経口 避妊 薬 通販。 ダイエット ピル 避妊薬 ホルモン剤を格安通販の紹介

ダイエット ピル 避妊薬 ホルモン剤を格安通販の紹介

経口 避妊 薬 通販

安いピルの通販サイトの料金比較 トリキュラー By: 「トリキュラー」はバイエル薬品株式会社が開発した経口避妊薬(ピル)の一種で、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されています。 この薬は、避妊効果を持たせながら、ホルモンの量をアフターピルに比べ少なくしてあり、このことから低用量ピルとも呼ばれています。 この薬は、 それぞれの日数の錠剤によって用量が3段階になっていて(3相性といいます)、自然なホルモン分泌に近いパターンが発現します。 また、3段階にすることで、ホルモン総量を少なくすることに成功しています。 つまりその分の副作用や体への負担が抑えられているということです。 トリキュラーには21と28がありますが、効能としてはともに違いはありません。 トリキュラー21は21日間服用を続けたのち7日間の休薬期間があるのに対し、トリキュラー28は28日間飲み続けます。 とはいえトリキュラー28の多い7日分の錠剤は単なるデンプン錠です。 7日間休薬することを忘れてしまったり、休薬期間明けで薬を飲み忘れたりすることがありそうな人はトリキュラー28をお勧めします。 成分が同じ薬にアンジュ、ラベルフィーユがあります。 価格 ベストケンコー 1箱:2,969円 オオサカ堂 1箱:1,040 ココロ薬局 - トリキュラーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 マーベロン By: 「マーベロン」はトリキュラーと違い1相性(1段階)の低用量ピルです。 欧米ではホルモン量の調整で3段階のピルよりも避妊しやすいと考えられているため、ユーザーが多いです。 他の低用量ピルに比べ男性ホルモンの量が少ないため、頭痛、吐き気、肌荒れ、体重増加といった副作用の頻度が低いピルと考えられています。 頻度は少ないですが副作用として見られるのは出血です。 出血は服用中にみられ、若干の程度のものから連日続く場合があります。 服用を毎日同じ時刻にすることや、2~3シート服用していくうちに出血が収まることもあります。 しかし、場合によっては出血が止まらないこともありますので、その場合は医師に相談してください。 出血の頻度は100人に2~3人といわれています。 価格 ベストケンコー - オオサカ堂 1箱:908円 ココロ薬局 1箱:1,300 マーベロンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 ヤーズ By: 「ヤーズ」はピルではありますが、 超低用量ピルという異なる種類に分類されます。 月経困難症やPMSの軽減目的で発売されていて、トリキュラーなどの低用量ピルよりもさらにエストロゲンの配合量が少ないです。 また、日本で初の合成ホルモンである「ドロスピレノン」を黄体ホルモンとして含んでいて、生体内の黄体ホルモンと近い働きをします。 ホルモンの量、種類により 低用量ピルよりも副作用がさらに出にくいとされています。 海外では主に避妊薬として認可されているのですが日本ではまだ避妊目的では未認可です。 男性ホルモンを抑制するのでニキビや多毛症にも効果があります。 価格 ベストケンコー - オオサカ堂 1箱:2,116円 ココロ薬局 1箱:2,700円 アイピル(アフターピル) By: アイピルはこれまで挙げた3つのものとは異なり、 アフターピルの一種です。 低用量ピルだけでなくアフターピルも通販サイトは扱っています。 アイピルは世界的に普及しているアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品で、価格が安いことから広く使われています。 毎日定期的に服用するタイプの低用量ピルとは異なり、 性交渉後に服用することで排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。 ノルレボ同様にレボノルゲストレルという黄体ホルモンを含有しています。 アフターピルの例にもれず72時間以内の服用で75パーセント以上の効果が、24時間以内の服用で97パーセント以上の効果が見込まれるので、できるだけ早急に服用することが望ましい薬です。 日本では未承認のため病院では取り扱いはありません。 薬は昔から「薬九倍層」などといわれたように大きさ、輸送費、管理費のことだけを考えれば利幅の大きい商品です。 がん治療薬などの中には、1錠で1万円を超える高額なものもあります。 そこまでの価格になるのは、新薬の開発には長い年月と莫大な費用が投じられているからです。 安全性を確認するための治験も、何段階もの手順を踏んで行なわれています。 そんな新薬も海外では成分を調べ、同じような薬を作る人たちがいます。 これらはコピー薬といわれますが、なかなか同じように薬をコピーすることは難しいものです。 薬は有効成分だけでなく、剤形、添加剤、溶ける速度、場所などさまざまな角度から設計されています。 完成した料理があったとしてもそれを見てまったく同じ料理を作ることは難しいのと同じです。 つまり まったく同じ薬を作ることは不可能なのです。 さらに悪質なものは、ただのデンプンだけで見た目以外は、まったく似せる気が無いものさえあります。 これらが混入してしまう危険性をゼロにできないのが、通販サイトの宿命です。 それぞれ専門家や国がコストをかけて作っており、品質の面では疑いようがありません。 ですが通販サイトにはそのようなスタッフはいません。 人件費が削られているため、価格も安いのです。 製造元から患者の元に届くまでに 関わる業者、機関が少ないため価格が抑えられるのです。 ピルの通販サイトが安い理由についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

次の

経口避妊薬は通販で安く手軽に購入しよう!

経口 避妊 薬 通販

安いピルの通販サイトの料金比較 トリキュラー By: 「トリキュラー」はバイエル薬品株式会社が開発した経口避妊薬(ピル)の一種で、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されています。 この薬は、避妊効果を持たせながら、ホルモンの量をアフターピルに比べ少なくしてあり、このことから低用量ピルとも呼ばれています。 この薬は、 それぞれの日数の錠剤によって用量が3段階になっていて(3相性といいます)、自然なホルモン分泌に近いパターンが発現します。 また、3段階にすることで、ホルモン総量を少なくすることに成功しています。 つまりその分の副作用や体への負担が抑えられているということです。 トリキュラーには21と28がありますが、効能としてはともに違いはありません。 トリキュラー21は21日間服用を続けたのち7日間の休薬期間があるのに対し、トリキュラー28は28日間飲み続けます。 とはいえトリキュラー28の多い7日分の錠剤は単なるデンプン錠です。 7日間休薬することを忘れてしまったり、休薬期間明けで薬を飲み忘れたりすることがありそうな人はトリキュラー28をお勧めします。 成分が同じ薬にアンジュ、ラベルフィーユがあります。 価格 ベストケンコー 1箱:2,969円 オオサカ堂 1箱:1,040 ココロ薬局 - トリキュラーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 マーベロン By: 「マーベロン」はトリキュラーと違い1相性(1段階)の低用量ピルです。 欧米ではホルモン量の調整で3段階のピルよりも避妊しやすいと考えられているため、ユーザーが多いです。 他の低用量ピルに比べ男性ホルモンの量が少ないため、頭痛、吐き気、肌荒れ、体重増加といった副作用の頻度が低いピルと考えられています。 頻度は少ないですが副作用として見られるのは出血です。 出血は服用中にみられ、若干の程度のものから連日続く場合があります。 服用を毎日同じ時刻にすることや、2~3シート服用していくうちに出血が収まることもあります。 しかし、場合によっては出血が止まらないこともありますので、その場合は医師に相談してください。 出血の頻度は100人に2~3人といわれています。 価格 ベストケンコー - オオサカ堂 1箱:908円 ココロ薬局 1箱:1,300 マーベロンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 ヤーズ By: 「ヤーズ」はピルではありますが、 超低用量ピルという異なる種類に分類されます。 月経困難症やPMSの軽減目的で発売されていて、トリキュラーなどの低用量ピルよりもさらにエストロゲンの配合量が少ないです。 また、日本で初の合成ホルモンである「ドロスピレノン」を黄体ホルモンとして含んでいて、生体内の黄体ホルモンと近い働きをします。 ホルモンの量、種類により 低用量ピルよりも副作用がさらに出にくいとされています。 海外では主に避妊薬として認可されているのですが日本ではまだ避妊目的では未認可です。 男性ホルモンを抑制するのでニキビや多毛症にも効果があります。 価格 ベストケンコー - オオサカ堂 1箱:2,116円 ココロ薬局 1箱:2,700円 アイピル(アフターピル) By: アイピルはこれまで挙げた3つのものとは異なり、 アフターピルの一種です。 低用量ピルだけでなくアフターピルも通販サイトは扱っています。 アイピルは世界的に普及しているアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品で、価格が安いことから広く使われています。 毎日定期的に服用するタイプの低用量ピルとは異なり、 性交渉後に服用することで排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。 ノルレボ同様にレボノルゲストレルという黄体ホルモンを含有しています。 アフターピルの例にもれず72時間以内の服用で75パーセント以上の効果が、24時間以内の服用で97パーセント以上の効果が見込まれるので、できるだけ早急に服用することが望ましい薬です。 日本では未承認のため病院では取り扱いはありません。 薬は昔から「薬九倍層」などといわれたように大きさ、輸送費、管理費のことだけを考えれば利幅の大きい商品です。 がん治療薬などの中には、1錠で1万円を超える高額なものもあります。 そこまでの価格になるのは、新薬の開発には長い年月と莫大な費用が投じられているからです。 安全性を確認するための治験も、何段階もの手順を踏んで行なわれています。 そんな新薬も海外では成分を調べ、同じような薬を作る人たちがいます。 これらはコピー薬といわれますが、なかなか同じように薬をコピーすることは難しいものです。 薬は有効成分だけでなく、剤形、添加剤、溶ける速度、場所などさまざまな角度から設計されています。 完成した料理があったとしてもそれを見てまったく同じ料理を作ることは難しいのと同じです。 つまり まったく同じ薬を作ることは不可能なのです。 さらに悪質なものは、ただのデンプンだけで見た目以外は、まったく似せる気が無いものさえあります。 これらが混入してしまう危険性をゼロにできないのが、通販サイトの宿命です。 それぞれ専門家や国がコストをかけて作っており、品質の面では疑いようがありません。 ですが通販サイトにはそのようなスタッフはいません。 人件費が削られているため、価格も安いのです。 製造元から患者の元に届くまでに 関わる業者、機関が少ないため価格が抑えられるのです。 ピルの通販サイトが安い理由についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

次の

経口避妊薬は通販で安く手軽に購入しよう!

経口 避妊 薬 通販

経口避妊薬は、 ピルという別名でも知られています。 ピルは女性にとっては比較的簡単に避妊ができる手段として、使用される事が多い薬です。 また、ピルは避妊目的以外にも利用される事があります。 例えば、生理痛の緩和、子宮内膜症の予防等です。 ピルの入手方法には、医療機関で処方してもらうというものがあります。 病院で処方される薬は、使い方を間違えなければ危険性が少ない事が多いので、安全です。 また、飲み方についてしっかりとした説明を受ける事ができます。 病院での薬の入手は安全性が高いというメリットもありますが、一方でデメリットもあります。 薬の処方のために、定期的に病院へ通わなければならないので、時間や手間が掛かります。 また、薬の購入の際には、薬本体の料金に加えて、受診料や検査料が別途必要になるため、1回当たりに掛かる費用もかさみます。 このようなデメリットを解決できるみんなが使っているピルの購入方法はネット通販です。 ネット通販には、 直接海外から薬を輸入する方法と、輸入代行業者を仲介して購入する方法があります。 ネット通販でピルを入手するメリットは、医療機関で処方してもらうよりも安価で薬を入手できるという事です。 医療機関で掛かる受診料や検査料が必要ありません。 そのため、薬を安く購入する事ができるのです。 また、周りの人にピルを購入した事を知られる事がないという事も良い点です。 病院で受診すれば病院のスタッフや他の患者といった他人に会うので、恥ずかしいという人も少なくありません。 また、問診の内容にも抵抗があるという人もいます。 他人に会わず購入できるネット販売では、周りを気にする必要がありません。 そして、いちいち病院に通うという手間を省く事ができます。 ピルは毎日欠かさず飲む必要がありますが、忙しくて病院に通う時間がないという人には、薬を切らしてしまうという不安ができてしまいます。 病院が遠くにあってなかなか通う事ができないという人にとっても、病院で薬を購入するというのは大変な事です。 ネット通販であれば、ネット環境のある場所であれば、自宅でも出先でも注文する事ができるので、時間や手間が掛かりません。 このように、ネット通販には様々なメリットがあります。 ただし気をつけたいのは、 薬の服用は自己責任になるという事です。 使い方や量を間違えれば、思わぬ事態を引き起こしてしまう危険性があります。 経口避妊薬を服用する際は、用法・用量をきちんと守るようにしましょう。

次の