歴戦 の 昏 き 牙。 カスタム強化素材一覧

カスタム強化素材一覧まとめ MHWIBモンハンワールドアイスボーン

歴戦 の 昏 き 牙

メインで使うことになるLv3散弾の攻撃力を上げ、装着数を増やすことができます。 安定して攻略することを目的としているので「 ガード強化」や「 ガード性能」のスキルを採用しました。 もし必要なければ、護石を「 業物の護石」に変更しましょう。 4スロットの装飾品で「+体力珠」のスキルが付いている装飾品が揃っていれば、もう少しスキル構成に幅が出ます。 「痛撃・体力珠」の装飾品があるならば、そちらを採用しましょう。 「痛撃珠」が1つでもあれば作成可能な組み合わせとなっています。 ()で区切られている装飾品は比較的レアな装飾品です。 なければ別の装飾品を付けましょう。 装飾品がある程度揃っていれば、上で紹介した装備とほぼ同じスキル構成にすることができます。 しかし、空きスロットの数が少ないので拡張性はありません。 そこが上の装備との違いです。 ただし、「超心・体力珠」が必要なので作成難易度は高め。 装飾品が足りなかったので「攻めの守勢」をレベル2で妥協しました。 反動が「中」の場合は弾8発撃ちきるのに約8秒。 それに対し反動が「小」の場合は弾を撃ちきるのに約6秒です。 たった2秒の差しかありませんが、体感でも分かるくらい差が出てしまいます。 攻撃チャンスを増やすため「反動抑制パーツ」を付けておきましょう。 シールドパーツ 散弾ヘビィに「 シールドパーツ」は必須です! 必ず1つ以上は積んでおきましょう。 ヘビィボウガンは移動が遅いので、基本的にはモンスターの攻撃をシールドで受け止めながら立ち回ることになります。 モンスターによってはシールド1枚でも充分だったりするので、その分は「近接射撃強化パーツ」を積みましょう。 特殊照準パーツ アイスボーンで追加されたボウガン用のスコープ「 特殊照準パーツ」についてですが、ヘビィボウガンを使い慣れていない人は無理に付ける必要ありません。 照準を合わせ、超適正距離の位置を保ちながら攻撃すると与えるダメージが増えるパーツなのですが、かなり使いにくいです。 安定性に欠けるので慣れないうちは外しておきましょう。 オウガ砲はスコープなしでも十分すぎるほどに強力です。 カスタム強化 カスタム強化は「 回復能力付与」がオススメです。 なるべく武器を収めて回復するという動作を減らしたいので回復カスタムを採用しています。 「傷つけ」て肉質を柔らかくする前提で立ち回ることになるので「会心率強化」はあまり必要ないかも? スキル構成によって使い分けてください。 効率的に装飾品を集めよう! 散弾ヘビィを使えば歴戦個体を 10分以内で周回できるので、かなり効率的に装飾品を集めることができるでしょう。 周回するのに疲れた方は散弾ヘビィを担いでみてください。 なぜ皆がヘビィボウガンを使っているのか、その理由が分かると思います。 ちなみに、メインの太刀で戦うと10~15分かかります。 ちょっと複雑な気持ち..。 相性の良いモンスター 散弾ヘビィと相性が良いと感じたモンスターは「 テオテスカトル」と「 イヴェルカーナ」です。 テオはほとんど地上にいるので撃ち放題。 イヴェルカーナも意外と戦いやすく、攻撃チャンスが多いように感じました。 この2体であれば、上手い人ならおそらく 5分を切ることができるでしょう。 相性の悪いモンスター 逆に、相性が悪いと感じたモンスターは「 ナナテスカトリ」です。 テオの親戚だから似たようなものだろうと思ったのですが、無事に3乙しました! 奴は「風圧+スリップダメージ」という超極悪な攻撃を連発しています。 シールドを付けても防ぎきれないので、気が付いたら体力が半分以下になっていることが多々あります。 移動が遅く、納刀時間が長いヘビィボウガンとは相性最悪です。 素直にメイン武器を担いだ方が良いでしょう。 戦い方の注意 散弾ヘビィで戦う際は、基本的にモンスターの顔を狙います。 モンスターの弱点部位以外を攻撃しても、ほとんどダメージが入らないので注意しましょう。 また、散弾ヘビィは火力を出すために、クラッチクローからの武器攻撃で傷をつける必要があります。 モンスターの顔が常に傷ついている状態を保ちましょう。 散弾Lv3の調合分アイテムも忘れずに。 ショートカット登録をしておくと便利です。 まとめ 散弾ヘビィ「王牙砲(震雷)」の装備紹介をさせていただきました。 めちゃくちゃ強いです! ヘビィボウガンの扱いに慣れれば、ソロで歴戦古龍を5~10分で討伐することができます。 効率的に装飾品を集めたい人は散弾ヘビィを担いでみてください。 他にも、覚醒武器を使用した散弾ヘビィ装備の紹介もしています。 参考までにどうぞ!.

次の

【MHWアイスボーン】カスタム強化の素材一覧と入手方法

歴戦 の 昏 き 牙

元から会心率の高い武器やタイムを意識する場合は攻撃力強化も選択肢に入るが、基本的には回復か会心率がおすすめだ。 元から会心率が高い武器には攻撃力強化 タイムアタックやとにかく高火力を出したいなど、回復能力付与が選択肢に入らない場合は攻撃力強化がオススメ。 それまでは利用できないので、ストーリーは素の武器防具性能で戦おう。 ワールドまでのカスタム強化は消える カスタム強化した上位 レア8以下 武器を レア9以上に強化すると、カスタム強化は消えてしまう。 強化するためには仕方ないことだが、マスターランク序盤のうちは注意しよう。 龍脈石は必要ない ワールドのカスタム強化には龍脈石が必要だったが、マスターランクでは使わない。 龍脈石の代わりに 導きの地素材を求められるようになる。 導きの地でモンスターを狩ったり、採取にいそしもう。 武器のカスタム強化の仕様 武器カスタムの仕様まとめ• 武器種ごとでの違いはない• 最終派生武器のみカスタム強化可能• 決められたカスタム枠の中でやりくり• カスタム枠は拡張できる• カスタム強化は巻き戻せる• パーツ強化で見た目と性能を強化 武器種ごとでの違いはない カスタム強化は全武器種が可能かつ、武器種によって強化項目が異なることもない。 属性・状態異常強化に限り僅かな違いがあるが、武器種内での格差はほとんどない。 あえて差を挙げるなら回復能力付与 カスタム強化の「回復能力付与」は、与えたダメージに応じて体力が回復する効果。 このため 一撃が重い武器は回復しやすく、連続攻撃が前提の武器は瞬間的な回復に期待できない。 最終派生武器のみカスタム強化可能 カスタム強化は最終派生武器にしかできず、強化途上の武器は対象外となる。 覚醒武器は入手した時点で最終派生扱いなので、すぐにカスタム強化可能な利点を持つ。 もちろん、生産武器と覚醒武器で強化項目や数値に違いはない。 決められたカスタム枠の中でやりくり マスターランクではそれぞれのカスタム強化にコストが設けられ、武器のカスタム枠に収まる範囲で強化可能。 例えば、カスタム枠が5つある武器には、コスト3の攻撃力強化と、コスト2の会心率強化を組み合わせて強化できる。 カスタム強化の効果 カスタム 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 スロット強化 装飾品のスロット追加 回復能力付与 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 カスタム枠は拡張できる 素材と調査ポイントを使うことで、カスタム枠は拡張可能。 一度拡張した枠は巻き戻せず素材も返ってこないので、よく使う武器を優先して枠拡張しよう。 必然的にカスタム強化の伸びしろも優遇されるので、武器種によってはレア12武器をしのぐレア10武器も存在する。 カスタム強化は巻き戻せる 武器のカスタム強化は巻き戻し可能で、 素材も返ってくる。 この性質を利用すれば「双剣を始めてみたいから、片手剣のカスタム強化を戻して素材を回収しよう」といったリサイクルもできる。 パーツ強化で見た目と性能を強化 パーツ強化は、カスタム枠を使わずに武器を強化できる機能。 武器種ごとにパーツ名が微妙に異なるが、効果は同じで見た目も変化する。 ただし、パーツ強化は全ての武器が可能ではない。 パーツ強化の効果 パーツ 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 切れ味強化 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 防具のカスタム強化の仕様 防御力の上限を解放できる.

次の

MHWアイスボーン 王牙砲【震雷】が最強すぎる散弾ヘビィ装備紹介。シールドパーツ・近接強化パーツは何個?カスタム強化は?ラージャン装備追加│ハトガジェ!

歴戦 の 昏 き 牙

ゲーム 2019. 04 2019. 06 Tomoyuki 【モンハンアイスボーン】導きの地の攻略まとめ【MHWI】 こんにちは。 Tomoyuki()です。 モンスターハンターワールド:アイスボーンのストーリーをクリアした後は、 「 導きの地」という エンドコンテンツで遊ぶことが可能です。 そんな導きの地を進めることで、いくつかの 未発見モンスターの狩猟や、導きの地で入手可能な素材から 武具の作成できるほか、 武具のカスタム強化も可能です。 ただし、 エンドコンテンツであり周回要素が強いため、さらなる強さを求めてやり込み要素も堪能したい人向けなので注意しましょう。 ということでこの記事では、そんな「導きの地」についてまとめます。 リオレウス• ナルガクルガ• ディノバルド• ディアブロス• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• 繁栄の結晶を入手するには? 繁栄の結晶については、森林地帯で 鉱脈レベルが「橙」以上で入手可能です。 森林地帯の採集ポイントとしては下図通りで、鉱脈と骨脈がランダムで出現します。 階層3にある森林地帯(エリア7)の採集ポイントは上図の通りです。 階層2にある森林地帯(エリア6)の採集ポイントは上図の通りです。 鉱脈や骨塚が出現している場合 鉱脈の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 骨塚の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 導きの地の鉱脈・骨塚・大鉱脈・大骨塚の採集ポイント(MAP)まとめ 階層3 【森林地帯】 【氷雪地帯】(Ver. 01で追加) 階層2 階層1 【瘴気地帯】 【溶岩地帯】(Ver. その後は使っている武器種によってはリオレイア希少種、リオレウス希少種、ティガレックス亜種の防具が強力でおすすめなので、荒地地帯or陸珊瑚地帯or瘴気地帯のいずれかをLv6にして狩猟するのがおすすめです。 Ver. 01(2019年10月10日〜)からは溶岩地帯、Ver. 01(2019年12月5日〜)からは氷雪地帯が追加され、それぞれ新しいモンスターも追加されています。 具体的には、 地帯レベルが4以上になると対象のモンスターから歴戦個体が出現するようになるため、もしその対象モンスターの 通常個体を狩猟して得られる素材が欲しい場合は、地帯レベルを下げる必要があります。 例えば森林地帯Lv4以上にすると歴戦トビカガチが出現(おびき出しも歴戦化)しますが、もし通常個体のトビカガチを狩猟したければ森林地帯をLv3以下に下げる必要があります。 以前は地帯レベルを下げるのは結構大変でしたが、 Ver. 01からは地帯レベルを簡単に下げられる機能が追加されたので、地帯レベルを下げたい場合はその機能を使いましょう。 尚、一部の素材は除き、 一度素材を入手しておけばマカ錬金で交換できるようになるため、 地帯レベルを上げる前に通常個体から得られる素材は一つ以上入手しておくのがおすすめです。 関連記事👇• 地帯Lv5:MR50以上• 地帯Lv6:MR70以上• 地帯Lv7:MR100以上 また、それぞれの地帯におけるレベル上限は7までですが、 全ての地帯を同時にLv7にすることはできないので注意しましょう。 6種類(森林、荒地、陸珊瑚、瘴気、溶岩、氷雪)ある 地帯のレベルを合計して27までになるように調整される仕様になっているため、合計値が27を超えそうな場合は他の地帯レベルが下がります。 Ver. 01から 地帯Lvを固定(全て固定される)できるようになったため、変動させたくない場合は固定して下さい。 地帯レベルを簡単に上げるには? Ver. 12時点の仕様では、地帯レベルを1から4にするのは比較的簡単(2〜4匹狩猟で1レベル上がる感じ)ですが、地帯レベルが上がるとレベルが上がりにくくなる使用のため、5から7にするのは結構大変(8〜10匹以上狩猟で1レベル上がる感じ)です。 ただし、地帯レベルが低いプレイヤーの救難信号に参加することで、地帯レベルが低い時と同様に簡単にレベルを上げることが可能です。 Ver. 01(2019年10月10日〜)の調整により、 地帯Lv3以降もレベルが上がりやすくなりました。 部位破壊を沢山したり、何回も(調合分も含めて)罠にはめると簡単に地帯Lvを上げられます。 次に「救難信号クエストに参加」を選択します。 検索条件の設定画面が表示されるので、条件を指定して検索します。 特に 受注・参加条件については、 救難信号を発信したプレイヤーのMRを指定する条件となっているため注意しましょう。 Ver. 例えば森林地帯のレベルを上げたい場合は、上図のように「受注・参加条件」や「探索目的」を指定して検索します。 導きの地の地帯Lvを固定する方法(Ver. ポップアップが表示されるので、「はい」を選択します。 全域マップの導きの地を確認すると、鍵マークがつくので固定されていることを確認できます。 尚、Ver. 01からは 導きの地に滞在中でも環境を固定可能です。 導きの地の地帯Lvを下げる方法(Ver. 例えば荒地地帯のレベルを1下げた場合は上図の通りです。 また、荒地地帯をLv1まで下げると上図のようになります。 導きの地の各地帯のLv別出現モンスターの一覧まとめ モンスター名 通常素材 歴戦素材 ドスジャグラス 雄々しきたてがみ — クルルヤック 艶やかな飾り羽 — プケプケ 甘く香り立つ毒喉袋 歴戦の猛毒喉袋 プケプケ亜種 潤いに満ちた喉袋 歴戦の大水喉袋 ボルボロス 泥の王冠殻 歴戦の王冠殻 トビカガチ まばゆい雷光針 歴戦の雷光針 トビカガチ亜種 妖艶な猛毒針 歴戦の猛毒針 バフバロ 古強者の巨大な角 歴戦の巨大な角 アンジャナフ ゆらめく炎の毛皮 歴戦の炎毛皮 アンジャナフ亜種 ざわめく雷の毛皮 歴戦の雷毛皮 リオレイア 女王の竜鱗 歴戦の竜鱗【緑】 リオレイア亜種 桜花の竜鱗 歴戦の竜鱗【桜】 ツィツィヤック ギラつく閃光膜 — パオウルムー 超弾力ゴム殻 歴戦のゴム質殻 パオウルムー亜種 漆黒の高級毛皮 歴戦の黒毛皮 ドスギルオス 闇夜の頭巾殻 — ラドバルキン 墨染めの重油殻 歴戦の重油殻 ドドガマル 重量級の大顎 — ヴォルガノス 灼熱の溶岩ヒレ 歴戦の溶岩ヒレ ウラガンキン 金属質な耐熱殻 歴戦の耐熱殻 イャンガルルガ 禍々しい銀狼毛 — 傷ついたイャンガルルガ — 歴戦の銀狼毛 ベリオロス 冷血の氷牙 歴戦の氷牙 レイギエナ 滑らかな氷皮 歴戦の氷皮 凍て刺すレイギエナ 凍てつく氷結皮 歴戦の氷結皮 オドガロン 命断ち切る惨爪 歴戦の惨爪 オドガロン亜種 魂切り裂く兇爪 歴戦の兇爪 リオレウス 王者の竜鱗 歴戦の竜鱗【赤】 リオレウス亜種 蒼天の竜鱗 歴戦の竜鱗【蒼】 ディアブロス 勇壮なねじれた角 歴戦のねじれた角 ディアブロス亜種 暴君の黒巻き角 歴戦の黒巻き角 ナルガクルガ 暗殺者の刃翼 歴戦の刃翼 ディノバルド 灼熱の断剣尾 歴戦の断剣尾 ディノバルド亜種 研ぎ澄まされた斬鉄尾 歴戦の斬鉄尾 ブラキディオス つややかな黒曜甲 歴戦の黒曜甲 ティガレックス 強者のアギト 歴戦のアギト ティガレックス亜種 戦慄の黒アギト 歴戦の黒アギト ジンオウガ みなぎる雷電殻 歴戦の雷電殻 紅蓮滾るバゼルギウス 紅蓮の爆鱗 歴戦の爆鱗 怒り喰らうイビルジョー 血に染まる漆黒皮 歴戦の漆黒皮 キリン 荘厳なる蒼角 歴戦の蒼角 テオ・テスカトル 獄炎のたてがみ 歴戦の紅きたてがみ クシャルダオラ 嵐を呼ぶ鋼翼 歴戦の鋼翼 ナナ・テスカトリ 蒼炎のたてがみ 歴戦の蒼きたてがみ イヴェルカーナ 極光の冠角 歴戦の冠角 死を纏うヴァルハザク 宵闇より昏き牙 歴戦の昏き牙 ネロミェール 幻惑する特上皮 歴戦の幻惑皮 悉くを殲ぼすネルギガンテ 生者必滅の大剛角 歴戦の殲滅角 リオレイア希少種 月光の竜鱗 歴戦の竜鱗【金】 リオレウス希少種 烈日の竜鱗 歴戦の竜鱗【銀】 ジンオウガ亜種 ほとばしる滅龍殻 歴戦の滅龍殻 ラージャン 闘気あふれる煌毛 歴戦の 煌毛 モンスターから入手可能な骨素材 素材 対象モンスター 龍脈の強竜骨• ドスジャグラス• プケプケ• トビカガチ• アンジャナフ• クルルヤック• ボルボロス• リオレイア• パオウルムー亜種• ツィツィヤック• パオウルムー• リオレイア亜種• プケプケ亜種• ドスギルオス• ラドバルキン• バフバロ• ドドガマル• トビカガチ亜種 龍脈の重竜骨• リオレウス• ナルガクルガ• ディアブロス• ディノバルド• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• アンジャナフ亜種• ヴォルガノス• ウラガンキン• ブラキディオス• ベリオロス 龍脈の剛竜骨• リオレウス亜種• ジンオウガ• イャンガルルガ• ディアブロス亜種• ディノバルド亜種• リオレイア希少種• オドガロン亜種• リオレウス希少種• ティガレックス亜種• 怒り喰らうイビルジョー• 紅蓮滾るバゼルギウス• ラージャン• 凍て刺すレイギエナ• ジンオウガ亜種 龍脈の古龍骨• クシャルダオラ• テオ・テスカトル• ナナ・テスカトリ• キリン• ネロミェール• 死を纏うヴァルハザク• イヴェルカーナ• 悉くを殲ぼすネルギガンテ 霊脈の重竜骨• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈の剛竜骨• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ• 歴戦ジンオウガ亜種 霊脈の古龍骨• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ モンスターから入手可能な玉素材 素材 対象モンスター 霊脈玉のかけら• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈玉• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ 大霊脈玉• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ• 歴戦ジンオウガ亜種 マカ錬金で交換可能な導きの地の素材一覧まとめ 導きの地の出現モンスターを簡単に入れ替える方法 導き地を探索する前に 全域マップから出現モンスターを確認できますが、狩猟したいモンスターがいない場合は、 クエストのクリアや探索をすることでモンスターの入れ替えが可能です。 おすすめの方法としては探索をすることで、狩猟したいモンスターが出現するまで何度も行き先を変更すれば、 モンスターを簡単に入れ替えることが可能です。 探索エリアに到着後、再度導きの地の出現モンスターを確認すれば、出現モンスターが入れ替わっています。 尚、探索するエリアはどこでもいいですが、ロード時間が比較的短いと言われている 「陸珊瑚の台地」or「瘴気の谷」or「龍結晶の地」のいずれかのエリアを交互に行き来するのがおすすめのようです。 導きの地の特殊痕跡とモンスターのおびき出しについて 導きの地では特殊痕跡を入手して解析が完了すると、特殊痕跡を消費して対象のモンスターをおびき出すことが可能です。 そんな特殊痕跡の入手から解析が完了するまでの流れは次の通りです。 導きの地で遊んでいて たまたまリオレウス希少種の特殊痕跡を入手できたので、おびき出して捕獲するまでを動画にしています。 具体的にどうやるのかを確認したい方は、よければ動画を参考にしてみて下さい。 導きの地素材によるカスタム強化まとめ 導きの地で各種素材を集めることにより、 レア度10〜12の武器、レア度9〜12の防具のカスタム強化が可能になります。 武器を加工屋でカスタム強化する際の画面例は上図の通りです。 武器のレア度に応じて決まったカスタム枠数が決まっており、強化内容に応じてカスタム枠が埋まります。 カスタム枠の拡張を除き、カスタム強化をしても戻すことが可能で、戻した場合も素材が戻ってくるため、 様々な組み合わせを気軽に試すことが可能です。 尚、武器のカスタム強化については 基本的に回復能力付与がおすすめです。 ストーリークリア後のやり込み要素なので無理にやる必要はありませんが、さらなる強化を求めてやり込む人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

次の