ブログ 稼げない。 料理ブログは稼げない?【主婦でも稼げる方法を模索する】

趣味ブログが圧倒的に稼げない理由はテーマを間違えている

ブログ 稼げない

ブログで稼げない人に説明する仕組み。 まず、ブログで稼ぐ仕組みについて解説していこうと思います。 これは、アフィリエイトという機能を使うことで成立します。 ブログとアフィリエイトは切っても切れない関係にあります。 第一に、アフィリエイトとは、企業の広告を自分のブログに貼り。 販売促進することで成立するビジネスです。 お客さんが自ブログで商品を購入した結果。 その売り上げの何割かを、報酬としてゲットすることが出来る。 それがブログで稼ぐということです。 ちなみにこのビジネス体系を 成果報酬型ビジネスといいます。 この商売を成り立たせるうえで必要な物• ASP• ユーザー この4つの要素が必要です。 自分、企業、ASPはすぐに用意できます。 しかし、ユーザーは労力をかけて集客する必要があります。 だからこそ、時間がかかるわけですね。 なぜ時間がかかるのか ここで、疑問に思った方はいるのではないでしょうか。 なぜ時間がかかるの? これに関しては理由が2つあります。 検索エンジンに認知されるのに時間がかかる。 スキルが身に付くのに時間がかかる そこについて説明してみましょうか。 検索エンジンの問題 まず、自分のブログを作ったからといって。 すぐに人が来るわけではありません。 第一として 検索エンジンの問題があります。 人がやって来る仕組みは• クリック• 訪れる の3ステップです。 で、普通の人は3ページも、4ページもめくったりしません。 集客するには検索エンジンの上位に表示される必要があるのです。 人を集めるには、検索エンジンの強者になる必要がある つまり、Google検索上位ランクされるページを作る必要が出てきます。 想像力があれば このページを作るのに労力がいる。 ということが分かるはずです。 しかし、現実はうまくいきません。 検索エンジンの1ページ目で表示されるには、どれだけ素晴らしいサイトでも長い時間がかかり。 それこそ、3か月から、1年ほどの期間がかかるのです。 これはGoogleのシステムがこうなっているからであり、僕たちにはどうすることもできません。 Googleのシステム まず、Googleには特殊なAIがあります。 それが、サイトを評価したうえで、順位付けを行うのです。 コイツがびっくりするほど、 優秀な機械です。 ネットの秩序を守っていると言えます。 この「Googleに評価される」ことに時間がかかる。 あなたがGoogleに立場になったとして。 出来立てのサイトを検索ランク上位に持ってくるか? と言えばしないでしょう。 恐らく、ある程度、充実しているか?そうでないか? じっくり精査して、それなりに時間が書け。 人様に見てもらうに足るサイトだな。 そう確信した結果、上位ランクに持ってくるはずです。 Googleがやっていることはつまりは、そういうことです。 だからこそ、 「頑張って書き上げた渾身の記事に人が来ない」 という現象が起こりうるわけで、多くの人が挫折し。 稼げない。 という現象が起きます。 結果の出ない努力程、むなしいものはない そして、 3か月がとても長く感じるわけです。 1記事にかかってくる労力が半端なく大きい。 それでいて、日にちして約100日間。 まったく報酬の上がらない作業に没頭しなくてはならない。 シンドイですよね。。 実際にやってみないことには、そのしんどさが分かりません。 ただ、なぜ、ブログで稼ぐ人がいるのか?と言えば 一度稼ぐシステムを作れば楽だからです。 勝手にお客さんが入って、商品を買い。 自分に収益が入る。 アフィリエイトは文章で営業をします。 そして、文章は自分の代わりに営業をしてくれる。 このブログでも寝ていても月々100万円ほどの報酬が入ってきます。 理由は、検索エンジンで、上位表示されるてるから。 そして、各記事が増えれば また書く記事が多いほど、稼げる金額は増えていきます。 記事=入り口です。 単純計算。 1日100人来る記事が一つの場合と。 1日100人来る記事が2つある場合なら。 後者の方が人が来ますね。 すると、売れる確率も高まります。 毎日投稿する理由 結論を早まれば、毎日投稿する理由はここにありますね。 投稿数を増やせば何とかなるだろう。 的な考えによるもので。 その実は、ちょっとした根性論なんです。 しかし、実際は、それが一番効率的なやり方なわけであって、ブログアフィリエイトは根性の世界だ。 とも言われます。 スキル問題 検索エンジンの問題について語りました。 ただ、スキルが身に付くのにも時間がかかる。 これも稼げない一理由です。 ブログで必要なスキルは以下の物です• SEO• ライティング• マーケティング 特に大事なのは1番のSEOです。 SEOとは 簡単に言えば、検索エンジンで上位に挙げる工夫です。 このスキルは経験則で身に着ける部分があります。 時間がかかりますね。 昨今のGoogleはマジで賢い そして昨今は、機械を騙すだけのSEOは通用しなくなったのです。 GoogleのAIが人間的な考えを持ちはじめ。 分かりやすく、濃い記事。 詰まるところ、内容が求められるようになってきました。 そんな時代ですから、自然と• ライティング• マーケティング この2つが欠如していると、検索上位には来ません。 結論を急げば、良い記事を書けるようになるまで時間がかかる。 だからこそ、稼ぐことに時間がかかるということですね。 検索エンジン問題と、実力問題。 これこそ、ブロガーに立ちはだかる2つの問題です。 実力がないのなら伸ばせばいい じゃあ、ブログで稼ぐことは出来ないのか? と言われれば、NOだと思います。 簡単な話です。 腕を磨くだけです。 【朗報】ちゃんとやっている奴はあんまりいない 幸い。 この世界本気でやっている人はめったに見ません。 皆 ツイッターでこれだけやったよ。 とか、努力自慢しています。 でもその人のブログを見てみると、毎日投稿は愚か。 1か月放置されてたり。 1000字にも満たない雑殴りで書かれていたり。 ひどいもんです。 また検索エンジンを見ても 対したサイトはないな。 と感じます。 分かりにくいし、愛を感じません。 そういったこともあるので。 と僕は思っています。 僕でも、月収30万円稼ぎましたからね。 要約すれば• 検索エンジン• 実力問題 この2つが立ちはだかりますが。 解決策を手っ取り早く言うのなら。 それなりにシンドイ思いを続けてみよう。 ということになります。 楽に稼げるのが副業じゃないの? 副業って楽なんでしょう? 半分間違いで、半分本当。 仕組み化と呼ばれる、努力の先にある領域に足を踏み入れれば。 稼ぐことは、びっくりするほど簡単です。 しかし怠れば、そこにたどり着くのは夢のまた夢です。 何が言いたいかと言えば。 とりあえず、 頑張ろうということです。 まとめ• ブログは検索エンジンを活用し集客する• それなりに月日を要する• 仕組み化すれば、独立も可。 以上が、今回の記事内容となります。 稼いでいきたい方は、覚悟が必要だと思ったのではないでしょうか。 間違いなく必要です。 でも、覚悟さえあれば誰でも出来ることだと思っています。 それは、僕の経験からでも、そうでした。 まあ、とにかく勝負してみることが大事だと思います。 まずは、稼げるor稼げないではなく。 続けるor続けないですね。 続けていけば、何らかの攻略法は見つかるはずです。 やり方を覚えれば、そのやり方を横展開し。 稼げるページを量産化し、収益を倍々ゲームで増やせると思います。 ってことで、僕が思ったブログでの稼ぎ。 と、時間をかけないと稼げない理由についてでした。

次の

『稼げないブログチェックリスト』収益月1万円を実現する30の改善項目

ブログ 稼げない

ブログマジで稼げない。 お酒も辞めたし、友達と遊ぶ時間も削って頑張っているのに… 月100万稼いでいる人とか、あいつら神なの? 僕のブログに足りない物はなんなんだよー! こんな疑問に答えます。 TwitterやYoutoubeを見ていると、月7桁ブロガーがゴロゴロしていますが、彼らを基準にしてはいけません。 ハッキリ言って彼らは化け物です。 私はブログ歴3年ほどですが、 これまでにブログに淡い期待を持ち辞めて行った人たちを数えきれないほど見ました。 幸いなことに私自身はまだブログを楽しみ、お小遣い程度なら稼げています。 そこで、 この記事ではブログ歴3年の私がステマなしで収益やPV数を公開。 凡人ブロガーのリアルを晒します。 本記事を読むことで、凡人がブログ頑張った場合の収益・PVのリアルを知れます。 また、ブログが伸びない原因に触れつつも、最後にブログを頑張る本当のメリットを解説。 記事数増やす• PV数が増える• アドセンス収益も右肩上がり 間違ってはいないんですけど、アドセンスは大量のPVがないと稼ぐのは難しいです。 ブロガー界の神(現在Youtoube)で活躍しているイケハヤさんのツイートを参照。 個人ブログやっている方はご参考に。 順調かなと思いつつも、Googleのさじ加減で吹き飛ぶこともあるので、あまり期待しないようにしています。 ということでアドセンスとASP広告は併用して使うのが大事。 【補足:アドセンス審査は年々厳しくなっています。 】 そのため、アドセンスを使いたくても使えない方がいるのも事実。 そういった方は、を読むといいです。 他人のブログを読んでいない これはそのまま、稼いでいる人のブログを日頃から読んで研究しましょう。 好きなことを書いている• 日記みたいな記事を書いている• 売れる商品や、紹介できるサービスがないジャンルで記事を書いている こんな感じだとなかなか稼げません。 】 でも、これラフテイングって紹介できる商品やサービスがほぼないんですよね。 』 なので、大きく稼ぐのは無理ゲーです。 私の場合はこれに気づくのが遅すぎました。 稼ぎたい方は以下の点を重視してジャンル選定をしてみてください。 トレンドブログの塾に40万円支払うが一万円しか稼げず• アドセンス特化の塾に20万円支払い入るが稼げず• 今なら分かるんですが、過去の自分に足りなかったのは自分で考え実践する力がなかったなと… 結局稼げるかどうかは自分次第なのに、どこか他人をあてにしていたんですよね。 だから、お金を払って思考停止で塾の教えを守ってただけで、そこに自分なりの考えや創意工夫が全くなかった。 そりゃ結果出ないよねって感じです。 途中でも言いましたが、 今の時代無料でノウハウはたくさん転がっているので、実践しつつ考えれば何十万もするコンサルは不要。 SEOもSNSもブログをしていなければ、触ることすらなかったでしょう。 ちなみに、これぐらいの実績でもWEB業界に転職することは可能らしい。 🔆ブロガー目指す3大メリット ・副収入が得られて安心 ・場合によっては月収100万以上ゲット(1000万円以上も可) ・失敗してもスキルが身についているのでWeb業界に転職可能 そうなんです。 例え失敗してもWeb業界に転職して年収も休みも増えます。 実践者より以上です。 — こざーな 39歳からインフルエンサー tokaihikikomori• Webライティング• セールスライティング• コピーライティング カンタンに言うと、文章で商品を買ってもらったり、サービスを使ってもらう力ですね。 また、近年ではブロガーがWebライターとして副業するパターンもよく見ます。 上場企業の時給ランキングはキーエンスが8037円で断トツトップなんですが、Webライターなら文字単価3円で1時間3000文字書けば時給9000円です。 他にも友人のお店のホームページも制作したりと、多少のプログラミングスキルがあります。 とはいえ、はじめからプログラミングが出来たかと言うとNoでして、ブログを始めてから徐々に学びました。 流れとしては以下.

次の

【ブログで稼げない】記事投稿759本ブロガーの本音【サイト価値】

ブログ 稼げない

そもそも経験が足りない【記事数が足りない】• アフィリエイト記事が少ない• 集客記事が足りない• ジャンル選定をミスってる• トレンド記事がない 1つずつ見ていきます。 ブログで結果出すには、ある程度の量は必要だと思う。 その目安がよく言われる100記事。 僕も特化サイトで100記事以上書いてきた経験があるから、今のブログで結果出せてる。 その点、トレンド記事はドメインパワーが低くても上位表示されることもありますし、上位表示されたらかなりのアクセスを集められます。 一時的なアクセスかもしれませんが、ドメインパワーも上がりますし、被リンクをもらえる場合もあります。 良い例として、あんすみすさんの「」では、うまくトレンドを取り入れていますね。 ブログ7ヶ月目ですが、 トレンドのバチェラー記事を書いて急激にブログを成長させていて、7万PV&月5桁も達成しています。 トレンド記事ばかりだと資産記事が溜まらないので、ほどほどにトレンド記事を取り入れてアクセスを集めるのも重要になってきます。 ブログで稼ぐにはGoogleの方針も意識する ブログで稼ぐには避けて通れないのが「 Googleの方針」です。 Googleの検索順位で上位を取らないとアクセスがない=収益が発生しないですからね。 Googleはコアアップデートを度々実施して、上位表示される方針を変えています。 有名なのは2017年の医療・健康ジャンルのアップデートですね。 このアップデートにより、医療・健康ジャンルの個人サイトは上位表示されなくなり、医療従事者や専門家、医療機関等の信頼性が高いサイトが上位表示されるようになりました。 最近だと、実体験の記事が上位表示されやすい傾向で、誰でも書けるような記事は上がりづらくなってますね。 こういった「 Googleの方針」を自分のブログに取り入れるのもブログで稼ぐには必要になります。 まとめ:ブログで稼ぐなら量をこなすべき 以上、ブログで稼げない人の理由でした。 実際に稼げなかった経験から言えますが、ブログで稼ぐには絶対にある程度の作業量が必要です。 100記事書いても稼げなくて挫折してるという人は、もっと量をこなしましょう。 ただがむしゃらに量をこなすだけではなく、 しっかりSEOやGoogleの方針を考慮しながらです。 そうすると将来的にブログで稼げるようになる確率はグッと高まりますよ。

次の