この 時期 に 結婚 式。 結婚式の安い時期は?結婚式が多い・少ない月ランキングと費用の関係

結婚式の安い時期は?結婚式が多い・少ない月ランキングと費用の関係

この 時期 に 結婚 式

結婚式の日取りを決めるとき、どのようにして時期を選んでいますか。 ふたりの記念日や誕生日、またはクリスマスなどのイベント日、他にも11月22日「いい夫婦の日」のような語呂合わせの日などですでに具体的に日取りを決めているカップルがいる一方で、結婚式にふさわしい時期の中から日取りを決めたいというカップルもいます。 結婚式にふさわしいシーズンとはいったいどのようなシーズンなのでしょうか。 また、春夏秋冬それぞれのシーズンのメリットとデメリットに触れながら、結婚式の時期の決め方についてご紹介します。 結婚式のハイシーズンとオフシーズン 結婚式には人気のシーズンがあります。 春や秋の行楽にふさわしいようなよい時候には結婚式を挙げるカップルも増えます。 ふたりにとってもゲストにとっても当日よい天候に恵まれると気持ちのよいものです。 一方で暑すぎたり寒すぎたりする真夏や真冬は、屋外での結婚式には不向きである上、地域によっては交通機関が台風や積雪の影響を受ける恐れもありますので、結婚式の予約数は控えめになります。 このような事情から、春と秋は結婚式のハイシーズン、夏と冬はオフシーズンと呼ばれています。 春の結婚式のメリット・デメリット 3月~5月にかけての春の結婚式は、1年の中でも人気があります。 特に4月頃は桜が美しく、年度始まりの新鮮さと物事が始まるイメージがあるため、結婚式も集中します。 ロケーション撮影の時期としても人気がありますし、何といっても気候の気持ちのよさは他に変わるものがありません。 しかし大型連休中や梅雨の時期には結婚式を控える傾向があるために、限られた春の週末に、結婚式が続いてしまう可能性が高くなります。 そのために春の土日祝日と大安吉日が重なっている日は結婚式の予約が非常に取りにくく、基本料金もオフシーズンに比べる高めとなっています。 また、花粉症の時期でもありますので、新郎新婦が花粉症である場合には自分達が楽しめなくなってしまう可能性があります。 夏の結婚式のメリット・デメリット 6月~8月にかけての夏の結婚式は、暑さが難点です。 7月初旬まではサマーウェディングを楽しむ結婚式も行われるのですが、汗が流れおちるような暑さの8月は極端に結婚式の件数が減少します。 9月下旬以降で暑さが落ち着いてくるようになると、再び結婚式の件数が増えてきます。 また、台風のシーズンには交通機関が影響を受ける可能性を考えて結婚式の日取りからは外すというケースもあります。 夏の日中は熱中症や突然天気が崩れることに配慮してガーデン挙式は控えたいものです。 しかし日没時間が遅くなっているために、ナイトウェディングを行いやすいシーズンです。 式場によってはふたりのために花火を打ち上げるサービスを行っているところもあります。 夏らしい演出はふたりにとってもゲストにとっても特別な思い出になるはずです。 また、夏は結婚式のオフシーズンであるため、料金面でサービスを受けやすくなっています。 秋の結婚式のメリット・デメリット 9月~11月にかけての秋の結婚式は、春と人気を二分します。 暑さも過ぎて過ごしやすく山々が紅葉で美しく色づき、大人びた印象です。 ロケーション撮影にも人気が高く、11月22日「いい夫婦の日」頃までまさにブライダルのオンシーズンです。 慌ただしさの残る春に比べて落ち着きのある秋は、天候もよく、実りの秋と呼ばれるだけに食材も豊富で料理が美味しく、程良く連休があるために結婚式を挙げやすいイメージがあります。 寒さや年末年始の訪れとともに結婚式の件数は減少してきますが、非常に予約の取りにくい季節です。 1日に何件も結婚式を行うような会場では、どうしても時間に追われてしまう可能性がありますし、人気のある時期なので料金面でのサービスを期待することは難しいと考えた方がよいでしょう。 冬の結婚式のメリット・デメリット 12月~2月にかけての冬の結婚式は、年中行事や年末年始の慌ただしさの影響を受け、ゲストにとっても都合を付けにくい時期です。 特に2月は寒さも厳しく、結婚式をお祝いするような雰囲気になりづらい時期でもあります。 しかし、冬のこの時期はイベントや街の雰囲気が結婚式にぴったりなのです。 クリスマスやバレンタインは結婚式としも人気が高く、演出のテーマとしてもよく取り入れられています。 ちょうどイベント日に合わせる必要はありません。 イベント日に近い土日を選ぶのがポイントです。 慌ただしさの中でも街中が盛り上がっている時期ですから、その力を味方につけることができます。 オフシーズンであることから他の結婚式と重なりにくく、料金面でもサービスを受けやすいのが魅力です。 結婚式の人気の時期は地域によっても異なる 結婚式の人気の時期は地域によっても若干異なります。 しかし、ハイシーズンだからOKでオフシーズンだからNGということではなく、それぞれの時期にメリットとデメリットが存在します。 デメリットがゼロとなる時期を求めるのではなく、ふたりやゲストにとってメリットが多い時期を選ぶことが大切です。

次の

結婚式のベストな時期って?春夏秋冬のメリットデメリットはコレ*

この 時期 に 結婚 式

結婚式の日取りを決めるとき、どのようにして時期を選んでいますか。 ふたりの記念日や誕生日、またはクリスマスなどのイベント日、他にも11月22日「いい夫婦の日」のような語呂合わせの日などですでに具体的に日取りを決めているカップルがいる一方で、結婚式にふさわしい時期の中から日取りを決めたいというカップルもいます。 結婚式にふさわしいシーズンとはいったいどのようなシーズンなのでしょうか。 また、春夏秋冬それぞれのシーズンのメリットとデメリットに触れながら、結婚式の時期の決め方についてご紹介します。 結婚式のハイシーズンとオフシーズン 結婚式には人気のシーズンがあります。 春や秋の行楽にふさわしいようなよい時候には結婚式を挙げるカップルも増えます。 ふたりにとってもゲストにとっても当日よい天候に恵まれると気持ちのよいものです。 一方で暑すぎたり寒すぎたりする真夏や真冬は、屋外での結婚式には不向きである上、地域によっては交通機関が台風や積雪の影響を受ける恐れもありますので、結婚式の予約数は控えめになります。 このような事情から、春と秋は結婚式のハイシーズン、夏と冬はオフシーズンと呼ばれています。 春の結婚式のメリット・デメリット 3月~5月にかけての春の結婚式は、1年の中でも人気があります。 特に4月頃は桜が美しく、年度始まりの新鮮さと物事が始まるイメージがあるため、結婚式も集中します。 ロケーション撮影の時期としても人気がありますし、何といっても気候の気持ちのよさは他に変わるものがありません。 しかし大型連休中や梅雨の時期には結婚式を控える傾向があるために、限られた春の週末に、結婚式が続いてしまう可能性が高くなります。 そのために春の土日祝日と大安吉日が重なっている日は結婚式の予約が非常に取りにくく、基本料金もオフシーズンに比べる高めとなっています。 また、花粉症の時期でもありますので、新郎新婦が花粉症である場合には自分達が楽しめなくなってしまう可能性があります。 夏の結婚式のメリット・デメリット 6月~8月にかけての夏の結婚式は、暑さが難点です。 7月初旬まではサマーウェディングを楽しむ結婚式も行われるのですが、汗が流れおちるような暑さの8月は極端に結婚式の件数が減少します。 9月下旬以降で暑さが落ち着いてくるようになると、再び結婚式の件数が増えてきます。 また、台風のシーズンには交通機関が影響を受ける可能性を考えて結婚式の日取りからは外すというケースもあります。 夏の日中は熱中症や突然天気が崩れることに配慮してガーデン挙式は控えたいものです。 しかし日没時間が遅くなっているために、ナイトウェディングを行いやすいシーズンです。 式場によってはふたりのために花火を打ち上げるサービスを行っているところもあります。 夏らしい演出はふたりにとってもゲストにとっても特別な思い出になるはずです。 また、夏は結婚式のオフシーズンであるため、料金面でサービスを受けやすくなっています。 秋の結婚式のメリット・デメリット 9月~11月にかけての秋の結婚式は、春と人気を二分します。 暑さも過ぎて過ごしやすく山々が紅葉で美しく色づき、大人びた印象です。 ロケーション撮影にも人気が高く、11月22日「いい夫婦の日」頃までまさにブライダルのオンシーズンです。 慌ただしさの残る春に比べて落ち着きのある秋は、天候もよく、実りの秋と呼ばれるだけに食材も豊富で料理が美味しく、程良く連休があるために結婚式を挙げやすいイメージがあります。 寒さや年末年始の訪れとともに結婚式の件数は減少してきますが、非常に予約の取りにくい季節です。 1日に何件も結婚式を行うような会場では、どうしても時間に追われてしまう可能性がありますし、人気のある時期なので料金面でのサービスを期待することは難しいと考えた方がよいでしょう。 冬の結婚式のメリット・デメリット 12月~2月にかけての冬の結婚式は、年中行事や年末年始の慌ただしさの影響を受け、ゲストにとっても都合を付けにくい時期です。 特に2月は寒さも厳しく、結婚式をお祝いするような雰囲気になりづらい時期でもあります。 しかし、冬のこの時期はイベントや街の雰囲気が結婚式にぴったりなのです。 クリスマスやバレンタインは結婚式としも人気が高く、演出のテーマとしてもよく取り入れられています。 ちょうどイベント日に合わせる必要はありません。 イベント日に近い土日を選ぶのがポイントです。 慌ただしさの中でも街中が盛り上がっている時期ですから、その力を味方につけることができます。 オフシーズンであることから他の結婚式と重なりにくく、料金面でもサービスを受けやすいのが魅力です。 結婚式の人気の時期は地域によっても異なる 結婚式の人気の時期は地域によっても若干異なります。 しかし、ハイシーズンだからOKでオフシーズンだからNGということではなく、それぞれの時期にメリットとデメリットが存在します。 デメリットがゼロとなる時期を求めるのではなく、ふたりやゲストにとってメリットが多い時期を選ぶことが大切です。

次の

産後に結婚式を挙げるならいつがベスト?おすすめの時期は?

この 時期 に 結婚 式

この記事の目次• 最新情報はご自身でもご確認ください。 国内での新たな感染者の発生は、比較的少数で推移しています。 6月19日には一部の大型イベントを除き休業要請が全国的に解除になり、都道府県をまたぐ移動も可能になりました。 ひとまず安心……といったムードが漂いますが、東京都では数十人単位での感染者が発生しているなど、まだまだ油断はできない状況が続いています。 これまでと同じく、「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」をなるべく避け、風邪やインフルエンザの予防同様、咳エチケットに気をつけ、手洗いを十分に行うことが大切です。 今後の生活習慣として、身体的距離の確保やマスク着用、手洗い習慣を基本に、旅行などを控えたり、できるだけオンラインを利用したりすることなどが勧められています。 結婚式を含む冠婚葬祭の場面でも、多人数での会食を避けること、発熱や風邪の症状がある場合は参加しないこととされましたが、それを知っている人は案外少ないようです。 ハナユメが行ったアンケート結果では以下のような結果になりました。 席の間隔を空け、ビュッフェはなし!これからの結婚式のスタイル 「新しい生活様式」の提言を受けて、結婚式場側でもさまざまな対策が取られています。 日本ブライダル文化振興協会が発表したによると、以下のような点に気をつけながら、結婚式を行うことが推奨されています。 ・披露宴会場はできるだけ広めの会場を手配し、十分な席の間隔を空けること ・提供する料理は個人盛りとし、大皿盛りは避けること ・大声を発する余興などは控えてもらうこと ・集合写真を撮影する際は、直前までマスクを着用し、会話を控えてもらうこと ・スナップ写真を撮影する際は、密集しないポーズとすること 披露宴の席の間隔を空けるということは、それだけ招待できる人が少なくなるということです。 しかし、できるだけ多くのゲストを招待したいと考える人もいるでしょう。 その場合は、2部制のパーティーにする、オンライン結婚式枠を準備するなどの方法もあります。 テーブルについても、ゲスト同士が向かい合わないようスクール形式のレイアウトもよいかもしれません。 披露宴は1テーブルの人数を少なくして、隣同士との間隔をとる ・ビュッフェはなし。 ウイルスの感染拡大防止を最優先に考えつつ、ゲストに安心して楽しんでもらえる結婚式を挙げられるよう、さまざまに検討している人も多いようですね。 続いては、そもそも結婚式を決行すべきなのかや、延期時期について見ていきましょう。 直近で結婚式を控えている人は決行するの? この状況下において、結婚式を決行するか、それとも延期・キャンセルすべきか、悩んでいる人も多いことでしょう。 ハナユメが行ったアンケート調査では、以下のような結果が出ています。 6,7月結婚式予定の人への挙式決行調査 挙式月 決行する 延期した キャンセルした まだ迷っている 6月 8. 0% 64. 1% 8. 7% 19. 2% 7月 9. 3% 36. 3% 9. 8% 44. では、8月以降についてはどうでしょうか。 8・9・10月に結婚式予定の人への挙式決行調査 挙式月 決行する 延期した キャンセルした まだ迷っている 8月 22. 8% 7. 6% 27. 7% 9月 29. 6% 4. 8% 33. 2% 10月 37. 2% 17. 1% 6. 6% 39. また、先になる分迷っている人も多いようです。 また、新型コロナウイルスの影響が長引く中、いったん延期を決めたカップルが、再度の延期を検討しなければならない状況も発生しています。 再延期についてのアンケートも行いました。 では、結婚式を延期する場合には、いつごろが適当なのでしょうか? 結婚式の予定時期は10~12月を検討している人が多い! 結婚式を延期する場合は、何月ごろが適正なのでしょうか? 結婚式が決定している人に向けてアンケートを行ったところ、以下のような結果になりました。 ただし秋頃は、元々人気なシーズンということもあり、すでに満枠になっている結婚式場も少なくないようです。 秋頃の延期を考えている人は、早めに式場に相談してみるのがよいでしょう。 また、延期・キャンセルを検討している人は、以下の記事も併せてお読みください。 キャンセル料や、中止した人の今後の予定などについて紹介しています。 次に、結婚式が決まっている人が、どのように準備を進めているか紹介します。 プランナーとの相談もオンラインに移行、自宅でできる結婚式の準備! 緊急事態宣言が解除されるも、外出についてはまだまだ慎重になっている人も多いかもしれません。 でも、結婚式を予定しているなら、確実に準備を進めていきたいですよね。 そこで、自宅で行える結婚式の準備について見ていきましょう。 アンケートにて、「オンラインを利用して結婚式準備を進めていますか?」という質問を投げかけたところ、以下のような回答が見られました。 自宅で行える準備としては、手作りアイテムの作成もあります。 手作りアイテムについては、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね! 続いては、結婚式場探しについて見ていきましょう。 今の時期式場探しするなら、ハナユメアドバイザーに相談がオススメ 現在、結婚式の延期が相次ぎ、人気の式場では秋以降の空きがほとんどないという状況もあるようです。 式場探しに難航しそうなときには、ウエディングのプロフェッショナルが希望に合う式場を無料で提案してくれるへの相談がオススメです。 ハナユメデスクの実店舗は、スタッフの健康管理やマスク着用の徹底、店内の消毒など、感染防止策を十分に行いながら全国で営業を再開しています。 でも、やはりまだ不安がある……という人には、オンライン相談がオススメ! 外出の必要はなく、パソコン・スマートフォンを使って自宅からビデオチャットでご相談いただけます。 \自宅で結婚式のプロに相談しよう!/ ハナユメデスクは、結婚式のイメージがなかなか固まらない、効率的に準備を進めたい、費用について知りたいなど、結婚式にまつわるあらゆる相談に応えてくれる場所でもあります。 オンライン相談は、当日予約もOK、最短で30分後から対応可能で、時間ができたときにすぐに相談ができるのもうれしいポイントです。 ぜひご利用ください。 ブライダルフェアもオンラインで参加! オンライン相談で気になる式場が見つかったら、ぜひブライダルフェア・式場見学に参加したいですよね。 現在、ブライダルフェアをオンラインで開催する式場が増えています。 以下のアンケートからもわかるとおり、緊急事態宣言は解除されたものの、オンラインでの参加を希望するカップルも多いようです。 式場紹介にグループで参加できたり、式場スタッフとの個別相談もできます。 どんな式場にすればいいのかまだイメージできていない人は、ハナユメアドバイザーとの相談もできるのでオススメですよ。 そこで、実際にオンライン式場見学を利用した人の声をご紹介しましょう。 インタビューを受けてくれたのは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月に予定していた結婚式をキャンセルし、新しい式場で検討をスタートした新婦さまです。 【見学内容】 ・ヒアリング、式場のオススメポイント、見取り図を見ながらの導線確認、希望に沿った日程提案、見積もり提示 【見学時間】 ・1. 5~ 2. 5時間 【感想】 ・実際の式場見学と大きな差がない案内だったように感じ、ポジティブな印象を受けた。 ・ネット回線は普通の自宅で引いている Wi-Fiだが問題なく通じた(途中たまに止まることもあったが許容範囲)。 ・オンラインでも比較できました!オンライン式場見学を行った式場の中から候補を絞ったため、自粛期間が明けたら実際に会場を見て最終決定する予定です。 ・電話フェア 2件、オンラインフェア 2件参加しましたが、電話では意思疎通が難しく一方的に案内を受けた印象であまり魅力を感じることができず候補からはずしました。 式場によりますが、案内してもらえる内容は実際の式場見学とほぼ同じ。 対面よりもオンラインの方が見学時間は短い傾向があるようです。 長時間拘束されるのが苦手な人も、オンラインならポイントを絞って説明してもらえ、通常の半分程度の時間でスムーズに見学できるかもしれません。 そのまま希望の日程を押さえるもよし、後日改めて見学に行くもよし!普段は忙しくてブライダルフェアや式場見学に時間を取れない人も、この機会に複数の式場をオンラインで見学、比較してみましょう。 ハナユメでは今だからできる式場の探し方をまとめました。 自宅で時間のある時にアプリをダウンロードしておけば、最新情報を逃すことがありません。 情報収拾を効率的に行っておくこともこの時期の上手な過ごし方だと言えるでしょう。 詳しくは、から まとめ 新型コロナウイルスの感染拡大が心配されるこの時期に、どのように結婚式を挙げるべきなのか、また延期する場合はいつ頃に延期すればよいのか、いまできる結婚式の準備など、アンケート結果をもとにお伝えしました。 自宅で結婚式に関する情報収集が進められるハナユメのオンラインサービスやアプリも、ぜひご活用ください。 不安な時期を過ごしていることと思いますが、素敵な結婚式を挙げていただけることをハナユメスタッフ一同応援しています! ハナユメ準備ガイド内データの引用について ハナユメが行ったユーザーアンケート及びラルーンアンケートデータについては、出典元(当サイトURL)を明記いただければ、自由にご利用いただけます。 出典元の記載方法に関してはをご確認ください。

次の