りんどう。 リンドウ(りんどう)とは

免疫力UPするなら「漢方薬店りんどう」公式通販

りんどう

竜胆(リンドウ) 竜胆 (りんどう) Gentian, Autumn bellflower (花) 2013. 12 箱根湿生花園 (つぼみ、花) (花) (オヤマ竜胆等) (園芸品種、根茎) ・竜胆(りんどう)科。 ・学名 Gentiana scabra var. buergeri Gentiana : リンドウ属 scabra : 凸凹のある、 ざらついた buergeri : 採集家の 「ブュルゲル」さんの Gentiana(ゲンティアナ)は、 紀元前の頃の イリリア王「Gentius さん」の 名前にちなむ。 ・秋の代表花。 山道でもよく見かける。 ラッパ形で筒形。 5裂する。 紫や青色のものが多いが、 白やピンク色のものもある。 ・花は日光を受けると開き、 夜は閉じる。 雨や曇りの日は閉じたまま。 (品種によっては ずっと開かないものもある)。 ・薬効 食欲不振、消化不良 ・薬用部位 根茎 ・生薬名 「竜胆(りゅうたん)」 ・漢名の「龍胆」の音読みの 「りゅうたん」が いつの間にか 「りんどう」になったらしい。 この草の根が胆汁のように苦く、 その苦みが特別強いので、 最上級を表す龍の字を冠して 名づけられたとも、また、 ただ単に龍の胆のように苦いから、 との説もある。 ・切り花としてよく見かけるのは、 「蝦夷竜胆(えぞりんどう)」や 「御山竜胆(おやまりんどう)」を 園芸品種化したもの。 ・9月13日、10月23日、 11月25日の誕生花 ・花言葉は 「正義と共に、勝利を確信する」 (竜胆) ・長野県と熊本県の県花(竜胆) ・似ている花へのリンク ・「竜胆」シリーズ 竜胆 __________________ (竜) __________________ __________________ 大判写真 __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.

次の

リンドウとは

りんどう

タグ all season replant language of flowers orchid party present preserved flower propose ranking spring ikebana study summer tool wedding wild flower winter work interior idea artificial flower flower arrangement autumn basic Birth flower bouquet cut flower dry flower flower flower base how to flower design flower shop flower swag funeral green Halloween herb herbarium Xmas どんな花? 竜胆 りんどう はリュウタンとも呼び、別名の 竜の胃草 たつのいぐさ は、いずれも根を噛むと非常に苦いため、竜 たつ の胆 きも のようという意味から名付けられました。 また、 瘧落とし おこりおとし は薬草として使われていたことから由来されています。 竜胆 りんどう はアフリカを除く全世界に生息していて、日本では北海道から九州までの野山に役20種が生息しています。 リンドウの中でも白い花を咲かせるものは笹竜胆 ささりんどう と呼ばれるリンドウです。 昔から竜胆 りんどう の根は薬草として使われてきました。 根には苦味があり、これはゲンティオピクリンという成分で根や根茎を感想させて、健胃剤として使われています。 長く楽しむには? 竜胆 りんどう は花の中に水分が溜まっているときがあり、そのときは花を逆さにして軽く振って取り除きます。 あまり強く降ると折れてしまったりするので軽くで大丈夫です。 また受粉することで花が早く終わってしまい、エチレンガスを出し他の花までエチレンの影響を受けてしまいますので早めに取り除くといいでしょう。 涼しげな花いろをした竜胆 りんどう を長く楽しむには、気温が上がるようなところはできるだけ避け、涼しいところに飾りこまめに水換えをしたり、花も長く楽しむための薬の品質保持剤を使うことで長く楽しむことができます。 竜胆 りんどう の種類 竜胆 りんどう には主に鉢物に使う霧島竜胆 きりしまりんどう 系統と主に切花で使わられる蝦夷竜胆 えぞりんどう 系統に別れてます。 また、7月〜8月と開花時期の早い濃い青紫の花の深山竜胆 みやまりんどう があります。 ブルー系• あきたの青• 尾瀬りんどう• グレートマジョリタン• スカイブルー• ロイヤルブルー など ピンク系• フォーストレディ• おとめ• オータムピンク• スーパームーン• セレナーデ など ホワイト系• オータムスノー• シルクロード• ホワイトベル• 雪ほたる など ブルーホワイトMIX系• エトピリカ• パステルベル• ホープ• マイティーラブ• 深山淡麗 など ピンクホワイトMIX系• ピンクスター• アルプスの桃風• ふくしまかれん• ライトピンクアシロ など さいごに 鮮やかな花色が多い竜胆 りんどう はフラワーデザインでもよく使われる花材の一つです。 長いまんま使ってもいいですし、茎の花が咲いている節の部分で分けて使うこともでいます。 ブーケに入れる際には茎が折れやすいのであまり結束部分に負荷がかかってしまうと折れてしまうので注意が必要です。 夏の時期にはさわかな色の竜胆 りんどう は見ていて涼しげですし、秋の紅葉した花材にも合わせやすい花材です。 春や冬以外の長い期間楽しむことができます。 おすすめ書籍.

次の

りんどう(地図/淡路島/居酒屋)

りんどう

名称 [ ] 和名の リンドウは、中国植物名()の竜胆 /龍胆 (りゅうたん)の音読みに由来し 、中国では代表的な苦味で古くから知られる(くまのい)よりも、さらに苦いという意味で「竜胆」と名付けられたものである。 リンドウの全草は苦く、特に根は大変苦くて薬用になる。 地方による別名は、イヤミグサ 、ケロリグサ などがあり、イヤミグサは、「胃病み草」の意味である。 分布・生育地 [ ] の以西の、、に分布し、、、湿った、に自生する。 形態・生態 [ ]。 は、黄白色のひげ根状に何本も伸びる。 は直立または斜め上に伸び、高さは20 - 100 cm 、はし、笹に似た卵状皮披針形で 、はなく茎を抱く。 葉身は細長く、3条の脈があり、指でこするとざらつき感がある。 には鋸歯はないが、ルーペで見ると小さな突起がある。 花期は(9 - 11月ころ)で 、茎頂や上部のに太いを出す。 花はの時だけ開き 、やや大型で形のきれいな青紫色で、上向きにいくつも咲かせる。 はで、枯れた花冠や萼に包まれたまま突き出し、熟すと縦に2裂する。 種子は長さ1. 5 - 2 mm ほどでごく小さく、種皮には縦長に網目模様がついている。 また、種子には翼がついていて風に乗って飛散される。 かつては周辺の草地やのなどにリンドウやなどの草花がたくさん自生していたが、それはとの関係で定期的に草刈りがなされ、草丈が低い状態に保たれていたためだった。 近年、そのような手入れのはいる場所が少なくなったため、リンドウをはじめこれらの植物は見る機会が少なくなってしまい、リンドウを探すことも難しくなってしまっている。 栽培 [ ] 繁殖はとによって行われる。 挿し芽は、初夏に2 - 3節を切り取って、切り口を渇かさないようにして水上げして、挿し芽用土に挿すと、2 - 3週ほどで発根する。 播種は秋にに種を蒔く。 やとして、またはとしてよく栽培されるが 、園芸店でよく売られているのは別種のの栽培品種のことが多い。 利用 [ ] 根にはである、の1種、のなどを含んでいる。 根はの(竜胆/龍胆)の原料のひとつとして用いられる。 リンドウ科で、日本薬局方に収録されている生薬の代用品。 かつて根は民間薬として用いられた。 竜胆は、地上部が枯れる10 - 11月に根を切らないように根茎を掘り上げて、茎を切り捨てて水洗いし、天日乾燥させて調整される。 竜胆は、漢方専門薬局でも取り扱われている。 苦味質は一般に口内の神経終末を刺激し、やの分泌を高め、消化機能の改善、食欲増進に役立つものと考えられている。 リンドウ(竜胆)の苦味は、苦味健胃、消化不良による、食欲不振、胃酸過多に薬効があるといわれ、、の分泌を増進する効果がある。 では、消炎解毒の作用があるものと考えられていて、処方に配剤されている。 では、竜胆1日量2 - 3を、水300 - 400 で3分の2ほどになるまで煎じ、食後3回に分けて服用する用法が知られている。 食欲不振時のもう一つの用法は、竜胆をなるべく細かく刻んですり鉢などで粉末にしたものを、1回あたり0. 1 - 0. 2グラムを食後に水か白湯で飲む。 患部の熱感をとる薬草で、排尿痛、排尿困難で排尿時に熱を感じるときや、目の充血や痛みで冷やすと痛みが楽になる人によいとも、患部に熱が溜まり、のどが渇いて冷たいものが欲しい人によいとも言われている。 連用は避けることと 、妊婦や患部か冷えている人への使用はとされている。 中国産のは、、などに野生し、中国では竜胆として薬用されているが、苦味はリンドウよりも劣る。 フォーム(品種) [ ] 本変種は変異が大きく、下記の通りいくつかの form に分類される。 ホソバリンドウ G. var. stenophylla ホソバリンドウ 千葉県・成東市 葉が細長いことが特徴。 シロバナリンドウ G. var. albiflora 白い花をつけるフォーム。 キリシマリンドウ G. var. procumbens Toyok. 草丈がやや低く、比較的葉が細い。 園芸品種の交雑親とすることが多い。 クマガワリンドウ G. var. saxatilis 葉がやや細く、花の色がやや濃い。 アケボノリンドウ G. var. alborosea N. Yonez. 近縁種 [ ] 類似の種に湿地に生える、白花のがある。 (学名: Gentiana triflora var. japonica)- ホソバエゾリンドウの変種。 北海道から本州の近畿以北に分布。 (学名: Gentiana makinoi) - 別名キヤマリンドウ。 名は山中に生えることに由来する。 本州中部以北の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana thunbergii var. minor) - ハルリンドウの1種で、名は立山に生えることに由来する。 北海道・本州中部以北の日本海側の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana zollingeri) - 二年草で、日が差すと花が開いて、陰ると花を閉じる。 日本・朝鮮半島・中国・樺太に分布。 象徴 [ ] 2011年10月、 県花 [ ]• 市町村花 [ ] ()内は消滅• 青森県:(南津軽郡)• 岩手県:、岩手郡、和賀郡、(岩手郡、胆沢郡、九戸郡)• 秋田県:(仙北郡)• 宮城県:、(玉造郡)• 山形県:東村山郡、最上郡、• 福島県:岩瀬郡、(伊達郡、岩瀬郡、田村郡)• 栃木県:那須郡• 群馬県:吾妻郡、• 千葉県:印旛郡• 神奈川県:、• 富山県:中新川郡• 山梨県:、(西八代郡、北都留郡)• 長野県:、木曽郡、(更級郡)• 三重県:度会郡• 兵庫県:、(朝来郡)• 岡山県:(苫田郡)• 山口県:(美祢郡)• 徳島県:勝浦郡• 愛媛県:(上浮穴郡)• 熊本県:、阿蘇郡、(阿蘇郡)• 宮崎県:(北諸県郡) 竜胆紋(龍胆紋) [ ]• 118. 138. 431. 116. 東京生薬協会• 林輝明、 大阪大学 博士論文 1976-03-05, :• 433. , p. 432. 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、138頁。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、431頁。 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『草木の種子と果実』〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2012年9月28日、80頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、118頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、116頁。

次の