防災 ハザード マップ。 神戸市:神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所)

京都市:京都市防災マップ(水災害・地震・土砂)

防災 ハザード マップ

足立区洪水ハザードマップ(平成31年3月改訂) 「洪水ハザードマップ」は、大雨で河川が氾濫した場合などの水害リスクや避難に関する情報等をまとめたもので、区民の皆さまが日頃の備えや水害時の避難の際に活用されることを目的としています。 足立区では、想定しうる最大規模の降雨等による浸水想定を踏まえた「足立区洪水ハザードマップ」(下記PDFファイル参照)を作成し、冊子を区内全世帯に配布するほか、以下の窓口にて閲覧、販売しています。 【閲覧】• 企画調整課(区役所北館4階)• 区政資料室(区役所中央館2階) 【販売】• 区政資料室(区役所中央館2階) 1部100円 また、洪水ハザードマップについてより理解していただけるよう、解説動画を公開しています。 お住まいの地域の浸水想定などをご確認いただき、水害に備えてご活用ください。 また、浸水継続時間を示す図も現時点では作成しておりません。 想定最大規模の浸水想定区域図等が公表され次第、改訂する予定です。 緊急避難建物について 避難するとき 避難の9つの心得 いざというときのために 大雨・災害情報について 避難行動メモ 関連情報 足立区洪水ハザードマップは、河川等の各管理者が作成した以下の浸水想定区域図及び浸水予想区域図に基づいて作成しています。 なお、荒川、利根川、江戸川、中川、綾瀬川、芝川・新芝川、高潮については、想定される最大規模の降雨等を前提とした浸水想定区域図が公表されています(令和2年5月時点)。 荒川 : 国土交通省(平成28年5月)• 利根川 : 国土交通省(平成29年7月)• 江戸川、中川、綾瀬川 : 国土交通省(平成29年7月)• 芝川・新芝川 : 埼玉県(令和2年5月)• 内水氾濫 : 東京都(平成15年5月) : 東京都(平成18年6月)• 高潮 : 東京都(平成30年3月).

次の

神戸市:神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所)

防災 ハザード マップ

災害に対する日頃の備えといざという時に役立てていただくため、防災ハザードマップを作成しました。 マップには、あわせて避難所開設予定施設の位置を記載していますので、平常時から、自宅から避難所までの経路を確認するなど、みなさんの避難行動に役立ててください。 日頃から洪水、土砂災害等に対する備えをしていただくとともに、万一の際は、あわてず落ち着いて避難できるよう、家庭や地域、職場などで防災ハザードマップをご活用ください。 想定最大規模:想定し得る最大規模の降雨(斐伊川流域の48時間総雨量516mm、神戸川流域の48時間総雨量552mm)にともなう洪水により、斐伊川及び神戸川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を6段階の浸水深で色分けし、記載しています。 2.土砂災害特別警戒区域・警戒区域 [洪水・土砂災害ハザードマップ] がけ崩れや土石流などにより、住民の方の生命又は身体に危害が生ずる可能性がある危険箇所を赤色(特別警戒区域)及び緑色(急傾斜警戒区域)、茶色(土石流警戒区域)、黄色(地すべり警戒区域)で表しています。 なお、出雲市において、平成30年度当初では、土砂災害特別警戒区域は指定していませんが、危険性を周知するため、島根県による調査結果を記載しています。 3.津波浸水想定区域 [津波ハザードマップ](平成24年度版) 平成23年度に島根県が公表した地震被害想定調査に基づく津波浸水想定区域を記載しています。 4つの想定地震により発生する津波のうち、津波による水位の上昇が最大となる値を抽出・集約した浸水範囲及び浸水深を赤黄青の3色で色分けし、表示しています。 4.避難所開設予定施設(出雲市指定の避難所) [共通] 災害時に、避難所として開設する予定の施設を掲載し、参考として、避難所における標高を記載しています。 災害の種類と状況によって開設する避難所は異なることもありますので、出雲市が発令する避難に関する情報に注意して、避難をしてください。 これを踏まえ、出雲市では、平成27年度に配布した洪水・土砂災害のハザードマップを改訂し、平成30年7月に全戸配布しました。 ダウンロード•

次の

防災・ハザードマップ

防災 ハザード マップ

災害に対する日頃の備えといざという時に役立てていただくため、防災ハザードマップを作成しました。 マップには、あわせて避難所開設予定施設の位置を記載していますので、平常時から、自宅から避難所までの経路を確認するなど、みなさんの避難行動に役立ててください。 日頃から洪水、土砂災害等に対する備えをしていただくとともに、万一の際は、あわてず落ち着いて避難できるよう、家庭や地域、職場などで防災ハザードマップをご活用ください。 想定最大規模:想定し得る最大規模の降雨(斐伊川流域の48時間総雨量516mm、神戸川流域の48時間総雨量552mm)にともなう洪水により、斐伊川及び神戸川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を6段階の浸水深で色分けし、記載しています。 2.土砂災害特別警戒区域・警戒区域 [洪水・土砂災害ハザードマップ] がけ崩れや土石流などにより、住民の方の生命又は身体に危害が生ずる可能性がある危険箇所を赤色(特別警戒区域)及び緑色(急傾斜警戒区域)、茶色(土石流警戒区域)、黄色(地すべり警戒区域)で表しています。 なお、出雲市において、平成30年度当初では、土砂災害特別警戒区域は指定していませんが、危険性を周知するため、島根県による調査結果を記載しています。 3.津波浸水想定区域 [津波ハザードマップ](平成24年度版) 平成23年度に島根県が公表した地震被害想定調査に基づく津波浸水想定区域を記載しています。 4つの想定地震により発生する津波のうち、津波による水位の上昇が最大となる値を抽出・集約した浸水範囲及び浸水深を赤黄青の3色で色分けし、表示しています。 4.避難所開設予定施設(出雲市指定の避難所) [共通] 災害時に、避難所として開設する予定の施設を掲載し、参考として、避難所における標高を記載しています。 災害の種類と状況によって開設する避難所は異なることもありますので、出雲市が発令する避難に関する情報に注意して、避難をしてください。 これを踏まえ、出雲市では、平成27年度に配布した洪水・土砂災害のハザードマップを改訂し、平成30年7月に全戸配布しました。 ダウンロード•

次の