ゲッターズ飯田 2020上半期。 【2020年の運勢】ゲッターズ飯田が五星三心占いで2020年を鑑定

【要注意】ゲッターズ飯田さん「2020年の運気が下がる」NGアクション

ゲッターズ飯田 2020上半期

【金の羅針盤座】2020年の運勢 礼儀正しく真面目な金の羅針盤座の2020年は、 新しいことに興味が出てくる「 チャレンジの年」です。 坂道を登るような時期になりますが、ただ登るよりも負荷をかけて登る方が鍛えられるでしょう。 指示待ちにならず自ら判断して行動することを意識する必要があります。 恋愛運も仕事運も積極性が重要になります。 金の羅針盤座は警戒心が強いので自らチャンスを逃すこともあるでしょう。 友人や上司から紹介されたらまずは会ってみてください。 >> >> 【銀の羅針盤座】2020年の運勢 丁寧で品を感じさせる銀の羅針盤座の2020年は、 ここ数年の物事や人脈の取捨選択をする「 整理の年」です。 特にあなたを振り回す人から離れるように意識してみてください。 品のいい人と付き合うと運気がアップするので、華道や茶道など少し敷居の高い場所へ行くと良いでしょう。 整理するもしくは整理されてしまう時期なので、恋愛ではフラれやすくなり仕事では転職や移動を考え始める時期になるでしょう。 自分に必要な人かどうかしっかり考え、 人間関係の整理を心がけてください。 >> >> 【金のインディアン座】2020年の運勢 明るく無邪気な金のインディアン座の2020年は、 体調に注意が必要な「 健康管理の年」になります。 自分の体と相談しながら、このまま頑張るのかそれとも一休みする必要があるのか見極めることが重要。 異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。 恋愛も仕事も上半期がカギとなってきます。 いい出会いがあったり、成長を実感できる出来事があるでしょう。 ポイントは「何歳までに結婚する」や「何月までに転職先を決める」など 具体的な目標を立てることです。 >> >> 【銀のインディアン座】2020年の運勢 他人との線引きが上手でマイペースな銀のインディアン座の2020年は、 今後の人生を大きく左右することになる「 チャレンジの年」になります。 困難なこともたくさんあるかと思いますが、数年後に花を咲かすための種まきの時期だと思って、ワクワクしながら一つ一つ乗り越えてください。 チャレンジする機会が多くなるので、忙しさから恋のチャンスを逃してしまうこともあります。 仕事運は好調なので、 仕事と恋愛のバランスを上手く調整できるように心掛けると良いでしょう。 >> >> 【金の鳳凰座】2020年の運勢 忍耐強く情熱的な金の鳳凰座の2020年は、五星三心の中で三番目に運気のいい「 解放の年」になります。 運気が好転するきっかけが色々やってきますので、求められたことには素直に答えてみてください。 ここで遠慮したり臆病になってしまったりすると、上手に運気を使えない場合があるので 思い切りが必要です。 驚くほど 恋愛運が絶好調になるので、交際のチャンスが増えチヤホヤされることも多くなるでしょう。 また仕事では、今年された評価や部署移動を素直に受け入れると、幸運が舞い込んできます。 >> >> 【銀の鳳凰座】2020年の運勢 信念を曲げない頑固者の銀の鳳凰座の2020年は、 休息をとることを第一とした「 リフレッシュの年」です。 ここ数年不慣れなことや環境の変化でしんどい思いをしたはずです。 心身ともに疲れが溜まってしまっている時期なので、 しっかりと休むことを心がけてください。 ストレスや疲れが溜まっている状態だと、笑顔が減りせっかくの恋のチャンスも逃してしまうかもしれません。 また仕事面でも疲れからミスやトラブルが増えることもあるので、 いつも以上にリフレッシュを心がけましょう。 >> >> 【金の時計座】2020年の運勢 親切で優しい心の持ち主の金の時計座の2020年は、 これまでの努力が報われる「 幸運の年」になります。 人脈が広がり人間関係が整うので、大きなチャンスに恵まれることも多いでしょう。 自分の力を出すのに集中した方がいい時期なので、 目の前のことに全力で取り組んでみてください。 2020年の上半期は、 片思いの相手に思いが届きやすくなるので好意を伝えてみると一気に関係が縮まるかもしれません。 また仕事では真剣に取り組むと、予想外の結果や成果を残すことが出来るでしょう。 >> >> 【銀の時計座】2020年の運勢 世話好きで面倒見のいい銀の時計座の2020年は、 事前準備が重要になってくる「 準備の年」です。 いつもより少し先のことを考えながら行動するだけで、面倒なことや不運を避けられ、楽しい一年になるでしょう。 まずは一日のスケジュールを確認することから始めてみてください。 モテを感じられる一年になるので、臆病にならずに 出会いを楽しめると恋人が出来るでしょう。 一方、仕事では忘れ物や寝坊など普段しないドジをしてしまう可能性が高いので、事前準備を忘れないようにしてください。 >> >> 【金のカメレオン座】2020年の運勢 しっかり者で知的大人タイプの金のカメレオン座の2020年は、 上半期と下半期で運気が変わる「 ブレーキの年」に当たります。 ブレーキの年とはいえ、まだまだ運を味方につけれている時期なので、出来るだけ多くの人と関わることが大切です。 その際、相手の話をしっかり聞くことを忘れないでください。 恋愛運は上半期が好調です。 気になる異性には積極的になることを意識してください。 仕事運に関しては、昨年サボってしまった人は今後苦しい状況になってしまうので、自覚がある人は上半期に真剣に取り組むといいでしょう。 >> >> 【銀のカメレオン座】2020年の運勢 真面目で合理的に物事を考える銀のカメレオン座の2020年は、 五星三心の中で最も運気のいい「 開運の年」になります。 今までの積み重ねや努力が実を結ぶでしょう。 今年はあなたが中心となって物事が動いていくので、大きな決断や覚悟が必要になってくることも。 目標を決めて行動することを心がけてください。 恋愛は自分の理想に近い人と思い通りに進んでいくでしょう。 結婚するのも最高の年です。 幸運を感じられるのは仕事運がもっとも高く、 予想以上に評価されたり昇進したりします。 >> >> 【金のイルカ座】2020年の運勢 負けず嫌いで頑張り屋の金のイルカ座の2020年は、五星三心の中でも最も特徴的な「 裏運気の年」になります。 苦労することも多い年ですが、勉強するには最高にいい年でもあるので、欲望や快楽に流されずに コツコツ勉強すると数年後に大きな成果となって返ってきます。 恋愛面ではこれまでと違った人を好きになる傾向になり、仕事面ではこれまでとは違った仕事や重要な仕事を任されるでしょう。 いつもと違う環境にストレスを感じやすくなっているので、 健康面には注意が必要です。 >> >> 【銀のイルカ座】2020年の運勢 人当たりがよく華やかな銀のイルカ座の2020年は、 五星三心の中で最も注意が必要な「 乱気の年」になります。 不慣れな環境に飛びこむ機会が多くなるため、息苦しく感じることあるかもしれません。 ですが、この時期に逃げてしまうとこれから先苦労することになるので、 どれだけ踏ん張れるかが重要になってきます。 乱気の年の恋は注意が必要で、トラブルやすれ違いが多くなります。 仕事でも、やる気を失ってしまったり実力以上の仕事を任されて困惑することもありますが、 求められたことに素直に答えるようにしましょう。 >> >> 2020年の恋愛運を占うには? 具体的に 2020年上半期の恋愛運を占える鑑定です。 今年中にあの人と結ばれることができるのでしょうか。 進展するチャンスはいつなのか、成就の可能性は? 占いを上手く利用して、タイミングを逃さないようにしましょう。 >> 鑑定できるメニュー項目• 2020年上半期、【あなたの恋愛運】を見ていきましょう• 次に2020年上半期の【気になるあの人の恋愛運】について• 焦らないでください。 これまで進展しなかった理由をお教えします• はっきりお答えします。 2020年上半期、あの人が【恋愛に望むこと】• 見逃さないでください!転機が訪れた後に、あの人が見せる態度、行動の変化• あなたに虜な証拠です。 あの人が気づいてほしがっている脈ありサイン• ズバリお答えします。 2020年上半期にふたりは【恋人になれる?】• ボリューム満点の内容なので、ぜひお楽しみに!.

次の

【2020年下半期の運勢】ゲッターズ飯田が五星三心占いで2020年下半期を鑑定

ゲッターズ飯田 2020上半期

もくじ• 5月に「緊急事態宣言解除」へ 5月14日、安倍総理が、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。 感染予防をしながらも生活をする「新たな日常」がスタートしたのです。 5月が目処になるというゲッターズ飯田さんの占い通り、新型コロナウイルスの収束が見えてきたように感じています。 しかし、夏以降、そして2020年の下半期についてのゲッターズ飯田さんの予言で、気になるポイントがありました。 関連記事: ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」• 世の中の価値観がガラリと変わる• ライブや儚いモノへの価値観が上がる• 土の時代から、風の時代へ ゲッターズ飯田さんの予言が的中し、大きく世界が変わっていく現在。 今後はどのように世界が動いていくのでしょうか。 2020年から「世の中の価値観がガラリと変わる」 2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。 世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。 この予言について、当初は海外からの文化の到来や大規模なイベント開催することでの「大改革」だと誰もが思っていましたが「全世界が共通の状態」となることで、日本と海外の違いが浮き彫りになり「日本はもっとこうあるべきだ」という思想が強くなっていったように思えます。 番組によっては「病院や社会システム」が壊れる・なくなるという言い方もしていました。 人と人との距離感や価値観が変わったことで、消えゆくものも今後はさらに増えていきそうです。 2020年から「ライブや儚いモノへの価値観が上がる」 ライブや儚いモノへの価値観が上がるのは、コロナウイルスによってライブが開催できなくなってしまったからという点と、そのことによってアーティストが「ライブ配信」をすることにシフトしていった点が上げられます。 全国の緊急事態宣言が解除された「アフターコロナ」の世界では、これまで手売りしていたようなCDも配信や配送という形で受け渡しをすることになり、エンターテイメントそのものの形がリアルからバーチャルな世界へと変わっていくような流れです。 もちろん、全てのリアルがなくなる訳ではないですが、今後拡大していくのはライブ・儚いモノになっていくのでしょう。 2020年から「土の時代から、風の時代へ」 ゲッターズ飯田さんの他にも多くの占い師が発信している 「土の時代から、風の時代へ」という言葉。 風というのは、西洋占星術の「風のエレメント」から来ています。 土の時代というのは、物質やお金などの形があるものに価値があるとされている時代です。 欲望で言えば、所有欲。 どれだけ多く物を持っているかで、裕福さが決まってくるような感じです。 一方で、風の時代というのは、土の時代で価値があったとされる物が「パラダイムシフト」し、大げさに言えば「全く価値がなくなる」ということ。 知恵や知識・コミュニケーション・愛・絆など、見えないけれど大切なものが、より価値が高まってきます。 例えば、仕事については、Youtuberやネット事業で「お金」は稼ぎやすい時代になっていますから、お金では買えない「やりがい」「安全性」「信頼性」を求めていくということかもしれませんね。 ゲッターズ飯田の「2020年下半期」占い• 夏に大事故が起きる• 団体から個人の時代になる• 2021年に向けてさらなる変化 2020年はあくまで「スタート」の年。 十二支も「子年」で、一番最初の干支。 ここから段々と新しい時代が始まっていくような流れになると言います。 ゲッターズ飯田さんは「2020年の変化」に続き「2020年下半期」についても、公式Youtubeやラジオで語っていました。 夏に大事故が起きる 日本は、夏の運気が悪く、事故や事件が起きやすい星回り。 2020年に限らず、毎年です。 大変革の年である今年はさらに注意が必要で、注意が必要となるでしょう。 夏の大事故という言葉を聞いて、多くの人は「新型コロナウイルス」「南海トラフ(大地震)」などを考えており、その他には「自然災害(台風や大雨)」「第2波」とも予想されています。 関連記事: 団体から個人の時代になる 新型コロナウイルスの影響もあって「みんなで乗り切ろう」「みんなで頑張ろう」というフレーズを多く耳にしました。 誰もが「収束(終息)」を願い、感染拡大を予防するために一致団結するという雰囲気に。 現在の価値観は「みんなで同じことをする」「みんなでルールを守る」というポイントが重要になり、少しの間違いも許容されないような状況です。 一方で「2020年下半期」に入ってくると「みんなと一緒に」というよりは、個人個人が「どう生きたいか」という点にフォーカスされていく流れになります。 一人一人の個性・個人・生きがい、自分に合った生活環境(ライフスタイル)に注目が集まり、リモートワークが可能となったことで、地方に転職する人も増えてきそうです。 フリーランス、フリーター、クリエイターなどが、より生きやすい世の中になるきっかけがあるでしょう。 2021年に向けてさらなる変化 2020年前半で「すごい変わった」と思う人が大半だと思いますが、2020年下半期に入ってくると、さらに 変化は加速していきます。 ゲッターズ飯田さんは、2021年に変化が起き、2022年が到来すると「華やかな時代」になってくると語っています。 5G、マイナンバー制度、働き方、リモートワーク、キャッシュレス、デリバリー、地方移住の増加、ネットカフェ難民の問題など、思いつくだけでも今は変化するタネが撒かれている状態です。 2020年下半期から大きく動いていく流れとなっていくでしょう。 2022年は「華やかな時代」に 2020年下半期、2021年は大きな変革期へ。 2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」で、安定感がありつつも変化が多い年となってくると予想されます。 2020年下半期は、そんな2021年の影響を受けて、より変化している実感があるようです。 ゲッターズ飯田さんの占いで、2022年は「華やかな時代」になると語っていましたが、2022年に開催される世界が注目するイベントやエンターテイメント分野、経済活動などを通して、熱狂するシーンが見られるのかもしれません。 ゲッターズ飯田とは.

次の

<ゲッターズ飯田さんが占う 2020年下半期の運勢>銀のイルカ座

ゲッターズ飯田 2020上半期

でもまさか、ここまで劇的に状況が変わるとは。 正直、私も驚きました。 飯田:僕らに医学的な知識があるわけではないので、具体的にコロナを予想することはできませんからね。 ただ一つ大切なのは、この変化は始まりにすぎないということです。 日本で1600年に起こった「関ヶ原の戦い」も実は庚子だったんですよ。 飯田:なるほど。 関ヶ原の戦いの後も、実際に幕府が開かれるまでは数年かかりましたからね。 そういう意味でも、今年は歴史がひとつの方向に向かって舵を切るような転換期と思っていい。 水晶:急速な社会の変化に対して、いかに柔軟についていけるかが、今後の運気を大きく左右するポイントになりそうですね。 物の価値から働き方まで、すべてがガラリと変化。 特に上半期はSNSやYouTubeを中心に活躍する一般人の姿が注目を集めましたよね。 下半期では人間関係のあり方がさらに変化して、「人とのつながり」を重視する傾向がより強く出てきそうです。 水晶:最近話題の「オンライン飲み」も、まさに人間関係の大きな変化ですね。 「こんなに人と会わない経験は初めて」という人も多かったはずです。 飯田:僕は以前から、「新しい形のホームパーティが流行る」と言っていたのですが、なるほどこういうことかと(笑)。 オンラインによって懐かしい人とのつながりが復活することは、運気的にもいい流れになるはずです。 水晶:庶民感覚を大切にするという意味では、じっくり時間をかけて料理をしたり、お裁縫をして古いものをリメイクしたりと、家の中に目を向けることも大事ですよね。 いろいろ変わる中で、変わらない自然が支えになることも。 自宅で植物を育てることもおすすめです。 飯田:「家の中でできること」といえば、断捨離もその一つです。 水晶:「風」は目に見えないものを意味しますから、より形のないもの…たとえば思想や情報、智恵が尊重されるでしょうね。 なので、これからの時代は「持っている」ことよりも「知っている」ことのほうがより価値がある、という流れになっていくはずです。 飯田:とはいえ、伝統や文化を大切にする流れも残っているので、断捨離で見つけた「古くて質のいいもの」をメンテナンスして再利用することは、大いに賛成です。 その時は、年長者の知恵を借りると運を味方にできそうです。 水晶玉子さん 占い師。 東洋・西洋の枠を超えて、数々の占術を研究。 『水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ366日メッセージつき 開運暦2020』(集英社)が発売中。 ゲッターズ飯田さん 占い師。 6万人以上を占った膨大なデータを元に、独自の「五星三心占い」を確立。 著書『ゲッターズ飯田の運命の人の増やし方』(朝日新聞出版)など。 イラスト・いいあい 取材、文・瀬尾麻美 (by anan編集部)•

次の