スパルタン レース 会津。 会津若松の鶴ヶ城周辺のコースを使って開催された「スパルタンレース 会津大会」の結果|走ろう.com

【死ぬかと思った】アラサー女子、日本初開催の障害物レースに挑戦

スパルタン レース 会津

こんにちは。 ガリガリめがね税理士の谷口( )です。 突然ですが、わたくし、2017年5月27日にスパルタンレースという、ざっくり言うと 日本初上陸の障害物競走に参加することになりました。 障害物競走というと運動会でやるようなほのぼのとしたイメージを浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には 泥だらけになって7kmを走る、血で血を洗うサバイバルレースです。 そして私は、プロフィールでも書いていますが身長174cm、体重49kgというBMIの存在意義をゆるがすほどのガリガリボディ。 (いまBMI計算したら「標準体重に17. 61kg足りない」と出ました。 増やしたい……) そんな私がスパルタンレースに出られるのか、出たとして無事生還できるのか、骨の4~5本持って行かれるのではないか、という不安を抱えつつ、本日5月6日、その公式練習に参加してきたので簡単に感想をまとめてみました。 スパルタンレースとは? レース概要 まずスパルタンレースというのはなんでしょうか? 公式サイトを見ますと、• 世界最大の障害物レース• 世界各国で180以上のレースが開催されている• 2017年5月27日(今回)日本初上陸• スポーツ用品ブランドのリーボックがスポンサー• 今回は神奈川県・相模原の米軍施設内で開催 というのがスパルタンレースの概要です。 スパルタンレースには3種類ある まずそのスパルタンレースには3種類のレースがあるようです。 スパルタン・スプリント(一番短い。 約5km)• スパルタン・スーパー(約13km)• スパルタン・ビースト(一番過酷。 約20km) 1番険しいのなんて「ビースト」ですからね。 どんな猛獣が参加するんですかね。 ともあれ今回開催されるのは、 スパルタンレースのなかでは一番短い「スプリント」というものです。 「スパルタン・スプリント」はさらに2つコースがある さらに「スパルタン・スプリント」のなかでも2つにコースが分かれます。 エリートスプリント(きつい。 上位には賞金出る。 選ばれし筋肉どもの祭典)• スプリントオーブン(エリートよりは楽。 賞金とかは特にない。 一般向け) 私の筋肉はもちろん選ばれしものではないので、 「スプリントオープン」というものに出ます。 これを書いている2017年5月6日現在、男性のエリート枠はすでに埋まっています(女性はまだ空いているようです)。 スプリントオープンも午前と午後があるのですが、午前は売り切れで午後がまだ空いているようですね。 私も午後の部に参加します。 2017年5月27日のレースはどんなレース?「スパルタン・スプリント」の内容 それとスパルタン・スプリントの内容を簡単にまとめますと、• 走る距離は7km (5kmという説明もあるものの、今回は7km…?)• 障害物の数は20個~23個 (どんな障害物なのか、詳細は明かされない仕様)• 場所はU. Army Sagami General Depot(相模総合補給廠。 JR横浜線相模原駅徒歩1分)• 18歳以上でないと参加できない• 参加費用と参加予定人数 ・エリート 税抜15,000円 500名参加 ・オープン 税抜11,000円 4,500名参加 という感じです。 参加費はこのほか保険代1,000円が別途かかります。 (詳しくは公式サイトで) 障害物が謎なのがちょっと怖いですね。 これによって折れる骨の数が2本なのか5本なのか変わってくるので。 広尾にあるリーボックのジムでスパルタンレースの練習に参加 まあそんなガリガリな私ですから、場合によってはビーストさえ加わるというこのレースに参加して無事生きて帰ってこれるのか、というのは当然の疑問としてあるわけです。 そんな私のためではもちろんないのでしょうが、 広尾にあるリーボックのジムでは「5月20日までの毎週土曜日 14:30〜15:30」トレーニングセッションを受けることができます。 内容的には、• 3,000円(税込)• ロッカーやシャワーは借りれる• タオルは有料でレンタルもできる• グローブを持ってくるとよい という感じです。 まあ本当はね、レポート風に書きたかったのですが、 びっくりするほど写真を撮り忘れました。 (私ってやつはいつもそう……) 撮った写真といったらこれだけです。 ええ、 ロッカールームのドアの写真ですね。 こんなの撮ってどうしようというのだ(しかもピンボケしてる) というわけで文章中心になってしまいますが、簡単に練習内容もまとめてみます。 スパルタンレースの練習内容 練習内容としては、• 簡単な基礎運動(意外ときつい……)• 当日出るっぽい種目3つの簡単な練習 ・吊り輪的なものにぶら下がりながらうんてい的な運動 ・軽いやり投げ的な種目 ・ローブ登りの練習• 実際に800mや400mを走り、それぞれ走り終えるごとに障害物に挑む(最長4km) というような感じです。 ローブ登りはあくまで登り方のコツの練習という感じで、がっつり練習できるわけではありませんでした。 また、「最長4km」と書いているのは、25分以内に走り終えるのが目標で、それができた方は4kmになる、ということです(走れなかったら途中で終了。 私はたしか2. 8km) スパルタンレースの練習の感想 練習の感想を簡単に言うと 「きついけど楽しい!」という感じでした。 そしてなにより 「ガリガリでも意外といける!」と感じることができたのは大きな収穫でした。 私は2016年末ごろから、週に1~2度、4km弱を走りはじめていまのところ続いているわけですが、「からだを動かすのって楽しいなあ」ということを改めて感じることができました。 いやジム入った瞬間とか、 受付のお兄さんのたくましマッスルがもうものすごいわけですよ。 腕とか腿とかはち切れるんじゃないかな?と心配してしまうほどのマッスルたち。 「こんな人たちに混じってやるの?もしかしたら骨20本ぐらいいっちゃう?」 という不安が頭をよぎったのですが、結構女性も多く(半分ぐらい女性でした)そこそこの速さで練習を終えることができました。 (いや完全なる底辺を想像していたので、思っていたよりはいけました、というレベルですが) 体重軽いほうが有利説 今回のスパルタンレース、などでもご紹介している井ノ上陽一さんのお誘いを受けて参加したのですが、 「こんなのあるんだけどどう?」 と声をかけられ、あまり深く考えず、 「おもしろそうですね!」 とノリでOKしました。 しかしその後家に帰って調べてみると、このスパルタンレース、 かなりのマッスルが必要なように見受けられました。 「これ僕生きて帰れますかね?」 という不安を井ノ上に投げかけたところ、 「谷口さんは体重軽いんで大丈夫じゃないっすか」 という「私の体重か!」というぐらい軽いお返事。 「運動ってそんなもんじゃないでしょうよ!」 と正直思っていましたが、実際 体重が軽いことは有利に働くんだなということをかなり実感できました。 たとえばマラソン選手は細身の方が多いですし、ローブ登りのような体重を支える種目では持ち上げる重さが軽くて済みます。 走るときもからだを持ち上げるときも軽いに越したことはない、ということを実感できたのは大きな収穫でした。 まあそうは言っても井ノ上さんの走るスピードに全然かないませんでしたが。。 井ノ上さんはトライアスロンとかやってらっしゃるので、やっぱり鍛錬している方は違うなと彼我の差を感じました。 (「負けたくない!」と思って追いましたが追いつけず。 ジムに来る前にも走ってきたというからすごい) もし砲丸投げみたいな種目があったら多分持ち上げた砲丸につぶされて死ぬことになるでしょうし、いずれにせよ鍛えるのが大事なこともわかったので、この機会に体力づくりに励む所存です。 体力は仕事の集中力維持にも役立つと思っているので、こういったチャンスを仕事にも活かせればなと。 おわりに というわけで、スパルタンレースの練習に参加してみて 「ガリガリにはガリガリボディなりの闘い方がある!」と思った感想などをまとめてみました。 埼玉県越谷市の税理士塩野勝大さんもというブログを書かれていらっしゃいますが、一緒に参加します。 塩野さんのブログは筋トレ記事も多く、めちゃくちゃ面白くて好きなので参考にしつつ頑張ります。 ただ塩野さんめちゃくちゃ強そう。 また、井ノ上さんから「1年前は想像もしていなかったでしょ。 ゴールデンウィークに汗かいて短パンで広尾を歩くなんて」と言われ、本当にそのとおりだなと感じました。 特に私、広尾は以前勤めていたときにお客さまがいらっしゃったので、多いときは毎月行っていました。 それがこんなことになるとは。 とものすごく感慨深かったです。 独立すると大変なことも多いですが、この自由度や世界が広がった感じはなににも代えがたいです。 最高です。 とりあえず2017年5月27日、一本でも多くの骨を守るため、少しずつからだを鍛えていきたいと思います。 めがね。

次の

スパルタンレース

スパルタン レース 会津

こんにちは。 ガリガリめがね税理士の谷口( )です。 突然ですが、わたくし、2017年5月27日にスパルタンレースという、ざっくり言うと 日本初上陸の障害物競走に参加することになりました。 障害物競走というと運動会でやるようなほのぼのとしたイメージを浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には 泥だらけになって7kmを走る、血で血を洗うサバイバルレースです。 そして私は、プロフィールでも書いていますが身長174cm、体重49kgというBMIの存在意義をゆるがすほどのガリガリボディ。 (いまBMI計算したら「標準体重に17. 61kg足りない」と出ました。 増やしたい……) そんな私がスパルタンレースに出られるのか、出たとして無事生還できるのか、骨の4~5本持って行かれるのではないか、という不安を抱えつつ、本日5月6日、その公式練習に参加してきたので簡単に感想をまとめてみました。 スパルタンレースとは? レース概要 まずスパルタンレースというのはなんでしょうか? 公式サイトを見ますと、• 世界最大の障害物レース• 世界各国で180以上のレースが開催されている• 2017年5月27日(今回)日本初上陸• スポーツ用品ブランドのリーボックがスポンサー• 今回は神奈川県・相模原の米軍施設内で開催 というのがスパルタンレースの概要です。 スパルタンレースには3種類ある まずそのスパルタンレースには3種類のレースがあるようです。 スパルタン・スプリント(一番短い。 約5km)• スパルタン・スーパー(約13km)• スパルタン・ビースト(一番過酷。 約20km) 1番険しいのなんて「ビースト」ですからね。 どんな猛獣が参加するんですかね。 ともあれ今回開催されるのは、 スパルタンレースのなかでは一番短い「スプリント」というものです。 「スパルタン・スプリント」はさらに2つコースがある さらに「スパルタン・スプリント」のなかでも2つにコースが分かれます。 エリートスプリント(きつい。 上位には賞金出る。 選ばれし筋肉どもの祭典)• スプリントオーブン(エリートよりは楽。 賞金とかは特にない。 一般向け) 私の筋肉はもちろん選ばれしものではないので、 「スプリントオープン」というものに出ます。 これを書いている2017年5月6日現在、男性のエリート枠はすでに埋まっています(女性はまだ空いているようです)。 スプリントオープンも午前と午後があるのですが、午前は売り切れで午後がまだ空いているようですね。 私も午後の部に参加します。 2017年5月27日のレースはどんなレース?「スパルタン・スプリント」の内容 それとスパルタン・スプリントの内容を簡単にまとめますと、• 走る距離は7km (5kmという説明もあるものの、今回は7km…?)• 障害物の数は20個~23個 (どんな障害物なのか、詳細は明かされない仕様)• 場所はU. Army Sagami General Depot(相模総合補給廠。 JR横浜線相模原駅徒歩1分)• 18歳以上でないと参加できない• 参加費用と参加予定人数 ・エリート 税抜15,000円 500名参加 ・オープン 税抜11,000円 4,500名参加 という感じです。 参加費はこのほか保険代1,000円が別途かかります。 (詳しくは公式サイトで) 障害物が謎なのがちょっと怖いですね。 これによって折れる骨の数が2本なのか5本なのか変わってくるので。 広尾にあるリーボックのジムでスパルタンレースの練習に参加 まあそんなガリガリな私ですから、場合によってはビーストさえ加わるというこのレースに参加して無事生きて帰ってこれるのか、というのは当然の疑問としてあるわけです。 そんな私のためではもちろんないのでしょうが、 広尾にあるリーボックのジムでは「5月20日までの毎週土曜日 14:30〜15:30」トレーニングセッションを受けることができます。 内容的には、• 3,000円(税込)• ロッカーやシャワーは借りれる• タオルは有料でレンタルもできる• グローブを持ってくるとよい という感じです。 まあ本当はね、レポート風に書きたかったのですが、 びっくりするほど写真を撮り忘れました。 (私ってやつはいつもそう……) 撮った写真といったらこれだけです。 ええ、 ロッカールームのドアの写真ですね。 こんなの撮ってどうしようというのだ(しかもピンボケしてる) というわけで文章中心になってしまいますが、簡単に練習内容もまとめてみます。 スパルタンレースの練習内容 練習内容としては、• 簡単な基礎運動(意外ときつい……)• 当日出るっぽい種目3つの簡単な練習 ・吊り輪的なものにぶら下がりながらうんてい的な運動 ・軽いやり投げ的な種目 ・ローブ登りの練習• 実際に800mや400mを走り、それぞれ走り終えるごとに障害物に挑む(最長4km) というような感じです。 ローブ登りはあくまで登り方のコツの練習という感じで、がっつり練習できるわけではありませんでした。 また、「最長4km」と書いているのは、25分以内に走り終えるのが目標で、それができた方は4kmになる、ということです(走れなかったら途中で終了。 私はたしか2. 8km) スパルタンレースの練習の感想 練習の感想を簡単に言うと 「きついけど楽しい!」という感じでした。 そしてなにより 「ガリガリでも意外といける!」と感じることができたのは大きな収穫でした。 私は2016年末ごろから、週に1~2度、4km弱を走りはじめていまのところ続いているわけですが、「からだを動かすのって楽しいなあ」ということを改めて感じることができました。 いやジム入った瞬間とか、 受付のお兄さんのたくましマッスルがもうものすごいわけですよ。 腕とか腿とかはち切れるんじゃないかな?と心配してしまうほどのマッスルたち。 「こんな人たちに混じってやるの?もしかしたら骨20本ぐらいいっちゃう?」 という不安が頭をよぎったのですが、結構女性も多く(半分ぐらい女性でした)そこそこの速さで練習を終えることができました。 (いや完全なる底辺を想像していたので、思っていたよりはいけました、というレベルですが) 体重軽いほうが有利説 今回のスパルタンレース、などでもご紹介している井ノ上陽一さんのお誘いを受けて参加したのですが、 「こんなのあるんだけどどう?」 と声をかけられ、あまり深く考えず、 「おもしろそうですね!」 とノリでOKしました。 しかしその後家に帰って調べてみると、このスパルタンレース、 かなりのマッスルが必要なように見受けられました。 「これ僕生きて帰れますかね?」 という不安を井ノ上に投げかけたところ、 「谷口さんは体重軽いんで大丈夫じゃないっすか」 という「私の体重か!」というぐらい軽いお返事。 「運動ってそんなもんじゃないでしょうよ!」 と正直思っていましたが、実際 体重が軽いことは有利に働くんだなということをかなり実感できました。 たとえばマラソン選手は細身の方が多いですし、ローブ登りのような体重を支える種目では持ち上げる重さが軽くて済みます。 走るときもからだを持ち上げるときも軽いに越したことはない、ということを実感できたのは大きな収穫でした。 まあそうは言っても井ノ上さんの走るスピードに全然かないませんでしたが。。 井ノ上さんはトライアスロンとかやってらっしゃるので、やっぱり鍛錬している方は違うなと彼我の差を感じました。 (「負けたくない!」と思って追いましたが追いつけず。 ジムに来る前にも走ってきたというからすごい) もし砲丸投げみたいな種目があったら多分持ち上げた砲丸につぶされて死ぬことになるでしょうし、いずれにせよ鍛えるのが大事なこともわかったので、この機会に体力づくりに励む所存です。 体力は仕事の集中力維持にも役立つと思っているので、こういったチャンスを仕事にも活かせればなと。 おわりに というわけで、スパルタンレースの練習に参加してみて 「ガリガリにはガリガリボディなりの闘い方がある!」と思った感想などをまとめてみました。 埼玉県越谷市の税理士塩野勝大さんもというブログを書かれていらっしゃいますが、一緒に参加します。 塩野さんのブログは筋トレ記事も多く、めちゃくちゃ面白くて好きなので参考にしつつ頑張ります。 ただ塩野さんめちゃくちゃ強そう。 また、井ノ上さんから「1年前は想像もしていなかったでしょ。 ゴールデンウィークに汗かいて短パンで広尾を歩くなんて」と言われ、本当にそのとおりだなと感じました。 特に私、広尾は以前勤めていたときにお客さまがいらっしゃったので、多いときは毎月行っていました。 それがこんなことになるとは。 とものすごく感慨深かったです。 独立すると大変なことも多いですが、この自由度や世界が広がった感じはなににも代えがたいです。 最高です。 とりあえず2017年5月27日、一本でも多くの骨を守るため、少しずつからだを鍛えていきたいと思います。 めがね。

次の

ガリガリでもスパルタンレースに参加できるのか? 日本初上陸、世界最大の障害物競走に骨が挑み砕け散る

スパルタン レース 会津

スパルタンレースって、一体どんなレース? さてこちら、一体どんなレースなのかというと…? ランニングコース内に、動きや身体能力を高めるタフフィットネス要素を取り入れた障害物が配された「オブスタクル(障害物)」をクリアしながら、ゴールを目指していくというもの。 週1回ジムで軽く走る程度の運動しかしていない、アラサー女子の私ライターS。 今回私が参加した「スプリントオープン」は、7kmにおよぶコースのなかに22の障害物が待ち構えているレース。 スパルタンレースのなかで最も短い距離なので、初挑戦者の間で人気のレースです。 スパルタンレースは、当日までコース、障害物の詳細は明かされません。 障害物を失敗したり、クリアできなかった場合は、その場で30回のバーピー(腕立て伏せとうさぎ飛びを組み合わせたようなもの)をすると次の障害物に進む事ができます。 無事完走すると、完走者だけしかもらえない限定Tシャツとメダルの記念品がもらえます。 過酷なレース本番を乗り越えるには、強い気持ち、そして仲間との協力が必要なんです!! 身長151cmしかないライターSにとって、目の前に立ちはだかる壁はとても大きく、そして高く、自分の力だけで目の前の障害を乗り越えるのはとてもムリだったのです。 最初の障害からクリアできないって、どうしよう。 最初からバーピー30回って、キツすぎる…。 どうしよう、どうしよう、と1人で困ってしまい、「あぁぁ〜こんなときに助けてくれる仲間がいれば…。 」と涙目になっていると、なんと外国人チームの方々が「Come On!」といって私の前にひざまずき、踏み台になってくれたんです! 目の前が明るくなりました! どうして見ず知らずの私にそこまで優しくしてくれるの…? お言葉に甘えて足に乗せてもらい、おかげで壁を乗り越えることができました。 その他の障害物の箇所でも、周りの参加者の方、係の方のサポートもあり、どうにか無事に完走することができました! 目標としていた、完走者だけがもらえる限定Tシャツとメダルもゲットです! 今でも力を貸してくれた方たちへの感謝の気持ちは忘れていません。 この記事を見ていたら、ぜひ編集部までご連絡を… 笑 しかしこれは、チームで参加したら、スパルタンレースを通してさぞかし絆が深まることでしょう。 次回は、仕事仲間や学生時代の友人と、レクリエーションを兼ねて参加したいなあ…と思ったのでした。 アラサー女子が特にスパルタンレースでキツかった障害物ベスト3 22のすべての障害物が私にとっては酷だったのですが、その中でも特に、私が参加したことを後悔するほどツラかった、3つの障害物をご紹介します。 とにかくツラかった障害物その1. 「Barb Wire Crawl」 有刺鉄線(ワイヤーネット)の下を潜ってほふく前進で進んでいく障害物です。 そもそも、泥のなかをほふく前進する経験を、自分の生涯ですると思っていなかったので、最初、とにかく躊躇しました…。 下着もシューズも泥まみれですよ! 髪の毛も泥まみれです! しくしく。 そしてなんと言っても、距離が長い…。 いつも使わない部分の腕や足の筋肉を酷使し、半分くらいしたところで力尽きそうになりました。 「転がったほうがラクですよー!」というスタッフさんの声かけもあり、半分を過ぎてからはゴロン、ゴロンと転がって進みました。 今思い出しても、とにかくキツかったー! とにかくツラかった障害物その2. 「Bucket Brigade」 男性は黒、女性は赤のバケツの決められた線までバケツに石を詰め込み、そのバケツを持ってコースを一周するという試練。 これがまた、重いんです…! 男性も、コースの途中で力尽きて、床に石をばらまけてしまうという姿がちらほら見えました。 バケツを肩の上に置いて担ぐのは禁止なので、己の腕力でどうにかせねばならぬのです。 みんなですれ違う人に、「ファイトー!」と声を掛け合い、励まし合い、なんとか、なんとかクリアしましたが、あぁ、重かった…。 とにかくツラかった障害物その3. 「A-frame Cargo」 ネットを上り、頂点を乗り越えるというもの。 一見厳しくなさそうな障害物に見えますが、これがかなり高さがあるんです。 もし落ちたら、下にクッションも敷かれてないし、これ骨折するな…!? という恐怖心でいっぱいでした。 人一倍時間をかけて、ゆっくりゆーっくり昇って降りて、なんとかクリア。 高所恐怖症の人にはかなり厳しい障害物だと思います…。 0(オール テレイン スーパー 3. さまざまなレースやランニングで活躍する1足です! こちらの「Reebok Spartan Race」、次回は2017年10月に開催が決定しています! 我こそはと思う方、ぜひ参加してみてくださいね。

次の