鉛筆の芯 英語。 鉛筆削りで削っている途中で芯がポキポキ折れて削れない『買い替えで解決』

鉛筆の芯の成分は何?|芯の濃さ、硬さは何が違うの?

鉛筆の芯 英語

Contents• 鉛筆をなめる なぜ鉛筆をなめたのか? 鉛筆の先をなめるシーン、テレビの昔の場面などで見たことある人も多いと思います。 今の鉛筆は質が良く、書き味もいいのでなめるという行動をとる人はほとんどいないと思います。 それになめようと思いもしないですよね。 ところがです。 昔の鉛筆は質が悪く、字がかすれてしまうことがよくありました。 その時に 鉛筆をなめて芯を湿らせると、また黒くかけるようになったのでした。 また質が悪いために、 鉛筆の先をちょっとなめて、滑りがよくなり書きやすくなったり、逆に芯の部分が滑ってしまって書けなくなったのを、湿らせて書けるようにしたそうです。 今の鉛筆は書けなくなるなんてことまずないので、そうゆう時代を経て、鉛筆も進化しているってことですね。 慣用句としての『鉛筆をなめる』の意味 この『鉛筆をなめる』という行動から、次第に慣用句として使われるようになりました。 数字を操作してごまかす、とうい俗語 鉛筆をなめるとよく書けるので、書類を書く時などに鉛筆をなめるのが癖のようになっていた人もよくいました。 ここから 『鉛筆をなめる』が書類を書くこと、更には書類を操作することという意味になっいったのだそうです。 これは 書類上の数字を自分たちの都合のいいようにごまかすような意味合いで、あまりいい表現ではありません。 でも逆に良い意味もあるんですよ! スポンサードリンク 一生懸命書く、考えながら書く、丁寧に書く こちらは良い意味合いのほうです。 『鉛筆をなめる』というよりは、『鉛筆をなめなめ』という使い方をします。 鉛筆の質が悪く、書いているうちに字が薄く書けなくなることがよくありました。 そのたびに鉛筆の先をなめては書き、なめては書きと 一生懸命書いたということからこの意味になりました。 そしてそこから更に、 考えながら苦労して書くという意味でも使うようになっていったのです。 また 鉛筆をなめながら書くということは、走り書きではなく、丁寧に濃く書きたいということから、 丁寧に書くという意味にもなりました。 鉛筆の歴史 そしたらせっかくなので、鉛筆の歴史についてもちょっと触れみたいと思います。 世界最初の鉛筆は今から 450年以上も前に作られたのだそうです。 イギリスのボローデール鉱山で質のよい黒鉛が発見され、筆記具として使われるようになり、 世界最初の鉛筆が作られました。 ボローデール鉱山の黒鉛が掘り尽くされたあと、黒鉛の粉末と硫黄を混ぜたものが考案されました。 その後黒鉛の粉末と硫黄などで芯が作られ、またさらに硫黄の変わりに粘土に黒鉛を混ぜて芯が作られるようになっていったのです。 そして粘土と黒鉛の混合比率を変えることで、芯の硬さが変わることが発見されたのでした。 このとき基本的な鉛筆の作り方が確立され、今に至っているということです。 ところで、鉛筆は「鉛の筆」と書きます。 なので、鉛が入っているなら「鉛筆をなめるなんてとんでもない!危険だ!」と思いますよね!! でも安心してください。 鉛筆には鉛は使われていません。 黒鉛は炭素で、炭素と粘土からできているので、危険はないということです。 では、なぜ「鉛筆」という名前なのでしょうか。 古代のローマで、 鉛筆の原型といわれている鉛でできた「Lead Pencil」と呼ばれる筆記具が使われていました。 (「Lead」は「鉛の~」という意味です) この後黒鉛で作られた鉛筆になっても、名前はそのまま使われ、日本にも伝わってきたのです。 日本に伝わったとき、「Lead Pencil」は「鉛筆」と訳され、今もそのまま使われているというわけです。 まとめ 「鉛筆をなめる」という言葉には、そのままの行動としても意味と慣用句としての意味があります。 行動・・・ 昔の鉛筆は質が悪く、鉛筆の先をなめて湿らせることでよく書けた• 慣用句その1・・・ 「数字を操作してごまかす」• 慣用句その2・・・ 「一生懸命書く、考えながら書く、丁寧に書く」 同じ言葉でも、使い方によって全く意味が変わってくることがわかりました。 そして、鉛筆には長い歴史があります。 また、鉛筆という名前から鉛が入っているのではないかと心配してしまいましたが、鉛筆が黒鉛(炭素)と粘土でできていることがわかり、一安心ですね。 名前の由来は、古代ローマで使われていた鉛筆の原型である「Lead Pencil」が名前だけがそのまま使われて、日本にも伝わり「鉛筆」と訳されたということでした。 『鉛筆をなめる』という何気ないような言葉1つにも由来があり、そうゆうことを知ることはなんだか楽しいですね。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

次の

芯って英語でなんて言うの?

鉛筆の芯 英語

pencil core• : pencil• : core• : propelling pencil refill• : pencil lead holder• : black propelling pencil refill• : red propelling pencil refill• : blue propelling pencil refill• : cartride; die mine -n• : pencil 半硬鉛筆 medium pencil; 彩色鉛筆 coloured pencil; crayon; 軟鉛筆 soft pencil; 硬鉛筆 hard pencil; 那封信是用鉛筆寫的。 that letter was written in pencil. 你在課堂上記筆記通常用鋼筆還是鉛筆? do you usually take notes in class with a pen or pencil? ; 鉛筆刀 small knife for sharpening pencils; pen-knife; 鉛筆盒 pencil-case; 鉛筆畫 pencil drawing; 鉛筆尖 nebi; 鉛筆心[芯] lead in a pencil ; black lead• : eyebrow pencil refill• : novolin 30r penfill• : star minen werk schreibgeraete; star-minen-werk gmbh schreibgeraete; star-minen-werk gmbh, schreibgeraete• : ball point pen refill; die mine -n; refill for ball-point pen• : flattened pencil• : red pencil• : sharpened pencil• : one show• : blue pencil• : pencil• : eastern red cedar; juniper bush; pencil cedar; red cedar juniperus virginiana l. ; redcedarjuniperusvirginianal• : pencil eraser• : pencil slat• : pencil factory• : pencil knife; pencil sharpener; penknife• : a pencil line tract• Pencil points or divider points for standard drawing instruments 標準繪圖儀 鉛筆芯或分度器• Mechanical pencils. part 3 : black leads. bending strengths of hb leads 機械鉛筆. 第3部分:石墨. hb 鉛筆芯彎曲強度• Leads for drawing instruments 繪圖儀用 鉛筆芯• Remill the penpiont after every scrape. repeat operation five test by the same grade pencil 每刮劃一道,要對 鉛筆芯的尖端進行重新研磨,對同一硬度標號的鉛筆重復刮劃五道。 A new enzymatic electrode for glucose determination was developed by codepositing glucose oxidase into the polymer from electrochemical oxidation of dopamine da on a pt - modified 8b pencil lead electrode , followed by electrochemically depositing an outer poly o - aminophenol film , which exhibited very good performance , such as fast current response , high sensitivity , broad linear range , excellent stability and good anti - interferent ability for ascorbic acid and uric acid 摘要市售8b 鉛筆芯經鍍鉑處理后,將葡萄糖氧化酶共沉積到新型多巴胺電氧化聚合膜中,最外層再修飾聚鄰氨基酚薄膜,研制出新型葡萄糖氧化酶修飾電極用于葡萄糖檢測。

次の

鉛筆

鉛筆の芯 英語

「F」は「fine(細書き)」の略であり、このことに関しては 私の見解と異なることですので・・・ しかも国中の多くの人、とりわけ英語の学習者にとっては「良 くない放送」でしたのでNHKに丁重な手紙を認めたのですが 「なしのつぶて」で、二度目の手紙にも返事が無く、業を煮や して、2ヶ月経った或る日、三度目の手紙を書きました。 やっと返事が来たと思ったら・・・ (佐香さんの激怒の文が続くので省略)・・それを見て、 「これ以上こんな人を相手にしてもしょうが無い」と思いました。 別紙のようなことが私見です。 英語は私たちにとっては母語ではありませんし、いつまで経っ ても私も学習者の一人です。 ですから、正しいことと間違いとがあったら、私は、躊躇せず 「正しいこと」を選びます。 過去にも私が了解している事柄にも間違いがあったようですの で訂正もし、お詫びもし、潔く謝ってきたつもりです。 古来より「過ちを改むるに憚るなかれ」と言われ続けてきたの ですが・・・ だから日本は外国人から馬鹿にされるのだと思います。 相変わ らず、外国には通じない「和製英語」を後世大事にしていますし・・・ とまあ、こういう内容のお手紙をいただいたんですね。 NHK連続クイズ「ホールドオン!」というのは見たことがな いのですが、クイズ番組ですよね。 そのクイズ番組で出された回答が間違っているのではないかと いうのが佐香さんのご意見でした。 佐香さんの私見を紹介する前にNHKの番組をはじめ、鉛筆の 会社はどう言っているのかを見てみましょう。 まずは鉛筆の業界団体と思われる日本鉛筆工業協同組合のQ& Aです。 「もっと知ってね!鉛筆のこと」 芯の硬度・濃度とは? 鉛筆の芯の濃さと硬さを表す6Bから9Hまでの記号をいいます。 鉛筆の芯は、黒鉛と粘土の割合によって、硬いものから軟らかい ものまであり、例えばHBでは黒鉛65%に対して、粘土35%です。 芯の硬度は6Bから9Hまで17種類あり、硬い芯はHardの頭文字Hを 使い、軟らかい芯はBlack の頭文字Bで表されます。 その中間にFがありますが、これはFirm(ひきしまった)の頭文 字を使っています。 日本工業規格(JIS)では、HBなどを硬度記号と言わず濃度記号 と言っています。 しかし歴史的に表面強度の引っ掻き強さの基準として、鉛筆が使 われていました。 この事からも、一般的には硬度と言う表現が適 していると考えられています。 業界団体、皆がよく知る大手企業も「しっかりした」「ひきしま った」と訳こそ違えど、 黒しん鉛筆は17種類・・・硬度記号6Bから9Hに至るまで硬さが 増加し、9Hから6Bまでの線の濃さが増加していくことを表す区 分記号。 中心硬度はHBである。 と鉛筆のJISには記されています。 鉛筆のJIS ストロングが「鉛筆のJIS」を参考にまとめると、こんな感じ。 いいですよね? もう1つ、BLACK(黒い)の略「B」は右に行けばいくほど 濃い。 これもいいですか? 問題は「F」です。 企業は 鉛筆の芯「F」は「fine(細書用)」の略である 早速、ストロング、三菱鉛筆株式会社のお客様窓口に電話。 一応、担当の女性には 「子供が辞書を引いた内容と御社の見解が異なって戸惑っている」 とちょび話を盛ってやさしく質問。 「Fはfirmというのは、辞書的な意味、すなわち正しい意味での 使用ではなく、御社が独自に名付け普及にあい努めているもの か? それとも「Fはfirm」というのが正しい、辞書が間違っ ているのだというのが御社の見解か? 聞かせてほしい」と。 「込み入ったご相談のようなのでご回答にお時間をいただくこと になると思います。 」 「そうなの・・・ファックスでもいいのでよろしくです」 回答は送られてくるだろうか? 楽しみですね。 もう1件、日本鉛筆工業協同組合に電話。 質問は同じ。 「あいにく事務局長が外出中で本日は戻りません。 明日ならいる と思います。 」 忙しいんだねえ、事務局長。 メルマガ書いているし、明日まで待てないんだけどなあ・・・・ とネットを見ていると、もう電話して話した人がいた!! 2009年3月6日 鉛筆の「F」っていう謎の存在について byイチカワさん Fは最新のもんじゃなく、昔からあるHとHBの間の濃さの鉛筆だ った。 ただ、疑問は残った。 どうして意味ありげに、Fなんていう別格っぽい記号がつけられ てるのか。 BとHだけで片付く話じゃないんだろか、と。 疑問を解決すべく、日本鉛筆工業協同組合に問い合わせたものの、 鉛筆の規格はドイツで決められたから、調べてみないと分からな いとのこと。 そこで、文献を探してみることに。 すると、鉛筆の歴史が詳しく 記されている『鉛筆と人間』(ヘンリー・ペトロスキー著)って いう本に、Fが誕生するまでの経緯が書かれていた。 19世紀、鉛筆の濃さの表し方は、国や業者によってさまざまだっ た。 数字で表す業者や、H(HARD)とS(SOFT)で表す業者など、 いろんな規格が乱立していた。 そんな中で、ロンドンにあるブルックマンっていう鉛筆製造業者 が、『B』と『H』で表示した鉛筆を作った。 画家が求める濃い鉛 筆のグループをB、製図者が好む硬い鉛筆のグループをHとして、 濃さと硬さのランクを数字で表した。 多くの人に使われ始めると、BとHの間にニーズがあることが分か って、いくつかの製造業者が『HB』を作った。 そして、HBとHの間 に『F』が作られた。 つまりBとHっていう、まったく別モノのラインが最初にあって、 その間の濃さを埋める過程の中でHBが生まれ、さらにFが生まれた。 濃さとしてはHHBなんだけど、3文字での表示はスマートじゃない からか、新しくFって記号が作られたってわけだ。 こうして、19世紀の段階ですでにFは誕生していた。 この記号は世の中に浸透し、しばらく乱立してた濃さの表示は、 20世紀になって統一されたという。 長く引用したが、肝心なのは、 ・・・私の友人の一人に早稲田大学の英会話時代の仲間で東後 勝明 とうごかつあき という人がいます。 彼はロンドン大学で学んだ後、その卓越した英語力を買われて 早稲田大学教育学部の教授として迎えられ、同時にNHKの英 会話番組も担当しました。 彼に頼んで、鉛筆の芯のことを色々と調べてもらったところ、 その返事が来ました。 東後勝明さんについては、 『ありのままを生きる』著者・東後 勝明 先生インタビュー 「いのち伝えることば」? 東後勝明氏の話 を参照ください。 上記のうち、特に「いのち伝えることば」は大変興味深い内容 なので、またどこかで取り上げてみたいと思っています。 今回の論争には関係ありませんが、ぜひ読んでみて下さい。 佐香さんが東後勝明さんに調べてもらった返事には・・・ OED(Oxford English Dictionary)は勿論のこと、Encyclopedic Dictionaryや、アメリカの辞書ではWebster's Third New English DictionaryやRandom House Dictionaryなど信頼できるものを 色々と調べてくれました。 その結果「やはり「Fはfine-leadの略」との結論に達したと いうことです。 また、日本で発行された様々な辞書も(歴史的に見ながら)点検 してくれたようで、 「いつ、どこで firm が紛れ込んだのか」 と大層いぶかっていました。 鉛筆の芯のことでは日本鉛筆工業協同組合の見解が全国に広まっ て「ウィキペディアにも書いてあるんだから」とか「インターネ ットに書かれているのだから」と受け止められているようです。 私は「だからこそ危ないのだ」と思っているのですが・・・ ここまで長々と鉛筆の芯について、手紙やインターネットでのこ とを書いてきて、読者のどれくらいの人が読み飛ばさずに読んで くれているのかを考えると「読んでねーだろうなあ」と思います。 まあ、それはストロングの責任ですな。 多くの方の日常生活に大きな問題があるわけじゃないし、中には 「だからどうした?」と声に出した方もいるかもしれない。 ストロングがこのことを長々と紹介しているのは、その姿勢につ いて考えてほしいから。 英語のことを真剣に考えている人がいる。 ここでは佐香さんです が、テレビのなんでもないクイズ番組の回答にドキッとして、そ れを手がかりに自分でも調べ、友人にも聞き、果たして自分の持 っている認識は正しかったのかどうなのか。 そのことを追求している姿勢を見てほしかった。 佐香さん、御齢73歳です。 多くの親が子供に対して勉強についてもその他についても 「自分からやってほしい」 と願い、希望し、そうなるためにはどうしたらいいのかと相談さ れます。 でも、実際にそうしている、お年を召しても厳しく追求している 佐香さんの、これは1つの事例ですが、その1つの事例さえも、 興味を持って読めずに 「自分からやってほしい」 と念仏のように子供に唱えたって、現状は何も変わりません。 アンテナをはる。 疑問に思ったら追求する。 自分で調べる。 人にも聞く。 世の中のすべての事象について、そうすべきだなんて言うつもり はありません。 なにか1つでいい。 英語に興味がある人なら英語に、政治なら政 治に、やれば、すべての基本は今回の佐香さんがたどってきた道 を辿ることになる。 ぜひなにか1つあなたに追求してほしい。 その姿を子供に見せてほしい。 なんなら、子供の素朴な疑問に愚直に付き合って追求してほしい。 「これっておかしくない?」「なぜ?」これが原点です。 これを原点に「しかし、おかしいと思うのは自分だけの感覚では ないのか?」とベクトルがまず自分に向く。 調べもせずに、聞きもせずに「お前らおかしいぞ!」って大声で わめき散らすのとは、ワケが違うのです。 そこなんですよね、今回の佐香さんの話で感じてほしかったのは。 だから、長い話になっているけど、読んでいただく価値は大いに あると思っています。 『10の鉄則』なども含め、色々と教材を自分たちで販売してい るわけですが、そのラインアップに自分たちのものではない佐香 さんの「英語のエキス」が唯一あるのは、今述べてきたことを含 めて佐香さんの英語への姿勢を私たちがリスペクトしているから です。 さて、最後に佐香さんのお手紙の最後の部分を紹介して締めます。 何年前だったでしょうか・・・スーパーアンカーシリーズの英和 辞典や和英辞典を編纂している明海大学の山岸勝榮先生から受け 取った手紙には 「親亀こけたら子もこけた」 と誤りの元となっている「コト」が広まっていることの怖さ が書いてありました。 その後に来た手紙には、 「当たり前のことを当たり前に主張していく必要を英語教育のさ まざまな点に感じます」 と書かれており、「誤りがはびこっていて、著名な先生でも、や りきれないことがたくさんあるのだなあ」と思ったことがあります。 鉛筆の芯のことでは「日本鉛筆工業協同組合」が親亀に当たるの でしょうか。 手紙に出てきた明海大学の山岸勝榮先生のブログには、佐香さん の疑問点について「鉛筆の芯の硬さとFの略号」と題して先生ご 自身の見解を載せられています。 山岸教授の日英語サロン:鉛筆の芯の硬さとFの略号 【関連サイト】 山岸勝榮 英語辞書・教育研究室 山岸勝榮先生、こんなことを書いておられます。 現在高1の子供が中学受験の頃から、毎回興味深く拝読しております。 さて、「FはfirmのF」の件、私も引っ掛かりを感じていました。 私は1961年生まれですが、小学生の頃、Fって何?と思って、兄達 9歳上と6歳上 に訊いたら「fineのFだ」と教えられました。 Fを使うと、ノートの字がきれいに見えるとも教えられて、Fを愛用していました。 TVのクイズ番組で「firm しっかりした のF」が正解になっていて、 「えー、いつからそういうことになったんだ? 私はずっと間違えて覚えてたのか? 子供にも間違えたこと教えちゃってた? マズイ、マズイよ~」と。 ネットで検索しても鉛筆メーカーが「firm」説。 WISDOMをみると、筋肉のように弾力のある固さ、とある。 HBでは柔らか過ぎて、書いたあとを擦ってしまうと黒くなる、Hでは薄すぎる。 細かい字をスッキリくっきり書きたい需要があってできたものだろうと想像します。 美大出身のイギリス人の友達がいるので、今度、訊いてみますね。 そうしたらまたメールさせて頂きたいと思います。 まだまだ暑さの厳しい折柄、どうぞご自愛下さい 関連記事.

次の