木造軸組工法 室内ドア。 耐火・準耐火構造

住宅の工法や構造でリフォーム出来る、出来ないがあるので注意

木造軸組工法 室内ドア

A ベストアンサー 木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計 2008年版 」をご覧下さい。 howtec. 5 ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。 howtec. html Q 木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。 通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが 105ミリ角の通し柱も使用しているようです。 このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、 どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか? 危険なものでしょうか?? よろしくお願いします。 木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。 Q 私は建築士です。 木造建築は経験がなく最近勉強をはじめました。 3階建ての木造は構造計算によって部材の断面を求めるようですが、2階建て以下では壁量計算とねじれおよびN値計算による金物を守ること、また柱の最小径を令43条の規定以上とすれば、梁の断面寸法は自由に決めてよいのでしょうか?4号特例の建物なので、チェックする術はないとおもいますが、それは、昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?経験的にスパンの12分の1程度といっても公にきまっていることではないですよね。 どなたか木造に詳しいかた教えていただきたいのですが。 また、金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか。 A ベストアンサー 北国の設計屋さんです。 本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。 でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。 木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。 また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。 木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。 昔から大工さんに言い伝えられている方法は、構造計算しても概ね安全と出ますが、極端に集中荷重がかかったりする場合、安全にならない場合があります。 まあ、この場合、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。 上記参考図書の梁断面算定表も荷重状態によっては、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。 参考に昔から大工さんに言い伝えられている梁断面(梁背)の決め方。 小屋梁・一間四寸(梁スパン1.8mで12cm) 床持ち一寸増し(小屋梁で求めた梁背に+3cm) 柱受け一寸増し(柱一本ある毎に梁背に+3cm) 大梁受け一寸増し(大梁一本受ける毎に梁背に+3cm) 小梁2丁一寸増し(小梁一本受ける毎に梁背に+3cm) 土蔵桁一寸増し(桁梁は、梁背に+3cm) 梁算定例 小屋梁 スパン2間(3.64m)なら8寸梁(24cm) 小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら6寸梁(18cm) 二階床梁 スパン2間(3.64m)なら9寸梁(27cm) 小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら7寸梁(21cm) 二階床梁 スパン2間で柱一本受けるなら1尺梁(30cm) となり、構造計算および梁断面算定表でみても安全側になりますね。 ためしに手元にある梁伏図でやってみて下さい。 >金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか?。 良心的な施工屋さんなら施工しますが、信頼のおけない業者の場合は注意が必要です。 確りと工事監理をして施工させるようにしましょう。 ご参考まで 北国の設計屋さんです。 本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。 でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。 木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。 また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。 木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。 昔から大工さんに言い伝えられている方... A ベストアンサー こんにちは。 建築設計の仕事をしている者です。 ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。 よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に したこと無かったです。。。 ですのでちょっと自信ないです。 簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・ 換気・排煙に有効な開口部が取れているかを 計算するものです。 換気・排煙も同様に計算します。 詳しくは 「採光計算」「換気計算」などで検索をするか 本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み してみればどうでしょう。 Q 構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦 中心線 の固定に位置する間柱になります。 壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。 その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか 最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 補足について >柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。 地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。 壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。 ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。 壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。 私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。 施工業者には、やり直しを命じます。 >ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。 新たに間柱取付する必要があります。 間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。 建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。 要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。 補足について >柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。 地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。 壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。 ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。 壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。 私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。 施工業者には、やり直し... A ベストアンサー 再再の補足について >1 柱間口4.5尺を横桟方式で構造用合板3枚に分けて張っても壁倍率2. 5が見込めるということでよろしいでしょうか。 >2 半間幅の壁については1枚の合板で横桟方式で施工して壁倍率2. 5が見込めるということでよろしいでしょうか。 半間幅の壁の数の方が多くなっています。 半間幅の壁には既存の筋交いは入っていません 筋違いの無い半間(91cm)の場合、壁倍率2.5となります。 5が見込めるということでよろしいでしょうか。 >2 半間幅の壁については1枚の合板で横桟方式で施工して壁倍率2. 5が見込めるということでよろしいでしょうか。 半間幅の壁の数の方が多くなっています。 半間幅の壁には既存の筋交いは入っていません 筋違いの無い半間(91cm)の場合、壁倍率...

次の

住宅の工法や構造でリフォーム出来る、出来ないがあるので注意

木造軸組工法 室内ドア

主な対応工事 大工工事とはどういう工事のことをいうのか?また、住宅を建てる場合の、大工工事が必要となる、基礎工事から棟木の設置までの工程について説明しています。 主に大工職人が受け持つ、造作工事について説明しています。 下地の設置から、壁や床、天井の表面に石膏ボードを張るまでの施工内容について紹介しています。 木造建築の柱と梁の補強工事について説明しています。 建物の耐震性や耐久性に影響のある重要な部材ですので、劣化が生じていれば補強をし、強度が足りなければ、新たに部材を足さなければなりません。 コンクリートの建物の躯体や、基礎部分に必要となるのが型枠工事です。 ここでは、型枠工事の概要、工法の種類、工事の流れについて説明しています。 昔からある木造建築工法の一つで、今でもその技術が引き継がれている木造軸組工法(在来工法)と、耐震性、気密性に定評のある木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、それぞれの特徴を説明しています。 木造住宅のリフォームと、木造大工の仕事内容について説明しています。 梁と柱で支えられている木造住宅には、間取りを自由に変えられるメリットがあり、リフォームしてメンテナンスをすれば長く住み続けられるのが木造住宅の強みです。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 建具工事の内容について説明しています。 建具には金属製の建具や木製の建具があり、施設や住宅の機能を安全に、快適にする役割があります。 ここでは、カーテンウォールやシャッター、サッシ、ふすま、パーテーションなどの、建物に取付けるパーツの解説です。 自動ドアを導入することで、福祉施設や病院、商業施設などの機能性、利便性を向上します。 ここでは、自動ドアの仕組みと導入メリット、取付け工事の概要を紹介しています。 シャッターの役割、種類、取付け工事の流れを説明しています。 施設の種類によって、目的に応じたタイプの違うシャッターを施工することが可能です。 和ふすまを張り替える時の工程を、解説しています。 ふすまはちょっとした衝撃で敗れやすく、経年劣化しやすい建具です。 そのため、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。 サッシの取付け工事についての説明をしています。 建物の築年数が経過すると、アルミサッシが劣化してしまいますので、窓のたてつけが悪くなっていきます。 そのため定期的な点検と、交換が必要な部分です。 フロアを仕切って有効にスペースを活用できるパーテーションの種類と設置工事を説明しています。 簡単に取付けができるため、短いスケジュールで工事を行うことができます。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

有限会社鈴木室内工業|北海道夕張郡栗山町の建設工事会社

木造軸組工法 室内ドア

住宅のための建築物には木造住宅、ツーバーフォー(2x4)工法、プレハブ工法、鉄骨、RC造など様々な建築方法があります。 新築してから年数が経ってくると、家族構成や暮らし方が変化したり、いろいろな箇所のメンテナンスが必要になるなどの理由で、リフォームを検討する方も多いでしょう。 実は、建築工法や構造によって、リフォームの際の注意点やメリットデメリットがあります。 またリフォームをする場合、建物の建築した年が1981年以前のものは注意してください。 新耐震基準が実施された年ですので、その年以前の建物をリフォームする際は、耐震補強なども必要になってきます。 ここで現在の建物の状況や状態を知って、失敗や後悔のないリフォームをして下さい。 このページの目次 CLOSE• 構造や工法別のリフォーム注意点 住宅の建築には、様々な工法や構造があります。 使用される材質は違えど構成はほぼ同じで、基礎、土台、床組み、柱・梁・筋交い等の軸組み、耐力壁、小屋組みからできています。 建物をリフォームする場合、それぞれの工法の特性を生かしたリフォーム方法を知ることが大切です。 木造軸組工法(在来工法) 日本の住宅建築において、もっとも多く使われているのが木造軸組工法(在来工法)です。 木造軸組工法とは木造の柱と梁を主要構造としたもので、壁に構造用合板を使用することで高い剛性をもたせたり、筋交いを入れることで横軸の補強をしています。 リフォームする際は、1階から2階の天井まで1本の柱で立っている通し柱や、梁を支えている柱などは安易に抜くことはできませんが、建物を支える役目をしていない間仕切り壁や柱は、移動したり取ってしまっても比較的問題はありません。 そのことから木造軸組工法(在来工法)は、間取りを変えたり窓を新たに設置したりと、リフォームプランは多様にできると言えるでしょう。 新しく作った壁内には筋かいを設けたり、構造用合板で耐力壁にしておくと、揺れへの抵抗となり建物が地震に対して強くなります。 建築コスト面、リフォームや増築のしやすさから言っても、木造軸組工法は自由度が高くおすすめできる工法です。 またリフォームのとき骨組みに使用している柱や梁をそのまま生かせることも木造住宅のメリットです。 天井が低く古い昔ながらの家でも、天井の仕上げ材をとって、梁をあえて露出させてメンテナンスをすると、モダンな和風のリフォームができます。 骨組みの柱や梁を仕上げ材で隠さないで見せることができるのは、木のもつ風合いと質感がなせるわざと言えるでしょう。 柱ではなく面で建物を支えるという工法です。 在来工法のように、屋根組の複雑な骨組みが必要でないため、小屋裏の収納を広くとったり、吹き抜けを高く作って開放的な空間にすることもできます。 このツーバイフォー工法の建築メリットは、少ない建材で早い工期で建築できることです。 面で建物全体を支えていますから、安易に壁を取って間取りを変更したり窓を設けたりするのは、在来工法より難しいと言えるでしょう。 しかし、難しいといっても大幅な間取り変更ができないわけではありません。 ツーバーフォーの建物は、ハウスメーカー別に工法ルールが決められていますので、壁をあけなくてもどこに梁があって、どこに根太があるかなど構造が解りやすいはずです。 きちんと構造を理解できる業者であれば、補強を入れながら大幅な間取り変更のリフォームもできるでしょう。 またツーバイフォーは、断熱性能や耐震性能も高いので、その特色を生かしたリフォームをすることができます。 プレハブ工法 プレハブ工法は、ツーバイフォーと同様に面で建物を支える構造で、あらかじめ工場で床や壁、天井といった多くの部材を作り、現場に搬入してそれらを組み立てます。 ほとんどが間取りプランも規格化しているので設計の自由度は低いと言えます。 鉄骨系、木質系、コンクリート系の3パターンがあり、木質系とコンクリート系は壁で建物を支える構造です。 鉄骨系のプレハブ工法は、在来工法と同じく柱と梁で建物を支えていますので、リフォームの自由度は比較的高いと言えますが、木質系とコンクリート系は壁で建物を支えていますので、容易に壁をとった大空間を作ったり、大規模な間取り変更には制限が出てしまいます。 鉄骨造 鉄骨造には軽量鉄骨と重量鉄骨があり、軽量鉄骨は柱や梁などの構造部分を、厚さ6mm以下の鋼材で構成した工法です。 重量鉄骨はマンションやビルなどに使われる工法で、厚さ6mm以上の剛材で形成されており、かなりの大空間な間取りを設計することができます。 一般の住宅では、コスト面から見ても、軽量鉄骨を採用される場合が多いでしょう。 鉄骨造のリフォームは木造住宅に比べ柱が白アリで腐ったり、雨漏れによって傷んだりという心配もありません。 骨組み部分の鋼材は、錆びさえしなければ耐久性は抜群ですので、リフォームの際に、躯体部分に費用がかかることは少ないでしょう。 リフォームで間取り変更をするときは、構造計算が必要な場合があります。 ある程度の面積までは、四方の柱と梁が建物の軸になっていますので、壁や細かな柱がない大空間な間取りを実現することができます。 ですが軽量鉄骨の場合、建物を支える役目の耐力壁は移動したり撤去することができません。 リフォームやリノベーションの自由度は他の構造に比べ高い方だと言えるでしょう。 RC造 RC造というのは鉄筋コンクリートのことで、特徴はなんといっても剛性や耐久性、耐火性が優れていることです。 その反面、重量が大きいことや、建てるとこの工期が長くなるという短所もあります。 構造形式には、柱と梁などの部材が剛に接合されているラーメン構造、柱や梁がなく、耐力壁とスラブ(コンクリートで作られた床)で構成された壁式構造があり、一般的にはラーメン構造がよく用いられています。 ラーメン構造の場合は、建物が柱と梁で支えられていますので、壁をとった大幅な間取り変更の自由度は高いと言えます。 壁式構造の場合は壁面で建物を支えていることから、壁の移動や撤去は制限があると言えるでしょう。 まとめ 大規模なリフォームをするとなれば、構造を別として考えたときにも、スイッチやコンセントの移設・増設や水回りの配管は移動できるのか、ドアや窓の開口部の移設・増設など、たくさんの課題がでてきます。 日本の住宅における建築工法には、それぞれの利点があり特性があります。 自分の家の特性を知り、何ができて何が出来ないのかをしっかりと見極め、理想を形にしてくれる工務店や建築家を見つけることも大切です。 リフォームにかかる費用はけっして安くはありませんし、そう何度もできることではありません。 まずは自分なりに暮らしやすい間取りはどんな間取りなのか、家事の動線に無駄はないか、収納は足りているか、ペットがいる場合や2世帯の場合など、家族構成によっても求めるものはかわってきます。 理想の暮らしを手に入れられるリフォームができるように、いまいちど自分の暮らし方を振りかえってみるのもいいかもしれません。

次の