キングダム 白ナス。 キングダムの李牧様、とうとう白ナスしか信者がいなくなる: まんがとあにめ

キングダム642話休載SPvol3「論功行賞で李信が人事異動する」

キングダム 白ナス

【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・•

次の

【悲報】キングダム、李牧一派が趙国民を虐56する超展開ꪝꪝꪝ

キングダム 白ナス

キングダム642話休載SPvol3「飛信軍をスパイとして王翦軍に置く」 なんで大将軍になってまで、他の大将軍の下に配属されないといけねえんだよ! などとブリブリ文句を言う李信ですが、秦王政と昌平君は、これには理由があると言います。 それは、王翦軍の内部で王翦の動きを監視して、おかしな点があれば報告して欲しいというスパイとしての役割です。 それと言うのも王翦は全てがミステリアスで、昌平君も内情を探っているのですが、全くつかめないからです。 王翦に 迂闊 うかつ に強権を与えてしまい、後で叛かれたら被害甚大なので李信にはあえて、王翦のスパイとなり、その内情を探らせるのです。 ただ、それを蒙恬にさせると王翦に警戒されそうなので、いかにもバカっぽい李信を選んで、警戒心を解かせると秦王政は真面目に冗談を言います。 キングダム642話休載SPvol3「読者は李信を通して王翦の秘密に迫る」 このようなやり方は、キングダムではずっと前から取られていた手法です。 李信は、元々、王騎軍の別動隊、飛信隊として王騎の間近にいましたし、合従軍では麃公配下の将として、その生きざまを見ていました。 さらには、黒羊丘の戦いにおいて桓騎軍の配下に置かれ、その残虐な行動を見て憤り一騒動起こしています。 これは、キングダムで主軸になりつつあるキャラに李信を肉薄させる事により、李信の目を通してキャラクターを理解してもらおうというやり方なのです。 そこで、今回は謎多き男、王翦に李信を肉薄させていくのでしょう。 王翦ばかりではなく、 田里弥 でんりみ や 倉央 そうおう 、 糸凌 しりょう のような新キャラとも交流があるかも知れません。 鄴では、 黒桜 こくおう にも色目を使っていた女好きな倉央が河了貂にもちょっかい出すか、或いは、 俺はガキに興味はないんでね、、と無視するか、そんな変化も楽しいですね。 キングダム642話休載SPvol3「王翦は李信をどう扱うのか?」 李信は王翦を監視しつつ、その支配下に入るわけですが、それは王翦が李信を見定めるという逆の面もあるわけです。 王翦の事ですから李信の役割が自分の監視である事くらいはすぐに見抜くのでしょうが、それを推して、なおも飛信軍を活用する事でしょう。 理由は、王翦は決してボロを出さない自信があるからです、バレなきゃイカサマじゃないというギャンブルのルールと同じです。 その使い方で、王翦が李信を便利な使い捨てと考えているか、ゆくゆくは完全に取り込んで自分の野心に協力させようと考えるかが分かってくるのだと思います。 桓騎とは、また質の違う酷薄さや薄気味の悪さを李信は感じるかも知れませんね。 蒙武の発案によって復活することになった六大将軍制度だけど、蒙武と騰の他にすでに楊端和もサイ攻防戦の活躍で大将軍の位を授与されているらしいので3名なんじゃないの? 今回、王翦と桓騎はブログ主の指摘通りで大将軍に昇格するだろうけど、ブログ主は軍総司令である昌平君のことを忘れているのでは? 李信よりも昌平君、蒙武、楊端和、騰、王翦、桓騎の6人が六大将軍って方がしっくりとくるように思う! 六大将軍は各人に戦争の自由が与えられているようではあるが、実質的には軍総司令の昌平君の戦略の元に前線で張るメンバーが互いに補完しあって機動的に動くからこそ他の六国が隙を見出せないという仕組みなんではないかなぁ、って思うよwww。 このレベルの手柄から考えると、 kawausoさんのキングダムがキター! 三軍を統率し、誰もが攻略不可能と考えていた鄴を攻略し食糧不足さえ解消させた王翦おうせんは文句なく大将軍に昇進するでしょうし、ほぼ自力で李牧の本隊を撃破して、鄴を陥落させた桓騎かんきも同じく昇進。 強力な犬戎族を手懐け、公孫龍と白ナスの軍を朱海平原に合流させなかったようたんわの功績も大将軍に値します。

次の

【悲報】キングダム、李牧一派が趙国民を虐56する超展開ꪝꪝꪝ

キングダム 白ナス

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年7月16日• - 2020年7月16日• 第639話では大量の食糧に喜ぶ飛信隊の様子や吉報に喜ぶ政たちの様子が描かれました。 李牧は地下牢で郭開に鄴(ぎょう)攻めの進言をするも郭開に妨害されてしまいます。 これで騰にとって有利に戦いを進めることができそう。 また列尾は城がわざと弱く造られていますので、城外戦で勝てば城は取り返しやすいはず。? ー列尾ラインが成立しそう。 王騎の副官を務めていたが、王騎亡き後は政により大将軍に任命されています。 秦による六国制覇が動き出してからは、同じく大将軍になった蒙武は楚の対応へ、騰は韓・魏の対応へ動いていました。 今まで王翦、桓騎、楊端和、そして信・王賁・蒙恬らによる趙攻めが続いていたので出番が全然ありませんでしたね。 さて騰は現在、魏から北上して列尾に向かっている最中です。 この後、どうやって列尾を攻略するのでしょうか? 列尾の城に関しては難攻不落の鄴に比べると落としやすいとされています。 そういえば列尾を攻めた時、ここを確保し続けて兵糧を送るルートを確保することを最初は秦軍は考えていたんだったなぁ。 でもこの列尾はわざと弱く造られていたから、王翦はこの城を捨てて鄴を攻めたんだったな。 わざと城を弱い造りにすることで、秦に占領されても外から落としやすくするためです。 しかし今回、列尾を守るのは趙のこちょう将軍。 さらに舜水樹もまだ列尾にいることでしょう。 この二人がいるならそう簡単には落とせないと思われます。 対する騰の元には録嗚未(ろくおみ)、隆国(りゅうこく)、干央(かんおう)らがいます。 ちなみに介億先生は合流するのかな?おそらく咸陽に戻ると思われるが。。。 城が落としやすいし、騰なら何とか攻略するだろうなぁ。 おそらく列尾を挟んで反対側の鄴からも援軍が来ることを期待して、最初は時間稼ぎして、援軍が来たら攻勢に出るとか。 ただし、城が弱いなら改修すればよいわけで、それだけの時間はあったはず。 李牧があらかじめ指示を出して列尾の城を強固にしていれば、いかに騰といえども苦戦するかもしれませんね。 城壁を壊せるような呉鳳明作の巨大弩があればいいですが、それを持ってるかどうかも分からないし。 うーん、正攻法だと時間かかりそうだし、どうするんだろう、騰は・・・。 つまり列尾を両側から攻撃するということ。 昌平君から騰へは近いから連絡はつきやすいけど、王翦のいる鄴は遠すぎて簡単な連絡くらいしかできません。 ただし列尾と鄴をつなぐことで兵站のルートを造り趙攻めするというのは王翦も理解していると思うので、連絡せずとも王翦は必ず軍を列尾に送るはず。 史実では桓騎は鄴の右にある平陽を落としています。 なので今回列尾に向かうのは桓騎ではないはず。 王翦は鄴から動けない。 橑陽にいる楊端和、壁は動かせそうだが、今橑陽を離れるのは得策ではないでしょう。 となると鄴にいてフットワークの軽そうな若手しかありません。 そう、信、王賁、蒙恬らでしょう。 誰が行くか?もちろん、3人全員行った方が面白いのですが、3人も送り出すのは少しもったいないでしょう。 となると信と王賁、あるいは信と蒙恬のペアで列尾に向かうことになるのでは? ただし、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊ともに1万人弱とすると2つの軍で向かっても総勢2万弱。 列尾を守る趙軍はきっと10~15万くらいはいそうだから、少し戦力的にバランスが取れない。 仮に騰が列尾を落としても、趙軍が列尾を放棄して鄴や邯鄲方面へ逃げてきたら、今度はそこにいる信たちが危うくなる。 そうなると王翦の配下の倉央や田里弥のどちらかがついてくるのではないでしょうか? 倉央は死亡フラグビンビンすぎるからいつ死ぬか。。。 — ノリ齋藤🐇 kanikani4195 倉央軍が主力となり、それに飛信隊や玉鳳隊、楽華隊が加わるという形かな。 死んだ後なんてどうでもいいもんな分かるぞ。 苦戦した秦は、李牧を排除するために趙の大臣・郭開に賄賂を送り、趙王と李牧の離間を画策。 郭開は趙王に李牧と司馬尚が謀反を企てていると忠告した。 趙王は軍事を掌握する李牧を密かに恐れていたので、この言を聞き入れて、李牧を更迭へ。 しかし李牧がこれを拒んだため、趙王により密かに捉えられ謀殺されたという。 その結果、李牧が死んで3ヶ月後に趙は滅ぶことになる。 趙の現在の王・悼襄王(とうじょうおう)には息子が二人おり、兄は李牧に「趙の真の光」だと言わしめた嘉(か)。 趙の太子(たいし:王の世継ぎ)である嘉(か)は悼襄王(とうじょうおう)とは違って、光ある王族として描かれていますね。 ただ史実ではこの太子・嘉は悼襄王の次の趙王にはなっていません。 李牧はこの太子・嘉の時代に希望を抱いていたけど。 この遷が次の趙王の幽繆王(ゆうぼくおう)。 李牧を謀殺したのはこちらの王です。 今の悼襄王はキングダムでは愚王として描かれていますが、この流れだと悼襄王が李牧を殺すのかな。 それとも嘉が李牧を助けて斬首刑を免れるみたいな流れにして、李牧にもう一度戦争を引っ掻き回させるのも物語的には面白いかもしれません。 キングダム640話ネタバレ予想&考察のまとめ キングダムは史実と連動しているようでオリジナル要素も満載なので、史実からある程度予想はできるけど、漫画ではどうなるか全然分かりませんね。 騰の活躍はファンも見たいところなので、また戦場でファルファル言ってもらいたものです。 また騰ばっかりだと信の出番がしばらくなくなってしまうので、原先生的には信も列尾に向かわせると予想。 李牧は秦にとっては手強い相手だけに、そろそろ退場させて、物語を先に進める展開がありそう。 次回も楽しみです。 キングダム640話のネタバレ確定速報! 2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプのキングダム640話より、確定速報を紹介します。 キングダム640話ネタバレ確定「読みが外れた媧燐」 今回の表紙には趙のクソ王、斉王、他の国の代表たち5名が顔を揃えています。 そして、 「その衝撃は瞬く間に全土に広まった」 と鄴陥落のニュースが中華全土に伝わったことを1ページ使って描いてます。 楚の王都では媧燐・李園ら重臣たちが会議をしています。 媧燐(かりん)はドーンとデカい態度で座って、鄴陥落のニュースを聞いて 「マジかよ」 とつぶやいています。 傍らには愛玩用の部下としてバミュウが手枷足枷目隠しで蝋を垂らされてます。 どうやら珍しく媧燐の読みが外れたとか。 媧燐は趙の邯鄲から王都軍が出れば王翦なんてイチコロだと思ってました。 しかし趙のバカ王は出さなかった。 だから読みが外れたという。 でも李牧相手に鄴を取った王翦に素直に感心している様子。 李園も「大変なことになったぞ」と言いますが、媧燐は 「あわてんな李園」 そう言います。 媧燐曰く、今は陸の孤島状態ですが、鄴と列尾が繋がり、秦の本土とつながって鄴が趙攻略の最前線の拠点となったときに趙は本当にヤバくなると。 しかし李牧はそれを分かってるし、そうはさせないだろうと予想します。 まあ、李牧は今、それどころじゃないんですが・・・ キングダム640話ネタバレ確定「怒る舜水樹、扈輒(こちょう)将軍のとった行動」 一方、列尾では白ナスこと舜水樹と扈輒将軍が秦軍を待ち受けていました。 連絡係によると魏方面から秦軍4万が黄河を渡って進軍しているという。 そう、秦国大将軍・騰(とう)です。 ここで列尾の趙軍の総勢が明らかになりました。 列尾の趙軍は3万、対する騰は4万。 なんと3万しかいなかったんですね。 舜水樹が橑陽 りょうよう からもっと引き連れてきてると思ってました。 思ったより少ないです。 不安そうな部下に「あれだけなら持つ」とこちょう将軍。 つまり、あれだけではないと。 そう、鄴です。 鄴から列尾に向けて秦軍が来れば挟み撃ちになり、今の3万では持たないというわけです。 しかし扈輒将軍は 「それは李牧殿も承知のはず。 すでに北部の軍を南下させてるはずだ」 舜水樹は邯鄲の王都軍が動けばもっと早いのですが、動いていれば今頃こんな状況にはなってないと。 そして扈輒将軍は 「我らの王はクソだ!」 そう言い切りました。 まあ、たしかにクソですね。 李牧こそが趙の要。 後顧の憂いは李牧が断ち切ってくれると信じて、騰の攻略に意欲を燃やす舜水樹と扈輒将軍。 キングダム640話ネタバレ確定「信をたすけた代償。 羌瘣にも後遺症?」 場面は変わり、眠っていた信が目を覚ますと龐煖が襲いかかってきて、羌瘣が信に抱きついてます。 思わず「逃げろ羌瘣!」と叫ぶ信ですが、羌瘣は「いいんだ」と言って抑えます。 すると、羌瘣が? 煖に斬られて真っ二つに!涙ぐみショックを受ける信・・・ 「羌瘣!」 そう叫んだ時に本当に目を覚ます信。 珍しくはちまきをしてない羌瘣が部屋で休んでます。 うん、美人ですね。 信は羌瘣の様子を見に来ていつの間にか眠っていたみたいで、何か嫌な夢を見たと話す信。 羌瘣はそれをじっと聞いて 「私も同じ夢を見ていた。 どうやら私の気が少しお前に入ってしまったようだ」 信は羌瘣が自分を助けるときにかなり無理をしたと尾平から聞いたらしく、その無理がたたったせいではないかと心配します。 いつもならとっくに起き上がっているのに、いまだ休んだ状態の羌瘣が心配でたまらない信。 何か後遺症でもあるのかもしれません。 「何か隠してるんだろ?」 そう詰問する信に「別に」と答えない羌瘣。 そこへ羌瘣の部屋に訪ねてきた渕が接近する信と羌瘣を目撃。 見てはいけないものを見てしまったのかと慌ててます。 いつの間にかそんな仲になっていたのかとブツブツ言ってます。 そして渕が来たのは信に知らせるためです。 なんと鄴から亜光将軍が出撃したという。 亜光といえば右翼で暁雲と馬南慈にやられて、それ以降、治療のため全く登場してませんでした。 ずっと昏睡状態だったらしいけど、それが復活して勇ましく討って出たという。 あれ?信たちが列尾に向かうと予想してたけど、大外れだったな。 亜光将軍の後軍には桓騎兵も多くいるという。 キングダム640話ネタバレ確定「激昂する舜水樹。 扈輒将軍の決断」 再び列尾の趙軍。 騰軍の先鋒と戦い始めたとき、鄴から秦軍が列尾に向かっているという知らせを聞く舜水樹たち。 その速さに思わず舌打ち。 趙の北部軍からの報告はまだないようです。 そこへさらに急報が。 北部軍や李牧からの知らせかと期待する舜水樹に、連絡係は馬南慈からだという。 そして、 「李牧は大王の手により捕らえられ、邯鄲で投獄されました!」 さらに邯鄲は沈黙したままで北部軍も一切動いていないという。 そしてさらに、 「李牧は邯鄲にて斬首になると!」 その知らせに激昂し、刀を振り上げて連絡係の頭ギリギリに下ろす舜水樹。 「我らの王はどこまで愚かなのか!」 舜水樹が怒ってます。 今まで見たこともないくらい表情豊かに、目が血走って叫んでます。 冷静なキャラなのに、よほど腹に据えかねたのでしょう。 扈輒将軍はそれを聞いて決断しました。 「引き上げるぞ。 全て邯鄲まで戻す」 背後から攻められては持ちこたえられない。 そして全て邯鄲に戻すと橑陽に展開してる軍が孤立してしまうので、それも戻すと。 扈輒将軍の読みでは、どのみち王都圏の南側は秦に奪われると。 だったら、兵を全部戻して北部側を固める方が王翦は嫌がるだろうと。 なるほど確かにそれは攻める方としては大変ですよね。 扈輒将軍はさらに続けます。 「やはり李牧殿を救わねばならん。 あの方を失えば趙は終わるぞ」 さらに舜水樹も 「 王を殺してでも李牧様を助ける」 と、静かに決意します。 なるほど舜水樹が李牧を助ける可能性が出てきましたね。 そして列尾から撤退していく趙軍。 一方、騰軍では録嗚未が趙軍をこれからぶちのめそうとしてました。 「 録嗚未「趙軍をぶちのめす!行くぞ!」 「 連絡係「急報、敵が後退していきます」 「 録嗚未「バカめ、来たな。 俺たちの・・・はぁ!?」 すごいな。 ノリツッコミだよ。 録嗚未はこういう賑やかし役がよく似合う。 結局、騰軍はほとんど戦わずに列尾城を取り、列尾の一帯を固めて秦軍のものにします。 さらに橑陽からも趙軍が撤退したことで、鄴ー列尾ー橑陽の三角形の地域が全て秦のものになりました。 これにより、いよいよ鄴が趙攻略の最前線の拠点として完成しました。 そしてさらにひと月後、秦の本土から軍が補充され、その分、一部の兵が帰還が許されたという。 要は順番で秦に戻れるようになったようです。 なんと信の飛信隊も秦に戻るために鄴を出発したという。 うーん、飛信隊の戦闘を予想してたのにこれもまた大外れ。 そして同じく橑陽から秦に戻る途中の壁と列尾の前あたりで遭遇する信。 朱海平原で壁たちは橑陽へと別れましたが、それから69日目にして再会し、お互いの無事を喜び合います。 いやぁー良かったですね。 キングダム640話の感想と考察 次回予告では 「次号、咸陽にたどり着いた飛信隊は…!?」 そして最後のページの煽りのキャッチコピーでは 「全滅をも覚悟し臨んだ?攻略戦。 見事に趙南部を勝ち取った連合軍が今、凱旋する!」 あれ?連合軍が凱旋したら鄴の守りが手薄にならないか? 王翦とか桓騎、楊端和とかはそのまま留まるのかな?飛信隊は咸陽に戻り、また別の指令でも受けるのだろうか? うーん、次号の展開も気になりますね。

次の