うさぎ 種類。 日本うさぎの種類│ペット大学うさぎ学科

【うさぎの種類6選】人気のうさぎの性格や迎え方、値段は?|犬の総合情報サイト ペットスマイルニュースforワンちゃん

うさぎ 種類

うさぎがなつくとするようになる6種類の行動や仕草 うさぎは犬や猫と違い、 感情表現が少ない動物です。 飼いはじめは 新しい環境に慣れるまで時間がかかり、 なかなかなついてくれませんが、 慣れてくると6種類の行動や仕草で 飼い主に甘えてきてくれます。 まずは気になる行動について、 解説していきましょう。 1.鼻でツンツンしてくる うさぎが段々慣れてくると、 餌やおやつをあげたときに 鼻で飼い主の手をツンツンしてきます。 これは飼い主に対する警戒心がとけ、 もっと遊んでほしいときや、 構ってほしい時にする行動でもあります。 2.手をなめる 2つめになつくと、 手をなめる行動が見られます。 これは鼻で手をツンツンしてくる行動と セットで見られることが多く、 さらに飼い主になれたときに、 ツンツンと一緒に舐める行動をするようです。 基本うさぎは警戒心の強い動物ですので、 同じうさぎ同士でも心を許した仲でないと この行動は見られません。 手をなめるという行為は、 信頼関係が成り立たないと しない行動でもあるので、 継続して愛情を持ってお世話しましょう。 3.アゴを擦りつけてくる 3つめの行動に、 アゴを擦りつけてくるものがありますが、 この行為は飼い主に対する 愛情表現でもあります。 うさぎのアゴの下あたりには 臭腺と呼ばれる器官があり、 うさぎ自身の臭いを飼い主に 付けている行動でもあります。 この臭いは人間には分かりませんが、 他のうさぎに飼い主は自分のものと アピールするために使われるのです。 4.耳を寝かせている 4つめの行動に、 うさぎがなつくと 耳を寝かせるというものがあります。 野生のうさぎは他の動物に 捕食される側のため、 常に周りを警戒しています。 足音や声などをしっかりと聞き取るため、 常に耳を立てていますが、 安心してリラックスしていると 耳を寝かせる仕草が見られます。 ケージ内や撫でているときなど、 耳を寝かせている場合は、 周りを警戒する必要が無く リラックスしている状態ともいえます。 5.ヒザに乗ってくる ケージの外で遊ばせていると、 時々ヒザに乗ってくるうさぎがいます。 これは飼い主に心を許した状態であり、 なついてくれている証拠でもあります。 うさぎは臆病な動物なので、 なかなかここまで心を許してくれることも 多くはありません。 種類や個体にもよるので、 こんな行動をする うさぎもいるということを、 覚えておきましょう。 6.求愛行動 6つめの求愛行動は、 オスとメス両方に見られるもので、 思春期を迎えたうさぎが必ずする 行動でもあります。 求愛行動の特徴として、 飼い主の足元をぐるぐると回ったり、 マウンティングという行為をします。 ついつい放ってしまいがちの行動ですが、 オスはオシッコを周囲に飛ばしたり、 メスは想像妊娠をしてしまうなどの 問題行動にもなりやすくなっています。 できればこの求愛行動が見られたら 他のおもちゃやおやつなどで気をそらし、 求愛行動をさせないようにするのが おすすめです。 うさぎはオスとメスでなつくまでの期間が違う? こちらの動画は、 リラックスしているうさぎの様子を 撮影したものです。 動画のように飼い主に慣れると 膝に乗ったり甘えた様子が 見られますが、 なつく期間はオスメスで違うのでしょうか? 実はオスメスによる、 なつく期間の違いはあまりありません。 一般的にはメスよりオスのほうが なつきやすいと言われていますが、 女の子でもすぐに飼い主に慣れてくれる子や、 逆にオスなのに慣れるまでに 時間がかかるなど様々です。 また種類によってもなつきやすいと 言われているうさぎもいますが、 あくまでも傾向にすぎません。 なつく期間はうさぎの個体と、 飼い主の接し方によって 変わってくるのを覚えておきましょう。 うさぎがなつくようになる方法とは ここまでうさぎがなついたときの 6種類の仕草や行動、 なつく期間について解説してきました。 では 実際にうさぎになついてもらうには、 どんな点に注意したらいいのでしょうか。 次の章では、 なついてもらうための方法を 紹介しましょう。 現在ペットとして流通しているうさぎは、 約49種類ほどいますが、 どのうさぎも基本的には臆病です。 新しくうさぎをお迎えする場合、 まずは飼育環境に慣れてもらい、 安心して暮らせる場所と 認識してもらう必要があります。 そんな時に 急に大きな音を出したり 飼い主が突然動いたりすると、 驚いて落ち着かない状態が続き、 いつまでも慣れてくれません。 まずは環境と飼い主に 慣れてもらうためにも、 驚かせないように慎重に行動しましょう。 お世話をする際に無言で掃除をしたり 餌をあげるなどの行為は驚かせてしまうほか、 飼い主を恐怖の存在と認識されてしまうことも。 お世話をするときは必ず 優しく声をかけながら 行動するようにしましょう。 またお迎えしたての時は、 環境や飼い主に慣れていない状態です。 慣れていないうさぎを 無理やり抱っこする行為は、 うさぎにとって恐怖であり、 ストレスになってしまいます。 抱っこをする行為は、 うさぎが環境や飼い主に慣れてから するようにしてくださいね。 まとめ 今回は うさぎがなついたときの 6つの仕草や、 なついてもらうための方法について 紹介してきました。 うさぎは感情表現が少ない動物ですが、 なつくと6つの仕草や行動で 飼い主に自分の気持ちを伝えてきます。 なついてもらうにはお迎え後の行動も重要で、 飼い主の行動によっては嫌われてしまうことも。 気になる注意点については、 こちらの記事で紹介しています。 また仕草や行動の他にも、 鳴き声で自分の気持ちを 表現することがあります。 鳴き声によってどんな意味があるのか、 こちらの記事で詳しく紹介しています。 うさぎは基本的に臆病な動物です。 なつくまでにかかる時間は、 お世話の仕方や個体によっても異なります。 まずは飼ったうさぎの様子をよく観察し、 その子にあったお世話をして なついてもらいましょう。

次の

どんなウサギと一緒に暮らす?ペット向けウサギ15種類の特徴や性格を紹介

うさぎ 種類

ペットとして飼えるうさぎには、実に様々な品種があります。 体のサイズをはじめ、毛の長さや性格、必要なお手入れなどはうさぎの品種ごとに違うので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。 ただ、飼育に必要なグッズというのは、どの品種でもそれほど大きく変わりません。 いざという時に困らないように、必要なグッズはきちんと揃えておきましょう。 うさぎの飼育に必要なグッズとしては、以下のようなものが挙げられます。 【うさぎの飼育に必ず必要なもの】 ・ケージ ・食器、給水器 ・ラビットフード、牧草 ・トイレ、トイレ砂 【必ずではないが、あると便利なもの】 ・かじり木 ・床材、ペットシーツ ・キャリーバッグ ・サークル ・ブラシ、爪切り ・グルーミングスプレー ・散歩用リード うさぎの飼育グッズを購入する時は、なにより使い勝手の良いものを選ぶことが大切です。 うさぎと飼い主さん、両方が快適に過ごせるように、適切なアイテムを選びましょう。 続いては、ペットとして人気の高いウサギの種類についてご紹介します。 毛皮を取るために作られたうさぎ「レッキス」を小型に改良した品種です。 平均サイズは体長35cm、体重1. 5~2kgほど。 短く柔らかい毛は非常に密度が高く、まるでビロードのような手触りをしています。 艶のある美しい被毛は一度触ると忘れることができないといわれており、カラーバリエーションも豊富。 短毛種のため、ブラッシングなどの頻度はそれほど多くなく、非常に飼いやすいうさぎといえるでしょう。 ミニレッキスの性格は、人懐っこく甘えん坊です。 環境の変化に強い個体が多く、ペット向きのうさぎといえますね。 撫でられたり、抱かれたりしても嫌がらないことが多いので、うさぎとのスキンシップを積極的に取りたい方におすすめです。 体に密集したふわふわの長毛が特徴的な、小型サイズのうさぎです。 ジャージーウーリーの体長は約20~25cmで、体重は1. 3~1. 6kgほど。 ネザーランドドワーフの血を引いているので体が小さく、頭や耳の形もネザーランドドワーフそっくりです。 ジャージーウーリーは温厚な性格で、大人しい品種です。 撫でても嫌がらないことが多く、スキンシップもしやすいでしょう。 ただし感情を全面に出すタイプではないので、気持ちを読み取るのには少しコツがいるかもしれません。 また、毛が長いためにゴミや汚れがつきやすく、こまめなブラッシングが必須。 お手入れに手間がかかることから、ベテランのうさぎ飼いさんにおすすめの品種といえるでしょう。

次の

【うさぎの飼い方 選び方】ライオンラビットってどんなうさぎ?

うさぎ 種類

ペットとして飼えるうさぎには、実に様々な品種があります。 体のサイズをはじめ、毛の長さや性格、必要なお手入れなどはうさぎの品種ごとに違うので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。 ただ、飼育に必要なグッズというのは、どの品種でもそれほど大きく変わりません。 いざという時に困らないように、必要なグッズはきちんと揃えておきましょう。 うさぎの飼育に必要なグッズとしては、以下のようなものが挙げられます。 【うさぎの飼育に必ず必要なもの】 ・ケージ ・食器、給水器 ・ラビットフード、牧草 ・トイレ、トイレ砂 【必ずではないが、あると便利なもの】 ・かじり木 ・床材、ペットシーツ ・キャリーバッグ ・サークル ・ブラシ、爪切り ・グルーミングスプレー ・散歩用リード うさぎの飼育グッズを購入する時は、なにより使い勝手の良いものを選ぶことが大切です。 うさぎと飼い主さん、両方が快適に過ごせるように、適切なアイテムを選びましょう。 続いては、ペットとして人気の高いウサギの種類についてご紹介します。 毛皮を取るために作られたうさぎ「レッキス」を小型に改良した品種です。 平均サイズは体長35cm、体重1. 5~2kgほど。 短く柔らかい毛は非常に密度が高く、まるでビロードのような手触りをしています。 艶のある美しい被毛は一度触ると忘れることができないといわれており、カラーバリエーションも豊富。 短毛種のため、ブラッシングなどの頻度はそれほど多くなく、非常に飼いやすいうさぎといえるでしょう。 ミニレッキスの性格は、人懐っこく甘えん坊です。 環境の変化に強い個体が多く、ペット向きのうさぎといえますね。 撫でられたり、抱かれたりしても嫌がらないことが多いので、うさぎとのスキンシップを積極的に取りたい方におすすめです。 体に密集したふわふわの長毛が特徴的な、小型サイズのうさぎです。 ジャージーウーリーの体長は約20~25cmで、体重は1. 3~1. 6kgほど。 ネザーランドドワーフの血を引いているので体が小さく、頭や耳の形もネザーランドドワーフそっくりです。 ジャージーウーリーは温厚な性格で、大人しい品種です。 撫でても嫌がらないことが多く、スキンシップもしやすいでしょう。 ただし感情を全面に出すタイプではないので、気持ちを読み取るのには少しコツがいるかもしれません。 また、毛が長いためにゴミや汚れがつきやすく、こまめなブラッシングが必須。 お手入れに手間がかかることから、ベテランのうさぎ飼いさんにおすすめの品種といえるでしょう。

次の