ラインモバイル 初期費用。 【LINEモバイル】事務手数料/初期費用/大手キャリアからの乗り換え費用は?

【完全版】LINEモバイル乗り換え方法!違約金・費用・タイミングはいつがいい?

ラインモバイル 初期費用

エントリーパッケージは無料ではなく900円でAmazonやヨドバシカメラのウェブサイトで購入することができます。 エントリパッケージを使うことで、事務手数料を2100円安くしてLINEモバイルを申し込むことができます。 音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)とデータ通信SIM(SMS付き)プランエントリーパッケージが使えます。 データ通信SIM(SMSなし)にはエントリーパッケージは使えないので注意してください。 エントリーパッケージにはSIMカードは同封されていない エントリーパッケージにはSIMカードは同封されていません。 エントリーペッケージはあくまでLINEモバイルの初期費用を無料にするためのエントリーコードが入ってるだけです。 エントリーパッケージで無料になるのは初期費用だけ LINEモバイルのエントリーパッケージで無料になるのは事務手数料の3000円だけです。 SIMカード発行手数料の400円は別にかかります。 そのため、トータルではエントリーパッケージ代900円+SIMカード発行手数料の400円の合計1300円だけでLINEモバイルを契約することができます。 LINEモバイルの登録事務手数料を無料の0円にする方法手順 LINEモバイルのエントリーパッケージを使うと3000円(税抜)の登録事務手数料を無料の0円にすることができます。 エントリーパッケージをAmazonかヨドバシカメラから購入する• LINEモバイルの申込みwebサイトを開く• 申込みボタンを押す• エントリパッケージ内のエントリーコードを入力する• 契約完了!となるまで進めて申し込む SIMカード発行手数料の400円は別にかかります。 ここに購入したエントリーパッケージに記載されている16桁のエントリーコードを入力すると登録事務手数料が無料になります。 そのため、トータルではエントリーパッケージ代900円+SIMカード発行手数料の400円の合計1300円だけでLINEモバイルを契約することができます。 ただし、そんな美味しい話だけではなくデメリットもあります。 LINEモバイルのエントリーパッケージを使った場合のデメリット LINEモバイルは通常、3400円の初期費用を1300円まで安くできることです。 しかし• 「エントリーパッケージを使うとLINEモバイルのお得なキャンペーンが適用されない」• 「エントリーパッケージは一度使うと再度エントリーパッケージは利用できない」• 「審査に落ちてもエントリーパッケージは再利用できない」 という3つのデメリットがあります。 エントリーパッケージを使うとキャンペーンが適用されない LINEモバイルはお得なキャンペーンをやっていてエントリーパッケージを使う以上にお得になることがありますが、エントリーパッケージを使って申し込むとLINEモバイルのキャンペーンは適用されません。 キャンペーンを適用させたほうが得になることは多いので、良く確認してからエントリーパッケージを使うか判断するといいですね。 エントリーパッケージは一度使うと再度利用できない LINEモバイルに限らずすべての格安SIMではエントリーパッケージを使って申し込みをした場合、 例えば申し込み途中に申込みを止めたり、セットのスマホの在庫がなくて申込みを止めたりしてもエントリーパッケージは使用済み扱いになり使えなくなります。 このことを知らないでエントリーパッケージを無駄にしてしまった人が続出しています。 審査に落ちてもエントリーパッケージは再利用できない LINEモバイルの申込みには審査があります。 審査と言っても本人確認書類や入力内容に不備が無いかの確認だけなのですが、もし 審査に落ちてしまった場合でもエントリーパッケージは使用済み扱いになり使えなくなります。 私はLINEモバイルを10回線契約していますが、エントリーパッケージを使って契約した時に入力ミスで審査落ちしました。 その時はエントリーコードは再度出来ず、LINEモバイルに電話で問い合わせをしましたが対応してもらえませんでした。 データ通信のみのSIMにはエントリーパッケージは適用外となるので注意が必要です。 エントリーパッケージ使用後はキャンセルできない LINEモバイルのエントリーパッケージは一度でもエントリーコードを入力した後はそのエントリーパッケージの エントリコードの適用をキャンセルすることができません。 例えば、エントリコードを入力したあとにブラウザを閉じたり、スマホのバッテリーが切れて電源が落ちてしまったりした場合でもエントリーコードの再利用はできません。 もちろん審査に落ちた場合や契約途中に契約を中断した場合や止めた場合もエントリーパッケージは使用済み扱いとなるため、再利用することはできません。 特に多いのが欲しいスマホの在庫切れで申込みが出来なかった場合です。 この場合でもエントリパッケージは使用済みとなりせっかく購入したエントリーパッケージ代が無駄になります。 LINEモバイルのエントリーパッケージの注意点 エントリパッケージの有効期限は4ヶ月 LINEモバイルのエントリーパッケージ内のエントリーコードには4ヶ月の有効期限があります。 そのためLINEモバイルを契約する直前にエントリーパッケージを購入しないと 有効期限切れとなってしまうことがあるので注意しましょう。 LINEモバイルのスマホの在庫を確認してから申込みをする スマホ本体とセットでLINEモバイルのエントリーパッケージを使って申込み中に、ほしいスマホの在庫がないことが判明して申込みを中断したら、エントリーパッケージは無効になります。 なぜならLINEモバイルのエントリパッケージの入力画面は申込み画面の最初で入力し、スマホの選択は申込画面の中盤だからです。 スマホの在庫確認は下記の画面でできますのでLINEモバイルの申込み前に在庫状況を確認してから契約するとエントリパッケージが無駄になりません。 を開く• 申し込みをクリック• 上記事項に同意のうえ申し込みをクリック• 通常申し込みを選んで次へをクリックします• 端末情報がでてくるのでこの画面で在庫があるかチェックします 在庫確認するときは絶対にエントリーコードを入れないでください。 エントリーコードを入れて在庫確認するとエントリーパッケージが 使用済みとなり契約時に使えなくなります。 LINEモバイルの在庫状況は申し込み画面の途中まで進めることで在庫状況を確認することができます。 実際に申し込みわけではないので、 利用規約などは読む必要はありません。 それだけ売れているということです。 人気のスマホは1ヶ月間ずっと品切れ状態の時もあるので事前確認は重要です。 データ通信のみ(SMSなし)でないか確認してから申し込みする LINEモバイルのエントリーパッケージは、 データ通信のみのSIMにはエントリーパッケージは適用外となるので注意が必要です。 もし、データ通信のみのSIMカードが欲しい場合は、エントリーパッケージを購入しても無駄になるので購入せずに、 LINEモバイルの初月月額料金無料キャンペーンを適用させて申込みをするのがベストな方法です。 エントリーパッケージが使用済みになったら普通にキャンペーンを適用させて契約する エントリパッケージを使って申込みをしたけど審査に落ちた、契約途中に契約をやめたなどの場合は、エントリーパッケージは使用済みになりそのエントリパッケージは無効になります。 その場合は「1. エントリーパッケージを再度購入する」「2. エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約する」の2つの選択肢があります。 エントリーパッケージを再度購入する• エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約する エントリーパッケージの適用に失敗したら普通に契約する エントリーパッケージの適用に失敗したら、もう一度エントリーパッケージを購入するとさらに900円の追加料金がかかるので、損をします。 なぜなら、エントリーパッケージを使わないでキャンペーンを適用させて契約するほうが圧倒的にお得だからです。 LINEモバイルは今お得なキャンペーンを実施中 LINEモバイルは今すごくオトクなキャンペーンを実施しています。 10GBのデータ量が 無料で貰えて 初月の月額料金が無料になります。 エントリーパッケージを使うとキャンペーンは適用されませんが、エントリーパッケージを使わないで契約するとキャンペーンが適用されます。 初月無料になるだけでなく、最大4000円分のAmazonギフト券が貰えたりしますのでLINEモバイルの申込み前に確認してみてください。

次の

【保存版】LINEモバイルの初期費用を0円無料にして契約する方法裏技 |LINEモバイルFAN

ラインモバイル 初期費用

格安SIMの初期費用の基礎知識 登録事務手数料 スマホを契約する時に必ず発生するのが登録事務手数料です。 金額は基本的にどの格安SIMでも3,000円 税抜 です。 新規で契約しなくても機種を変更する時に登録事務手数料・他社に乗り換える時の転出料も料金が発生します。 金額は2,000~3,000円です。 縛りがあるスマホ会社の場合は1万円近くの契約解除料が発生するので、他社に乗り換え MNP する時はどの程度の費用が発生するのか、しっかり調べてから解約することが大切です。 SIMカード発行手数料 SIMカード発行手数料とは名前の通りSIMカードを発生する手数料の事です。 実はこのSIMカードですが、以前は発行手数料はかからす、無料で発行してもらえていました。 しかし、SIMカードはキャリアからの貸与品であり、キャリア側がSIMカード代を徴収するようになったため、手数料が発生するようになりました。 SIMカード発行手数料は新規で契約した時以外に、紛失・交換の際にも発生するので注意が必要です。 SIMカード発行手数料は400円 税抜 程度で、格安SIMによって数円~数十円の違いがあります。 端末代金(セット購入の場合のみ) 格安SIM・スマホを新規契約する時に必要な初期費用として、スマホを持っていない場合は端末代金が必要です。 端末代金を一括で支払う場合、契約の際の初期費用に含まれます。 ただし、端末代金の支払いを24回分割にした場合は契約した翌月から24ヶ月間の支払いであることが多く、初月にかかる費用には含まれません。 元からスマホを持っている場合や、他でスマホを購入する場合は格安SIMの契約時に端末代金を支払わなくても利用ができます。 初期費用が無料になる格安SIM LINEモバイル LINEモバイルは最新のiPhoneにも対応していて、ソフトバンク・au・ドコモの3回線があるため、乗り換え元でどのキャリアを使っていてもSIMカードを挿入するだけで簡単に利用できます。 一番人気の「SNSデータフリー」プランなら、LINE, Twitter, Facebookの4大SNSが通信量カウントフリーで使い放題です。 LINEのみのデータフリーであれば月々500円から利用ができ、LINEアプリの年齢認証に対応しているので学生でも安心です。 エントリーパッケージを使用すると登録事務手数料が無料になる LINEモバイルはエントリーパッケージを購入すると登録事務手数料が無料になります。 エントリーパッケージとは、16桁のエントリーコードが記載された用紙が封入されているものです。 エントリパッケージの定価は900円、登録事務手数料が3,000円なので、差し引きすると2,100円分費用を抑えられることになります。 ただ、Amazonなどで購入すると300円~400円で買えたりすることもあるので、実際には2,500円程度お得に契約できます。 (Amazonでの販売価格は時期によって異なります) LINEフリープランのデータSIM(SMSなし)はエントリパッケージ利用の対象外なので注意して下さい。 LINEモバイルのエントリパッケージは以下で購入できます。 エントリーパッケージよりお得な招待コードを提供します 先ほどお伝えした通り、招待コードを使えば音声通話SIMなら登録事務手数料の3,000円が無料に、LINEフリープランのデータSIM以外なら3,000円が500円と、エントリーパッケージを購入するよりお得にLINEモバイルを契約できます。 ただこの招待コードは、通常であれば家族や友達など、周りにLINEモバイルを使っている人がいないと入手することはできません。 LINEモバイルのユーザーが増えているとはいえ、周りにそういう人がいるとは限りません。 そこで、ご希望の方には管理人が招待コードを無償で提供します。 招待コードの有効期限は24時間で、1つの電話番号につき1日1回までしか発行できませんが、管理人はLINEモバイルを5回線フルで契約しているため、1日に5個の招待コードを発行できます。 招待コードをご希望の場合は、以下のボタンから管理人が運営しているLINE公式アカウントを友だち追加して、「招待コード希望」とメッセージを送って下さい。 お得な料金プランはもちろんですが、乗り換えがお得です。 キャッシュバックでどのくらい得になるのか詳しく説明します。 キャッシュバックで初期費用相殺以上の還元がある UQモバイルは現金キャッシュバックのキャンペーンを行っているため、初期費用以上を相殺できる以上の還元があります。 音声通話SIMのみではありますが、端末セットでの申込みだけでなくSIMのみでの申込みでもキャッシュバックの対象になるため、手持ちのスマホをそのまま使用するという場合でも非常にお得に契約することができます。 初期費用相当分のキャッシュバックがある BIGLOBEモバイルはSIMのみと端末セットの場合で還元される金額に差があります。

次の

LINEモバイルの店舗なら即日開通!キャンペーンやネットとの比較も

ラインモバイル 初期費用

LINEモバイルの初期費用 まず、総額費用に入る前に、LINE MOBILE ラインモバイル の 初期費用について調べてみました。 LINEモバイルの初期費用はこの2つ ・登録事務手数料3,000円 ・SIMカード発行手数料400円 登録事務手数料の中には、登録手続き発送料金・手数料、そのほかの事務関係の費用が含まれています。 また、SIMカードの料金はSIMカード発行手数料として請求されますんで注意です。 このSIMカード発行手数料が別になってる格安SIMって結構珍しいですね。 請求タイミングは、申込みをした次の月の5日に請求されるんで、初期費用分のお金も準備しといてください。 また、端末もセットで一括で買う場合、その料金も初期費用として払う必要があります。 請求タイミングが他の2つと違って、端末料金は請求先に即時請求されますんで注意が必要です。 初期費用についてまとめると ・端末セットもしくはSIMだけ契約: 初期費用は3,400円が、申込みした次の月の5日に請求されます。 ・端末セットで、一括で端末を購入した場合:端末料金が即時請求されます。 この2つの料金と支払いタイミングは結構重要なんで、しっかり確認しといてくださいね。 ただしカウントフリー対象の項目は高速データ通信することができます。 ・データ量は0. 5GB 500円 、1GB 1,000円 、3GB 3,000円 の追加購入が可能です。 追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日までとなります。 結構ボリュームがありますね。 オプションの料金は含んでいません。 また、端末も一緒に買う場合は、この料金に端末料金がプラスされますんで注意してくださいね。 つまり、総額に書いてあるところを見れば各年数までに払う料金が分かるってことです。 例えば、コミュニケーションフリープランの音声通話SIM 3GB の料金を見たければ、その項目の一つとなりに書いてある1,690円が月額料金で、その隣の21,990円が1年間の総額料金、その隣の42,970円が2年間で払う総額料金になります。 やっぱり格安SIMは安い!! ちなみに、 解約手数料 違約金 なんですが、 LINEモバイルの場合、音声通話SIMだけ必要になります。 詳細は に書いてあったんで、引用しときますね。 音声通話SIMカードをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます。 )に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円(税抜)の解約手数料が発生します。 データSIMとデータSIM(SMS付き)をご利用の場合は、解約手数料は発生しません。 つまり、1年使えば音声通話SIMでも違約金がいらないってことです。 ちなみに、キャリアスマホみたいに契約更新はないので、 1年経ったあといつ解約しても解約手数料はかかりません! スマホを安く使うなら、LINEモバイルってのは間違いなさそうですね。 金額調査の条件は、音声通話付き3GBプラン 3GBがないときは近いデータ容量 で1年間の料金としています。 :コミュニケーションフリープラン3GB 総額21,990円 : 3. UQ mobileがちょっと高いくらいですかね? あんまり料金は変わらないんなら、カウントフリーでたくさんLINEやTwitter、Instagram、Facebookが使えて、データ容量も減らないLINEモバイルがおすすめですよ。 でも、 端末を購入した場合どうなるんでしょうか?調べてみました。 その結果、LINEモバイルに端末の分割払いはありませんでした!一括のみとなります。 ってことはつまり、端末セットで買うときは下に書いてる料金分だけ、必ず初期費用が増えるってことです。 端末の料金 HUAWEI P9 lite: 24,800円 arrows M03:32,800円 ZenFone 3:39,800円 Blade E01:13,800円 初期費用が増えるってのは、ちょっと痛いですね。 ちなみに、さっき比較していた3GB音声通話付気のプランに、いま一番人気の端末HUAWEI P9 liteの料金24,800円を足した総額は46,790円になります。 この金額をもとに、他の格安SIMにも端末をつけて買ったら総額がどうなるか調べてみました。 その結果!他の格安SIMの端末料金込み価格 UQ mobile:ぴったりプラン 2GB 32,860円 楽天モバイル : コミコミプランM 2GB 総額38,760円 mineo マイネオ :Dプランデュアルタイプ 3GB 総額 46,200円 LINEモバイル:コミュニケーションフリープラン3GB 総額46,790円 UQ mobileが断トツ安くなって32,860円、楽天モバイルも安く38,760円になりました。 ちなみにこの2つはどちらもデータ容量が2GBで、5分間のかけ放題付きです。 ただし、この2つのプランはどちらも2年間契約なので、その間に解約してしまうと9,800円の費用がかかってしまうんです。 うーん。 難しいところですが、端末も一緒に買いたかったら価格も安くて、割引もされてるUQ mobileとかにしといたほうが良いんじゃないですかね。 ってことで、 LINEモバイルは端末も一緒にセットで乗り換えると割高になるみたいです。 端末セットを買うならUQ mobileが良さそうですよ。 また、UQ mobileは格安SIMで一番通信速度が速いので、ストレスフリーで使えます。 こちらの格安SIMも、端末セットを買いたい人、通信速度が速いほうがいい人におすすめの格安SIMです。 このLINE payとは、LINEが発行するプリペードカードのことで、カードで使ったり、LINEのアプリで使ったり出来ます。 このLINE payの何が一番いいかって言うと、LINEモバイルの支払いに、クレジットカード以外で唯一このカードが使えることです。 他の格安SIMは、クレジットカードじゃないと支払い出来ないんですが、LINEモバイルだけ唯一クレジットカードなしで支払いができます。 しかも、このLINE payのチャージは、コンビニ、銀行口座振替、ATM、ネット振替、クレジットカードでチャージなどいろんなチャージ方法があるんです。 さらに、LINE payが使える店舗は全国に30,000店舗以上!JCBが提携している店舗ならどこでも使えます!もちろんコンビニ、ドラックストア、デパートなんかでも使えるんで、LINE payは持っておくだけでも便利ですよ。 たまったポイントでスタンプを買ってもいいですし、チャージ金額に加算してもいいんでめちゃ便利です。 LINEモバイルを検討されている方は、支払い方法にLINE payを使えばもっとお得になりますよ。 LINE payへの加入は、いつでも出来ますし、支払い方法もいつでも帰れるんで覚えておいて損はないですよ。

次の