バリコオル 育成。 【ポケモン剣盾】トップメタに強い!バリコオルの育成論まとめ【ソードシールド攻略】

バリコオル育成論 : 【空振り催眠】まさる超進化【タイプ的にはまさこ】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

バリコオル 育成

バリコオルは特攻に優れたポケモンですなので特攻は言わずもがな極振りを推奨します。 きあいのタスキではなく普通に耐えた場合はかなりラッキーです。 攻撃技を入れない場合はひかえめで全然大丈夫だと思います。 パーティー推奨が素早さ遅い組が推奨なのでれいせいでも大丈夫かも知れません。 バリコオル自体弱点が多いポケモンなので相手が即死を狙っくる確率はよくあるので、滅多に体力が1にならないことはありません。 バリアフリー これは相手がリフレクターやひかりのかべのような半減技を発動してる時に特に効きます。 トリックルームで先行後攻の基準を入れ替えたとしても半減技が発動してると攻撃しても相手のターンを与える可能性があるので、バリアフリーによる特性効果を発揮することにより技のダメージをスムーズに入れられるようにしました。 きあいのタスキ これは確定でトリックルームを発動出来るようにする為の必須アイテムです。 バリコオル自体耐久面は心配になる種族値なのでもし仮に相手が物理技を撃ってきた際に役立ちます。 お察しの通り連続技、ひるみ、まひ、こんらん、ねむり、メロメロには弱いのでそこは考えようです。 トリックルーム 後攻でだせれば尚good。 バリコオル自体そんな素早さは高くないので敵からの攻撃を受けた後すぐ発動でき、有利に立てます。 特にドラパルドやギャラドスといった素早さにも重点を置かれたポケモンにはとてもよく効き上手く行けばその後は自分のターンを維持できます。 フラフラダンス ここは別段何でもOKです。 自分はフラフラダンスを入れることにより仮に相手が自分よりも遅いポケモンだった場合でもフラフラダンスを撃って相手をこんらん状態にしプレイヤーに自傷攻撃といったリスクによるプレッシャーをかけれると思い採用しました。 サイコキネシス ここも何でもOKです。 自分はバリコオルと同タイプによる等倍威力を狙ってサイコキネシスを採用しました。 フリーズドライ れいとうビームでも可 上記の通りれいとうビームでも大丈夫だと思ってますがフリーズドライの方がギャラドスなんかには4倍で入る上にバリコオルは特攻が高いポケモンなのでほぼ確実に倒せるので採用しました。 弱点 ・ガラルサニーゴには恐らく弱いかも知れません。 攻撃が高くないのでちからをすいとるをされてもさほど問題はありませんが、トリックルームを撃つとなるとサニーゴの方が遅いので注意が必要です。 ・からをやぶったパルシェンがきたら詰みです。 からをやぶるを読んでトリックルームを撃つと優勢に立てるかも知れません。 考察における文が雑で読みにくい。 努力値の振り方を理解されていない。 攻撃、防御における詳細な計算結果が掲載されていないので言い切りになっている。 はまだいいとして、せめて文は読みやすくしてほしいです。 それなら電気技とトリックルームを覚えるポケモンの多くにタスキを持たせれば同じことができます。 トリル要因なのにすばやさを最遅にしていなかったり、特性を活かすためか後発タグが付いていたり、せっかく並以上の耐久を確保しているのにタスキを持っていたりとちぐはぐさも目立ちます。 の方も仰っていますが、せめて努力値の仕組みくらいは理解した上で投稿することをお勧めします。 投稿前に注意事項として「努力値や個体値の仕組みを理解していない方は投稿できない」という旨の表示があったはずです。 バリコオル、気になるポケモンです。 「こおり」「エスパー」という攻撃面で有利ながらも防御面で弱点まみれの複合タイプ、それゆえ自分がバリアを張りたいのにそれを無効にする特性 バリアフリー。 とてもチグハグなポケモンですよね。 なので、ちょっと期待をして読ませていただきましたが・・・。 読書感想文でいうと、読んだ本のあらすじを書いているような感じでした。 あらすじは誰が本 の基本データ を読んでも分かるので、できればそこから感じたことを自分なりの解釈で、発展させて考察していただけると参考になります。 コイツが トリックルームを張れることや、 フリーズドライでに4倍弱点を取れることは誰でも分かるのですが、どうやってそれを通すのか、そもそもと対面したらコイツ一撃で落とされないの?とか、そういう不安を払拭して「結構強そうだぞ」と思わせるのが育成論だと思われます。 実際の対面でどんなポケモンに有利で、どんなポケモンが苦手なのか。 苦手なポケモンは書いてありますが、得意なポケモンが居ないと選出できませんよ。 コイツになら多分勝てる、というのを幾つも探してみてください。 期待しています。 後出しは終わりますが。 ダメージ計算くらいは載せた方がいいかと。 あと、タスキ持ちなのに耐久に振ったり、トリルなのに性格を控えめにする理由もわかりません。

次の

サイコパスおじさんバリコオルを育成しよう!【ポケモン】

バリコオル 育成

覚えるタイプの技は幅広く、相手をしたいタイプに合わせて技を選ぶ事ができます。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 タスキで確実に耐えつつ攻撃を上げられる。 高い素早さのおかげで能力上昇後も動きやすい。 炎タイプや飛行タイプに対する岩技。 ダイマックス時に起こす砂嵐でダメージを受けないため、タイミング問わず使いやすい。 覚える技のタイプは少ないものの、自身のタイプと同じ技は威力が高いものを覚えることができるため、アタッカーとして十分戦うことができます。 きあいのタスキのおかげで安定して放ちやすい。 物理アタッカーに対して放てる技。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 あくのはどうよりも使うタイミングは少ないが、ダイサイコで展開できるサイコフィールドが素早さの高いタスキ持ちのルカリオと相性は悪くないため選択肢として。 高火力の特殊鋼技。 使用後にHPの半分を失うため、使うタイミングに注意が必要。 ルカリオの役割と立ち回り 攻撃と特攻がどちらも高いアタッカー 「ルカリオ」は攻撃と特攻のどちらも高い高速アタッカーのポケモンです。 物理アタッカーにした場合でも特殊アタッカーにした場合でも、それぞれに対応した先制技を覚えたり、威力が高い自身と同じタイプの技を覚えることができたりできるため、非常に使いやすいポケモンです。 耐久は低めのため注意 「ルカリオ」は、鋼タイプを持つ事によって半減で受けることができるタイプは多いものの、種族値として防御や特防はそれほど高くないため、耐久力はそれほどありません。 ルカリオの対策 有利なタイプのポケモンで戦う 「ルカリオ」は耐久はそれほど高くないため、弱点のタイプで攻撃することで一気に倒すことができます。 ルカリオの技を安定して受ける事ができるポケモンであれば、倒すのに苦戦することは少ないです。 ルカリオは物理アタッカーとして育てられていることが多いため、物理受けとして育てているポケモンだと対応しやすい場合が多いです。

次の

バリコオル育成論 : 【空振り催眠】まさる超進化【タイプ的にはまさこ】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

バリコオル 育成

5倍 タイプの1体。 特殊面が高め。 同タイプのやには見劣りするが、特性や補助技は独特かつ優秀。 特にダブルでは音技を防げる「」やねこだまし・ファストガード・ワイドガードなどの有用な技を活かしたサポートに長けている。 剣盾でリージョンフォーム及び進化系が登場。 タイプや特性は異なるが補助技は類似傾向にある。 GバリヤードはS100の速さからそれらを扱えるうえ、きせきによる高耐久も得られるため、サポート型では強力なライバルとなる。 剣盾ではマネネが進化するとリージョンフォームに進化するため、NPC交換での入手となる。 幸いマネネ限定の遺伝技がこちらにはないのでバリヤードのまま厳選を行って支障はない。 孵化厳選を行う場合は通常バリヤードにかわらずのいしを持たせること。 持たせないとGバリヤードの卵になってしまう。 今作で手に入るものはおだやか固定・通常特性だが、預かり屋に預ける際に両方の親にかわらずのいしを持たせればどちらかの親の性格が遺伝する為、この方法で他の性格の個体を孵化させることができる。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ぼうおん 音技を無効化できる。 かつてはスキン系特性+ハイパーボイスの対策として重宝されていたが、スキン特性の弱体化・所有者の不在により需要は低下。 現状、音技メインのアタッカーは程度で、汎用性はイマイチ。 とはいえほえるやほろびのうたなどの補助技も防げるため、バトンやみがわりを使うなら充分候補となる。 フィルター と同じく、弱点ダメージを軽減する効果を持つ。 強力な特性だが、HPが非常に低いため耐久はあまり優秀とはいえず、ミスマッチ気味。 特殊技なら耐久調整すればある程度耐えるようになるが、物理は厳しいため、一発耐えるだけならばタスキの方が確実。 とはいえ、他の特性もピンポイント気味なので、タスキでも特殊技を二耐えする調整で採用するのもあり。 なお、によって貫通されるので注意。 テクニシャン 隠れ特性。 サブウェポンの威力が上がるため選択肢が増える。 適用対象技も豊富で、他の特性と違って能動的に利用できることもポイント。 ただし今作はめざめるパワーが無い。 サイコショック 超 80 120 - 100 - 威力はやや下がるが、防御の低い相手に有効。 マジカルシャイン 妖 80 120 - 100 - 安定した一致フェアリー技。 ダブルバトルでは全体攻撃。 ムーンフォースは覚えない。 テクニめざ炎90ほど威力はないが、追加効果と自身の特防の高さは相性が良い。 威力は十分だが命中不安。 でんげきは 電 60 90 必中 - テクニシャンなら10まんボルトと同威力+必中効果。 教え技。 雨で必中。 テクニシャンならそこそこの威力。 ほぼ4倍狙い。 マジカルリーフ 草 60 90 必中 - テクニシャンならエナジーボールと同威力+必中効果。 ダブルでは全体攻撃なため、サポート技として非常に有用。 初ターンのみの制限付きだが追加効果が優秀。 ダブルでは妨害技として非常に優秀。 イカサマ 悪 95 - 100 - 物理積みアタッカーへの牽制として。 どろぼう 悪 60 90 100 道具奪取 敵の撹乱に。 カウンター 闘 - - 100 優先度-5 VC第1世代わざマシンor第3世代教え技限定。 きあいのタスキと併せて。 シングルバトルでの採用となるので隠れ特性と両立できるVC産推奨。 変化技 タイプ 命中 解説 でんじは 電 90 使いやすい妨害技。 素早さの確保に。 アンコール 無 100 無駄な技に固定させて有利な場を作る。 ちょうはつ 悪 100 耐久ポケモンや積み技封じに。 トリック 超 100 こだわり系アイテムなどを押し付ける。 メガストーン・Zクリスタル持ちには無効なので注意。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 ダブルでの性能は同上 わるだくみ 悪 - 火力強化に。 さいみんじゅつ 超 60 エスパーZで素早さ1UPのZさいみんじゅつとして使う。 積む隙を作りバトンする。 みがわり 無 - 変化技の回避やふいうち透かしに。 特性ぼうおんなら音の技も受け付けない。 バトンタッチ 無 - わるだくみやみがわりを引き継ぐ他、相手の交代先を見ながら交代できる。 ファストガード 闘 - ダブル用。 ワイドガード 闘 - ダブル用。 スキルスワップ 超 - 特性を入れ替える。 特性頼りの相手の弱体化やダブルでのサポートに。 サイコフィールド 超 - 火力と疑似的に耐久を強化。 相手のフィールド打消しにも。 くすぐる 無 - 自身用よりは味方のサポート用。 特攻100素早さ90とアタッカーとしては若干数値不足だが、サブウェポンは豊富。 範囲の広さとこごえるかぜによるS逆転などを活かしたい。 特性は基本はテクニシャン。 サブウェポンの威力上昇がそのまま差別化にもつながるため優先度は最も高い。 そのためテクニシャン適用技で特に有用性の高い、こごえるかぜは優先的に採用したい。 アンコールやでんじは、両壁など、場作りに必要な補助技も揃っている。 具体的にはオボンのみ込みでA194のおやこあいすてみタックルを最高乱数を除き1耐え。 サポートの手段が非常に多く、パーティに合わせて組み込みたい。 ほえる・ドラゴンテールを防げるトリックルーム使いとしてはの壁が厚い。 対バリヤード 注意すべき点 サポート用の補助技を非常に多く覚える。 特にダブルではワイドガードやファストガード、このゆびとまれといった強力な技を使って立ち回ってくる。 決定力を高める、みがわりを安定して使える、特に特殊耐久を引き上げると、特性もいいものが揃っている。 第六世代で追加されたタイプにより、タイプに対し強く出られる。 対策方法 かなりの確率で補助技を所持している。 ちょうはつで大きく動きを制限できる。 メイン技両方を半減できるタイプなら、テクニシャンで火力を上げられてもしっかり受けられる。 一応きあいだまには注意。 また、物理耐久がかなり低いので、物理攻撃で攻めれば簡単に落ちる。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技03 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技53 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技83 まとわりつく 20 100 むし 特殊 20 技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技92 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の