アイス ボーン ナナ 対策。 MHW『アイスボーン』イヴェルカーナの対策装備【初心者さん向け】

【ナナテスカトリ対策装備】太刀初心者へ【アイスボーン】

アイス ボーン ナナ 対策

ネルギガンテは素早く攻撃が激しい。 しかし同時に攻撃の予備動作がわかりやすいので、ガードに徹すれば安全に戦うことができる。 勝てない場合は、ガード性能を高めたランスなどで挑んでみよう。 ネルギガンテの主な攻撃と回避方法 ネルギガンテの要注意攻撃 攻撃 詳細 前足叩きつけ 後ろ足で立ち上がった後に前足で叩きつけてくる攻撃。 予備動作が長い反面、威力が高い上に拘束効果付き。 尻尾叩きつけ 尻尾で地面を叩きつける攻撃。 薙ぎ払うようなモーションではないので、攻撃範囲はそう広くない。 ジャンプ攻撃 ハンター目掛けて飛びかかってくる攻撃。 距離を取っていても一気に詰め寄られるので注意。 棘飛ばし 頭を地面に叩きつけた後に前方に棘を飛ばす攻撃。 射程が長いのでネルギガンテの正面に立つことは避けよう。 破棘滅尽旋・天 一度飛んでから後退した後、回転しながら突進してくる攻撃。 突進後は振り向きざまの角攻撃があるので注意。

次の

【MHWI:アイスボーン】マスター歴戦ナナを対策して攻略してみた

アイス ボーン ナナ 対策

アンガルダ装備のスペック アイスボーンのラスボスである『 アンイシュワルダ』の素材から作成できる装備。 体力増強・体力回復量UP・災禍転福・超会心などのスキルが発動。 4部位装着でシリーズスキルの 大地縫纏が発動し、5部位装着で 真・大地縫纏が発動します。 合計防御力は810と高めの数値。 属性耐性は火:0、氷:-10、雷:15、氷:-15、龍:0となっています。 真・大地縫纏 装衣を装着している間、 耐震Lv3、 耳栓Lv5、 風圧完全無効、 ひるみ無効の効果を得られます。 ナナテスカトリ対策で必要な耳栓Lv5と風圧完全無効を発動させられるので、相性がいいスキルと言えます。 注意が必要なのは『 装衣を装着している間のみ』という点。 もちろん装衣の効果がなくなった場合は、装備していても効果が発動しません。 そしてカプコン公式の発表では、『 耳栓などの効果が発動するたびに、装衣の発動時間が減少する』という転身の装衣のような制限があります。 真・大地縫纏を発動させるには、装衣の装着時間を長くなるような工夫が必要になります。 対ナナテスカトリ装備 アンガルダ一式で真・大地縫纏を発動させつつ、見切り7・弱点特攻3・超会心3といった火力スキルを両立させています。 火属性やられと相性のいい 災禍転福が発動しているので、火耐性は20を超えないようにします(20を超えると火やられにならない)。 防御に寄せるなら火耐性を3にしてもOKです。 真・大地縫纏は装衣を装着している間しか発動しないので、 整備Lv3が必須となります。 そして装衣を『 耐熱の装衣』と『 滑空の装衣』にすることで、ほぼ効果が切れることなく装衣を装着可能となります。 そ 整備Lv3さえ発動させていれば、比較的スキル構成は自由なので火力に寄せてもいいですし、気絶耐性などの生存スキルを加えてもOKです。 ヘルフレアの風圧も無効になるので生存率がかなり高くなります。 装衣を着るのを忘れると効果が無いので、慣れないうちは装衣の効果時間を意識して立ち回ることをおすすめします。

次の

【MHWアイスボーン】ナナ・テスカトリを簡単に倒せる対策装備の紹介

アイス ボーン ナナ 対策

スキルには、 氷結弾をメインで撃つので 氷属性攻撃強化LV6、 怒り時の攻撃力UPに 挑戦者LV5、 あとは生存スキルの 体力増強と、 火やられ対策で属性やられ耐性もスキルに組み込んでいます。 というのも属性弾は超会心がのらないためです。 ( 超会心は物理攻撃しか1. 4倍になりません) 立ち回り 立ち回りですが、基本的にはこの流れが安定すると思います。 見つけたらまずはぶっとばし• 距離を取ってひたすら、 頭、 羽根、 尻尾を狙って 氷結弾を撃つ(弱点部位です)• 怒り状態が解除されたら、またぶっとばし(以下1〜3を繰り返す) この立ち回りをひたすら繰り返すだけです。 ライトボウガンは、 弓や ヘビィボウガンよりも射程距離があるので、 ある程度距離を取ってもしっかりダメージは入ります。 ナナのブレスは広範囲に遠距離で攻撃してくるので厄介ですが、 距離を取って攻撃できるので比較的被ダメージは少ないと思います。 あと へルフレアが来たら、 緊急回避でよけましょう。 黙って立っていると、どんどんHPが削られていくので注意です。 もし耐熱の装衣が着れるようなら着てください。 ダメージ量がかなり減らせます。 この装備は 風圧耐性LV5まで付いているので、 ヘルフレアが来た時も緊急回避しやすいと思います。 まとめますと、.

次の