ビフォア クライシス。 『FF7 リメイク』特別企画、『アドベントチルドレン』や『クライシス コア』などの関連作品を改めて紹介

FF7リメイク前に『COMPILATION of FINAL FANTASY VII (コンピレーション オブ FF7)』を振り返る

ビフォア クライシス

ゲームの歴史で語り継がれる名作 任天堂のゲーム機で発売されていた『』(以下、『』)シリーズのナンバリング最新作が、ハードをプレイステーションに変えたことも大きな話題になった『FFVII』。 当時、対戦格闘ゲームやレースゲームといった限られた作品でしか使われていなかった3DCGを家庭用のRPGに用いて装いを一新。 よりドラマチックな演出も可能に。 バトルシーンは従来のサイドビューから3Dのバトルフィールドになり、臨場感がアップ。 主人公クラウドは、反神羅を掲げるアバランチに傭兵として加わり、神羅の魔晄炉を爆破。 神羅に追われる身となったクラウドたちは、その後、星の命運を懸けた戦いへと巻き込まれいく。 ダブルヒロインのひとり、エアリスの悲劇や宿敵セフィロスなどのキャラクター、名曲揃いのBGMも人気を博した。 現在はNintendo Switch、PS4などでも発売されている(ダウンロードのみ)。 フルCGで描かれたハイスピードアクションは必見 ゲームではなく、フルCGの映像作品として制作された『』は、『FFVII』本編の2年後の世界を描く。 ディレクターは野村哲也氏で、ヴェネツィア国際映画祭にも招待された。 2005年9月にはDVDが発売。 2009年4月には、一部シーンを差し替え・追加し、HD解像度でBlu-rayディスクに収録した『』が発売された(ちなみに、限定版には『』の体験版が同梱)。 メテオによる災害から2年。 フルCGでスピーディーに展開するアクションは、いま見ても圧巻のひとこと。 C 1997, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA LOGO ILLUSTRATION: C 1997 YOSHITAKA AMANO C 2005, 2009 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA C 2004 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA C 2007 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA C 2006 SQUARE ENIX CO. ,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA.

次の

【FF7】ビフォアクライシスを語る!【FOMA】

ビフォア クライシス

FF7本編の6年前が舞台ということでFF7本編では知ることができなかった 「タークス」の過去や、FF7本編に至るまでのストーリーの流れを知ることができます。 ビフォアクライシスは、FF7の根幹を知ることができる作品と言えるでしょう。 ザックスとクラウドはどのようにして出会ったのか。 クラウドはどんな過去を抱えているのか。 クライシスコアの登場により、FF7のストーリーに広がりが出たことは間違いないです。 そんな状況の中、カダージュ一味と呼ばれる集団に突如襲われるクラウド。 2年前の決戦の残り火とも言える戦いに、クラウドが巻き込まれていく物語です。 FF7本編で生死が気になっていた人物や、神羅カンパニーのその後の状況を知ることが出来るので、FF7に関するかなり重要な情報が詰まっています。 なによりも、2年前に倒したセフィロスはその後どうなったのかが一番の見所と言えます。 紹介した上記の3つの作品と異なって、FF7の主要キャラがほぼ全て出てくるので、 FF7の関連作品の中で1番初めに手をつけるべき作品だと思います。 「ディープグラウンドソルジャー」と呼ばれる謎の集団と、FF7本編で登場したヴィンセントの戦いを描いた作品です。 FF7本編から3年後が舞台のため、FF7の話を掘り下げるというよりは新たな戦いを描いているという色合いが強いです。 ダージュオブケルベロスでは主にヴィンセントとルクレツィアに関わる重要な過去や心情を知ることができるので、FF7をより深く楽しみたいという方はプレイすることをおすすめします。 まとめ 以上の4つが主なFF7の関連作品です。 紹介した4つの作品はそれぞれ舞台となる時代が異なりますが、FF7をプレイしていればどんな順番で手をつけても楽しむことができると思います。 FF7リメイクでは、紹介した4つの作品に合わせて物語が補正されると思うので、FF7を存分に楽しみたいという方は全てプレイすることをおすすめします。 関連リンク バトル関連 システム関連 - その他• ストーリー攻略• チャプター別攻略一覧• 装備データベース 最強装備• 武器防具• マテリア• お役立ち バトル関連• システム関連• その他• ボス攻略• ストーリーボス攻略• VRミッションボス攻略• バトルシミュレーターボス攻略• なんでも屋クエスト• なんでも屋クエスト• EXクエスト• バトルレポート• バトルシミュレーター• ミニゲーム• キャラクター• 掲示板• 体験版攻略• 公式サイト• 英語版攻略ウィキ•

次の

『FF7 リメイク』特別企画、『アドベントチルドレン』や『クライシス コア』などの関連作品を改めて紹介

ビフォア クライシス

FF7本編の6年前が舞台ということでFF7本編では知ることができなかった 「タークス」の過去や、FF7本編に至るまでのストーリーの流れを知ることができます。 ビフォアクライシスは、FF7の根幹を知ることができる作品と言えるでしょう。 ザックスとクラウドはどのようにして出会ったのか。 クラウドはどんな過去を抱えているのか。 クライシスコアの登場により、FF7のストーリーに広がりが出たことは間違いないです。 そんな状況の中、カダージュ一味と呼ばれる集団に突如襲われるクラウド。 2年前の決戦の残り火とも言える戦いに、クラウドが巻き込まれていく物語です。 FF7本編で生死が気になっていた人物や、神羅カンパニーのその後の状況を知ることが出来るので、FF7に関するかなり重要な情報が詰まっています。 なによりも、2年前に倒したセフィロスはその後どうなったのかが一番の見所と言えます。 紹介した上記の3つの作品と異なって、FF7の主要キャラがほぼ全て出てくるので、 FF7の関連作品の中で1番初めに手をつけるべき作品だと思います。 「ディープグラウンドソルジャー」と呼ばれる謎の集団と、FF7本編で登場したヴィンセントの戦いを描いた作品です。 FF7本編から3年後が舞台のため、FF7の話を掘り下げるというよりは新たな戦いを描いているという色合いが強いです。 ダージュオブケルベロスでは主にヴィンセントとルクレツィアに関わる重要な過去や心情を知ることができるので、FF7をより深く楽しみたいという方はプレイすることをおすすめします。 まとめ 以上の4つが主なFF7の関連作品です。 紹介した4つの作品はそれぞれ舞台となる時代が異なりますが、FF7をプレイしていればどんな順番で手をつけても楽しむことができると思います。 FF7リメイクでは、紹介した4つの作品に合わせて物語が補正されると思うので、FF7を存分に楽しみたいという方は全てプレイすることをおすすめします。 関連リンク バトル関連 システム関連 - その他• ストーリー攻略• チャプター別攻略一覧• 装備データベース 最強装備• 武器防具• マテリア• お役立ち バトル関連• システム関連• その他• ボス攻略• ストーリーボス攻略• VRミッションボス攻略• バトルシミュレーターボス攻略• なんでも屋クエスト• なんでも屋クエスト• EXクエスト• バトルレポート• バトルシミュレーター• ミニゲーム• キャラクター• 掲示板• 体験版攻略• 公式サイト• 英語版攻略ウィキ•

次の