ディズニー 混雑 予想 1 月。 【混雑予想】2019年1月はディズニーお正月イベント&グランドフィナーレ!正月休みと3連休が混雑!

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想カレンダー

ディズニー 混雑 予想 1 月

こんにちは!ディズニー大好きみーこです。 さらにディズニーシーでは、2019年1月11日(金)~3月25日(月)までの期間、昨年と同じく「ピクサー・プレイタイム」、「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」など大人気イベントの開催が決定! 2018年に大好評だった「ピクサー・プレイタイム」では、ピクサー映画『トイ・ストーリー』や『カーズ』などの人気キャラクターが登場するほか、2019年は新キャラクターも追加されます。 今回は、1月のディズニーランド&ディズニーシーで行われる注目イベントをご紹介しながら、それぞれのパークの楽しみ方、混雑予想などをまとめてご紹介します! ディズニーランドでは、着物姿のディズニーキャラクターたちが、パレードルートからお正月デコレーションのフロートに乗ってゲストに新年の挨拶にやってくる「ニューイヤーズ・グリーティング」を開催! ミッキーを始めとするディズニーの仲間たちが、お正月ソングに乗せて日本らしい華やかな和装姿で登場しますよ。 お正月イベントが終了した後のディズニーは、毎年どの日に行っても通常のパークよりも空いている可能性が高いです。 極寒に加え1月のディズニーはスポンサー企業の貸し切りイベントなどが実施されることから、いつもより早く閉園する日もあります。 そのため、通常よりも長くパークで遊べない日が多いことから、1月のディズニーはあまり人気がなく1年の中でも閑散期にあたります。 お正月休みの終わりは6日(日)と予想されるので、5日(土)と連休最終日の6日(日)は混雑のピークとなるでしょう。 1月7日(月)以降は徐々に混雑が解消されやすくなります。 ただし、7日(月)からは学生対象の「(春のキャンパスデーパスポート)」がスタートするため、学生さんの来場者が増える傾向があります。 この3連休はパークはもちろん、アトラクションやレストランもいつもより混雑することが予想されます。 しかし、1月14日(月・祝)は連休最終日ですが、翌日から会社や学校が始まるため、さほど混雑しない可能性もあります。 まとめ いかがだったでしょうか? 2019年1月のディズニーの楽しみ方&混雑予想をご紹介しました。

次の

ディズニー混雑状況2020|1月2月3月は?イベントも合わせてチェック!

ディズニー 混雑 予想 1 月

後述するような極端な悪天候などが無い限り、2020年も比較的落ち着いた混み具合になると予想されます。 また、お正月イベント期間が全て連休であり、なおかつ翌週に成人の日を含む3連休があることから、 この期間の混雑は 天候の影響を受けやすいと考えられます。 なお、お正月イベント5日間の混雑予想については、以下の記事で詳細に解説しています。 こちらも参考にしてみてください。 それ以降の平日は基本的にEランク予想となり、30分程度のスタンバイで人気アトラクションに乗れてしまう、ミッキー達にも会えてしまう…そんな奇跡のパークに出会えることもあるかもしれません。 1月は例年通りの閑散期で、 イベントが始まった後も落ち着いた混雑のパークになると予想されます。 だだし、ディズニーランドでは 2020年のみの限定イベント「 べリー・ベリー・ミニー!」が開催され、多くのミニーちゃんファンがイベント初期からランドに来園することが予想されます。 基本的に「シー>ランド」となっている直近のパーク混雑ですが、 この3連休周辺は 一時的にランドとシーが同程度に混雑する可能性に注意が必要です。 とは言うものの、そもそも閑散期なため入園制限までは考えにくく、 両パーク最大でBランク程度の混み具合に落ち着くと予想しています。 開園&閉園時間に注意! 3連休後のパークについては、 基本的に平日はD~Eランク、休日でもCランク程度の穏やかなパークが続くと予想されます。 1月後半になるにつれ、春休みを先取りした学生さん達で少しずつ混みやすくはなるものの、12月までのパークを経験していれば余裕の空き具合なので狙い目の期間だと言えます。 ただしこの時期は、 パークの営業時間が短い日が多いため注意が必要です。 パークの営業時間は最長「8時~22時」で14時間滞在が可能です。 しかし、1月後半は開園時間が10時、閉園時間が18時や19時の営業日も多く、最短で8時間しか滞在できない日も存在します。 また一般的な混雑傾向として、片方のパークだけが短縮営業の日は、もう片方のパークにゲストが集まって混みやすい傾向にあります。 皆さんのパークの回り方にも影響すると思うので、この時期の来園予定を立てる際は、パークの営業時間も確認しておくようにしましょう。 この期間は、混雑の割に早い段階でファストパスが出払ってしまう可能性があるので注意しましょう。 一方のディズニーシーでは、混雑に大きく影響する因子は少ないと考えられます。 お正月らしいパークデコレーションや華やかな衣装を着たミッキー達が、新年の挨拶と共に僕らを出迎えてくれます。 特に、 2020年の干支はネズミ年で、お正月ディズニーの主役はもちろん ミッキーとミニーです!ミッキー達が描かれた縁起の良いお正月グッズや、このタイミングでしか食べられない和風のフードメニューなど、見どころも盛りだくさんです! ぜひ、新年のお祝いにパークを訪れてみてくださいね!.

次の

県民の日は混む?2020年11月の東京ディズニーランド混雑予想カレンダー|DoCoJapan

ディズニー 混雑 予想 1 月

1月のディズニーはお正月イベント終了後、徐々に混雑が穏和され閑散期に入ります。 特に人が少なくなる平日は人気アトラクションの待ち時間も短くなるので穴場ですよ。 ただし、1月のディズニーはスポンサー企業の貸し切りイベントなどで営業時間が短い日もありますので、ご注意ください。 1月のディズニーで開催されるイベントは以下の通りです。 1月のイベント 【2020年1月1日(水)~1月5日(日)】 ランド&シー:ディズニーのお正月イベント 【2020年1月6日(月)~3月19日(木)】 ランド&シー:春のキャンパスデーパスポート 【2020年1月10日(金)~3月19日(木)】 ランド:ベリー・ベリー・ミニー! シー:ピクサー・プレイタイム シー:ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ 2019年1月の混雑データ それでは、2019年1月の混雑データを参考に、2020年の混雑予想を見ていきましょう。 しかし、お正月を過ぎると徐々に混雑が緩和されます。 平日と休日の混雑にそこまで差がないため、新イベントが始まる前の落ち着いた期間となるでしょう。 ディズニーランドの「ベリー・ベリー・ミニー!」は2020年初開催のイベントとなり、ディズニーシーの「ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ」ではクッキー・アンが初登場することから、両パークの混雑の差はほとんどないでしょう。 また、イベント初日だけでなく前日に行われる公開リハーサル(スニーク)も、多くのゲストが参加する可能性があるため混雑が予想されます。 まとめ いかがだったでしょうか? 2020年1月のディズニーリゾートの楽しみ方&混雑予想をご紹介しました。

次の