サザエ さん ヒトデ。 サザエさんの家系図にない、ヒトデちゃん・サンゴちゃんって誰?

サザエさん:磯野家幻の8人目・ヒトデちゃんが実写ドラマで65年ぶり登場 “家族写真”が初公開

サザエ さん ヒトデ

ドラマ「明日、ママがいない」などで知られる女優・が同キャラクターを演じる。 フグ田ヒトデは、サザエ&マスオ夫妻の第2子でありタラオの妹。 1954年発刊の雑誌「漫画読本」の創刊号に掲載された1コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に一度だけ登場しており、その後の漫画やアニメでは一切描かれてない。 現在公演中の舞台「サザエさん」では、セリフでのみ言及されている。 [PR] 写真左下にヒトデが! - 1コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」の原画 -(C)長谷川町子美術館 ドラマのヒトデは17歳で、放課後は友達とカラオケ、スマホを片時も離さないイマドキの高校二年生。 末っ子らしい要領の良さと物おじしない性格で、とある理由からサザエに対してつい距離をとってしまい、一家の団らんに対しても照れくささを隠せないでいる。 フグ田ヒトデ役の桜田ひより - (C)フジテレビ 今年キャラクターと同じ17歳になる桜田は、オファーを受けた時の心境について、「本当にびっくりしました。 幻の8人目の家族と言うことで、調べてみると原作では1回しか登場していないとてもレアなキャラクターで、すごく演じがいがあるなと感じました」とコメント。 「他のキャラクターと違ってキャラクター像がなかったので、お母さん(サザエ)やお父さん(マスオ)、お兄ちゃん(タラオ)を研究して、それぞれの似ている部分も表現していきたいです」と意気込んでいる。 [PR] フジテレビ編成部の(企画・プロデュース)は、ヒトデの登場理由について「私たちがいつも見ているあのサザエさん一家に、その後の20年間に何か変化が起きたとしたら……と考えたとき、原作の1コマ漫画『サザエさん一家の未来予想図』に登場しているヒトデちゃんを出さないわけにはいかない! と思い立ち、今回、実写のキャラクターとして初めて登場させることになりました」とコメント。 桜田の起用ついては、「桜田さんとは5年ほど前にお仕事をご一緒したことがあったのですが、その時すでに年相応な子供らしさの中にもしっかりした自分の芯を持っているお芝居をする印象があったので、サザエさん一家の8人目の家族という難しい役に対しても、きっと自分の中で正解を見つける作業をして役に取り組んでいただけるという信頼がありました」と語っている。 44歳のサザエ()をはじめ、48歳のマスオ()、31歳のカツオ()、29歳のワカメ()、23歳のタラオ()、70代のフネ()、74歳の波平()といった20年後の磯野家を捉えている。 (編集部・倉本拓弥).

次の

サザエさんの家系図に怪しすぎるヒトデちゃん?ネタバレ御免、最終回はボツに!?

サザエ さん ヒトデ

『サザエさん』のタラちゃんに、実は妹がいるって知ってましたか? サザエさんの10年後 国民的漫画・アニメであるサザエさんは日本人であれば知らない人はいないぐらい、人気の作品ですよね。 日曜日の夕方から放送されることから、 翌日からまた通学や仕事をしなければいけない・・・といった気持ちになる、サザエさん症候群という言葉まで登場しました。 そんなサザエさんですが、実はあまり知られていない事実があります。 かなり昔の連載になりますが、当時の連載には サザエさん10年後というコーナーがあり、現在公開されている家系図に存在しないはずの、タラちゃんの妹が描かれていたのです。 作者の長谷川町子さんのお話によると、10年後だけではなく30年後ぐらいまでの磯野家の構想があったようですね! タラちゃんの妹、その名もヒトデちゃん! タラちゃんの妹についてですが、 ヒトデちゃんという名前のようです。 それではヒトデちゃんはどのような女の子なのでしょうか? ヒトデちゃんはサザエさんの10年後を描いた漫画に登場しています。 10年後の世界でヒトデちゃんは子供らしく元気に走り回っている様子が描かれており、隣にいるマスオさんに「これヒトデあぶないよ」と声をかけられています。 これはあくまで想像になってしまいますが、明るく快活な女の子に見えるため、ヒトデちゃんはサザエさん似で産まれてきたのではないでしょうか? ちなみにwikipediaでは以下のように解説されています。 フグ田ヒトデ(フグた ヒトデ) サザエとマスオの第2子。 外見はワカメと似ているが、なぜか王冠らしき物をかぶっている。 原作・アニメともに一切登場しないが、長谷川町子によって描かれた「サザエさん一家の未来予想図」という漫画のみに登場する。 この漫画は、1954年(昭和29年)に文藝春秋により出版された『漫画読本』に収録されており、サザエさん一家の10年後という内容である。 『サザエさん一家がひとなみに年をとっていたら…』には年を取った一家とカツオとワカメの新しい家族の姿が描かれているのだが、この中にヒトデは存在しない。 ワンピースを着ていることから、妹であるという説が有力であるが、小さなコマでのみの登場のため、実際の性別は不明である。 他の登場キャラクターについても一部性格が変わっていて、敬語の印象が強いタラちゃんについても10年後には口調が変わっています。 10年後には少しやんちゃな口調になっているため、カツオくんのような元気な男の子に育ったのでしょう。 10年後には磯野家がなくなっている!? サザエさんの10年後の様子を見て異変が起きていることに気付きます。 10年後が描かれた漫画内ではカツオやワカメ、フネ、波平が会話している様子が描かれており、以下の会話が行われています。 フネ「なんでもこのへんだよ、昔の家があったのは。 」 ワカメ「かわったのねー!」 ワカメちゃんが成長するとサザエさんそっくりの髪型になっているのも衝撃的ですが、それ以上に衝撃を受けるのが、 家がなくなっているところです。 波平さんも「今じゃ弾丸道路になっちまってる」と語っています。 いったい何が起きて磯野家やご近所さんまでなくなって、道路になってしまったのでしょうか・・・ サザエさんの20年後、30年後 更にサザエさんの20年後、30年後といわれる画像も存在しています。 サザエさん20年後 サザエさんの20年後を描いた漫画も存在しています。 サザエさん一家の20年後の様子が記念撮影のような一コマで描かれていますが、カツオもワカメも結婚して子供がいます。 そして、カツオの見た目はすっかり年をとって波平さんとそっくりになっています。 カツオの横に並んでいる奥さんの見た目は美人に描かれており、その風貌的には 結婚相手は花沢さんではないようです。 更にワカメちゃんはすっかりあかぬけた様子で、かなりきれいな女性として描かれています。 タラちゃんについては、マスオさんにそっくりになっていて、とても真面目そうな男の子に成長しています。 波平さんやフネさんも孫やひ孫たちなど、家族に囲まれてとても幸せそうにしています。 サザエさん30年後 更に30年後の構想まであったのが驚きですよね! 30年後のお話はノリスケさんが磯野家を訪れるところから始まります。 30年後にはカツオくんはすっかり波平さんのようになっています。 そして、それぞれのキャラクターの30年後どのようになっているのかが描かれ、 最後に登場する子供たちが、現在の磯野家とそっくりであるというオチで終わります。 似ているというよりは、現在の磯野家そのままという感じとなっています。 こうして磯野家は代々受け継がれていくのでした。 波平さんやフネさんについてもどうやらご存命のようなので、安心してください。 しかし、20年後にも30年後にもヒトデちゃんの存在は描かれていないのが気になってしまいます。 今後のサザエさんにヒトデちゃんは登場するの? それでは、現在放送されているサザエさんに、今後ヒトデちゃんが登場することはあるのでしょうか? 原作のサザエさんは時間の経過につれてキャラクターが成長していきます。 しかし、アニメでは時間が止まったまま進行しているため、ヒトデちゃんを登場させることは難しいと考えられます。 タラちゃんの妹であるヒトデちゃんの存在が今後有名になることによって、サザエさんのスペシャル番組でサザエさんの10年後が放送されるかもしれませんね!.

次の

実写「サザエさん」20年後の家族写真が解禁、幻の8人目も65年ぶりに登場

サザエ さん ヒトデ

10月にアニメ放送50周年を迎える『サザエさん』。 その記念すべき年に、天海祐希主演にて、サザエさん一家の20年後を描くSPドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』をお送りします。 10年後のサザエさん一家を描く舞台『サザエさん』に続き、スペシャルドラマでは20年後を描きます。 フジテレビでドラマ『サザエさん』(1981年4月1日)を放送してから、未来の磯野家の人々を描くのは今作が初の試みとなります。 20年の時が経って、それぞれが歳を重ねた磯野家はどのように変化したのでしょうか。 ワカメ(29歳)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。 タラオ(23歳)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。 また、波平(74歳)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。 そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ(70代)。 マスオ(48歳)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。 もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳)は奮起する。 盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。 サザエは磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうかー。 フグ田サザエ役 天海祐希• フグ田マスオ役 西島秀俊• 磯野カツオ役 濱田 岳• 磯野ワカメ役 松岡茉優• フグ田タラオ役 成田 凌• 磯野フネ役 市毛良枝• 【原作】• 長谷川町子『サザエさん』• 【脚本】• 阿久津朋子• 【プロデュース】• 渡辺恒也• <アニメ『サザエさん』、過去作品『HERO』、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』、『海月姫』他)>• 小林 宙(共同テレビ)• <過去作品『フラジャイル』、『海月姫』、『SUITS/スーツ 』他>• 【演出】• 鈴木雅之• <過去作品『ショムニ』、『HERO』、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』他>.

次の