プルームテックs充電できない。 新型プルームテックプラスの充電時間と頻度をバッテリー容量から比べてみる

プルームテックが故障?煙出ない・赤青点滅・点灯しない・充電できない各対処法

プルームテックs充電できない

Ploom S(プルーム・エス)の特徴 プルーム・エスはこれまで日本たばこ産業がリリースしてきたプルームテックとは違い、 タバコの葉を高温で加熱する方式を採用した加熱式たばこです。 さらに、日本たばこ産業が独自開発した 「リアル香味製法」のおかげでタバコらしい深い味わいが楽しめるのが最大の特徴です。 これまで低温加熱式タバコで満足できなかった層でも、満足できる加熱式タバコとなっています。 Ploom S(プルーム・エス)と他の加熱式タバコの違いについて ここではプルーム・エスを他の加熱式タバコと比較することで、他に比べてどんな利点があるか解説します。 人気の既存品とどこが違うかチェックして、乗り換えるかどうかの判断材料にしてください。 従来のものよりアップした喫味 プルーム・エスは従来および最新のプルーム・テックと比較しても、タバコを吸っているという感覚が強い加熱式タバコです。 これはプルーム・エスが高温加熱式を採用しているためで、低音加熱タイプのプルーム・テックよりも 多くのニコチンが発生します。 このニコチンが 喫味の良さにつながっています。 ヤキイモのニオイがしない 高温タイプの加熱タバコには以前からひとつ解決できない問題がありました。 それは高温で加熱すると 独特のヤキイモにも似たニオイが発生することです。 オシャレを楽しむ目的で加熱式タバコを利用しているのに、ヤキイモのニオイがしたんじゃ台無しだと高温加熱タイプを見限った方も少なくありません。 しかしプルーム・エスでは、この嫌なヤキイモ臭が抑えられています。 Ploom S(プルーム・エス)はどういう人にオススメ? プルーム・エスには従来製品には無い魅力が複数あります。 その魅力を感じられるのは、どのような人なのか紹介します。 低温加熱式ではタバコ感が満足できない人 低温加熱式タバコはこれまでのタバコの嗜み方とはちょっと違うところがありました。 タバコの味よりも、ファッション感覚でタバコを楽しむような層が好んで利用していました。 これは 低温加熱式タバコが発生させるニコチンが少ないためで、タバコを吸った気にならないのが問題でした。 そのためタバコの味を十分に感じることができます。 高温加熱タイプ特有の嫌なニオイが気になる人 高温加熱式タバコが放つヤキイモのような 野暮ったいニオイが嫌いで、利用を止めた方にプルーム・エスはオススメです。 従来製品よりヤキイモ臭を大幅にカットしたので気持ちよくタバコを楽しめます。 日本人好みの味を楽しみたい人 プルーム・エスで用いる専用スティック リフィル は独自製法によりタバコのうまさを再現しています。 ヤキイモ臭を抑えるために減ってしまった キック感を補完するために、たばこ葉を工夫し葉たばこのような味わいに仕上がっています。 1本1本をじっくり数分かけて、くつろぎながら吸いたい方の要求に応えてくれる逸品です。 1本の平均喫煙時間3. 5分、連続使用は10本、加熱にかかる時間は約40秒と一息つくには十分な時間利用できますのも喫煙家には魅力でしょう。 Ploom S(プルーム・エス)の使い方について プルーム・エスで喫煙するまでの手順を紹介します。 加熱式タバコを使用した経験のある方ならマニュアルを読むまでもなく使い方が分かるほど簡単です。 手順1 加熱デバイスの充電 最初は加熱デバイスの準備作業です。 購入後、最初にやることは加熱デバイスの バッテリーの充電です。 充電方法は ACアダプター、マイクロUSBケーブル、加熱デバイスを接続させた後にACアダプターをコンセントに刺すだけです。 フル充電まで約90分かかりますので、充電が終わるまでユーザーガイドを読んで使い方などを予習しておいてください。 充電が完了すると加熱デバイスのLEDが点灯します。 手順2 専用スティックを加熱する 加熱デバイスの準備ができたので次は専用スティック リフィル を加熱します。 加熱デバイスのスライドカバーを開けて、そこにスティックを挿し込んでください。 力を入れてスティクの破線が見えなくなるほど、挿し込む必要はありません。 挿し込んだら加熱デバイスのボタンを 2秒以上押して加熱を始めましょう。 ボタンを押してから 40秒ほどで加熱が完了します。 加熱完了は加熱デバイスが 2回振動することで教えてくれますから、タイマーをかける必要はありません。 加熱が完了したらスティックを加熱デバイスから抜き出して楽しんでください。 Ploom S(プルーム・エス)の料金・発売日について ここではプルーム・エスの 本体価格と関連商品の価格について紹介します。 ランニングコストについてはどうでしょうか? プルーム・エスのリフィル1本の平均使用時間は 3. 5分と一般的な紙巻タバコと同程度です。 一箱20本ですから、1分吸うためのコストを計算すると 6. 86円となります。 アイコスとグローで同様のコストを求めるとそれぞれ、 4. 17円、6. 57円です。 リフィルのランニングコストに関してはアイコスに軍配が上がるようですね。 バッテリーも消耗品なのでランニングコストを考える上で重要です。 プルーム・エスのバッテリーは 2年近く使えると言われています。 アイコスやグローのバッテリーは寿命が1年と口コミされていますから、プルーム・エスはその2倍バッテリーが持つことになります。 長年使うこと考えるとバッテリーの交換費用は地味に効いてきますから、プルーム・エスのバッテリーが 長寿命なのはありがたいですね。 Ploom S(プルーム・エス)を使う際の注意点 プルーム・エスを使用する上で注意したいポイントを紹介します。 専用スティック リフィル が最寄りのコンビニで買えない プルーム・エスのリフィルは現在コンビニで販売していません。 リフィルを手に入れるにはプルーム・ショップに直接足を運ぶか、公式のオンラインストアで通販するかのいずれかになります。 アイコスなどメジャーな加熱式タバコもリフィルがコンビニで買えるようになるまで時間がかかりましたから、プルーム・エスももう少し待てば 全国のコンビニで買えるようになるかもしれません。 他社の専用スティックとの互換性は無し プルーム・エスでアイコスやグローの専用スティックを利用することはできません。 加熱デバイスの加熱温度がそもそも違うので、無理に挿し込んで加熱しても上手くミストが発生しないなど満足に利用することは難しいです。 コンビニで簡単に買えるアイコス製リフィルで代用できないかと考える方もいるかもしれませんが、 無理なので注意してください。 Ploom S(プルーム・エス)の総合評価 ブルーム・テックユーザーの吸いごたえに対する不満を解消する形で生まれたプルーム・エス。

次の

プルームテックが故障したときの症状・原因まとめ

プルームテックs充電できない

こんばんは、戯言草々です。 本来であればランプ表示色やパターンなどが同じであれば特にここでご紹介する必要が無かったのですが、いかんせんLED表示色が違えばパターンも違うという意味不明な仕様の為にこちらでご紹介させて頂きます。 プルームエスでは「オレンジ点灯には要注意!」みたいな感じでありましたが、プルームテックプラスではどんな時に注意が必要なんでしょうか!? 0が到着したので実機をレビューしました!! プルームテックプラスで最も注意するべきなのはリキッド漏れ! 故障とはまったく関係ない内容ではありますが、恐らくトラブルにつながる原因として最も可能性がありそうなのはこの「 リキッド漏れ」になります。 どうやらプルームテックプラスは構造上、 急激な温度変化(冬場に氷点下の屋外から暖かい屋内へ移動した場合)や 気圧の変化(飛行機に搭乗した場合)などの要因によりカートリッジからの「 リキッド漏れ」が起こる可能性があるようです。 当然このプルームテックプラスに使用されるリキッドにはニコチンが含まれているので、目に入れば炎症するでしょうし、小さなお子様が間違って舐めてしまったら何があるか分かりません。 ですので、皮膚が弱い方や小さなお子様が近くにいる方はこの「リキッド漏れ」には十分注意しましょう。 また、第三者が触れる可能性も十分にあるため、このリキッド漏れに対する処置は大人のマナーとしてもしっかりとしましょう。 そして中でも初期に起こりそうな故障としては… LEDが 青 赤点滅を繰り返す。 こちらになります。 この症状が出た場合は無理に充電などせずにカスタマーサービスに連絡をしましょう。 しかし、これで改善されない場合があるようです。 もちろんこの場合もカスタマーサービスに連絡をしましょう。 赤点灯は充電すれば充電完了後に使えますが、 赤点滅は「 買い替え」が必要なバッテリーの寿命切れとなります。 プルームテックプラスのバッテリーは容量の小さいバッテリーですので高負荷がかかるとすぐに壊れてしまう可能性が高いため、なるべく専用の充電機器を使用しましょう!! 新型PloomTechプラスのトラブル。 本日のまとめ。 旧プルームテックと同様の製品クオリティがあれば正直「プルームテックプラス」はほぼ故障などはしないんじゃないかな?という予想はしておりますが、あくまでも新製品なので何とも言えません。 まぁ故障よりも最初に書いたように「カバンの中でリキッドが漏れた!」や「ポケット内でリキッドが漏れた!」、「リキッドが目に入った!」など リキッド関係トラブルのほうが予想しやすいですかね。 いずれにせよ「故障かな…!? 」と思ったら下手に自分であれこれ試さずにカスタマーサービスに連絡するのがアンパイでしょう。 それでは。

次の

電子タバコが充電できない時のチェックポイント

プルームテックs充電できない

そんなこともあるので、まず疑うべきは自分自身です。 これは電子タバコ以外でもいえることですが、おかしいなと思った時はまず自分が正しく操作できているか改めてチェックしてみることが大切です。 正しく操作しているつもりでもできていない場合もありますし、自分は正しく操作していても他の環境からの影響で不具合が起きている可能性もあります。 電子タバコの場合は機器によっても操作方法が変わってきたりする場合もありますが、それ以外でも疑うべきポイントはいくつもあるので下記に例をあげてみます。 充電できない場合は1つずつチェックしていってみてください。 電源コンセントはささっているか 充電する際に使用する電源のコンセントがささっていなかったり抜けてしまっていないか確認してみましょう。 また延長ケーブルを使っている時は延長ケーブルの先が抜けていたりする可能性も考えられます。 安い延長ケーブルなどを使っている場合だと劣化して接触不良などになっている可能性も考えられます。 まずは確実に電気のきているコンセントに延長ケーブルなしで刺してみて、充電できるか確認するようにしましょう。 充電器は充電されているか もしコンセントに直接刺して充電せずに充電器を通じて充電している場合は、その充電器の電気が空になっていないか確認してみましょう。 多くの充電器には残量を示してくれるランプが付いていたりディスプレイで残量を表示してくれたりするので、それらで充電器の残量を確認してから充電することが大切です。 またこの方法で充電する場合、メーカーの指定外のものを使用しているために充電できないという可能性も考えられます。 まずはメーカー指定の方法で充電できるか確認してみましょう。 既にフル充電になっていないか 時々あるのが既に充電したことを忘れていて充電しようとしてできない場合です。 電子タバコなどに使われているバッテリーには充電できる容量に上限があるので、フル充電されている場合に更に充電しようとしても充電することはできません。 フル充電時にはランプの色が変わったり、充電ランプが消灯したりなどフル充電を知らせてくれる機能が備わっているものがほとんどですので、既に充電されていないかも確認するようにしましょう。 他に考えられる勘違いを疑ってみる 特に初めて使うときなどは刺すケーブルを間違えていたり、刺す場所が違っていたりなどという根本的間違いが非常に多いものです。 正しく接続していたと思っていても勘違いしてしまっている可能性もあるので、もう1度説明書などを見返してみてゆっくり落ち着いて再度確認してみてください。 次に疑うのは本体以外 コンセントにもちゃんと刺さっているし、充電器もフル充電になっているのに充電できないような場合は、いよいよどこかしらが不具合を起こしている可能性も考えていく必要があります。 電子タバコによっても違ってきますが、例えばUSBで充電するタイプのものならUSBケーブルが他の機器で充電したり使用することが可能かどうかを試してみたりするという手があります。 またその他にも充電できない場合に考えられる本体以外の可能性としていくつかあるので、下記項目を参考にチェックしてみてください。 パソコンを通じて充電している場合に考えられる可能性 ・パソコンの電源が入っているか パソコンのUSB端子を使って充電する場合は、パソコンに電気がきていないと充電できないのでパソコンの電源をONにしている必要があります。 パソコンの電源がOFFの時はONにして充電できるかチェックしてみてください。 ・パソコンのUSB端子は問題ないか パソコンのUSB端子と一言でいっても色々なタイプがあり、USBケーブルが刺さるからといってどれでも充電できるとは限りません。 またパソコン側のUSB端子(凹)が壊れてしまっている可能性も考えられます。 まずは他の機器を接続してみて充電できるか確認してみましょう。 ・パソコンにあったUSB端子を使っているか USBにはタイプがいくつかあり、最新のケーブルがPCに対応していなかったり電子タバコに対応していないため認識できなかったりする可能性も考えられます。 特に電子タバコだけ最新でPCがとても古い場合や、その逆の場合などでは両方に合うUSBケーブルを使わないとならない可能性も考えられます。 一度両方の端末の対応しているケーブルを確認してみることをおすすめします。 ケーブルが不具合を起こしている 通常通りの使い方で使っていればあまり起きるものではありませんが、ケーブルが断線してしまっているため充電できない可能性は考えられます。 電気が通っているか確認できる導通チェックテスターなどを持っていればそれを使って断線しているかどうかチェックしてみてください。 またケーブル内だけでなく、接続部分が劣化していたり接触不良になっていると機器を認識できていなくて充電できない可能性は考えられます。 特にコンセント側ではなく本体側が汚れていたりすると認識できない場合が多いので乾いた布などで汚れを落としてから接続して確認してみてください。 それでも充電できない場合に本体を疑う 自分の勘違いなどでもなく、ケーブルも壊れていないものを正しい方法で接続しているのに充電できないという場合に考えられるのが、本体の不具合が原因で充電できなくなってしまった可能性です。 本体が故障してしまっていなくても、充電できない可能性は考えられるので、まずは下記にあげた項目をチェックしてみてください。 そしてそれでも充電できないという場合は、自分でなんとかしようとせずにメーカーに問い合わせをしてみたり修理の依頼をしてみることがおすすめです。 電子タバコは熱を発するものなので、自分で分解などをするのはとても危険です。 下記のチェックポイントを試してみて駄目な時は、がんばろうとせずに問い合わせしてみてください。 少し温めてみる or 冷やしてみる 冬の寒い時期の氷点下以下になるような地域では、端末が凍ってしまっているので認識できない場合があります。 また反対に、夏のとても暑い日の高い気温の地域などでは充電することで機器が熱くなりすぎて危険になる場合は、あえて充電できないようにシステムが設定されている可能性もあります。 基本的に取扱説明書には使用環境(温度)の記載がなされているので、指定の環境内で使うようにしましょう。 また充電だけでなく使用する際も、夏や冬は電子タバコ本体の温度にも注意するようにしましょう。 掃除・メンテナンスしてみる 本体が汚れていたりホルダーにホコリなどが詰まっている場合も充電できない時があります。 充電できない時は焦って色々余計なことをしがちだったりしますが、まずは落ち着いてしっかり接続できてるかを確認して、本体に問題がないかチェックしたら、本体のメンテナンスを行ってみてください。 汚れを取り除くことで本体が正常に動作するようになり充電できるようになる可能性は高いです。

次の