節分の意味・由来 節分とは「季節の分かれ目」という意味があり、 季節が変わる前日のことを指しています。 ここでいう季節とは、 『立春』『立夏』『立秋』『立冬』のこと。 これは昔、冬から春になるのを1年の始まりと考えており、 今でいう『大晦日』のように「明日から新しい年」というように特別な日と捉えられていたからです。 2020年は 立春が2月4日なので、その 前日の2月3日が節分になるのです。 また、来年2021年は立春が2月3日になるので、その前日の2月2日が節分になります。 「立春」の日にちはこうやって決まる! 節分は立春の前日と決まっていますが、立春は年によって日にちが変わることがあるので、それに伴い節分の日にちも変動します。 では、立春はどのように定められているのでしょうか。 立春とは季節の一つを指します。 季節と言えば春夏秋冬の四季が代表的ですが、ここでいう季節とはさらに1年を24分割した 『二十四節気』というものです。 立春・立夏・立秋・立冬などの他にも、 春分・夏至・秋分・冬至などがよく知られています。 そしてこれらの季節は 『地球と太陽の位置関係』によって定められています。 太陽と地球の位置関係と二十四節気の割り当て 二十四節気の一つ夏至(冬至)は一年で1番日照時間が長い(短い)日というのは有名ですが、 これは地球と太陽の位置関係によって決まるのです。 太陽と地球は日々、自転と公転を繰り返していますが、 一年周期で地球と太陽の位置関係は変動します。 この変動を分かりやすく説明するために、 地球を一点に固定して考えましょう。 太陽は約一年かけて地球の周りを一周しますが、 地球は地軸が傾いているため、日本から見た太陽の角度は毎日変動します。 これが『日照時間』や『四季の気温の違い』を生み出しているのです。 つまり、立春の太陽の位置というのは決まっており、その位置にきた瞬間の日にちが立春になるということです。 太陽が15度進む毎に(約15日経過の度)、 新しい二十四節気がやってきます。 ただ、公転周期は約365. 24と1年間の日数とずれており、うるう年も挿入されるため、1年後の同じ日でも太陽と地球の位置関係は1日前後することもあります。 このため、立春などの二十四節気は年によって若干変動することがあるのです。 2020年の二十四節気 二十四節気は以下のものを指します。 それぞれ月の上旬と下旬にあり、大体 15日間隔というのが分かるかと思います。 立春は寒さが1番ピークの時期で、 立春を超えると寒さが段々和らいでいきます。 日照時間が1番短く、 南中高度(1日で太陽が最も高い位置にある時の地平線からの角度)が最も低いのは、 冬至(12月22日頃)です。 しかし、太陽からの光で地球が温まるのには約1ヶ月程の時差があります。 そのため、一年で一番寒くなるのは冬至の約1か月後の、 大寒(1月20日)~立春(2月4日)なのです。

次の

旧暦カレンダー(2021年2月)

2021 年 節分

節分や立春の日は、月日で決定されるもので曜日は関係ありません。 また、節分と立春は毎年同じ日であると考える人も多いようですが、節分や立春の月日は固定されてるものではなく、その年によって異なります。 ただし、節分や立春の日の決まり方には一定のルールがあります。 具体的に、2 021年から2057年までの節分は、西暦年を4で割って余りが1の場合は2月2日、それ以外は2月3日になります。 また 立春は節分の翌日になります。 スポンサーリンク 節分と立春の違いとは それでは、節分と立春の違いを簡単にご案内します。 節分と立春の違い、その一番の違いは日にちの違いです。 前述のように、節分も立春もその年によって違いはありますが、節分の翌日が立春。 このことに違いはありません。 たとえば、2021年の節分は2月2日、立春は2月3日になります。 節分と立春の一番大きな違いは月日ですが、月日が異なるだけに節分や立春に込められた意味についても違いがあります。 節分には、節分の意味。 立春には、立春の意味。 それぞれに大きな意味が込められています。 それでは、節分と立春の意味の違いについて簡単にご案内をしていきます。 節分の意味 節分は立春の前の日で、立春は暦の上では春の始まる日とされています。 ということは、四季がある日本では立春だけでなく、立夏、立秋、立冬があるはず。 事実、日本には立春、立夏、立秋、立冬があります。 したがって、節分も本来は年4回あります。 しかしながら、現在、節分でさまざまな行事が行われるのは、立春の1日前の節分だけ。 つまり、立春の1日前の節分は、それだけ重要な意味を持っています。 古来、日本の暦の考え方は2つありました。 一つは、暦の日付の毎月朔日を年月の区切りとする考え方。 この場合、暦の1月1日が新年になります。 月切り もう一つは、二十四節気 にじゅうしせっき に基づいて年月を区切る考え方。 節気とは1年の全体を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれを6つに分けて1年を24に区分したものです。 この場合、立春が新しい年の始まりとなります。 節切り この二十四節気に基づいて1年を考えると、立春は今でいう元日。 その前日である節分は大みそかにあたります。 他の季節の節分も大切な季節の区切りですが、それに加えて立春の前の節分は1年の区切りともいえます。 そのため、他の節分の行事は廃れていますが、立春の前の日の節分は年越しという意味も含めて、今でも様々な行事が行われています。 この行事という視点で見ると、節分と立春には大きな違いがあります。 節分は大みそかということでいろいろな行事があります。 一方、立春にはそれほど目立った行事はありません。 新年は心静かに過ごすということでしょうか。 節分の行事として有名なのは「豆まき」。 最近では「恵方巻」も有名ですね。 また、地方によっては鰯(イワシ)の頭を柊(ヒイラギ)に刺し玄関先に立てたり、焼いた鰯を食べたりということも行われています。 寒中見舞いは、松明けから 節分まで。 余寒見舞いは、 立春から2月末頃まで。 どちらも「見舞い」なので目的は相手の安否確認という部分では共通していますが、寒中見舞いと余寒見舞いは、お届けする時期に違いがあります。 まとめ 節分と立春は1日違い。 しかし、意味には大きな違いがあります。 この記事では、2021年の節分や立春の日はいつなのか。 そして節分と立春の違いなどについて簡単にご案内をさせていただきました。 ところで、立春は二十四節気の中では冬至と春分のちょうど真ん中に当たります。 実際、まだまだ寒い季節が続く厳しい時期ですが、立春を過ぎると少しずつ暖かくなり梅の花が咲き始め、春を感じさせてくれるようになります。 節分も立春も季節の変わり目であることに違いはありません。 これからも大切にしていきたい筋目の日ですね。

次の