新天地での活躍をお祈りします 英語。 バシッと決まる!ビジネス英語メールの【結び】で使える例文

新天地の意味とは?「新天地でのご活躍」の使い方・例文・英語表現も

新天地での活躍をお祈りします 英語

新天地の意味 新天地」は「しんてんち」と読みます。 意味は「新しい世界・新しい活躍の場」というものです。 「新」は「新しい」、「天地」は「天と地・全世界・自分が生活し活動する世界」という意味を持ち、今とは違う、全く新しい世界を指し示しています。 異動・転職先・勤務地などの新しい活動の場所を表現します。 新天地を使う場面 「新天地」は転勤・転職・移動といった「別れ」の挨拶の場面で使われる言葉です。 例として「新天地のご活躍をお祈りいたします。 」のように「活躍」などの言葉をつけることで移動後の新しい場所や環境を祈る言葉として使われます。 ビジネスで使われる言い回しには以下のようなものがあります。 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」 「新天地でのご活躍を心よりご祈念申しあげます。 」 「新天地でのご活躍を期待します。 」 全て「新天地でのご活躍」という表現は同じですがその後の表現が変わっています。 活躍の後に付け加える言葉には注意して使い分けなければなりません。 新天地は上司に使えるのか・またその他の表現 「新天地」という言葉は使い方によって上司や目上の方にも使うことができますが失礼にあたることもあるので使い分けが必要です。 「新天地のご活躍」という表現は目上の方を敬った敬語表現になっているので、目上の人に使用しても問題のない表現です。 目上の方へは「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」や「新天地でのご活躍を心よりご祈念申しあげます。 」といった表現を使いましょう。 「お祈り申し上げます」は「相手にいいことがあるように祈っている」ということです。 つまり、「見送る相手が、新しい場所・環境で活躍することを祈っている」という意味です。 「祈念」は「心を込めて祈る」という意味で、文法的には間違いではありませんが、過剰な敬語だと感じる人もいます。 堅苦しいと感じる場合は「新天地でのご活躍を心よりご祈念致します」と言い換えましょう。 「新天地でのご活躍を期待します。 」など「期待する」という言い方は自分と同等の立場や部下の方にはふさわしいですが、目上の方への使用は失礼にあたる場合があるので控えた方が良いです。 他にも「新天地でも頑張ってください。 」は自分と同等の立場の人物や目下の方に使用できる言葉でが、目上の方に対しては「新しい場所・環境でも精一杯努力してください」というかなり上からものを言っているような印象を与えてしまう可能性があるので使用は控えましょう。 新天地の使い方でさらに気をつけなければならない点は「新天地でのご活躍という表現は相手の転職先が決まっていない場合や病気での退職には使わない」ということです。 あくまで相手の今後を祝う言葉であり、あまりいい状況ではない状況に使用すると相手の気分を害してしまう可能性があるので注意が必要でしょう。 新天地自体には失礼にあたる要素はないですが、語尾につける言葉によって目上の方に使用できる表現なのかが決まるので、気をつけるべきです。 新天地を使った例文(新天地に行く人の例文) 「新天地」を使った行く人側の例文には以下のようなものがあげられます。 」 新天地の類義語 新天地の類義語には以下のようなものがあります。 新任地• 新しい職場• 新しい世界 「新天地」は新しい場所という意味のイメージよりも、新しく働き始める場所のという意味のイメージの方が強いです。 「新任地」の意味は「任務のために居住する土地」というものです。 つまり転勤による新しい勤務地や赴任先、任務のために住む新しい地域を表現しています。 「新天地」と「新任地」との違いは、新任地は転勤が決まった人に対しての挨拶に用いることが出来ますが、「新天地」はそれ以外にも転職や異動で新しい勤務地に移る場合や新しい場所(土地)に活躍の場を移す人に対して用います。 使いわけには注意しましょう。 類義語の例文 「新天地」の類義語には以下のようなものがあげられます。 「I hope you will have success and happiness in your retirement. 」 訳:私は引退によってあなたに成功と幸福が来ることを願っています。 まとめ この記事のおさらい• 「新天地」とは「新しい世界・新しい活躍の場」という意味• 「新天地」は転勤・転職・移動といった「別れ」の挨拶の場面で使われる言葉• 「新天地」という言葉は使い方によって上司や目上の方にも使うことができますが失礼にあたることもあるので使い分けが必要• 「新天地」の使い方で気をつけなければならない点は[「新天地でのご活躍」という表現は相手の転職先が決まっていない場合や病気での退職には使わない]ということ• 「新天地」の類義語は「新任地」「新しい職場」「新しい世界」• 「新天地」と「新任地」との違いは、新任地は転勤が決まった人に対しての挨拶に用いることが出来ますが、「新天地」はそれ以外にも転職や異動で新しい勤務地に移る場合や新しい場所(土地)に活躍の場を移す人に対して用いること• 「新天地」の英語表現は「new world」「new place」• 「新天地でのご活躍をお祈りしています」の英語表現は「I wish you all best in this new chapter of your life. 目上の方に使っても大丈夫な言い回し「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」「新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます。 目上の人に使ってはNGな言い回し「新天地でも頑張ってください。 」「新天地でのご活躍を期待します。

次の

「更なるご活躍をお祈り申し上げます」とは?益々のご活躍をの英語も

新天地での活躍をお祈りします 英語

ビジネスシーンでは、退職や転勤をされる方に「応援しております」という意味を込めて送られる言葉です。 メールや文書、寄せ書きやお手紙で使われることが多いフレーズです。 たとえば「短い間でしたが、本当にお世話になります。 更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」「今までありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」というように使われます。 目上の方にも使いやすいフレーズの一つです。 こちらも「頑張ってください」「応援しております」という意味の言葉になりますので、退職や転勤される方は送るメッセージとしてふさわしいでしょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます!部長の更なるご活躍をお祈りいたします。 」「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈りいたします。 」と使います。 名前などを入れると相手へのメッセージとして、より心に届きやすくなるのでおすすめです。 「祈念しております」も「お祈りしています」と同じような、丁寧な使い方になります。 「お祈りいたします」や「お祈り申し上げます」を使う方が多いので、「祈念しております」を使うと被らずにすむでしょう。 たとえば「末筆ながら、〇〇さんの更なるご活躍を祈念しております。 」「突然の辞令でとても驚きましたが、〇〇さんの新天地での更なるご活躍を祈念しております!」といったように使われます。 より丁寧な印象を与えることができるフレーズです。 「ご期待申し上げます」は「期待しています」を丁寧にした表現です。 目上の方に送るメッセージとしては、適切な表現でしょう。 たとえば「ご栄進おめでとうございます!更なるご活躍をご期待申し上げます。 」と使います。 ただし「期待しています」だけでは、「仕事の成果を出すことを期待している」という意味になり、上から目線に取られてしまいます。 目上の方に使うには失礼なフレーズとなりますので、ご注意くださいね。 「益々の」とは、「以前よりも一層」「程度がはなはだしくなる様子」のことを表しますので、「益々のご活躍を」は「より一層ご活躍を」という意味になり、同じ意味の類語として使うことができます。 使い方は「更なるご活躍を」と同じで「末筆ながら、〇〇さんの益々のご活躍をお祈り申し上げます」「この度はご栄転おめでとうございます。 益々のご活躍をお祈りいたします。 」「これまで本当におせわになりました。 益々のご活躍を祈念しております。 」と激励の言葉を伝えたいときに使います。 「一層」は1つ目でご紹介した「益々」と同じ意味になりますで、「更なるご活躍を」と同じように使える類語となります。 使い方は相手に応援のメッセージを送りたいときに使いましょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます。 寂しくなりますが、部長の新天地での一層のご活躍を祈念いたしております。 」となります。 「今後の」は「これから」という意味がありますから、これからの将来や仕事の成果を期待しているという意味で使われます。 使い方は目上の方には「〇〇さんの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 」というように使います。 目下の方に使うには、「社長賞の受賞おめでとう!〇〇さんの今後のご活躍をチームメンバー一同、楽しみにしています。 」「〇〇くんの今後のご活躍を期待しています!」と使うことができます。 目下の方には「楽しみにしている」「期待している」という言い回しをしても問題ありません。 意味は「見えないところから応援しています」となります。 「おります」は謙譲語なので、「陰ながら応援しております」は丁寧な敬語になっています。 使い方は転勤や転職などの別れのシーンでよく使われます。 使い方は「先輩のようになれるように私も精進していきます。 陰ながら応援しております。 」「今までありがとうございます。 〇〇さんのことを陰ながら応援しております。 」「〇〇さんならこれとったらもご活躍されることでしょう。 陰ながら応援しております。 」となります。 メッセージやメールの締めで使うと良いでしょう。 「新天地」は新しい土地や環境のことを表していて、会社では新しい部署や会社に行くことを表します。 ポジティブに送り出すときに使う言葉なので、理不尽な人事で異動になる場合などには使わない方が良いでしょう。 使い方は「この3年間、大変お世話になりました。 〇〇さんの新天地でのご活躍をお祈りしています。 」「頼れる先輩がいなくなってしまうので寂しいですが、新天地でのご活躍を祈念しております。 」と使います。 「ご健勝」は「身体が健康なこと」という意味がありますから、「健康でいてくださることをお祈りします」という意味合いになります。 「ご活躍」のように、相手を気遣ったり、応援する気持ちから使われる類語です。 使い方は「これまでお世話になり、ありがとうございました。 〇〇さんの今後のご健勝とご活躍をお祈りします。 」と使います。 「ご活躍」と一緒に使うこともできますので、相手の健康も気遣いたいときに使うと良いでしょう。 「発展」とは、栄えていくことの意味がありますから、仕事の成果が出たり、さらに物事が伸びていくことを表しています。 それに「御」の丁寧な表現がついているので、目上の方に使うのにぴったりな類語です。 使い方は「〇〇さまの更なるご発展を祈念しております。 」と使います。 また、会社に対しても使うことができますので、「貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。 」という、ビジネスメールやビジネス文書での締めの言葉にも使うことができます。 「飛躍」とは大きく進歩、向上、発展して活躍することという意味がありますから、「ご活躍」と同じ意味のある類語として使うことができます。 使い方は「〇〇さまの更なるご飛躍を祈念しております。 」「いつも温かいお言葉をかけてくださりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご飛躍をお祈り申し上げます。 」となります。 飛躍を使う方はなかなかいないので、寄せ書きなどにあえて「飛躍」を選ぶのはおすすめです。 「成功」は物事を自分の目的どおりに成し遂げることを意味しますので、ビジネスパーソンを応援するときのメッセージとしてぴったりのフレーズになります。 使い方は「この度のご栄転、心よりお祝い申し上げます。 今後の更なるご成功を祈念いたします。 」「ご昇進おめでとうございます。 〇〇さんの更なるご成功をお祈り申し上げます。 」となります。 まずはお祝いの言葉を伝えてから、相手の活躍をお祈りする言葉を続けると良いでしょう。 「ご多幸」は相手の幸せを願って、健康でいられますようにという願いを込めて使う言葉です。 「ご多幸」はそのままでも使うことができますが、「ご健勝」とセットで使われることが多いです。 使い方は「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 」「この度のご栄転、おめでとうございます!部長の更なるご多幸を祈念いたします。 」となります。 ビジネスだけでなく、結婚や出産などのお祝いのメッセージにも使うことができます。 「your success」は「あなたの成功」という意味がありますので、「今後のご活躍を」「益々のご活躍を」と相手に伝えたいときに使うことができる英語表現です。 たとえば「あなたの更なるご活躍をお祈りします」は「I pray for your continued success. 」となります。 「今後のご活躍をお祈りしております」は「I'm praying for all of your success in the future. 」と表現することができます。 「更なるご活躍を」の類語として代用されたり、一緒に使われる「ご健勝」ですが、英語では健康の意味がある「health」と表現されます。 たとえば「今後ますますのご成功とご健勝をお祈り申し上げます。 」と伝えたいときには「I wish you continued success and health. 」と伝えることができます。 「the best of luck」は「幸運を祈ります」「うまくいきますように」と別れの言葉として使われる言葉になりますので、「益々のご活躍を」と応援する気持ちを伝えられます。 そこで使い方は「益々のご活躍をお祈り申し上げます」と伝えたいときには、「I wish you the best of luck. 」と使うことができます。 この場合はメールや手紙の文末に添える言葉としておすすめです。 祈るという意味のある「pray」を使うと、「陰ながら」の「secretly」をつけなくても「陰ながら応援しております」の意味を使った表現にすることができます。 使い方は「陰ながらあなたのご成功をお祈り申し上げます。 」は「I am praying for your success. 」となります。 「更なるご活躍を」を使って応援している気持ちを伝えよう! 「更なるご活躍を」は、相手に「頑張ってください」という応援している気持ちを伝えることのできるフレーズです。 特にビジネスでは転勤や退社など、会えなくなってしまう人に使うことができます。 気持ちよく送り出すためにも、またご縁があったときにいい印象を残しておくためにも、上手に使っていきましょう。 ビジネスシーンでは、独特の言い回しやルールがまだまだ存在しています。 一度覚えてしまえば使い回しがきき、仕事も円滑に進めてくれるので便利です。 「恐縮ですが」や「ビジネルメールの件名のマナー」も押さえておくと使えるマナーとなりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の

「活躍する」は英語で?力を発揮する&エールを送る時の表現9選!

新天地での活躍をお祈りします 英語

「ご活躍」をの使い方・注意点 「ご活躍を期待しています」は目上の人には使えない 「ご活躍」は誰に対しても使える言葉ですが、注意したいのが「ご活躍を期待しております」という表現です。 目上の相手に使う場合は、「ご活躍をお祈りいたします」や「ご活躍を祈念しております」を使いましょう。 「ご活躍」は個人に対して使い、団体・組織に対しては「ご発展」を使う 個人向けのビジネスメールでは「ご活躍」が役立ちますが、企業や団体に向けての文書やビジネスメールでは「ご発展」を使います。 「ご発展」は目上の人に使える言葉であり、 「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は個人に対しても使うことができます。 「ご発展」の例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・貴社が更なるご発展を遂げられますよう、祈念申し上げます。 「ご活躍」は目上だけでなく同僚や部下にも使える 「ご活躍」は目上の人だけでなく、同僚や部下など同等以下の相手にも使うことができます。 ビジネスメールや文章、スピーチの挨拶文、主に文末の締めの挨拶として使われることが多いですが、文頭の挨拶で使うこともあります。 文末の締めの挨拶では、プライベートであれば相手の健康や幸せを、ビジネスシーンであれば相手の活躍や繁栄を祈る気持ちを記します。 結びの挨拶をしっかり書くことでより良い印象になります。 「ご活躍ください」とは使わない 「ご活躍」を用いた言い回しは多々ありますが、「ご活躍ください」とは言いません。 「今後のご活躍」は相手のこれからを期待する場合に使います。 「ご活躍」を用いたフレーズと例文 目上の人に使える「ご活躍を祈念しております」 「ご活躍を祈念しております」は目上の相手にも使うことができます。 「祈念(きねん)」は「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味し、「お祈りします」をよりかしこまった表現の言葉です。 ビジネス文書やメールの最後の言葉などでよく使われています。 例文 ・皆様のご活躍を祈念しております。 ・益々のご活躍を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 年賀状や手紙で使う「ご活躍を願っております」「更なるご活躍をお祈り申し上げます」など ビジネスで関わっている相手への年賀状にも使えるのが「更なるご活躍をお祈り申し上げます」です。 また、「ご活躍を願っております」とややカジュアルな表現にすることでビジネスの相手でなくても使うことができます。 例文 ・よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 ・昨年はひとかたならぬご厚情を賜り、誠に感謝申し上げます。 ・昨年中は大変お世話になりました。 退職する人には「新天地でのご活躍」「益々のご活躍を応援しています」 「新天地でのご活躍」は「新しい世界、環境、土地での活躍」という意味です。 異動、転職先などでの新しい活動の場所を表します。 主に、別れや送別での挨拶として用います。 ただ、ポジティブな意味合いを持っているので相手を送り出すときに使い、失脚だったりアクシデントによる離脱などネガティブな理由の際は避けましょう。 例文 ・今までありがとうございました。 ・突然のことで驚きました。 寂しくなりますが、新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 ・この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を応援しています。 「ご健勝」は敬語になるので、 「(相手の)健康がすぐれていらっしゃる」といった意味になりビジネスシーンや、結婚式などお祝いの席などのスピーチで使われています。 目上や目下など立場関係なく使えますが、個人宛てで使う言葉なので、法人や企業などの会社に対する文書には適しません。 「ご健勝」は単体で使うことが多いですが、「ご活躍」と一緒に使うことも多くあります。 例えば、「皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします」といった場合は、相手がめざましく活動することと相手の健康を同時に祈っていますという意味になります。 例文 ・残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご活躍をお祈りしております。 「ご多幸」はスピーチや手紙などの締めの言葉として用いられます。 結婚式のお祝いの言葉や年賀状の新年の挨拶としても用います。 ビジネスシーンでの「ご多幸」は退職や転職などで別れるときにも使います。 ・新しい年が素晴らしい一年になりますよう、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 本年も何卒よろしくお願いいたします。 「ご活躍」の類語・言い換え 「ご盛栄」は栄えていることを祝う言葉 「ご盛栄」は 「ごせいえい」と読みます。 「盛栄(せいえい)」は、「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。 例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 「ご清祥」は相手の健康や幸せを願い喜ぶ言葉 「ご清祥」は 「ごせいしょう」と読みます。 意味は 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」言葉です。 「清祥(せいしょう)」は、「手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語」です。 手紙やメール、かしこまった場面の挨拶で使われます。 「ご清祥」は団体や組織に使うこともできますが、個人に対して使うことが多い言葉です。 例文 ・貴社ますますご清祥の由、心よりお喜び申し上げます。 ・皆様にはいよいよご清祥にお過ごしのこととお慶び申し上げます。 「ご健闘」は相手を応援する言葉 「ご健闘」は 「ごけんとう」と読みます。 「健闘」は「よく頑張ってたたかうこと」「屈せずに努力すること」を意味します。 「ご健闘」は「頑張ってください」「困難に屈しないで精一杯努力してください」という意味になります。 転職する人や、退職する人、新しい役職に就く人などを応援する言葉として使われます。 例文 ・この度のご就任おめでとうございます。 今後も益々のお力を発揮することかと思います。 ・新しい環境での益々のご健闘を心よりお祈り申し上げます。 「ご隆昌」は相手が栄えいてることを褒め称える言葉 「ご隆昌」は 「ごりゅうしょう」と読みます。 「隆昌(りゅうしょう)」は、「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ、「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。 例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。 「ご隆盛」は相手が栄えていることを称える言葉 「ご隆盛」は 「ごりゅうせい」と読みます。 「隆盛(りゅうせい)」は、「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社ますますご隆盛の趣お慶び申し上げます。 ・初秋のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の