うつろひたる菊 訳。 蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

うつろひたる菊 訳

さればよと、 いみじ う 心憂しと思へども、言は むやうも知らであるほどに、二三日ばかりありてあかつきがたに門をたたく時あり。 現代語訳 私の思った通りだと、 たいそう情けないと思うが、どうしようもない気持ちで途方にくれていると、二三日たって明け方に(私の家の)門をたたく時があった。 品詞分解 「されば 感動詞 「さればよ」は連語でやっぱりそうだった。 はたして思った通りだった。 予想や予感が的中した時に使います。 よ 間投助詞 詠嘆 と 格助詞、 「いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形「いみじく」のウ音便 315の75番 心憂し ク活用形容詞「心憂し」終止形• つらい、なさけない、苦しい• おもしろくない、不快だ ここは1です。 315の61番 と 格助詞、 思へ ハ行四段活用動詞「思ふ」已然形 ども 接続助詞、 言は ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形 「いはむやうも知らで」でどう言ってよいかわからないで。 言いやる方法もわからないで。 なんとも言いようがなく 茫然自失して取り乱して、途方にくれている様子です。 む 婉曲の助動詞「む」連体形。 「がた」はおおよそーのころを表す接尾語。 に 格助詞 門 名詞 を 格助詞 たたく カ行四段活用動詞「叩く」連体形 時 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」の終止形。 つとめて、 なほもあら じと思ひて、 現代語訳 夫兼家が帰ってきたようだと思うと、不愉快なので私の家の門を開けさせないでいると、(夫兼家はそのまま)いつもの(町の小路の女の)家と思われるところに行ってしまった。 翌朝、やはりこのままではいられないと思って、 テストに出るかも 「さ」は何をさすか? 兼家が筆者のもとを訪れてきたことをさす 品詞分解 「さ 副詞 ここでは兼家が筆者のもとに訪れてきたことを指しています。 「さなめり」であの人が訪ねてきたらしい。 の 格助詞 家 名詞 と 格助詞 おぼしき シク活用形容詞「おぼし」連体形 思われる ところ 名詞 に 格助詞 ものし サ行変格活用「ものす」連用形 ある、いる、行く、来るなどの動作を具体的な表現をせずに漠然と婉曲に表します。 ここではgoの意味で兼家が町の小路の女の家だと思われるところに行っちゃったんですね。 たり 完了の助動詞「たり」の終止形。 現代語訳 (私が家の門を開けさせるほんのわずかな時間さえも待てずに立去ってしまうようなあなたには) (なかなか帰ってこないあなたを待ち望んで悲しみにくれて嘆きながら)一人で(寂しく)寝る夜が明けるまでの時間が どれだけ長いものか、おわかりになるのでしょうか。 いえ、きっとあなたはおわかりにならないでしょうね。 と、いつもよりは筆跡にも注意して丁寧に書いて、(自分から町の小路の女に気持ちが変わってしまった兼家のように)色が変わってしまった菊の枝に結びつけ(て兼家に送っ)た。 品詞分解 嘆き カ行四段活用「嘆く」連用形 つつ 接続助詞 ひとり 名詞 寝る ナ行下二段活用「寝(ぬ)」連体形 眠る。 横になる。 夜 名詞 の 格助詞 あくる カ行下二段活用「あく」連体形 夜が「明ける」に戸を「開ける」意味が掛けられています。 ま 名詞 間 は 係助詞 いかに 副詞 久しき シク活用形容詞「久」連体形 もの 名詞 と 格助詞 かは 係助詞 (反語)(係り結び) 知る ラ行四段活用「知る」連体形(「かは」結び) と 格助詞、 例 名詞 いつも、ふだん より 格助詞 は 係助詞 ひきつくろひ ハ行四段活用「ひきつくろふ」連用形 筆跡にもことさら注意して て 接続助詞 書き カ行四段活用「書く」連用形 て 接続助詞、 移ろひ ハ行四段活用「移ろふ」連用形• 移動していく 移り住む• (状態や事情・状況が)変わっていく• (色が)あせていく かわっていく• (紅葉などが)色づく ここは3です 「うつろひたる菊」で色変わりした菊 夫兼家のこころが他の女へ移ったことほのめかしています。 現代語訳 (私の手紙への兼家からの)返事に、「(門が開くのを)夜が明けるまでも待ってみようとおもったけれど、急用をつげる使者が自分のもとにやって来たのに出会ったので。 (門があくまで待たずにすぐにどこかに行ってしまったとあなたが怒るのも)たいそうもっともなことです。 (ましてこの寒い冬の夜のことなので余計にやりきれず寂しいものです。 しばしは、 忍び たるさまに、「内裏に。 」など言ひつつ ぞある べきを、いとどし う こころづきなく思ふこと ぞ、 限りなきや。 現代語訳 それにしても、(私がこれほど辛い思いをしているというのに、あの夫は)たいそう不思議になるほどしらばっくれれている。 しばらくは遠慮している様子で「宮中に(用事があるので参内しなくてはいけない=からあなたのもとには行けません)」などと言い続けているべきなのに、(そういう言い訳もしないで平然としている夫の様子をみるにつけ)いっそう不愉快に思うことこの上ない。 品詞分解 さても 接続詞 それにしても 「さても」は• そうして• そうであっても• それにしても ところで• それにしてもまあ、なんとまあ の意味があります。 いと 副詞 あやしかり シク活用形容詞「あやし」連用形• 不思議だ 異常だ• 賤しい 身分が低い• 人目を避ける 人目を避けて秘密にする• 恋い慕う• こらえる 気づかないようにする 包み隠す様子で宮中に行くと言ってくれればいいのに、 平然としているのが気に食わないんですね。 very muchと言った感じでしょうか。 心づきなく ク活用形容詞「こころづきなし」連用形 不愉快だ 気に食わない ゴロゴ228番 315の205番 思ふ ハ行四段活用「思ふ」連体形 こと 名詞 ぞ 係助詞、(係り結び) 限りなき ク活用形容詞「限りなし」連体形(「ぞ」結び) や 間投助詞。 (詠嘆) テスト対策 筆者が夫の兼家に対してとった態度や行動を整理すると?• 「内裏にのがるまじかりけり」と行って筆者の家からでかけた兼家を召使いに尾行させて、町の小路の女の存在を突き止める• 「あかつきがたに門をたたく」夜明け前ごろに兼家が筆者のもとに訪ねてきたらしいと思うと不愉快になって門前払いをする• このまま黙ってなんていられないと筆跡に注意して体裁を整えた歌をかいて、色変わりした菊に挿して送る• 筆者に対する気遣いもなく、平然とした顔で町の小路の女のもとに通う兼家に不快感を募らせる 兼家に対する筆者の感情がよく表現されている部分は?• さればよと、いみじう 心憂しと思へども• さなめりと思ふに、 憂くて、開けさせねば• いとどしう 心づきなく思ふことぞ、限りなきや 「『内裏に』など言ひつつぞあるべきを」という筆者の気持ちは? 兼家がよそに愛人を作ってきたのだけでも十分に気に入らないのに、まして筆者ににたいして全く気遣いをすることもなく、平然としている兼家の態度に深く憤っている。 次の「らむ」を文法的に説明すると?• 「げにやげに」の歌は「嘆きつつ」の歌をどのように受けているか、筆者と兼家の心情を考えてみると? 「嘆きつつ」からわかる筆者の心情 「あなたは私が門をあけるまでのほんのわずかな時間でさえ待つことを出来ずに、よその女のもとに行ってしまったではありませんか。 それなのに私は、門を開けるまでのじかんよりももっともっと長い時間を、たった一人でさびしく過ごしているのですよ」と兼家の愛情が衰えたことにうらみを述べて、兼家の行動を非難し、彼の心を自分に振り向けようと心を込めて読んでいる。 「げにやげに」からわかる兼家の心情 まず、妻である筆者が怒るのはもっともだとし、「あくる」の語を使うなど「嘆きつつ」の歌を全面的に受け止めたふりはしているが、「だが、すぐに戸を開けてくれないで、時間が経って遅く開けるのは、わびしくつらいことです。 まして寒い冬の夜に待たされるのですから、やりきれませんでしたよ」と実際には筆者の嘆きには少しも触れておらず、ただただ、自分勝手に自分のわびしさを主張している。 参考になれば幸いです。 この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます.

次の

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 現代語訳 藤原の道綱の母作 おもしろい よくわかる古文

うつろひたる菊 訳

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら さて、九月(ながつき)ばかりになりて、出でに たるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けてみれば、 人のもとにやらむとしける文あり。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 あさましさに見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。 意外なことだとあきれて(自分が)見てしまったということだけでも(夫の兼家に)知られようと思って、書きつける。 うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらん 疑わしいことです。 他の女性に送る手紙を見ると、ここへ(あなたが訪れること)は、途絶えようとしているのでしょうか。 など思ふほどに、むべなう、十月(かみなづき)つごもり方(がた)に、三夜(みよ)しきりて見えぬときあり。 などと思ううちに、思った通り、十月の末ごろに三晩続けて来ないときがあった。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など気色(けしき)あり。 (それにもかかわらず、夫の兼家は)素知らぬ顔で、「しばらく(あなたの気持ちを)試しているうちに。 」などというそぶりである。 これより、夕さりつ方(かた)、「内裏(うち)に、逃るまじかりけり。 」とて出づるに、 ここ(私の家)から、夕方ごろ、「内裏(宮中)に断れそうにない用事があるのだ。 」と(夫の兼家が)出かけるので、 心得で、人をつけて見すれば、「町小路(まちのこうじ)なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。 」とて来たり。 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 」と(召し使いの者は)言って帰って来た。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日(ふつかみか)ばかりありて、暁方(あかつきがた)に、門をたたくときあり。 思った通りだと、たいそう嘆かわしいと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがあった。 さなめりと思ふに、憂くて開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 翌朝、そのままにしてはおくまいと思って、 嘆きつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る 嘆きながら一人で寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものか分かりますか。 (いえ、分からないでしょう。 と、例よりはひき繕ひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色あせた菊に挿し(て手紙を送っ)た。 返り言、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの、来合ひたりつればなむ。 いと理(ことわり)なりつるは。 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことである。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 それにしても、たいそう不思議なほど、(兼家は)何気ないふりをしている。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、 しばらくは、(本来、他の女のもとに通うのを)隠している様子で、「宮中に。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 lscholar.

次の

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1の解答

うつろひたる菊 訳

こんにちは川です。 勉強のため日本語訳をしてみます。 訳は間違っているところがあるかもしれないので何かあったらコメントください。 原文 心のどかに暮らす日、はかなきこと言ひ言ひの果てに、 我も人もあしう言ひなりて、うち怨じて出づるになりぬ。 端の方に歩み出でて、をさなき人を呼び出でて、 「我は今は来じとす。 」など言ひ置きて、出でにけるすなはち、 はひ入りて、おどろおどろしう泣く。 「こはなぞ、こはなぞ。 」と言へど、いらへもせで、 論なう、さやうにぞあらむと、おしはからるれど、 人の聞かむもうたてものぐるほしければ、問ひさして、とかうこしらへてあるに、 五、六日ばかりになりぬるに、音もせず。 例ならぬほどになりぬれば、あなものぐるほし、 たはぶれごととこそ我は思ひしか、はかなき仲なれば、 かくてやむやうもありなむかしと思へば、 心細うてながむるほどに、出でし日使ひし泔坏の水は、 さながらありけり。 上に塵ゐてあり。 かくまでと、あさましう、 絶えぬるか影だにあらば問ふべきをかたみの水はゐにけり などと思ひし日しも、見えたり。 例のごとにてやみにけり。 かやうに胸つぶらはしき折のみあるが、 よに心ゆるびなきなむ、わびしかりける。 現代語訳 心のどかに暮らす日、ほんの些細なことを言い合った末に、 私()もあなた(兼家)も相手を悪く言うようになり、 あなたは恨み言を言って、出ていってしまった。 あなたは端(出口や縁側)の方に出ていき、道綱を呼び出して 「私はもうここには来ません。 」 と言い残し、出ていくとすぐに、道綱が部屋に入って、 大げさに泣き出しました。 「これはどうしたの。 」 と声をかけましたが、返事をしないで泣いているので、 どうせ、そういうことだろうと察しはつきましたが、 侍女に聞かれるのもいやで馬鹿げているので、 尋ねるのをやめて、あれこれと機嫌をとっているうちに、 五、六日ほどたちましたが、何の音沙汰もありません。 いつもとは違うようになったので、 「まあ、なんてひどい。 冗談だと私は思っていたのに。 ちょっとした関係だったから、このまま終わるかもしれない」と思い、 心細く物思いにふけていると、 (あの人が)出ていった日に使った泔坏の水がそのまま残っていました。 水面にはホコリが浮いていました。 こんなになるまでと、あきれて、 あなたとの関係は終わってしまった 影でもあれば 問うことも出来たのに 残っていた水にはがあってあなたの姿は映っていません そのようなことを思っていたその日にちょうど、あなたは現れました。 いつものようにうやむやになってしまってしまいました。 このように胸がヒヤヒヤするようなことばかりあり、全く気が休まることがなく、 それがせつないです。 泔坏・・・洗髪や調髪のため、米のとぎ汁や白水を入れる容器 上記の詳しい説明はこちらから こんな感じで訳しましたがどうですか? nakanaka1826.

次の