頭 が ぼーっと する 目 が 重い。 うつ状態かも?仕事中、頭がぼーっとする、集中できない原因は?

頭が重くてだるいのはなぜ?原因と考えられる病気について解説

頭 が ぼーっと する 目 が 重い

花粉症の多くの人が感じる微熱っぽさや倦怠感は、鼻の奥の粘膜が腫れて鼻づまりを起こすことが原因です。 鼻の付け根から眉間の辺りがぼーっとして発熱したときに近い感覚になります。 目にもかゆみがあって涙がひっきりなしに出る場合は、さらにこの症状は体感として強くなります。 太っている、痩せているなどの体質で症状が異なるということはありません。 この症状のやっかいなところは、一概に花粉症のせいといい切れないこと。 もともと花粉症を持っている人は、冷たい空気に触れたり乾燥したりすることによって、粘膜が過敏になったときに「過敏性の亢進」という症状を引き起こすことがあります。 これは、花粉に触れていなくても花粉症のような症状を発症してしまうことで、身体が過剰反応を起こしている状態です。 さらに、この症状が起こったときは、免疫力の低下により実際に風邪を併発しているケースも多くあるといいます。 微熱っぽい感じがするだけなのか、実際に熱があるのかでは飲むべき薬もちがってくるため、症状を見極め正しい薬を飲むことが改善を早める鍵です。 次のページで、「ぼーっとした倦怠感」が花粉症によるものか、そうでないかをチェックしてみてください! いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の

5つ以上当てはまった人は要注意!首の「疲労度」チェック|首こりは万病のもと|松井孝嘉

頭 が ぼーっと する 目 が 重い

1.眼精疲労と頭痛の関係 目が疲れるとどんな症状が現れますか??だいたいの場合、目がしょぼしょぼしたり、ずーんと重くなったり、充血したり、まずは目に症状が現れると思います。 目の筋肉が疲れてしまって疲労とコリが溜まっている状態です。 身体でも筋肉を使い過ぎると筋肉痛が起きたり、身体がこったりしますよね。 目にも同じことが怒ります。 これが 眼精疲労と呼ばれる状態です。 でもひどくなると、肩こりや頭痛が起こることもあります。 そういった場合、目の疲労が身体の方まで移動してきているということなので、かなり目の疲れが溜まっているサインだと思ってください! 目の疲れから首等の筋肉も疲れてしまい、血行が悪くなり、肩こりや頭痛が起きているんです。 そんな目の疲れから来る頭痛にはどんな種類があるのかまず見てみましょう。 眼精疲労から来る頭痛の種類 頭痛には 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛と三種類あります。 その中で、緊張型頭痛と片頭痛が眼精疲労から起こる頭痛になります。 緊張型頭痛は肩こりや首のコリが原因で起こることも多く、頭が何かにぎゅーっと締め付けられているように感じるのが特徴です。 身体がこっている時に起こることが多いので、全身がだるかったり、血行が悪くなっているのでめまいが起こることもあります。 片頭痛は、突然こめかみがズキズキ痛くなるような痛みが特徴です。 毎日ではなく月に数回程度起こり、女性に多いそうです。 ちなみに、 群発頭痛は激しい痛みがひどい時には数時間も続き、いても立ってもいられない程の痛みだそうです。 このような痛みがあれば、まずは病院に行ってくださいね。 緊張型頭痛や片頭痛のような頭痛がある場合、眼精疲労の可能性があります。 2.目のしょぼしょぼと頭痛への対処法 では、目に不快感があって、頭痛も起きているときはどうすればいいでしょうか? まずは、 目を休ませる・疲れさせない ことです!!では具体的にどうすればいいのでしょうか?? ・目の悪い方は正しい度数の眼鏡・コンタクトレンズを使用していますか?度数があっていないと目が疲れる原因になります。 そうすると、画面を見るときに目を伏せる状態になるので、目が大きく開きすぎず、乾燥を防ぎ、大量の光が入ってくるのも防ぐことができます。 パソコン・スマホを見る時は、斜め下を意識! ・パソコン・スマホのブルーライトは目の天敵です!長時間作業することの多い人は、ブルーライトをカットするカバーや眼鏡を使ってください。 ブルーライトに気をつけて! ・パソコン・スマホをする時は目を近づけすぎないよう適度な距離を保って、1時間ごとに目を休ませる休憩時間を取ること。 眼精疲労の場合、特にこめかみの辺りが痛くなるような頭痛が多いと思います。 さくらの場合、目の奥が重くなってこめかみまで到達するようなそんな感じの頭痛が起きます。 でも中には、重大な病気のサインとして頭痛が起こることがあります。 そういった場合、一刻も早く病院へ行かなければいけません。 何かあった時のため、危ない頭痛の特徴も覚えておいてください!危ない頭痛の特徴は、 「鈍器で頭をガツンと殴られたようなするどい痛みのある頭痛が突然起きる」ことです。 頭痛持ちの方でもなかなかこういった頭痛が起こることはないと思います。 もしこのようなするどい痛みのある頭痛が起きた場合、 脳出血・くも膜下出血等の脳内出血、髄膜炎・脳炎等の炎症が起きている可能性があります。 もし、ご自分にそんな頭痛が起きた時、また家族や友人からそんな頭痛が起きたと聞いた時には、たかが頭痛と甘くみてはいけません。 至急病院に行ってくださいね。 4.目のしょぼしょぼ・眼精疲労頭痛を予防する<食べ物> 日頃から目がしょぼしょぼするのを防いで、眼精疲労から来る頭痛が起きないようにするためには、先程ご紹介したように、目を疲れさせないことが一番大事です。 そりゃそうだろう、わかっててもそれができないんだよ…という声も聞こえてきそうですが。。。 目を休める時間も取りにくく、どうしても目を酷使してしまう方、目のしょぼしょぼですでに悩んでいる方、食生活を少し変えてみるのはどうでしょうか。 目も身体の一部ですので、栄養が何より大切です。 少しでも目にいい食べ物を取り入れて、目の疲れを取り除きましょう。 食生活を変えるのはなかなか難しいかもしれませんが、 心の片隅に目にいい食べ物を覚えておいてもらうだけで全然違うと思います!劇的な変化は現れないかもしれませんが、これから先十年後、二十年後もつきあう大切なああなたの目を守るためにも、食べ物に気を使って、目の調子を整えてあげてくださいね。 目にいい食べ物についてはこちらの記事を参照ください。 さくらも片頭痛持ちで、疲れが溜まったり、パソコン作業が長すぎると、目がしょぼしょぼし始めて、そのままほうっておくとひどくなって頭痛が起きます。 どうしても毎日目を酷使してしまうので、できるだけ目を疲れさせないように工夫して、頭痛を防ぎたいなと思います。

次の

ふわふわめまい・頭重感|診察室でよくみる大人の病気

頭 が ぼーっと する 目 が 重い

この記事の目次• ふわふわ、クラクラめまいの原因は? まずは、症状としてはふわふわしたり、クラクラするといっためまいが起こる状態は、どんなことが原因で起こっているのかをチェックしていきますが、そもそもめまいってなんでしょうか? 一般的にめまいと呼ばれるものは、クラクラとした目が回るような状態のことを医学的にはこう呼んでいます! 日常生活の中で、めまいを経験する人は多いようですが、一体何が原因で起こるのでしょうか? 人間の体の平衡(釣り合いが取れている様子)を司っているのは、体の動きを捉えている「三半規管」と呼ばれる、加速度や重力を捉えている耳石器。 人間の耳の鼓膜の奥の内耳は体の水平方向の傾きを感知する「卵形嚢(のう)」と、垂直方向の傾きを感知する「球形嚢」、回転を感じる「三半規管」があります。 卵形嚢と球形嚢には、傾きを感知する耳石器があり、この耳石がはがれ三半規管に入ることで、人間はめまいを引き起こしてしまいます。 めまいには種類があり、この場合は良性発作性頭位めまい症と呼ばれています。 原因は耳の三半規管刺激されることで起こります。 一般的にこの症状の原因は、ストレスや疲れ、睡眠不足などです、これらの原因が三半規管を過敏にすることで症状が現れてきます。 さらに、脳出血、脳梗塞などの脳の病気が平均感覚に関係する神経を傷つけたことが原因となって感じる場合もあります。 ふわふわしためまいは頭重感を一緒に感じることが多く、さまざまな年齢層の人に起こります。 原因ははっきりと分けることが出来ませんが、一般的には、年齢層によって次のようなものが考えられます。 めまいだけでなく、手足がしびれ手に力が入らない、頭がぼーっとするだけでなく意識がぼんやりとしてしまう、耐えられないほどの頭痛があるといった場合、脳出血や脳梗塞などの重い病気が潜んでいる場合がありますのでできるだけ早めに、脳外科や神経外科などを受診するようにしましょう。 立ちくらみのようなめまいとは、椅子から立ち上がったときなどにふらっと感じるものです。 一瞬目の前が暗くなってしまい、ひどいとそのまま失神してしまうのです。 原因としては、思春期の自律神経失調症で血圧に異常が生じるとか、ホルモンバランスの乱れや貧血、非常に強いストレスを感じるなどです。 数分で収まる場合は特に緊急性はないと考えられますが、しょっちゅう起こる、症状がまったく改善されないといった場合は消化器系の出血による貧血や、脳や心臓などの病気が原因となって起こっている場合がありますので、気になる方は医療機関を受診しましょう。 耳石が剥がれる原因は、外傷、加齢、内耳のなんらかの変化や、過去に内耳の病気をしたなどが考えられます。 良性突発性頭位めまい症の場合、本人がめまいが起こる頭の位置を理解すると、その姿勢をとらないようにしますが、そうなると治りが悪くなりますので、逆に積極的にめまいが起こる頭の位置をとったほうが慣れてきて治りが早くなる場合もあります。 良性突発性頭位めまい症は、次のような症状が特徴になります。 これは動脈硬化が起こっていることで血流障害になっているのが原因で、左側を一定に動かすと起こる場合は、この病気(現象)を疑ったほうがいいようです。 高齢者が立ちくらみやふわふわしためまいを感じた場合、原因は、腰椎や脳底動脈循環不全症といった動脈硬化性のめまいの可能性が高いと考えられます。 これは血流の改善をしながら、根気強く改善していく必要があります。 それではここからは、東洋医学的な観点からめまいを見ていきましょう。 原因や、これを病気と捉えるのかどうか、ストレスが関係しているのか、西洋医学とは違った視点から見ていきましょう。 東洋医学的にめまいは「水毒症」と捉えています。 これは水の流れが滞っているだけでなく、体内で水分が多くある場所があったり、少ない場所があるといった状態で、結局は水分が体内に多いことが原因だと考えます。 気血水のうち、水の流れが滞っていることで起こっていると診断しますから、改善させるためには余計な水分を摂取しない、水を飲むときは常温のもので、冷たいものは避ける、体を動かすようにする、余分な水分を抜くために半身浴などをするなど、無駄な水を体内に溜めないことが改善につながります。 もちろん、ストレスが関係しているとも考えます、体と心は繋がっているという視点から、東洋医学的にはこれらの病気や症状の対処法を考えていきます。 だるくて頭がぼーっとする原因は病気?ストレス? ここからは、頭がぼーっとする原因は病気なのか、ストレスなのか、一体なにが理由かといった情報をシェアしていきます。 まずは原因は一体なにか、ご紹介しましょう。 覚醒していないとは、目が覚めたのにイマイチ脳がはっきりとしない状態で、頭がぼーっとするという経験をしている人の多くがなんとなくわかる話ではないでしょうか? 脳のエネルギー源は御存知の通りブドウ糖ですが、この栄養素が足りなくなると、頭がぼーっとする、集中力が持続しない、イライラしたり体がだるいなどの症状を出します。 この場合、非常に簡単な対処法としては、チョコレートを食べるという方法があります。 脳の酸欠ですが、頭がぼーっとするだけでなく、あくびが出てしまうという場合は、ほとんどがこれが原因だと考えられています。 他には、血流が悪い場合や、ヘモグロビンが不足(貧血)しているので、酸素を運べないことなどが原因となっている場合もあります。 これを予防するには、普段から深呼吸をするようにして浅い呼吸にならないよう意識したり、鉄分が多い食べ物を食べたり、鉄をサプリメントで摂取するようにするとリラックスして長い時間集中力が持続します。 強いストレスがかかったり、脳を酷使したときに、有害物質のアンモニアが脳内に蓄積する場合があり、そうなると頭がぼーっとする状態になります。 この成分が脳内の神経細胞をむくませたり、活動を低下させてしまうのです。 脳がブドウ糖を消費するときに、吸収や呼吸、代謝や調整のどれかひとつでもうまくいかないと、低血糖症を引き起こす場合があり、これが原因となって頭がぼーっとするという状態になる場合もあります。 低血糖を引き起こす主な原因は次のものがあります。 頭がぼーっとするのは脳の病気が原因の場合は、次のものが考えられます。 これは、神経過敏になっている状態が原因であると考えられ、生活習慣や認知のゆがみを整えるなどの対策が必要となります。 あまりにも睡眠を取りすぎたという場合も、寝ても寝ても眠い、頭がぼーっとするなどの原因になります。 逆に、睡眠不足でも頭がぼーっとしますので、原因はその人によって違いがいろいろとあるようです。 40代以上の人なら、更年期障害が原因となって頭がぼーっとするといった状態になる可能性もあります。 西洋医学的な頭がぼーっとするという症状の原因はこれらのものになりますが、東洋医学的にはどんな原因があるのでしょうか? こちらも水毒が関係している可能性が考えられます。 他には、気虚といって、エネルギー不足&推動力不足の人は体力を消耗すると頭部にエネルギーが昇っていかないのでふらつきやめまい、耳鳴りが生じやすくなってしまいます。 軽度のめまいや頭がぼーっとするといった症状は、頭部の栄養や循環が十分ではないことが原因となって起こると考えられていて、これを青陽不昇(せいようふしょう)と呼んでいます。 気虚の人はエネルギーが足りないタイプで、次のような体質を持っているといわれています。 他には次のことをやると、頭がぼーっとするなどの症状に対処出来るといわれています。 一般的には激しい運動をしたり、重労働でエネルギーを大量に使ってしまった場合、一時的に気は不足してしまいますが、栄養を摂取したり、睡眠をたっぷりととることで、気は回復するのですが、なんらかの原因で気虚の人はこの回復が促されない状態になっています。 こうなると、さまざまなことがうまく出来ない、体が思うように動かないといった状態になってしまうのです。 気虚の人は胃腸が弱っている場合が多く、食事をしても栄養の吸収がしっかりとされないことで、悪循環のように気が不足し続け回復していかないといった状態が続いてしまいます。 すこし医学的な話からはズレますが、頭がぼーっとするという状態になったとき、特にこれまで書いたことなどが原因ではないようだという場合は、整体的な観点から見ると、この状態の人は一番能力が高まっている状態だとも言われています。 頭がぼーっとする状態なのに、何故かサクサクと仕事やなんらかの作業などにあっという間に集中してすべてを思いがけないスピードで終わらせるなんてことが出来る面が人間にはあります。 なんだか頭がぼーっとするというとき、そういった面もあることを知り、今は左脳をがっつりつ使う時期じゃなく、ぼーっとする状態でなんらかの作業効率をアップしているのかもとのんきに考えることも出来ます! 気虚の人は無理がきかない体質の人ですから、元気が不足していると考え、出来る限り日常で体をいたわりながら、若い人でも生活するようにしたほうが養生になります。 改善する食べ物は次のものになりますので、積極的に食べるようにするとなんらかの改善に繋がるといわれています。 滋養強壮に良いといわれる、鶏がらスープを自分でとって塩だけで飲むのもおすすめで、これは本当に元気の元でもあります、現代人がやたらとラーメン、ラーメンと言っているのは、実は鶏ガラや豚骨、牛骨などからとっただしに惹かれているという説もあるほど栄養素としてはかなり吸収も早いだけでなく滋養にも良いと言われています。 外食のラーメンでは気虚の人は胃腸が弱っているのであまりにも負担がかかりますから、自分で鶏ガラスープをとるのがおすすめです! 病院に行ったほうがいいときの症状の見分け方 ここからは、めまいや頭がぼーっとするときに、この症状は病院へ行ったほうがいいのかどうか見分ける方法についての情報をシェアしていきます。 ストレスなども原因となるこれらの症状ですが、次のよう様子が見られたら病院へ行ったほうがいいと考えられます。 個人的にうつ病経験者で、医師の元へ通わず薬も飲まないで治した経験を持っているので、経験からうつ病である場合、自らの生活スタイルや食生活の改善をやりながら、自分がこれまで読んだことがないジャンルの本などを積極的に読んでみたり、会ったことがないような方に出会っていき、自分の中の枠を広げる行動をしたほうが薬で抑え込むよりは、サクサクと症状が改善する可能性があることを一言付け加えておきますが、医師の力を必要とされるかたもいます、ケース・バイ・ケースなので、個人的経験談をシェアさせていただきました。 脳梗塞という病気が原因となって、めまいや頭がぼーっとするなどの症状が出ている場合、一緒に次の様子が見られたら注意&検査をおすすめします。 手足が動かない、言葉が喋りにくく力が入らない、頭痛などがある場合は、くも膜下出血が原因となっている場合もありますので、これらの症状が見られたら、 医師の元へ行きましょう。 脳卒中という病気が考えられる場合は、次の様子が見られます。 聴神経とは、脳から出る12対の神経のうちの一つです! めまいがするという症状で、30~40代の女性に多い病気がメニエール病ですが、これはストレスがきっかけとなって発症することが分かっていて、最大の問題は発作を繰り返すことで聴力が低下していきます。 激しいめまいが頻発し、20分~数時間続く、一緒に耳が詰まった感じや耳鳴り、吐き気があるのなら耳鼻科に行ってみましょう。 基本的には、めまいや頭がぼーっとするなどの症状が続く場合、受診する科は脳外科か耳鼻科だと言われています。 まとめ 今回は、なんだか頭がぼーっとする、めまいの原因について情報をシェアしてきましたが、特にこれらの症状は普段から日常で感じやすいものなので、あまり気にしないという方もいるかと思います。 ですが、中には放おっておくと難聴になったり、重大な脳の病気などが潜んでいる可能性があり、油断できない面もあります。 ですから、あまりにもひどい頭痛や嘔吐、手足のしびれなどが感じられるのなら、一度受診することを考えると安心ではないでしょうか? 頭がぼーっとするという状態は、非常に分かりづらい症状でもあり、殆どの人がそれほどひどいことはないだろうと考えてしまうかと思いますが、重大な病気が潜んでいる可能性は否定出来ません、さまざまな可能性を考慮に入れて判断されるようにしてください。 良性突発性頭位めまい症などはそれほど心配の要らない病気だと考えられていますが、素人判断で決めつけることのないようにし、まさかの可能性も考え慎重に対処されるようにしてください。 今回は、頭がぼーっとする原因は病気やストレスなのかといった情報をまとめてシェアしていきました! <ブログライターkomichiからのお願い> 本サイト「働く女性の味方. com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。 この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。 20代・30代・40代OLの働く独身女性応援サイト 働く女性の味方. comでは、気になるあの女優さんはなぜ美肌なのか?あんな髪型にしたい!メイクをまねしたい!などの美容コラムから恋愛・仕事・芸能・ファッション・ニュースの最新情報まで幅広く配信していきます。 20代の方は仕事よりも美容や恋愛・ファッションに興味があったり、30代の方は少し社会人経験が長くなり仕事のキャリア、そして結婚・婚活を意識される世代。 40代は、恋も仕事も一通り経験されて独身女性の方も結婚されている方も人生そのものを見据える時期だと思います。 ただ、当サイトの目的は、20代であれ30代であれ40代であれ「働く女性」の皆さんへ世代を超えてお役立ち情報を様々なジャンルに渡ってお届けすることです。 働くOLの皆さんが当サイトを通して、恋に仕事によりよいライフスタイルが送れるきっかけになれば幸いです。

次の