生理痛に効く鎮痛剤。 生理痛に効く食べ物は?冷えや貧血を和らげるの?

生理痛の痛み止めの選び方……市販薬の成分に注意 [薬] All About

生理痛に効く鎮痛剤

ロキソプロフェンは解熱鎮痛剤としてよく使われる成分のひとつであり、頭痛や生理痛など幅広い痛みや、解熱を目的として使用されています。 ロキソプロフェンは、NSAID's(非ステロイド性消炎鎮痛剤)という種類の成分で、シクロオキシゲナーゼの働きを阻害することで、痛みや炎症の原因物質「プロスタグランジン」が体内で産生されるのをおさえ、痛みや炎症をおさえます。 また、ロキソプロフェンは胃や腸の中を通る時は、胃粘膜刺激作用や小腸での潰瘍形成作用が弱い状態で通過し、体内に吸収された後に痛みや発熱に効果を示す形に代謝される「プロドラッグ」というタイプの成分です。 そのためロキソプロフェンは、ケトプロフェン・ナプロキセン・インドメタシンなど、ほかのNSAID'sと比較して、消化管障害が少ないといわれる成分です。 ロキソプロフェンとロキソニンの関係 ロキソプロフェンはロキソニンという製品の成分になります。 ロキソプロフェンは処方薬ではロキソニン錠60mg、市販薬ではロキソニンSなどの成分としても含まれています。 つまり、ロキソプロフェンとロキソニンの違いは先発医薬品とジェネリック医薬品(後発医薬品)の違いということもできます。 ロキソプロフェンという名前でも、ロキソニンという名前でも有効成分は同じなので、基本的には効能・効果も同じと考えて問題ありません。 効能・効果 まず、ロキソプロフェンを有効成分とする処方薬の「ロキソニン錠60mg」と、ロキソニン錠60mgと同じ有効成分を同用量配合した市販薬の「ロキソニンS」の効能・効果を比較します。 【医療用医薬品のロキソニン錠60mgの効能・効果】 効能・効果 1. 下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛 2. 手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎 3. 関節リウマチ・変形性関節症などの疾患に消炎・鎮痛目的で使用する場合は、医師の適切な診断のもと使用する必要があります。 市販薬のロキソニンSは効能・効果に記載された症状にのみ使用し、それ以外の症状の場合は自己判断での市販薬の使用はせず、医療機関を受診しましょう。 また、ロキソプロフェンは胃や腸を荒らすことがあり、胃や腸の痛みに使うことはできないため注意が必要です。 頭痛には効く? 市販薬のロキソニンSの添付文書には「頭痛」と記載がありますが、処方薬のロキソニン錠60mgには「頭痛」の記載はありません。 しかし、頭痛の種類にもよりますが、ロキソプロフェンを有効成分とする処方薬の飲み薬も、ロキソニンSと同様に頭痛をやわらげることができます。 「片頭痛」「緊張型頭痛」などによく処方され、「片頭痛」「緊張型頭痛」に処方された場合は保険も適用されます。 市販薬のロキソニンS・処方薬のロキソニン錠60mg、どちらでも頭痛に使用できますが、頭痛薬を月に10日以上使用している方は、頭痛薬が原因の頭痛を引き起こしている可能性もあります。 頻繁に頭痛がある方は医療機関を受診し、医師に相談しましょう。 生理痛には効く? 生理痛がひどくて生活に支障が出るような症状を「月経困難症」と呼びます。 市販薬のロキソニンSでは生理痛が効能・効果として明記されていますが、処方薬のロキソニン錠60mgの効能・効果には生理痛も月経困難症も記載されていません。 しかし、ロキソプロフェンを有効成分とする処方薬の飲み薬も、ロキソニンSと同様に生理痛をおさえることができ、医療機関でも処方される薬のひとつです。 ロキソプロフェンが効くまでの時間 ロキソプロフェンの薬を飲んでから、作用が現れるまでには個人差はありますが、15分〜30分程度かかります。 まずは余裕を持って30分〜45分ほど効果が出るのを待つことが大切です。 痛みが続く場合 1錠使用して時間が経っても痛みがおさまらないとき、もう1錠追加したいと思うことがあるかもしれませんが、使用間隔は最低でも4時間以上あける必要があります。 基本的にロキソプロフェンは頭痛・生理痛ともに1回あたり1錠での使用となります。 医師から処方された場合1回2錠まで使用するケースもありますが、自己判断で2錠に増やすのはやめましょう。 そもそも決められた1錠を使用しても頭痛・生理痛がおさまらない場合は、ロキソプロフェンでは対処しきれない痛みの可能性があります。 神経痛や片頭痛などでは、ロキソプロフェンの効果があまりよくないケースもあります。 また、片頭痛や生理痛だと思っていた症状が、実は別の病気であるおそれもあります。 処方薬・市販薬のどちらの場合でも、一定期間使用しても効かないときは、医療機関を受診しましょう。 主な副作用として、胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振等、浮腫・むくみ、発疹・蕁麻疹、眠気などが報告されています。 腹痛・胃部不快感などの消化器症状を軽減するためにも、空腹時の使用を避けることが望ましいでしょう。 ロキソプロフェン(ロキソニン錠)の副作用について詳しい情報は、関連記事をごらんください。

次の

【眠くならない】生理痛に「最強に効く」市販薬とは?【ベスト3】

生理痛に効く鎮痛剤

鎮痛薬の服用は 「早め」がポイント! 痛みのピークに飲むと 効果が得にくくなる。 毎月のことだから、生理の期間は少しでも楽に過ごしたいもの。 生理痛がつらい時は、鎮痛薬を利用するのも一つの方法です。 生理痛や頭痛に使用する鎮痛薬は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)といって、 痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを和らげる効果が期待できます。 解熱作用もあることから、解熱鎮痛薬とも呼ばれており、成分によってさまざまな種類が市販されています。 服用のポイントは痛みを我慢しないこと。 痛みはじめた時に服用するのが効果的です。 プロスタグランジンの生成が早く抑えられ、効果が得られやすくなります。 痛みをぎりぎりまで我慢してからだと、プロスタグランジンがすでに大量に分泌された状態なので、効果が現れにくくなってしまいます。 すぐに服用できるよう、外出するときは鎮痛薬を持ち歩いておくと安心ですね。 ただし鎮痛薬を飲んでも痛みが引かない場合は、婦人科を受診してください。 「鎮痛薬」に不安を感じる、という人へ。 「病気でもないのに薬を飲むのは不安」、「鎮痛薬を飲み続けていると、効かなくなる」、そんな思いから、痛みをぎりぎりまで我慢していませんか?鎮痛薬は、体に合わないといった場合を除いて、用法・用量や、使用上の注意を守って正しく使えば、体に過度な負担をかけることはありません。 痛みをうまくコントロールして、生理の日も快適に過ごしたいですね。

次の

ロキソプロフェンの効果と副作用。生理痛や頭痛に効くけど選び方に注意

生理痛に効く鎮痛剤

バファリンルナJや小児用バファリンが効かない理由 子供用の生理痛薬が効かない大きな理由は 成分が弱いからです。 例えば「バファリンルナJ」「小児用バファリン」「タイレノールA」「小中学生用ノーシンピュア」などの子供向けの痛み止めはすべて アセトアミノフェンという成分を配合しています。 病院では「カロナール」という名前で処方された事がある人も多いのではないでしょうか。 そしてこのアセトアミノフェンは子供でも安全に使用できる反面、 痛みを抑える効果としては決して高くないんです。 またアセトアミノフェンの配合量としても決して多くはありません。 ですからこれらの子供用の痛み止めを使用しても効果が実感できない小中学生は決して少なくありません。 しかし子供の生理痛にはこのアセトアミノフェン以外を配合している、より効果の高い痛み止めが発売されていますので紹介していきます。 子供の生理痛におすすめの市販薬 鎮痛効果が最も高い子供の生理痛薬 ビタトレール ハレルミンA 市販の生理痛に効く薬の中ではほぼトップの効果を発揮します。 おまけに1歳から使用可能です。 痛み止めの成分としてはバファリンルナJの主成分である 「アセトアミノフェン」をほぼ同量配合し、さらに 「エテンザミド」という痛み止めの成分も配合されています。 また、生理時のイライラなどの気分を落ち着かせるために 「ブロモバレリル尿素」という鎮静剤も配合されています。 これらの成分を十分な量配合している子供用の痛み止めは他にはありません。 もし市販の薬の中で生理痛に効く最強のものを選びたい時はこちらを選択するようにしてください。 そもそも生理痛薬を飲んだことがない人も多いかと思いますので、鎮静剤がどれ程影響を与えるか不安な人も多いかと思います。 例えばテスト期間や授業中に眠気が出て困る場合も起きるかもしれません。 ですからそれらの副作用や効果の強さを考えると新モートサンを選択する方がおすすめです。 こちらは1日3回使用できます。 基本的な注意点は「ビタトレールハレルミンA」と同じになります。 そこで知名度も効果も十分なのがこの 「セデスV」になります。 おそらく多くのドラックストアで購入可能です。 7歳以上から使用できる錠剤タイプの薬になります。 成分としては「ビタトレールハレルミンA」と同じで、配合量が少し少なめになっていますが、効果は十分に期待できます。 1日3回服用可能です。 またセデスVは錠剤タイプなので1回1錠で飲めます。 ただ眠気が気になる人やインフルエンザや水痘の時は使用できないので注意しましょう。 セデスVとほぼ同じ「新セデス」に関して詳しく紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。 バファリンルナJでも効くがイライラが強い時 小中学生用ノーシンピュア こちらはバファリンルナJの主成分である「アセトアミノフェン」にイライラを鎮める「アリルイソプロピルアセチル尿素」という鎮静剤が配合されています。 ですからバファリンルナJで痛みは落ち着きますが、イライラが強かったり眠れない場合はこちらの「小中学生用ノーシンピュア」がおすすめです。 これまで紹介してきた薬と違って水疱瘡やインフルエンザ疑いでも使用できるタイプの薬となります。 ですからインフルエンザが流行っている時期にはこちらの小中学生用ノーシンピュアを選ぶようにしましょう。 例えば インフルエンザや水疱瘡の疑いがある時は絶対に使わないようにしてください。 また妊婦の方も絶対に自己判断で使用しないようにしましょう。 そして今回紹介した薬を服用している時は風邪薬や痛み止めを一緒に飲むのを避けてください。 風邪薬の中には解熱鎮痛剤が配合されているものがほとんどになりますので効果が重複してしまいます。 ロキソニンは小中学生は使っていけない 冒頭でも言いましたがロキソニンやイブは15歳未満は使用できません。 「ロキソニンを半分に割って使えば大丈夫」と思われる人もいるかもしれませんが、その様な飲み方も禁止されています。 ですから上で紹介した痛み止めを中心に利用しましょう。 そして逆を言えば高校生はロキソニンやイブを使用する事ができますので、もし生理痛がひどい場合はロキソニンなどを使用しましょう。 さらに痛みがひどい場合はこちらも参考にしてみてください。 病院を受診すれば選択肢の幅が広がる 市販の生理痛薬の中ではほとんど15歳未満が使用できない薬となっていますが、病院でもらえる医療用の薬では15歳未満も使用する事ができます。 例えば「イブ」などの主成分である「イブプロフェン」を配合している鎮痛剤は、市販の薬は15歳未満は使用不可ですが、病院を受診して医師に処方箋を書いてもらえれば、同じ成分の鎮痛剤を処方してもらえる場合があります。 そもそもなぜ病院での薬は良くて、市販の薬はダメなのかと言いますと、もともとはどちらも医師の監視の下で使う薬であり、なお且つ子供は身体の発達がまだ不十分なので薬の影響を受けやすい事などもあり、医師が診断した後でしか使用する事ができないんですね。 ですからどうしても上記の薬でも痛みが我慢できない事がある場合は、効果も十分な薬を医師の下で処方してもらうか、または子宮内膜症などの病気が隠れている可能性もあるので、ぜひ病院の受診をお勧めします。

次の