せ て うす の 船 ネタバレ。 ドラマ『テセウスの船』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

「テセウスの船」原作ネタバレ|犯人は誰?タイトルの意味は?タイムパラドックスに挑むミステリー

せ て うす の 船 ネタバレ

テセウスの船とはどんなドラマ? 原作が東元俊哉「テセウスの船」で今回脚本を行ったのが高橋麻紀さんになります。 田村心役の竹内涼真さんがTBS日曜劇場では初主演に挑みます。 テセウスの船とは?「泣ける本格ミステリー」となっております。 舞台は平成元年である連続毒殺事件は発生する。 犯人は心の実の父親に!?そして心は事件直前にタイムスリップする内容となっております。 どうにか父親の罪を避けたい心の行動を映した物語です。 事件をきっかけに家族が崩壊してしまった家族をどうにか取り戻したいという思いの中、真犯人を見つける事が心は出来るのか? 時代を越えて父と子の絆の深さを知れる感動のストーリーとなっています。 これは涙しますね・・・ 是非、途中からでも分かりやすい内容となっておりますので最後まで見て頂けますと幸いです。 では第8話のあらすじをおさらいしましょう。 ご覧になった方は確認でまだご覧になってない方はネタバレになってしまいます。 その点ご了承下さい。 第8話あらすじをおさらい 第8話あらすじ 大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の事件を迎えてしまう。 毒を入れたと思いきや実際には入れておらず、逆に周りから批判されてしまう始末に。 これもみきお(子供)の計画通りの進め方という事でしょう。 原作では実際に黒幕と計画変更をしています。 第8話ではこの計画変更が実行されたという事ですね。 また、佐野和子や子供が誘拐されてしまいます。 これもみきお(子供)と黒幕が計画をした予定通りの内容となりました。 そして第8話終盤では、みきお(子供)に文吾が呼び出されキャンプ施設へ。 すると文吾は何者か(黒幕)にスタンガンで意識を失います。 その後場面が変わり、みきお(子供)もスタンガンで?意識を失った? 最終カットではキャンプ場に駆け付けた心が文吾の乗っていた車の後部座席にみきおが意識を失って倒れているシーンで第8話は終わりました。 12年前の音臼村祭とは? 2. 徳本卓也(今野浩喜)か田中正志(せいや)が共犯者? 3. 黒幕が判明? 第9話あらすじ 田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。 心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。 そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!? そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!! 引用元 TBS公式 第9話の考察 みきおが何者か?にスタンガンでやられてしまう? これは手を組んでいた黒幕にやられたという事でしょうか!? また佐野文吾(父親)もスタンガンでやられてしまい拉致されてしまうのか?行方不明となり佐野文吾は殺人犯に仕立て上げられてしまう? みきおも意識を失ったままです。 第9話以降はみきおは出ない可能性もあります。 そして黒幕の存在はお楽しみ会の会場に居てとすると一体誰なのか? Twitter上ではこんな予想も! 黒幕予想:徳本卓也(今野浩喜)か田中正志(せいや) 原作での黒幕は加藤みきお(大人)となっておりますが、一体誰なのか? 原作とはまた違ったストーリーになっているので先が読めませんね? 是非、原作の結末ネタバレを知りたい方はからご覧下さい。 前半部分ネタバレ みきおが意識不明(青酸カリを飲まされた)で見つかり、文吾もいないという点からみきおをやった犯人は文吾だという殺人未遂容疑が・・・県警の監察官・馬淵(小籔千豊)達が佐野家を家宅捜索されてしまいます。 子供達も父親が犯人なのでは?と疑いを持つように・・・ そして報道陣も佐野家に集まり、文吾がやったのではないか?という騒ぎになってしまいました。 鈴は「人殺しのお父さんなんて、もう帰って来なくていい」とまで言うように。 心は思います。 これでは未來で起きてしまった家庭崩壊と同じ状況になってしまうと・・・ 心は報道陣の前で文吾は犯人ではないと伝えます。 しかし、報道陣達は納得いっていない様子です。 続いて和子(妻)が文吾について謝罪を始めます。 佐野文吾は自分が正しくないと思う事は絶対にしない。 妻としてそれだけは断言できる。 なぜなら佐野文吾は優しく、誇り高い人間だからです。 そして犯人ではないと信じていると伝えます。 文吾は引き続きみきおではない共犯者にロープで縛られ、目隠しをされ監禁されています。 心は文吾の誤解を解く為、意識を失っているみきおの元へ向かうもさつき先生に追い出されてしまいます。 そして駐在所に心が戻ると由紀のノートが置いてありました。 なぜ? その中には・・・12年前の音臼村祭についてのチラシのような物が入っていました。 そこには校長の名前が・・・ 校長の元へ行くと・・・心について様々な見解をされ、貴方は何者ですか?と少し校長も真犯人?と思えるような怪しいげな様子で会話が進みます。 この時の校長は本当に怖かったです。 そして12年前の音臼村祭について聞くと、食中毒が起き一人亡くなったそうです。 それは徳本卓也(今野浩喜)の母のようでした。 そして心が居なくなってから校長先生と木村さつき先生の会話になり、校長がみきおくんはまだ目を覚ましませんか?と怪しげな会話が・・・ それから心は徳本卓也の家へ向かいます。 留守でしたが心が庭を除くとそこには外毒用が? そして映像が変わり・・・徳本卓也と井沢健次(六平直政)が竹藪のような場所で 「でかいからなぁ?」と意味深い会話をしています。 心は父親(文吾)を探していると山の中から文吾を発見して再開します。 その後、徳本卓也と井沢健次が佐野家に来て振る舞いをするからとイノシシ鍋をみんなに振る舞います。 文吾は県警の監察官・馬淵に監禁されていた事と犯人が分からないという事を伝えます。 しかし、留置所に今日は居てくれと馬淵に言われ1日過ごす事に。 警察全体の正義を満たす為だと馬淵が言います。 馬淵も怪しげな表情で語ります。 そして・・みきおが目を覚まします。 後半部分ネタバレ 後半は和子(妻)が文吾を署に迎えに行くところから始まります。 その後、心はこの事件の真相を突き止める為、もう一度由紀のノートを見返すのです。 そこで一つ気になる点を思いつきます。 それは青酸カリを予め隠された可能性があるという事です。 心は必死に駐在所、家に隠されていないか調べます。 この間に県警に無線が入るのです。 山の中で捨てられたライターや写真、ディスクが発見されたのです。 そこには 駐在日誌と書かれたディスクが残っておりました。 和子は署に迎えに行くと、「お勤めご苦労様です」と言うと文吾は「シャバの空気は上手い」と言い返します。 二人で自宅に帰ります。 すると駐在所には馬淵が登場して、文吾が使っていたワープロを開きます。 そこには駐在日誌というフォルダがあり、なんとそこにはみきおが書いていた今までの犯行日誌のようなデータが入っていたのです。 (完全に罠をかけられてしまいます) 更に・・・証拠(青酸カリ)は念のため庭の後ろに青酸カリを埋めたと記されていたのです。 そして、文吾(父親)はまた連行されてしまうのです。 一体真犯人の目的は?これまでの事件を文吾に擦り付ける為の計画で文吾を処刑に追い込む為という事です。 ここで第9話は完結となりました。 そして最終回での予告動画では文吾がついに黒幕に「お前だったのか?」と言うシーンが流れました。 「登場人物全員悪人」みたいなアウトレイジ感出てきたねwこれ次週最終回で全ての謎解けるのかな?終わってしまうの寂しい。 — 8。 まとめ 最後までご覧頂きありがとうございました。 この記事では【テセウスの船】9話あらすじとネタバレ!みんなの感想【黒幕の正体】というテーマでお伝えしました。 最終回の放送は2020年3月22日(日)21:00~となっております。 しかも拡大スペシャルの最終回となっております。 お見逃しなく! 黒幕の正体と結末がとっても気になりますね?.

次の

テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃

せ て うす の 船 ネタバレ

加藤みきお です。 そして8話で、田村心が言っていた 共犯者も加藤みきおだと思います。 どういうことかとういうと、ドラマ版の現世に出てくる木村みきお(安藤政信)は加藤みきおの大人の姿です。 その木村みきおが、田村心が再びタイムスリップした時に同時にタイムスリップして過去に戻っていたのです。 そして、木村みきおは加藤みきおにアドバイスをするのです。 加藤みきおは音臼小学校の生徒。 佐野鈴のクラスメイトです。 子供の頃から猟奇的だった加藤みきお。 加藤みきおは佐野鈴に特別な想いを抱いていました。 そして、佐野鈴を悲しませる人間をためらいもなく殺していきました。 佐野鈴から「将来結婚するならお父さんみたいな人がいいな。 」と聞いた加藤みきお。 加藤みきおは、佐野鈴の父の佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯になる夢を抱きました。 つまり、音臼小無差別殺人の目的は佐野鈴の父の排除で、罪をなすりつけて冤罪にさせたわけです。 冤罪にさせて、社会的に抹殺 刑務所に入ることで死刑となり社会的に抹殺させる を企んでいたのです。 しかし、その後未来からやってきた大人の加藤みきお 加藤信也 が子供の加藤みきおに、田村心と佐野文吾を殺すようアドバイスし、物語は田村心が知っている過去と変わっていきます。 漫画版の最終回あらすじ 原作最終話は89話です。 88話 未来からタイムスリップしてきた大人の加藤みきお 加藤信也 が、佐野文吾をナイフで刺そうとします。 そこに田村心が身を挺して守ります。 ナイフは田村心の心臓に深々と突き刺さりました。 なおも、佐野文吾に襲いかかる加藤みきお。 佐野文吾は持っていた拳銃で加藤みきおの心臓を撃ち抜きます。 倒れている田村心の元に駆け寄る佐野文吾。 田村心の手を握り泣きながら「お前は俺の息子だ。 」と言うと、田村心は涙を流しながら息絶えました。 最終話(89話) 原作最終話(89話)は、田村心が亡くなった平成元年、音臼小無差別殺人事件が起きなかった年から、月日が経っての2017年6月10日。 (原作ではドラマと違い2017年の話 当時、子供で逮捕された加藤みきおは大人になり、すでに少年院から出ています。 佐野文吾は殺人犯ではなくなり、家族と共に幸せに暮らしています。 和子・鈴・慎吾とともに、閉村した音臼村の佐野家へ戻ってきてそこで庭に埋めたタイムカプセルを開けると、田村心が入れていた封筒には指輪と家系図が書かれているという内容になります。 そして、タイムスリップした田村心は亡くなりましたが、佐野心として生まれて平和に過ごしています。 つまり田村心が過去を変え、新たな世界が生まれたということです。 最後はハッピーエンドになるようなので、一安心ですし今後もしかしたら続編が作られるのかもしれませんが、良い結末を迎えている漫画なので、これ以上新たに物語が作られると言う事はまずないと思われます。 やはり心の願い通り佐野大吾は冤罪でした。 そして、タイムスリップすることにより父親の無罪を晴らすことができたので、本人的は死んでしまいましたがかなり満足をしている結末だったのではないかと思います。 第一話で毒薬で殺されてしまった少女は 鈴の同級生・三島千夏ちゃんをパラコートという農薬を飲ませて殺害されてしまいます。 それは単純な興味による殺人でした。 原作漫画「 テセウスの船」は eBookJapanで 2巻まで無料で読めるキャンペーン中です!*2020. tbs. 田村信 平成元年6月24日に、加藤信也=加藤みきお(安藤政信)にナイフで刺されたのが死因で亡くなってしまいます。 つまりタイムスリップしたことが原因で結果的に過去の世界で亡くなってしまうということです。 しかし、その後の別の世界の現代では佐野文吾の息子、佐野心として誕生し生きます。 結婚相手は由紀ではなく、教師として務めている同僚の女性と結ばれるようです。 加藤みきお 当時、少年だった加藤みきおは事件後、少年院に入り現在は出所済みです。 佐野文吾 警察官を引退。 家族仲良く暮らしています。 佐野和子 最終話では、タイムスリップしたことによって現実の未来が変わり、今では家族と幸せに生活しています。 佐野鈴 心の姉で第一話で心が救ったために顔の傷が無くなったため、歴史が変わることを実感していた人物で、この人物も書き換えられた現代では幸せに暮らしています。 原作漫画「 テセウスの船」は eBookJapanで 2巻まで無料で読めるキャンペーン中です!*2020. 18時点 「テセウスの船」ドラマ版の最終回予想 テレビドラマも非常に原作に似ているシーンなどがあり、3年はずれていますが、今のところ原作通りにことが進んでいると思いますし、大きな違いはないと思います。 ですので、このドラマの最終回も原作と同じ最後はハッピーエンドの展開になるのではないかと思っています。 実際父親が犯罪者として生まれてしまったのは辛いものだとは思いますが、タイムスリップすることにより、自分を捨て駒にすることによりこの家族を作ったと考えれば、最後は感動的な最期を迎えいるのではないかと思っています。 原作の最後はとても素晴らしい感動的な体力だと思っています。 自分の命を引き換えに家族を幸せにしたと考えることができるでしょう。 ただ、テレビドラマはあまり悲しさを求めていないのかもしれないですし、最後は田村心は生きているかもしれません。 もしかしたら、そこだけ違うのではないかと思います。

次の

「テセウスの船」原作ネタバレ|犯人は誰?タイトルの意味は?タイムパラドックスに挑むミステリー

せ て うす の 船 ネタバレ

Sponsored Link 【テセウスの船】金丸刑事とはどういう人物? 心がタイムスリップした1989年1月7日。 この日、村の病院の次女 三島千夏が自宅倉庫内にあった 除草剤を誤って飲んでしまうという事件が起こります。 彼女はその後息を引き取ることに……。 この事件を担当していたのが 刑事の金丸でした。 敵か味方か分からなかったユースケサンタマリア刑事がどうやら味方だったらしいことは分かったけど、真犯人?に襲われて早くも退場か? — GOWの部屋 GOW23665035 事件を調べていると千夏が倒れる前、 心が倉庫内から除草剤を持ち出したことが発覚! それを証言したのは千夏の 姉明音 あんな と新聞配達員の 長谷川翼 流星諒。 しかし、その後明音は失踪し発見されるも意識不明状態になり、長谷川は遺体となって発見されます。 この事件がきっかけでさらに心への疑惑が強くなり、隠蔽工作のために2人の命を奪おうとした犯人ではないかと疑っていたのです。 厳しく心を取り調べ犯行を認めるよう強要までする金丸。 全く心のことを信用しておらず文吾から 未来のことを知っていると聞かされたことで、余計に心のことを あやしい人物として見ていました。 原作ではその後も金丸に疑われたまま、心は再び現代にタイムスリップしてしまうことに……。 しかしドラマでは かなり物分りの良い人物へとキャラ変! 心の未来の話を信じて、 亡くなる直前まで 音臼小事件を食い止めようと協力までしようとしてくれていました。 【テセウスの船】金丸の右手は何を意味する? テセウスの船の謎パート2 金丸 茂雄 …ユースケ・サンタマリアが何かに気づいているシーン? 考えたのですが 心の手の汗か暖かさじゃない でしょうか• この村は極寒の寒さ:;• 資料の違うページには 明音は暴行を加えられた形跡が残っていたと書かれていましたが、金丸は写真からそれとは違う 傷跡を見つけたことが推測されました。 その後6話でその証拠となる写真が映し出されます。 明音の首元にはアザがついており、それは大人ではつけられないもの。 金丸は生前部下にこんなことを話していました。 どうやったら首にこんなアザを残すことができるのか? 犯人が残されたアザに不信感を抱きながらも、なぜそうなったかについての原因がはっきりつかめていませんでした。 ただ原作での金丸は既に犯人についてあることを気づいていた様子。 おそらくこの傷跡は大人ではなく子供がつけたものと踏んでいたのかもしれません。 そして長年の経験から その人物は素人であることもわかっていたのです。 金丸が傷跡を見る限り大人の手の跡には見えなかったため、これが決め手となって心を釈放したのだと考察しました。 原作では心が現代に戻ってからその理由が明らかになります。 心が拘置所にいる文吾に面会に行くと、そこである人物が自分の無実を証言してくれるというのです。 その人物とは亡くなった長谷川翼の婚約者の 佐々木紀子 芦名星 ! 彼女は病気で自分の命が残り少ないことを知り、最後に本当のことを証言しようと思い立ったのです。 実は佐々木は金丸が何者かによって命を落とす現場を目撃してしまったのです。 それは明音と長谷川が亡くなってから2週間後の 2月26日。 2人が発見された音臼岳に行ってお参りした帰り、 金丸の車を発見。 すると奥の方で何かを調べている金丸を見かけます。 そのあと後ろから 誰かが声をかけ、その人物は明音事件について金丸に 直球質問を投げかけるのです。 今明音事件のことを調べているのか? 犯人は長谷川なのか? 犯人像はあるのか? その質問を上手くかわす金丸。 その相手は心が捨てたハズの 現代から持ってきたノートを見せ、これから何が起こるかを伝えるのです。 それを聞いた金丸はさらに詳しい事情を求めようとしますが、その相手にそのまま 崖から突き落とされて命を落としてしまうのです! ユースケサンタマリアの役の人が突き落とされたところめっちゃ人形感あってちょっと安心しつつ笑ってしまう。 いや人形じゃないとダメなんだけどね! — いくみん 1g3n ドラマでは崖から突き落とされるところは原作と同じですが、 そこに到達するまでの過程が異なっています。 原作では金丸は犯人と偶然出くわしたようなシチュエーションでしたが、ドラマだと風速計のある小屋の前で その 人物と待ち合わせしている様子。 おそらくその人物とは前日に金丸が心を小学校の前に送り届けた後に、 車を停めた後に出会った人物と同じではないかと予想されます。 亡くなる前金丸は文吾に これから事件の重要な証拠を探しにいかないとならないと話していました。 おそらくそれは 心が捨てたノートのことでしょう。 犯人からそのノートの存在を知らされて、金丸を呼び出す口実にノートの場所を教えるとでも言ったのかもしれません。 ここか? 亡くなる直前の金丸の様子から 何かを探している様子が伺えますね。 このことから犯人は最初から金丸を崖から突き飛ばすつもりで、 崖の近くにノートが落ちているといって誘導し突き飛ばしたと予想されます。 犯人の動機はおそらくこれから自分の計画を実行するにあたって 邪魔な存在だと感じたからでしょう。 勘の良い金丸ならそのうち自分が犯人だとバレてしまうかもしれない。 未来が書かれているノートの存在を知ってしまった以上生かすわけにはいかない。 おそらく犯人の頭はこんなことを感じていたのだと予測します。 原作では犯人は金丸の命を奪う前に、金丸から 明音事件の犯人は素人である可能性が高いことを聞き出しています。 ドラマでもきっと何か犯人の手がかりを握っていると確証を得たため、犯行に及んだのではないかと結論づけました。 【テセウスの船】金丸の犯人は誰? 原作で金丸の命を奪った犯人は心の姉鈴 白鳥玉季 と明音のクラスメイトで友人でもある 加藤みきお! ようやくテセウスの船2話鑑賞。 楓雅くん出番多めで良かった — あすてか otokonokomoe2 見た目は賢く温厚で何も問題のない普通の子供。 しかし、それは仮の姿で本当は 恐ろしい心を持った精神異常者! みきおの真の姿を知るものは誰もおらず、どんどん彼に騙され続けていく村の住人たち。 そしてみきおの仕掛けられた罠にまんまとはハマっていくことに……。 大の大人を子供が崖から突き落とすなんて想像もつきませんが、崖の近くで全力で体当たりすれば不可能ではありません。 しかし、ドラマは原作に加えたオリジナルストーリーで、 みきおには共犯者がいたという設定に! ドラマでは最後まで金丸の命を奪った犯行動機については語られませんでしたが、おそらく犯人は共犯者である 田中正志の犯行の可能性が高いとみています。

次の