夫婦生活 アメブロ。 夫婦生活 産後

幸せいっぱいの夫婦生活に導く魔法のカウンセラー 竹下小百合さんのプロフィールページ

夫婦生活 アメブロ

について説明しますが、 夫婦 関係が悪くなる時期の一つに、 産後 があることはご存知でしょうか? 夫婦 の間にお子様が生まれると、育児に時間を取られがちになります。 おそらく数年間は手が離せなくなります。 夫は仕事と子育て、妻は家事と子育てに手を取られることとなり、 夫婦 間のコミュニケーションも少なくなるそうです。 そして 産後 の子育てにはストレスがつきもので、出産し幸せなはずなのに、いわゆる 産後 ブルー(マタニティーブルー)になってしまう妻がおられます。 そうなってくると、 夫婦 間に隙間風が吹くと聞いたことがあります。 妻のほうは 産後 、子どもに手を取られて、夫に対する愛情が冷めてしまうこともあるようです。 そうなると下世話な話になりますが、 夫婦生活 も減るそうです。 セックスレスになるということです。 夫婦生活 は、婚姻を継続していくうえで、非常に重要な意味を持ちます。 夫婦生活 の極端な減少は、離婚事由の一つともなります。 妻が育児に忙しく、 夫婦生活 が減少すると、夫は外で性欲を満たそうと考える方も多いようです。 よって 産後 は、夫の妻に対する理解や協力が必要になることは言うまでもありません。 夫にとっては 夫婦生活 も大事かもしれませんが、妻にはどうすることが必要なのかを考えることも必要なのかもしれません。 今回は 夫婦生活 産後 について説明しましたが、 夫婦生活 産後 は分かっていただけたでしょうか?もし 夫婦生活 産後 で分からないことや、 夫婦生活 産後 について疑問に思うことがあればお問い合わせください。 ------------------------------------------------------------------------- 夫婦生活 産後 等の疑問は中西司法書士総合事務所へ 夫婦生活 産後 の疑問を解決へ 中西司法書士総合事務所 フリーダイヤル 0120-644-375 ------------------------------------------------------------------------- 過去の記事等はアメブロの方でご確認して頂けます。 アメブロは・・・ selected entries• 1 archives• 7 recent comment• profile• search this site. others• mobile powered.

次の

北山みつき、“一夫多妻”な夫・サンコンとの夫婦生活「毎日刺激的です」(2020年6月30日)|BIGLOBEニュース

夫婦生活 アメブロ

フジテレビ系『あいのり』のメンバーだったタレントの(33)が10日、自身のブログで、2010年に結婚した一般男性との離婚を発表した。 「突然の報告すぎてびっくりするとおもいますが、約8年の結婚生活を経て、私たち夫婦は離れて生きる選択をしました」と報告。 「付き合い始めてからは約9年。 いろいろあったけど、本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返った。 2人の関係について「私たち夫婦はものすごく仲の良い夫婦でした。 仲が良すぎて、、、男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」とし、「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」と夫婦生活の悩みを告白した。 また、「結婚初期の頃は雑誌の『妊活』の連載で、カラダ作りはしていたものの、肝心の行為には至りませんでした。 結婚して、あまりに早い時点でそうなってしまって。 とっても幸せなんだけど、心のどこかで何かすごく物足りない気持ちが常にありました。 結婚初期は、枕を涙で濡らすこともありました」と吐露。 夫に対して「寛大な優しい彼でした」とする一方で、「周りがどんどん結婚して、子供が出来てゆくのを目の当たりにするたび、すごく嬉しい反面、ずっとどこかで焦りを感じていました」と本音をつづった。 その上で「今は医療も発達してるし、そんなことで別れなくても、って思うかもしれないけど… もちろん私たちもそう思うし、散々悩んだのですが…話し合いをした結果、この決断になりました」とまとめた。 最後の夜には2人の思い出の食事を一緒に作って食べたという。 最後は「本当に私にはもったいないくらい良い人でした。 9年間一緒に過ごした彼のことは、いつまで経っても大切な人に変わりはありません。 今まで私たち2人を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」と感謝の言葉でしめくくった。

次の

夫婦生活 産後

夫婦生活 アメブロ

一昔前に比べて、一生同じパートナーに愛を捧ぐという概念が失われつつあるなーと感じる今日この頃。 ニュースでも議員や芸能人の浮気・不倫報道も多いですし、ゴールデンタイムのドラマですら不倫や浮気シーンが普通に流れる世の中ですよね。 現に浮気や離婚が原因で離婚する夫婦は、年々増加傾向にあるようです。 ですが、皆さん一生パートナーに添い遂げようと決めて結婚するわけですから、その気持ち何年経っても、何十年経っても持ち続けていたいですよね。 今回は、結婚生活を恋愛気分で楽しみながら、夫婦円満で居続け得るポイントをご紹介します。 どうして気持ちは変わるのだろう 50代から上の年齢の方々の中には、離婚=恥ずかしいと答える方も多いようですが、今は離婚が恥ずかしいという考えもすっかり薄くなりましたよね。 それが良いことかと言われると賛否両論ありますが、仲が悪いまま一緒にいるのは…とも思ってしまいますし、今のご時世「離婚は悪い」という発言をすれば確実に、モラハラやパワハラ、セクハラなどと訴えられる時代です。 現にバツ1やバツ2という言葉ではなく、他の言葉にしようとの動きもあるようですからね。 とは言っても、出来れば結婚した以上、ずっと一緒に添い遂げるのがベストでしょうし、それがある意味、結婚の醍醐味ですからね。 一体どうして気持ちは、結婚生活の中で変わっていってしまうのでしょう。 結婚や同棲をすると、一緒にいる時間が長いですから、無理して繕っていると結局疲れちゃうんですよね。 それ故、トキメキが減ったり、女性として扱われることが少なくなった気がしてしまうと悩む方もいます。 その半面、家族としての絆や居心地に関してはアップしているはずですけどね。 ですが、結婚した今はどうでしょうか?多くの方が以前に比べお洒落することを忘れていませんか? いつでも着飾る必要はありませんが、ある程度、相手に良く見られようという意識は忘れないように心がけたいポイントです。 でも、結婚すると恋人同士ではありませんので、付き合っている頃よりイベント事に疎くなる傾向が高いです。 家計事情も加わりますしね。 愛に飢えていたり、セックスレス、マンネリなど理由は様々ですが、相手からの愛情を最大限感じられている人は、相手を大切にする傾向が強いですし、自分に対しても自信を持っている場合が多いです。 長くいれば不満が出たり、溜まるのは当然のことですが、寛大になれるまでに気持ちが変わってしまう場合もあります。 結婚してからも仲良し夫婦でいるために大切にすること 結婚してからも恋愛気分でパートナーといるためには、恋人同士のようなドキドキ感やときめきを少しでも感じることが重要。 また、相手に対して思いやりをもつことも大切ですね。 その中でもここは大切にしたい!そんなポイントをご紹介します。 ・記念日を祝う 付き合っているときは、やけに記念日に積極的なもの。 中には1ヶ月に1度お祝いするカップルもいるほどですからね。 そこまでとは言いませんが、1年に1度の結婚記念日を忘れてはなりません。 また、付き合った日もちょっとした手料理でお祝いしたり、感謝の言葉を伝えるのも素敵ですよ。 ・キスやお見送り キスやお見送りは毎日していますか? 新婚の頃は、欠かさずしていたのに数年経つとあれ?いってらっしゃいしたっけ?なんて、ご夫婦もいますが、毎日気持ちを込めて「いってらっしゃい」「おかえり」を伝えるのは大切。 特に疲れて帰ったとき、笑顔で妻に「おかえり」と言われると安心するとの声が多く、夫婦円満さが垣間見えますね。 ちなみにそう答える旦那さんは、妻が好き率が高い傾向に。 ・喧嘩を我慢 離婚前は決まって、喧嘩が多くなります。 お互いに言いたいことを言って仲が深まるのは良いことですが、ただの喧嘩ってお互いのモヤモヤが募りますし、怒らなくてもいいのに…と思うこともありますよね。 顔を見合わせて喧嘩をしていても、面白くありません。 特に女性は、結婚すると家事に仕事に育児に、負担が増えがちです。 ストレスも溜まりますよね。 うまく夫婦で負担を分担し、お互いがお互いを思いやりましょう。 ・身だしなみ 結婚をしたら、素の姿を見せるのは当たり前なことですが、ある程度の恥じらいと身だしなみは必須です。 付き合ってた頃はデートの度にメイクや服、髪型に荷物に…と気を使っていましたよね。 お互いにある程度の身だしなみを整えることは、相手云々ではなく世間体的にも気をつけた方が良いでしょう。 また、男性は仕事で女性と関わることも多いので、着飾っている女性を見た後に、ダル着の妻を見るショックさは大きいもの。 がっかりされないためにも女性らしさはキープしましょう。 子供がいる夫婦が恋愛気分をキープするためにすべきこと 子供が出来ると「お母さん」「お父さん」なり、女性は旦那さんのことを男として見なくなるし、男性は奥さんのことを女性として見なくなるとも聞いたことがあるかと思いますが、そんなの関係ねー(笑)子供がいる夫婦でも恋人気分をキープできるためにすべきことを4つご紹介します。 ・スキンシップ 毎日いってらっしゃいのお見送りやキス、ハグ、挨拶をしっかりご夫婦でされていますか? お子さんがいると恥ずかしさや見られたら…と思ってハグやキスをしなくなる方もいるようですが、親の仲が良い姿を見せることは度が過ぎていなければ良いことです。 まあ、思春期のお子さんの前ですと、控えた方が無難かもしれませんが、そのくらいの年齢なら寝室は別ですから、ご夫婦のスキンシップの時間は取りやすいですよね。 夫婦のスキンシップって本当に重要で、特にセックスに関しては間が空いてしまうと、どんどん空いてしまうケースも多いので、注意。 ・たまにのデート お子さんがいると二人きりでデートは難しいと思いますが、結婚記念日や平日会社が休みのときなど、たまにはデートしましょう。 しっかりデートというワードを使って、お洒落もしてみましょう。 久しぶりに二人きりになると、意外とドキドキするものですよ。 手を繋いで、はじめてデートした場所などを巡るのも楽しそう! ・二人だけの時間 1日のうちに二人だけの時間はありますか? 二人だけの空間でしか話にくい仕事の会話などもあると思います。 ゆっくり大事な話をする時間も必要不可欠。 将来の話やお金の話、仕事の話、ちょっとでも言えないことがあると、どんどん増えてそれが溜まり、気づけばお互いが知らないことだらけで深い溝が…なんてことも。 相手の喜ぶ食事を作るのも一つですし、相手が喜ぶサプライズを月1回でもいいので生活にプラスしてみては? 4. 言葉ってとても重要 つい夫婦になると「ありがとう」「ごめんね」という言葉が足りなくなってしまうんですよね。 何かと当たり前になってしまって、感謝や反省をしなくなりがち。 親しき仲にも礼儀有りという言葉が昔からあるように、本当に重要なことです。 いつまでも恋愛気分を忘れていないご夫婦は、今日したことであったり、買い物したもの、髪を染めたことなど報告し合っている方が多いです。 そうすることで会話が減るなんてこともなくなりますしね。 ちょっとしたことでも、相手のことが分かると、なんだか心もほっとしませんか? 5. ですが、やはり浮気や不倫はリスクが高いですし、そんなことをして夫婦円満でいれるわけがありませんよね。 危ない響きに聞こえるかもしれませんが、既婚者同士の普通の飲み会なのです。 通常の合コンや飲み会ですと、異性の出会いがメインになりますが、既婚者限定なので、既婚者同士の気晴らしによく使われます。 近年、メディアなどにも紹介され、認知度はじわじわ高まっています。 浮気や不倫をするくらいなら、1日だけ気晴らしに異性の方と気軽にお話をして、夫婦円満に生活していきましょう。

次の