きつねうどん 白ごはん。 【連載】冨田ただすけさんの「旬の献立」 Vol.2

白ごはん.com 冨田ただすけ 公式ブログ

きつねうどん 白ごはん

本店 やなぎ 外観 創業大正7年 かつ玉 発祥の店。 そして、もちろん、きつねうどんをつけてもらう。 ようするに、トンカツを卵でとじたもの(カツ玉)をごはんの上にのせず、ごはんとカツ玉を別々に供するもの。 台=ごはん、ごはん抜きのカツ玉丼 だから、台抜き。 堺筋本町は、ビジネス街・・・ちょうど、お昼時に やなぎ に入ったら、ビジネスマンでいっぱい! そして、ほとんど人が、この 台抜き を食べてる。 台抜き+お汁 のひと、台抜き+おうどん の人、台抜き+小鉢+サラダ+お汁 の人・・・ などなど。 他の人の食べ方を見ていると、まず、カツ玉に七味をかけて、 *カツ玉をごはんにのせて食べる人・・・これだと、カツ玉丼やけど、自分で好きなようにのせられるのが、いい! *カツ玉とごはんを別々に食べる人。 丼にするより、豪華な感じがする。 カツ玉は、卵が、半熟ではなくて、けっこう火が通っています。 甘辛さが、ちょうど良くて、ごはんが進みます。 やなぎの きつねうどん かつおの香りが美味しいおだし。 大阪のつるりとして、やわらかくもっちりとした麺、甘辛くてふっくらとしたおあげ。 やっぱり、1人前をたっぷり食べたくなる。 毎日でも、食べたくなる味・・・きつねうどんの単品は、たしか580円。 台抜き + きつねうどん = やっぱり、大阪は、デンプン? こなもん?の町やねぇ・・・。

次の

【連載】冨田ただすけさんの「旬の献立」 Vol.2

きつねうどん 白ごはん

台風接近で急に肌寒くなったので、仕事帰りに温かいおうどんでもいただいて帰ろうかと以前から行きたかったお店の『紅葉庵』さんにお邪魔しました。 江坂公園より二筋北のマンションの1階にある、おしゃれな感じのお店です。 店内に入ると板張りの高床になっていて、靴を脱いで入るみたいです。 テーブル席が6つしかありませんので、混雑時は相席になることもあります。 ランチ時に行くときは時間を少しずらしたほうがいいと思います。 夜の営業開始すぐの来店だったので、1番手で表が見渡せるいい席に座れました。 入店してしばらくすると3組のお客さんが来店されましたので、夜もかなり人気があるみたいです。 夜だけのメニューの「夏野菜のカレーうどん」と迷ったのですが、やはり初来店なので名店『今井』の味を受け継ぐ「きつねうどん」にしました。 それと「白ごはん」も注文しました。 待つこと10分程度、トレーに乗って出てきた「きつねうどん」と「白ごはん」。 「白ごはん」についているのか、お漬物と小鉢 ひじき豆 も一緒にトレーに乗っています。 「きつねうどん」は名店『大阪道頓堀今井』で長年修行しただけあって、カツオと昆布の優しい味わいのお出汁に肉厚の味がよくしみ込んだお揚げさん。 そして麺は大阪うどんながらも少しコシがあり、弾力は抑え目なノド越しのいい手打ち麺です。 また帰りにでもお邪魔させていただきます。 #グルメ #うどん #江坂 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 紅葉庵 関連ランキング:うどん 江坂駅、豊津駅.

次の

『きつねうどん』by ばーにゃ : 【閉店】美々卯 京橋店 (みみう)

きつねうどん 白ごはん

11月も中旬、そろそろ年末を感じる時期になってきましたね~。 このくらいの時期から白菜にも甘みがのって美味しくなってくるのですが、そうなったきたらおすすめなのが 『白菜の和風サラダ』です これが美味しいんですよね~。 冬場のサラダといえばというくらい、うちでこれからの時期いちばんよく食べるサラダかもしれません。 実は白菜って外側と内側で食感や味わいが違っていて、私も料理屋で漬け物担当をしていたときは 「まかないで白菜の外葉を使って、白菜の内側だけを漬物にする」なんてこともやってたりました。 どこを使うといいか、白菜を生食するときの切り方などを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!重量のわりにカサが出ますが、もりもり食べれちゃいますので 気が早いのですが、すでにコタツを出した冨田家です。 私もコメント返信がいつもと同じところでできず、見てくださっている方の中にも、これまでと勝手が違って、もしかしたらコメントができない人がいるのではないかと、少し心配しています…。 私は基本的にパソコンを使ってコメントを書いていたのですが、パソコンでそれができるところが見つからず、もしかしたらできなくなってる??LINEブログのアプリをスマホに入れたらスムーズにいろいろできそうなのですが…。 少し使い勝手などを試すためにも、私もいろいろとやってみようと思います。 ひとまず、LINEブログ仕様変更のご連絡でした。 いま冬野菜などを使ったレシピを目下撮影中。 comの掲示板もありますのでこちらもお使いください。 白ごはん. comで新しく 「五目なます」のレシピをアップしました。 そして、食材の組み合わせ以外のもう一つのポイントが 「なますは冷凍保存可能」だということ!!余ったらぜひ甘酢ごと冷凍してみてくださいね~(冷凍したら若干大根とにんじんの繊維質が強く感じられるようになりますが、特に気にならない程度だと思います) 定番の「紅白なます」も同じく冷凍可能ですので いろんな料理に合わせやすい 「ねぎ」。 comでは 「ねぎごはん」が冬場の隠れた人気レシピなわけですが、今回はねぎを使って箸休め的なマリネを作ってみました 山盛りのねぎで仕込んでも、7~10日くらいは日持ちしてくれる常備菜でもあります。 使い方は、もちろんそのまま食卓に出して食べてもいいし、肉料理に少し添えたり。 他の使い方としては、スモークサーモンや生ハム、じゃこなんかと合わせてサラダや前菜っぽく仕上げるのも美味しいものです。 せっかく大根をやわらかく炊いたのに、皮の近くの筋が残っていると食べた時に口に残るんですよね だから皮を厚くむくのですが、そんなときは余った皮を 「きんぴら」か 「ポン酢漬け」にするのがおすすめです! これまで白ごはん. comだと 「大根の皮のポン酢漬け」は紹介済だったのですが、 きんぴらはまだ紹介できていませんでした。 「大根の皮のきんぴら」、ぜひお試しくださいね!.

次の