インスタ 垢 ban。 インスタの裏垢(別垢)を作るにあたっての注意点【Instagram】

インスタの裏垢とは?メリット・バレ対策・注意点を解説

インスタ 垢 ban

更新履歴 — 2020-04-30 最新情報を元に加筆修正 インスタグラムの利用規約を違反したら…どうなるかみなさんご存知ですか?ペナルティとして、 今利用しているアカウントが削除されてしまうんです。 せっかく仲良くなったフォロワーも、これまで投稿していた写真や動画も、ある日突然削除されてしまったらショックですよね。 「自分は大丈夫」と思っていても、知らず知らずのうちに規約を違反していて、アカウントが削除されてから 「知らなかった!」と叫んでも時すでに遅し。 そこで今回は、インスタグラムの規約違反にはどんなものがあるのか、改めてチェックしておくとともに、削除されたアカウントはどうなるのかについても詳しくご紹介していきます。 インスタグラムのペナルティって? インスタグラムの利用規約に違反してしまう投稿とは、一体どんなものなのでしょうか。 ペナルティを受ける前に、どういうポイントに気を付けなければならないのか、NGな投稿例を見ていきましょう。 暴力的・性的・差別的なコンテンツ インスタグラムの利用規約では、 暴力的・差別的・不法なもの・肌の露出が激しいものについて投稿を禁止しています。 たまに「全体が肌色の写真を投稿したら知らぬ間に投稿が削除されていた」なんていう話を聞くこともありますが、これは要するに写真がヌードと認識されてしまったから。 性的なコンテンツについては、「じゃあ水着で記念撮影するのもダメなの?」と自分たちで判断するのが難しいところなのですが、肌の露出が激しい写真はなるべく投稿を控えたほうが良いでしょう。 営業目的などのスパム行為 営業や嫌がらせを目的として、写真を投稿したり他人のアカウントにコメントを残したりする行為は スパムとみなされます。 特に有名人のアカウントはこのスパム行為の被害を受けやすく、 「いかにも商品の広告」といったコメントでアカウントが荒れているのを見たことがある方も少なくないでしょう。 もし今後お小遣い稼ぎ感覚でやってみませんか?という誘いを受けても、 営業コメントを連投するのは立派な規約違反なので、手を出さないように気を付けてくださいね。 迷惑行為が通報された 先ほどのスパムもそうですが、インスタグラム内での迷惑行為は簡単な手順で通報できるようになっています。 もちろん、1回通報があったからといって即アカウントが削除されるわけではありませんが、通報が多いアカウントに対してはインスタグラム側も注目しますし、明らかな迷惑行為があれば アカウントの削除に踏み切られます。 軽い気持ちで嫌がらせをしてしまっていないか、他人が不快になるような投稿をしていないか、今一度自分で考え直してみましょう。 ちなみに、迷惑行為を見かけた、自分の投稿にスパムコメントがついたときには、次の手順で通報できます。 スパムコメントを左にスワイプして、出てくる「!」マークをタップします。 「このコメントを報告する理由」というメニューが表示されるので、「スパムまたは詐欺行為」「不適切なコンテンツ」のいずれかを選択しましょう。 利用規約に違反しているのでは…という投稿を見かけたときも、投稿の右上にある「…」をタップし、表示されるメニューから「報告する」を選びます。 すると、さらに「スパムである」「不適切である」の選択肢が表示されるので、どちらかを選んで通報しましょう。 ユーザーが13歳未満 実は、インスタグラムを利用できるのは 13歳以上。 規約にも13歳未満はアカウントを作成できないと書かれていて、アカウントの利用者が13歳未満なことが分かるとアカウントは削除されます。 フォロワーを売買している アカウントの売買も、 利用規約で禁止されています。 アカウントに関する情報、ユーザーネームやフォロワーなども、売買は禁止です。 フォロワーを増やしたい人向けに、最近はフォロワー売買の業者が増えてきていますが、これらの業者に依頼するのも規約違反になるんですね。 「いいね!」がほしい、フォロワー数が少なくて恥ずかしい…などなど、悩むこともあるかもしれませんが、ペナルティを受けては元も子もありません。 フォロワーの売買は絶対に行わないようにしましょう。 削除されたアカウントはどうなるの? 続いて気になるのが、ペナルティで削除されてしまったアカウントは、一体どうなるのかという疑問。 復活する方法はあるのか、チェックしていきましょう。 アカウントは復活できない ペナルティでアカウントを削除されてしまうと、どんなに後悔しても謝っても そのアカウントを復活することはできません。 また新しくアカウントを作成すればインスタグラム自体は続けられますが、前のアカウントの情報は引き継げないので諦めましょう。 メールアドレスはまた使える インスタグラムでは、ひとつのアカウントに対してひとつのメールアドレスが必要です。 ひとつのメールアドレスで複数のアカウントを持つことはできません。 アカウントを削除されると、そのアカウントで使っていたメールアドレスはどうなるんだろう…と心配になりますが、このメールアドレスはまた 新しいアカウントの作成に使うことができます。 不幸中の幸いですね。

次の

インスタグラムの垢消しまとめ!退会・削除できないときの対処法

インスタ 垢 ban

Instagramのアカウントが停止・削除される原因は? Instagramのアカウントが停止・削除される原因はいくつもありますが、まずは以下の2つに該当していると思われます。 あなたのアカウントや投稿について、誰でも「通報」をすることが出来ます。 【関連】 この通報によってあなたのアカウントがInstagramの運営からチェックされ、その結果アカウントの停止となった可能性があります。 通報はきっかけに過ぎず、結局はアカウントが規約に違反していた事が原因だということになります。 以下でInstagramの規約について、関連のありそうなものをピックアップしてみます。 Instagramの規約から重要そうなものを抜粋 Instagramには「コミュニティガイドライン」と「利用規約」があります。 なんと!13歳未満のユーザーはInstagramの利用は禁止されています。 13歳未満のユーザーを見付けた際の、専用の通報フォームもあります。 これは当然と言えば当然ですね。 あまりに度の過ぎた肉体的表現は禁止です。 そういう事がしたい場合は他のサービスへ移動しましょう。 Instagramではアカウント等の売買を禁止しています。 実はInstagramのフォロワーを売っているサイトが存在するのですが、これは規約違反ということになります。 これは言わずもがな。 他のユーザーに迷惑をかけたらいけません。 Instagramはスパム行為を禁止しています。 もしもスパム行為を見かけたらブロック&通報をしちゃいましょう。 【関連】 上記の事に違反すると・・・ ここまで挙げたように色々な規約があるのですが、これに違反した場合にはどうなるのでしょうか?同じく利用規約には以下の様に書かれています。 Instagramは、自らの裁量により、利用者が本規約に違反したと判断した場合、利用者のアカウントを削除します。 「アカウント削除」という文言が出てきました。 もしも自分のアカウントが削除された場合、やはり規約のどれかに違反したと思って良さそうですね。 上に挙げた規約はあくまで抜粋なので、詳しく知りたい人は、コミュニティガイドラインと利用規約を直接確認して下さい。

次の

インスタグラムの垢消しまとめ!退会・削除できないときの対処法

インスタ 垢 ban

更新履歴 — 2020-04-30 最新情報を元に加筆修正 インスタグラムの利用規約を違反したら…どうなるかみなさんご存知ですか?ペナルティとして、 今利用しているアカウントが削除されてしまうんです。 せっかく仲良くなったフォロワーも、これまで投稿していた写真や動画も、ある日突然削除されてしまったらショックですよね。 「自分は大丈夫」と思っていても、知らず知らずのうちに規約を違反していて、アカウントが削除されてから 「知らなかった!」と叫んでも時すでに遅し。 そこで今回は、インスタグラムの規約違反にはどんなものがあるのか、改めてチェックしておくとともに、削除されたアカウントはどうなるのかについても詳しくご紹介していきます。 インスタグラムのペナルティって? インスタグラムの利用規約に違反してしまう投稿とは、一体どんなものなのでしょうか。 ペナルティを受ける前に、どういうポイントに気を付けなければならないのか、NGな投稿例を見ていきましょう。 暴力的・性的・差別的なコンテンツ インスタグラムの利用規約では、 暴力的・差別的・不法なもの・肌の露出が激しいものについて投稿を禁止しています。 たまに「全体が肌色の写真を投稿したら知らぬ間に投稿が削除されていた」なんていう話を聞くこともありますが、これは要するに写真がヌードと認識されてしまったから。 性的なコンテンツについては、「じゃあ水着で記念撮影するのもダメなの?」と自分たちで判断するのが難しいところなのですが、肌の露出が激しい写真はなるべく投稿を控えたほうが良いでしょう。 営業目的などのスパム行為 営業や嫌がらせを目的として、写真を投稿したり他人のアカウントにコメントを残したりする行為は スパムとみなされます。 特に有名人のアカウントはこのスパム行為の被害を受けやすく、 「いかにも商品の広告」といったコメントでアカウントが荒れているのを見たことがある方も少なくないでしょう。 もし今後お小遣い稼ぎ感覚でやってみませんか?という誘いを受けても、 営業コメントを連投するのは立派な規約違反なので、手を出さないように気を付けてくださいね。 迷惑行為が通報された 先ほどのスパムもそうですが、インスタグラム内での迷惑行為は簡単な手順で通報できるようになっています。 もちろん、1回通報があったからといって即アカウントが削除されるわけではありませんが、通報が多いアカウントに対してはインスタグラム側も注目しますし、明らかな迷惑行為があれば アカウントの削除に踏み切られます。 軽い気持ちで嫌がらせをしてしまっていないか、他人が不快になるような投稿をしていないか、今一度自分で考え直してみましょう。 ちなみに、迷惑行為を見かけた、自分の投稿にスパムコメントがついたときには、次の手順で通報できます。 スパムコメントを左にスワイプして、出てくる「!」マークをタップします。 「このコメントを報告する理由」というメニューが表示されるので、「スパムまたは詐欺行為」「不適切なコンテンツ」のいずれかを選択しましょう。 利用規約に違反しているのでは…という投稿を見かけたときも、投稿の右上にある「…」をタップし、表示されるメニューから「報告する」を選びます。 すると、さらに「スパムである」「不適切である」の選択肢が表示されるので、どちらかを選んで通報しましょう。 ユーザーが13歳未満 実は、インスタグラムを利用できるのは 13歳以上。 規約にも13歳未満はアカウントを作成できないと書かれていて、アカウントの利用者が13歳未満なことが分かるとアカウントは削除されます。 フォロワーを売買している アカウントの売買も、 利用規約で禁止されています。 アカウントに関する情報、ユーザーネームやフォロワーなども、売買は禁止です。 フォロワーを増やしたい人向けに、最近はフォロワー売買の業者が増えてきていますが、これらの業者に依頼するのも規約違反になるんですね。 「いいね!」がほしい、フォロワー数が少なくて恥ずかしい…などなど、悩むこともあるかもしれませんが、ペナルティを受けては元も子もありません。 フォロワーの売買は絶対に行わないようにしましょう。 削除されたアカウントはどうなるの? 続いて気になるのが、ペナルティで削除されてしまったアカウントは、一体どうなるのかという疑問。 復活する方法はあるのか、チェックしていきましょう。 アカウントは復活できない ペナルティでアカウントを削除されてしまうと、どんなに後悔しても謝っても そのアカウントを復活することはできません。 また新しくアカウントを作成すればインスタグラム自体は続けられますが、前のアカウントの情報は引き継げないので諦めましょう。 メールアドレスはまた使える インスタグラムでは、ひとつのアカウントに対してひとつのメールアドレスが必要です。 ひとつのメールアドレスで複数のアカウントを持つことはできません。 アカウントを削除されると、そのアカウントで使っていたメールアドレスはどうなるんだろう…と心配になりますが、このメールアドレスはまた 新しいアカウントの作成に使うことができます。 不幸中の幸いですね。

次の