日常組 短編集。 短編集小説一覧

日常組の恋物語 短編集!

日常組 短編集

黒手組と呼ばれる犯罪集団に令嬢が誘拐され身代金が奪われる。 明智は令嬢に宛てたハガキに注目する。 の短編小説を気鋭のクーたちが映像化する。 演出は。 私()は、伯父()に起こった事件を新聞で知る。 娘()が「黒手組」と呼ばれる犯罪集団に誘拐され、身代金を奪われたのだ。 しかし娘は戻ってこない。 私は友人の()に捜査を依頼した。 伯父たちから話を聞いた明智は、事件前日に娘に届いたハガキを手に姿を消す。 明智の意外な推理とは? 【出演】,,,,, の友人「私」は、新聞記事で伯父の娘が誘拐されたと知り、早速明智と共に伯父のもとを訪ねる。 事件は、娘の笛美子(ふみこ)がある日外出から戻らず、さらに「黒手組」から身代金一万円を要求する手紙が届いたため、相手に渡したものの、なお娘が戻ってこない、という物だった。 黒手組とは当時世間を騒がせていた犯罪者集団で、婦女子を誘拐しては身代金をせしめ、しかも全く警察に手がかりをつかませないという者たちだった。 話を聞いた明智はすぐに姿を消してしまうが、数日後、笛美子を連れて戻ってくる。 大喜びする両親に対し、明智は身代金の一万円も取り戻してきたと差し出す。 明智の話によれば、彼は黒手組と取引を行い、黒手組は笛美子と一万円を返すこと、明智は黒手組に関する全てを口外せず、また今後黒手組に関する事件に関わらないこと、を取り決めたと言う。 さらに明智は伯父夫婦に、自分の知り合いで笛美子と付き合いたいというものが来たら交際を認めてほしいと頼み、伯父夫婦は快諾する。 一件落着の後、明智は「私」に事件の真相を語りだす。 実は今回の事件に黒手組は一切関わっていなかった。 実は笛美子はある若者との交際を親に禁止されていたが、ひそかに暗号を記したはがきで連絡を取り合っていた。 そして失踪したのは誰かに誘拐されたのではなく、二人で手に手を取って駆け落ちしただけだった。 ところが、それを伯父夫婦の家に住む書生の「牧田」が利用した。 彼は笛美子から届く郵便物は全て握りつぶし、また黒手組からの脅迫状をねつ造し、主人から身代金の一万円をだまし取ったのだった。 明智は笛美子に届いていたはがきが暗号であると見抜き、解読して駆け落ちの事実をつかんだ。 そしてすぐに牧田が怪しいという事実にたどり着き、牧田を自白させたという訳だった。 明智は牧田もある女性と付き合うために大金を欲していた事を知り、事を荒立てないように解決したのだった。 感想 評価は〇。 三部作の第二話。 純粋に謎解きが面白いエピソード。 凶悪犯罪集団による誘拐事件と思いきや、解きほぐしてみると全く違った真相が現れる、という展開がなかなか痛快だった。 今回は演出が面白く、伯父が身代金を黒手組に渡した夜のことを回想していると、回想シーンなのにその場面に明智が割り込んできて「それからどうしました?」とか質問をする、という展開にちょっとニヤリとさせられた。 また後半、明智が「私」に謎解きを開陳するシーンでは、原作は1925年()に書かれた話なのに、いきなりを持ち出してはがきの暗号の内容を説明したり、唐突にカセットテープレコーダーをテーブルの上に置いて、自分がしゃべる代わりにテープの声を流したり、とシュールな展開が続くのもちょっと楽しかった。

次の

マイクラ 脱獄 日常 組

日常組 短編集

参加受付期間• 終了 企画内容 空き時間に読める文量の、ほのぼのとしたゆるい短編を募集します。 タグにBLや百合がありと参加できません! ・重い内容はご遠慮ください 虐待やイジメ等 ・短編のみ ・戦闘なし ・異世界OK ただし戦闘描写がない日常系のみ ・ギャグOK。 むしろ大歓迎 まったりとした気分に浸れるような、ゆるーい作品を読ませてください。 読むとイライラしたり疲れるような作品は不可でお願いします。 読む時間をあまり作れないので、1話の文章量が少ないと個人的にはありがたいです。 期間中、ゆっくり読ませていただきます。 読ませていただいたら、その時に感じた感想を書かせていただきます。 うざかったらすみません。 私の作品をゆるーく貼らせて頂きます。 暇つぶしになれば嬉しいです。 この連載だけはプロットなし下書きなしで執筆中。 ゆるめに書いてます。 異世界マン喫 この自主企画では読み合いも推奨。 ゆるめに楽しみましょう。 参加方法 参加する小説の設定画面で、自主企画欄にある「日常系・ほのぼの・ゆるい短編」を選択してください。 運営より• 同じイベントに参加している人からの作品への評価はランキングに反映されません• イベントは、主催者または運営によって削除される可能性があります• イベントへの参加・解除は開催中のみ可能です.

次の

短編集小説一覧

日常組 短編集

自宅で撃たれて入院した若者()が、事件の謎を推理。 と対決することに…。 の短編小説を気鋭のクーたちが映像化する。 演出は。 私()は、鎌倉に住む結城()の家に逗(とう)留していた。 えたいの知れない赤井という男(・)も出入りしている。 ある夜、書斎で結城が足首を撃たれた。 庭に残った足跡は、井戸から来て井戸へ戻って消えている。 警察は盗賊と判断、入院した結城はベッドの上で探偵よろしく事件の謎を推理するが…。 【出演】,,池上幸平,,,,野口雅弘,,宮本正也, 1929年の夏。 「私」は大学の友人「甲田伸太郎」とともに、甲田の友人「結城弘一」の鎌倉の邸宅に招かれる。 弘一は陸軍少将の息子で、来年には軍隊に入ることになっていた。 弘一は探偵小説や現実の事件について興味を抱くマニアで、やはり屋敷に出入りしている「赤井」という男と探偵談義を繰り広げたりしていた。 弘一は、巷で有名なという探偵については軽蔑しきっていた。 ある夜、弘一は自室で何者かによって片足の甲を撃ち抜かれ、部屋からは金時計など多くの金製品が消え失せていた。 警察は盗み目的の賊が侵入し、弘一を撃った後、金製品を盗んでそのまま逃走したと考えるが、なんと足跡は庭の井戸からスタートして屋敷に来た後、屋敷から井戸の中に消えていた。 入院中の弘一は、探偵気取りで警察相手に推理を披露し、甲田が犯人だと指摘する。 実は弘一は自分の許嫁をめぐって甲田と三角関係にあり、過去に取っ組み合いのけんかをした事すらあったという。 弘一の推理によれば、甲田は弘一を銃で撃った後、外部からの侵入者がいたように井戸と屋敷の間に足跡をつけ、さらに偽装のため金製品を盗んだ、という。 警察が弘一の推理に従って庭の池をさらってみると、盗まれたはずの金製品がそっくり見つかり、しかもそれを包んでいたハンカチには「S・K」のイニシャルがあったため、警察は甲田を容疑者として捕まえる。 やがて退院した弘一の前に赤井が現れ、弘一こそが今回の事件の犯人だと指摘した。 池の底から見つかった金製品を包んだハンカチの結び目は縦結びになっていたが、弘一も同じ結び方をする癖があった。 また弘一の推理では、甲田が賊の犯行と思わせるため足跡をつけ金製品を池に放り込んだことになっていたが、弘一も全く同じことをする機会があった。 赤井は弘一に対し、「自分で自分を撃てば犯人とは思われないだろう」と考えていただろうが、そんなものは小説家の空想である、と嘲る。 弘一は赤井に対し、何故自分を傷つけてまで自作自演をする必要があったのかと食ってかかるが、赤井は犯行の動機を二つ示す。 一つは恋のライバルの甲田を陥れて排除すること、もう一つは自分の足を撃ち不自由になることで軍に入らずに済むようになる、というものだった。 赤井は弘一が一石二鳥を狙って今回の犯行に及んだと断定する。 観念した弘一に、赤井は、自分が弘一が日頃小ばかにしていた探偵ので、別件で弘一の父親の依頼を受けていたため屋敷に出入りしていたのだ、と教える。 呆然となった弘一を残しては立ち去っていった。 三部作の第一話。 今年1月にで放送した「シリーズ短編集 1925年の」(全3作)の続編で、それなりには良く出来ている話だったが、ちょっと物足りなさも感じてしまった。 第一シリーズ三作品は、どの話も、ストーリーは原作小説に忠実なものの、役を『女優』のが演じるほか、奇妙奇天烈というかシュールというかの演出が山盛りで、ストーリーよりそのエキセントリックさが強烈に印象に残る作品群だった。 今回の「何者」もそのような変なノリは(それなりには)健在ではあったが、第一シリーズ三作と比較すると奇妙さは控えめで、物足りなかったと言わざるを得なかった。 まあ、確かに ・「私」役の俳優が何の説明も無く最初から最後まで水兵の恰好(しかも半ズボン)で通している とか ・「私」が甲田の取調室の天井裏から取り調べの様子をこっそり見下ろしている とか ・が推理を説明する際に唐突に「フヒッ、フヒヒヒヒッ」と不審な笑いを漏らす とか ・の顔に全く意味もなく青い塗料が付いていて、時間が経つたびに広がっていく とか それなりに変なところはあったものの、第一シリーズと比べると踏み込みが足りない、という印象だった。 そのあたり、残り二作品では満足させてくれることを願いたいものである。

次の