ジョイコン コンタクト スプレー。 【楽天市場】Nintendo Switch Joy

nintendo switch(スイッチ)コントローラー(ジョイコン)が充電されない場合の原因と対処法

ジョイコン コンタクト スプレー

ジョイコン壊れる 先日、奥さんからニンテンドースイッチのジョイコンの効きが悪いといわれ、見てみると確かに挙動がおかしい。 左コントローラーのジョイスティックが押してもいないのに勝手に動き出す。 もしくは押しても動かない。 コントローラーの設定からできる「補正」を何度も試したらしいが治らないとのこと。 スプラトゥーンやりすぎてスティックが故障してしまったようだ。 ややこしくてすみません!) じゃー修理すっか!ということでアマゾンでジョイコンスティックの修理パーツを注文。 後で調べてわかったんですがジョイコンは故障しやすい部位のようで、任天堂に修理を依頼するのが王道というか、皆さんそうしているみたい・・・。 DIY好きの僕としては修理?じゃパーツ買って交換するかーと短絡的に考えてしまい、特に深く考えずにパーツを買ってしまったのでした。 ) スティックの交換パーツはアマゾンで600円くらい 任天堂公式サポートでの修理では、だいたい2000円くらいかかるみたいです。 (人によってはというか症状によっては無償修理の場合もある。 保証期間内でも費用がかかることもある。 )アマゾンでざーっと見た感じだと500円くらいから1500円くらいまで結構価格差がありました。 だいたい600円くらいが多いかな。 1500円払って自分で修理するくらいなら任天堂に頼んだほうがいいような・・・。 ちなみに個人的によく買い物しているAliexpressだと送料込みで450円くらいで売ってますね。 450円で仕入れて1500円でアマゾン転売か、なかなかいい値段とっとるなー。 600円でもあまりうまみがないのによくやるなぁ、大量仕入れで安く買いこんでるのかなと思っていたら、修理パーツが届いて納得。 台湾から届いた! どうみてもアマゾンからじゃないぞ。 台湾からだ。 これはあれだな、無在庫販売っていうやつですねー。 自分では在庫を持たずアマゾン倉庫も借りず、商品が売れてから海外ショップに注文をかけて、直接購入者へ発送ってやつ。 こっちの個人情報駄々洩れ・・・なのかなこれは。 だからまぁ安いんでしょうね。 とまぁ気になる点はありましたが、大事なのはさっさと修理しないと奥さんの機嫌が悪くなってしまうことです。 それだけは避けねばならない。 修理はYouTubeを見れば簡単 動画のチュートリアルってどうしてこんなにわかりやすいのか。 ジョイコンのパーツ交換動画を検索したらすぐに見つかりました。 とても参考になった動画がこちら。 どうですか?簡単そう?難しそう?ちなみに動画でも説明がありましたようにちょっと特殊なドライバーが最初に必要になります。 これは百均で買えます。 走れダイソー。 まずは外装の取り外しから。 Y字ドライバーを用意せよ! さっそく持っていたY字ドライバーでネジを外そうとしたら・・・外れない!iPhone用のドライバーだと小さすぎて空回りしてしまう!いきなり出鼻をくじかれてやる気ゲージダウン。 このくそ暑い中ホームセンターまでチャリ飛ばして買いに行ってきましたよ。 Y字ドライバーにもサイズが色々ありますが、今回購入したのがこちら。 株式会社新亀製作所さんの特殊精密ドライバー No. 17-C Y型という製品です。 近所のホームセンターで税込み625円でした。 100円~200円くらいで買える安いやつはネジをなめしてしまったりするらしいのでちゃんとしたものを買いました。 ネットの情報だとジョイコン用は1. 7mmだとか2. 2mmだとか2. 6mmだとか複数ヒットしますが、僕がホームセンターでジョイコン片手に合わせた感じだと2. 2mmがちょうどいい感じでした。 レジに持って行ってパッケージを開けてもらって確認しました。 さてようやく準備が整ったところで分解していきます。 ジョイコンの分解。 そしてスティック交換 2. 2mmのY字ドライバーでネジを4か所外すと外装がとれます。 丸っこい方に引っ掛かりがあるので、ピックのようなもので隙間をくいっとやると簡単に開きました。 iPhoneバッテリー交換キットに入っていたやつを使いました。 なくても隙間にはいればドライバーでもつまようじでも何でも大丈夫です。 ぱかっと開けたところ。 ジョイスティックは中央に見えるバッテリーの下にあるので、まずはこのバッテリーを外します。 両面テープで張り付いているだけなのでパリッと剥がします。 バッテリーのケーブルは外さずそのままでOK。 プラスの精密ドライバーでバッテリーがついていた枠パーツをとりはずすと基盤が出てきます。 スティックは1本の接続ケーブルと2本のネジで固定されているのでこれを外していきます。 まずはケーブル。 ドライバーの先で示している部分にスティックの接続ケーブルが刺さっているので黒い部分を立ててロックを解除してからケーブルを引き抜きます。 2本のネジのうち一つは見えてるのですぐに外せますが、もう一つは別の接続ケーブルの下に隠れているので、まずこのケーブルを外さないといけません。 写真は接続ケーブルを外してネジを露出させたところ。 これでスティックを固定していた2本のネジが外れました。 よし、スティック外れた!純正のスティックと交換用のスティックと並べてみました。 左がもともとついていたやつ。 右がノンブランド品。 まぁあたりまえですが互換品なのでほぼ見た目は同じです。 強いて違いを言うならケーブルの色かな。 金属部分の模様が全然違いますね。 純正品には「7BHc」の文字がプリントされていました。 あとはジョイスティックを交換するだけ 先ほどと逆の手順で戻していくだけですが、接続ケーブルをさしなおすのが指だと難しいので細いピンセットがあると楽かな。 ねじ止め前に刺すとさらに楽。 全部のネジを止めなおして交換終了!さっそく使用してみたら・・・ 悲報、まさかの不具合発生 イカちゃんが左にダッシュできない。。。 ぐぇぇぇまじかよ・・・。 コントローラーの設定からスティックの補正をしてみたところ左に押し込んでも反応しない。 不良品じゃん!さっそくアマゾンというかマーケットプレイス業者さんへ交換希望メールをしたところ、すぐに返信が。 要約すると「今日は日曜日で休みだから月曜日にまた担当者からメールするね」。 てことは無事に交換してもらえたとしてもまた台湾から届くのをまたないといけないってこと?!おとなしくセオリー通り任天堂に修理を頼むべきだったかもというのは後の祭り笑 自分でやるのが楽しいから まーいっか! というわけで今回はここまで!未解決記事になってしまってすみません。 ただし予想通り台湾からの発送となるので1,2週間ほどかかるとのこと。 まーのんびり待ちますかー。 もちろん追加費用などは掛かってません。 さっそく修理! 前回と同じようにパパっと交換し、ジョイコンスティックの補正。 前回の交換では左押し込みに問題がありましたが、再度送ってもらったジョイコンは問題なく無事動作しました。 というわけで、最初から任天堂に送ったほうが早かったかな笑 でもそこまでハードル高くなく、費用も1000円ちょっとで自分でも直せるよっていうのができてよかったです。 2019. 25追記 アマゾン見てたら交換用のスティックと修理ツールがセットになったものが売ってました。 これが一番手っ取り早いかも。

次の

[B! ライフハック] 【Tips】Nintendo Switchのジョイコンのスティックをコンタクトスプレーで修理する方法

ジョイコン コンタクト スプレー

ジョイコン壊れる 先日、奥さんからニンテンドースイッチのジョイコンの効きが悪いといわれ、見てみると確かに挙動がおかしい。 左コントローラーのジョイスティックが押してもいないのに勝手に動き出す。 もしくは押しても動かない。 コントローラーの設定からできる「補正」を何度も試したらしいが治らないとのこと。 スプラトゥーンやりすぎてスティックが故障してしまったようだ。 ややこしくてすみません!) じゃー修理すっか!ということでアマゾンでジョイコンスティックの修理パーツを注文。 後で調べてわかったんですがジョイコンは故障しやすい部位のようで、任天堂に修理を依頼するのが王道というか、皆さんそうしているみたい・・・。 DIY好きの僕としては修理?じゃパーツ買って交換するかーと短絡的に考えてしまい、特に深く考えずにパーツを買ってしまったのでした。 ) スティックの交換パーツはアマゾンで600円くらい 任天堂公式サポートでの修理では、だいたい2000円くらいかかるみたいです。 (人によってはというか症状によっては無償修理の場合もある。 保証期間内でも費用がかかることもある。 )アマゾンでざーっと見た感じだと500円くらいから1500円くらいまで結構価格差がありました。 だいたい600円くらいが多いかな。 1500円払って自分で修理するくらいなら任天堂に頼んだほうがいいような・・・。 ちなみに個人的によく買い物しているAliexpressだと送料込みで450円くらいで売ってますね。 450円で仕入れて1500円でアマゾン転売か、なかなかいい値段とっとるなー。 600円でもあまりうまみがないのによくやるなぁ、大量仕入れで安く買いこんでるのかなと思っていたら、修理パーツが届いて納得。 台湾から届いた! どうみてもアマゾンからじゃないぞ。 台湾からだ。 これはあれだな、無在庫販売っていうやつですねー。 自分では在庫を持たずアマゾン倉庫も借りず、商品が売れてから海外ショップに注文をかけて、直接購入者へ発送ってやつ。 こっちの個人情報駄々洩れ・・・なのかなこれは。 だからまぁ安いんでしょうね。 とまぁ気になる点はありましたが、大事なのはさっさと修理しないと奥さんの機嫌が悪くなってしまうことです。 それだけは避けねばならない。 修理はYouTubeを見れば簡単 動画のチュートリアルってどうしてこんなにわかりやすいのか。 ジョイコンのパーツ交換動画を検索したらすぐに見つかりました。 とても参考になった動画がこちら。 どうですか?簡単そう?難しそう?ちなみに動画でも説明がありましたようにちょっと特殊なドライバーが最初に必要になります。 これは百均で買えます。 走れダイソー。 まずは外装の取り外しから。 Y字ドライバーを用意せよ! さっそく持っていたY字ドライバーでネジを外そうとしたら・・・外れない!iPhone用のドライバーだと小さすぎて空回りしてしまう!いきなり出鼻をくじかれてやる気ゲージダウン。 このくそ暑い中ホームセンターまでチャリ飛ばして買いに行ってきましたよ。 Y字ドライバーにもサイズが色々ありますが、今回購入したのがこちら。 株式会社新亀製作所さんの特殊精密ドライバー No. 17-C Y型という製品です。 近所のホームセンターで税込み625円でした。 100円~200円くらいで買える安いやつはネジをなめしてしまったりするらしいのでちゃんとしたものを買いました。 ネットの情報だとジョイコン用は1. 7mmだとか2. 2mmだとか2. 6mmだとか複数ヒットしますが、僕がホームセンターでジョイコン片手に合わせた感じだと2. 2mmがちょうどいい感じでした。 レジに持って行ってパッケージを開けてもらって確認しました。 さてようやく準備が整ったところで分解していきます。 ジョイコンの分解。 そしてスティック交換 2. 2mmのY字ドライバーでネジを4か所外すと外装がとれます。 丸っこい方に引っ掛かりがあるので、ピックのようなもので隙間をくいっとやると簡単に開きました。 iPhoneバッテリー交換キットに入っていたやつを使いました。 なくても隙間にはいればドライバーでもつまようじでも何でも大丈夫です。 ぱかっと開けたところ。 ジョイスティックは中央に見えるバッテリーの下にあるので、まずはこのバッテリーを外します。 両面テープで張り付いているだけなのでパリッと剥がします。 バッテリーのケーブルは外さずそのままでOK。 プラスの精密ドライバーでバッテリーがついていた枠パーツをとりはずすと基盤が出てきます。 スティックは1本の接続ケーブルと2本のネジで固定されているのでこれを外していきます。 まずはケーブル。 ドライバーの先で示している部分にスティックの接続ケーブルが刺さっているので黒い部分を立ててロックを解除してからケーブルを引き抜きます。 2本のネジのうち一つは見えてるのですぐに外せますが、もう一つは別の接続ケーブルの下に隠れているので、まずこのケーブルを外さないといけません。 写真は接続ケーブルを外してネジを露出させたところ。 これでスティックを固定していた2本のネジが外れました。 よし、スティック外れた!純正のスティックと交換用のスティックと並べてみました。 左がもともとついていたやつ。 右がノンブランド品。 まぁあたりまえですが互換品なのでほぼ見た目は同じです。 強いて違いを言うならケーブルの色かな。 金属部分の模様が全然違いますね。 純正品には「7BHc」の文字がプリントされていました。 あとはジョイスティックを交換するだけ 先ほどと逆の手順で戻していくだけですが、接続ケーブルをさしなおすのが指だと難しいので細いピンセットがあると楽かな。 ねじ止め前に刺すとさらに楽。 全部のネジを止めなおして交換終了!さっそく使用してみたら・・・ 悲報、まさかの不具合発生 イカちゃんが左にダッシュできない。。。 ぐぇぇぇまじかよ・・・。 コントローラーの設定からスティックの補正をしてみたところ左に押し込んでも反応しない。 不良品じゃん!さっそくアマゾンというかマーケットプレイス業者さんへ交換希望メールをしたところ、すぐに返信が。 要約すると「今日は日曜日で休みだから月曜日にまた担当者からメールするね」。 てことは無事に交換してもらえたとしてもまた台湾から届くのをまたないといけないってこと?!おとなしくセオリー通り任天堂に修理を頼むべきだったかもというのは後の祭り笑 自分でやるのが楽しいから まーいっか! というわけで今回はここまで!未解決記事になってしまってすみません。 ただし予想通り台湾からの発送となるので1,2週間ほどかかるとのこと。 まーのんびり待ちますかー。 もちろん追加費用などは掛かってません。 さっそく修理! 前回と同じようにパパっと交換し、ジョイコンスティックの補正。 前回の交換では左押し込みに問題がありましたが、再度送ってもらったジョイコンは問題なく無事動作しました。 というわけで、最初から任天堂に送ったほうが早かったかな笑 でもそこまでハードル高くなく、費用も1000円ちょっとで自分でも直せるよっていうのができてよかったです。 2019. 25追記 アマゾン見てたら交換用のスティックと修理ツールがセットになったものが売ってました。 これが一番手っ取り早いかも。

次の

二台目switchのジョイコンも壊れた。接点復活剤(スプレー)で安くて簡単、お手軽修理。

ジョイコン コンタクト スプレー

ジョイコン壊れる 先日、奥さんからニンテンドースイッチのジョイコンの効きが悪いといわれ、見てみると確かに挙動がおかしい。 左コントローラーのジョイスティックが押してもいないのに勝手に動き出す。 もしくは押しても動かない。 コントローラーの設定からできる「補正」を何度も試したらしいが治らないとのこと。 スプラトゥーンやりすぎてスティックが故障してしまったようだ。 ややこしくてすみません!) じゃー修理すっか!ということでアマゾンでジョイコンスティックの修理パーツを注文。 後で調べてわかったんですがジョイコンは故障しやすい部位のようで、任天堂に修理を依頼するのが王道というか、皆さんそうしているみたい・・・。 DIY好きの僕としては修理?じゃパーツ買って交換するかーと短絡的に考えてしまい、特に深く考えずにパーツを買ってしまったのでした。 ) スティックの交換パーツはアマゾンで600円くらい 任天堂公式サポートでの修理では、だいたい2000円くらいかかるみたいです。 (人によってはというか症状によっては無償修理の場合もある。 保証期間内でも費用がかかることもある。 )アマゾンでざーっと見た感じだと500円くらいから1500円くらいまで結構価格差がありました。 だいたい600円くらいが多いかな。 1500円払って自分で修理するくらいなら任天堂に頼んだほうがいいような・・・。 ちなみに個人的によく買い物しているAliexpressだと送料込みで450円くらいで売ってますね。 450円で仕入れて1500円でアマゾン転売か、なかなかいい値段とっとるなー。 600円でもあまりうまみがないのによくやるなぁ、大量仕入れで安く買いこんでるのかなと思っていたら、修理パーツが届いて納得。 台湾から届いた! どうみてもアマゾンからじゃないぞ。 台湾からだ。 これはあれだな、無在庫販売っていうやつですねー。 自分では在庫を持たずアマゾン倉庫も借りず、商品が売れてから海外ショップに注文をかけて、直接購入者へ発送ってやつ。 こっちの個人情報駄々洩れ・・・なのかなこれは。 だからまぁ安いんでしょうね。 とまぁ気になる点はありましたが、大事なのはさっさと修理しないと奥さんの機嫌が悪くなってしまうことです。 それだけは避けねばならない。 修理はYouTubeを見れば簡単 動画のチュートリアルってどうしてこんなにわかりやすいのか。 ジョイコンのパーツ交換動画を検索したらすぐに見つかりました。 とても参考になった動画がこちら。 どうですか?簡単そう?難しそう?ちなみに動画でも説明がありましたようにちょっと特殊なドライバーが最初に必要になります。 これは百均で買えます。 走れダイソー。 まずは外装の取り外しから。 Y字ドライバーを用意せよ! さっそく持っていたY字ドライバーでネジを外そうとしたら・・・外れない!iPhone用のドライバーだと小さすぎて空回りしてしまう!いきなり出鼻をくじかれてやる気ゲージダウン。 このくそ暑い中ホームセンターまでチャリ飛ばして買いに行ってきましたよ。 Y字ドライバーにもサイズが色々ありますが、今回購入したのがこちら。 株式会社新亀製作所さんの特殊精密ドライバー No. 17-C Y型という製品です。 近所のホームセンターで税込み625円でした。 100円~200円くらいで買える安いやつはネジをなめしてしまったりするらしいのでちゃんとしたものを買いました。 ネットの情報だとジョイコン用は1. 7mmだとか2. 2mmだとか2. 6mmだとか複数ヒットしますが、僕がホームセンターでジョイコン片手に合わせた感じだと2. 2mmがちょうどいい感じでした。 レジに持って行ってパッケージを開けてもらって確認しました。 さてようやく準備が整ったところで分解していきます。 ジョイコンの分解。 そしてスティック交換 2. 2mmのY字ドライバーでネジを4か所外すと外装がとれます。 丸っこい方に引っ掛かりがあるので、ピックのようなもので隙間をくいっとやると簡単に開きました。 iPhoneバッテリー交換キットに入っていたやつを使いました。 なくても隙間にはいればドライバーでもつまようじでも何でも大丈夫です。 ぱかっと開けたところ。 ジョイスティックは中央に見えるバッテリーの下にあるので、まずはこのバッテリーを外します。 両面テープで張り付いているだけなのでパリッと剥がします。 バッテリーのケーブルは外さずそのままでOK。 プラスの精密ドライバーでバッテリーがついていた枠パーツをとりはずすと基盤が出てきます。 スティックは1本の接続ケーブルと2本のネジで固定されているのでこれを外していきます。 まずはケーブル。 ドライバーの先で示している部分にスティックの接続ケーブルが刺さっているので黒い部分を立ててロックを解除してからケーブルを引き抜きます。 2本のネジのうち一つは見えてるのですぐに外せますが、もう一つは別の接続ケーブルの下に隠れているので、まずこのケーブルを外さないといけません。 写真は接続ケーブルを外してネジを露出させたところ。 これでスティックを固定していた2本のネジが外れました。 よし、スティック外れた!純正のスティックと交換用のスティックと並べてみました。 左がもともとついていたやつ。 右がノンブランド品。 まぁあたりまえですが互換品なのでほぼ見た目は同じです。 強いて違いを言うならケーブルの色かな。 金属部分の模様が全然違いますね。 純正品には「7BHc」の文字がプリントされていました。 あとはジョイスティックを交換するだけ 先ほどと逆の手順で戻していくだけですが、接続ケーブルをさしなおすのが指だと難しいので細いピンセットがあると楽かな。 ねじ止め前に刺すとさらに楽。 全部のネジを止めなおして交換終了!さっそく使用してみたら・・・ 悲報、まさかの不具合発生 イカちゃんが左にダッシュできない。。。 ぐぇぇぇまじかよ・・・。 コントローラーの設定からスティックの補正をしてみたところ左に押し込んでも反応しない。 不良品じゃん!さっそくアマゾンというかマーケットプレイス業者さんへ交換希望メールをしたところ、すぐに返信が。 要約すると「今日は日曜日で休みだから月曜日にまた担当者からメールするね」。 てことは無事に交換してもらえたとしてもまた台湾から届くのをまたないといけないってこと?!おとなしくセオリー通り任天堂に修理を頼むべきだったかもというのは後の祭り笑 自分でやるのが楽しいから まーいっか! というわけで今回はここまで!未解決記事になってしまってすみません。 ただし予想通り台湾からの発送となるので1,2週間ほどかかるとのこと。 まーのんびり待ちますかー。 もちろん追加費用などは掛かってません。 さっそく修理! 前回と同じようにパパっと交換し、ジョイコンスティックの補正。 前回の交換では左押し込みに問題がありましたが、再度送ってもらったジョイコンは問題なく無事動作しました。 というわけで、最初から任天堂に送ったほうが早かったかな笑 でもそこまでハードル高くなく、費用も1000円ちょっとで自分でも直せるよっていうのができてよかったです。 2019. 25追記 アマゾン見てたら交換用のスティックと修理ツールがセットになったものが売ってました。 これが一番手っ取り早いかも。

次の