前髪 の くせ毛 を 治す 方法。 前髪のくせ毛を生かす方法!【生え際は湿気が原因?】

前髪のくせ毛を直す方法はありますか?

前髪 の くせ毛 を 治す 方法

目次でパッと理解する• 前髪のくせ毛の原因は? 乾燥や頭皮の汚れが、そのままに前髪のセットを崩してしまう原因のひとつ。 ここでは、前髪のくせ毛、不自然にくるんとなってしまう気になる原因について学んでいき、ライフスタイルの過ごし方や、ヘアセットのコツを見直していきましょう。 頭皮の毛穴の汚れ 頭皮や毛穴に汚れが詰まったままになると、前髪をぺしゃんこにしてしまうリスクがある、皮脂が過剰に分泌してしまいます。 皮脂は、ボリュームのある前髪を薄く見せてしまったり、前髪がべたべたしてしまうデメリットも心配なので、汚れを根本的にケアできる洗浄方法を身につけることがポイントになります。 濡れた前髪をすぐに乾かさない シャンプーやトリートメントをした後は、なるべく時間をおかずに、ドライヤーで乾かすことがヘアスタイリストからも推奨されています。 前髪を乾かさずに寝てしまったり、面倒だからといって自然乾燥してしまうと、髪が余計に水気を含み、オルトコルコルテクスというタンパク質と、水を含みにくいパラコルテックスというタンパク質のバランスが崩れ、前髪にクセがつきやすくなります。 また、自然乾燥は、髪と頭皮に雑菌を繁殖させることがあり、そこから皮脂が分泌されて、前髪のセットが崩れやすくなってしまうことも…。 ホルモンバランスの変化 女性のホルモンバランスはとても揺らぎやすく、ストレスや疲れ、妊娠や出産など、小さなことから大きなことまでに影響を受けてしまうことがあります。 ホルモンバランスが崩れてしまうと、頭皮の皮脂が過剰に分泌することにつながり、前髪のクセが直りにくくなったり、べたべたした不快感を感じやすくなってしまいます。 生活習慣の乱れ 食事の栄養バランスが乱れていたり、たっぷりの睡眠をとっていないなど、ライフスタイルの乱れはそのままに前髪のくせ毛につながってしまいます。 特に栄養バランスが崩れていると、前髪をキレイに、真っ直ぐに生やすための栄養素が不足していることとイコールなので、カラダの内側からの前髪ケアにも気を配ることが大切なのです。 前髪は基本的にくせがつきやすい 実は、前髪は他のパーツの髪に比べると、もとももキューティクルが細く、質感がやわらかいため、クセが付きやすい性質を持っています。 前髪は他のパーツよりもキューティクルが細いことと、もともとの毛質がとてもやわらかいため、ちょっとした刺激を与えるだけでもうねりやパサつきなども出やすい性質を持っているのです。 前髪のくせ毛を整えるスタイリング方法 前髪のくせ毛、うねりの原因は、とても多いことがわかりましたね。 ですが、ちょっぴり考え方を変えてみると、原因が多い分、対処できる方法も多いということでもあります。 ここからは、即効性があって手軽、前髪のくせ毛をすぐに解消できるスタイリング法についてチェックしてみましょう! 根元を水で濡らしてくせをとる 前髪のうねりやクセ、不自然なカールは、乾燥しすぎてパサパサになっていることも原因のひとつ。 前髪の根元を水で軽く濡らしておさえると、時間をかけずに厄介なクセを解消することができますよ。 根元をドライヤーで伸ばしながら乾かす ドライヤーで前髪に熱を与えると、与えた水分が内部にまで入り込むようになり、ものの数分で前髪のクセをなくすことができます。 ブローして形を整える くし付きタイプのドライヤーは、前髪をまっすぐに整えるための熱を与えながら、ブラッシングも併用して行うことができます。 ドライヤーの熱と、くしによるブラッシング効果で、徐々に前髪がまっすぐになり、うねりの出にくい髪質に整えることができます。 ストレートアイロンで伸ばす 前髪のくせ毛を治すベストなアイテム、ストレートアイロンは、ドライヤーよりも高い熱のチカラによって、髪の内部にうるおいを閉じ込めることができ、前髪が割と早くまっすぐに整います。 ポイントは、衣服にアイロンをかけるように、丁寧且つ短時間、スピーディに熱を与えることですよ。 前髪をヘアスプレーで固定 ハードタイプのヘアスプレーは、瞬間的に前髪の理想のスタイリングを整えてくれます。 ヘアスプレーを使うときは、前髪から10㎝以上離して、シュッと軽めにスプレーしてあげることがポイントです。 使った後にくしを通してしまうと、白く残ることがありますので、とかさず手で整えることがおすすめです。 前髪のくせ毛を抑える日頃のお手入れ 前髪のクセやうねりを治す、とっておきのスタイリング方法を知ったあとは、くせ毛を抑えるために習慣化したい日ごろのケア方法について見ていきましょう。 毛髪より頭皮をしっかり洗う そもそも前髪を含めた毛髪は、頭皮から生えているために頭皮の環境を健やかに整えることが前髪くせ毛防止の秘訣になります。 毛髪よりも、髪が生える土台である頭皮をしっかりと洗浄して、環境を整えることにも意識を向けてみましょう。 頭皮環境を整える 頭皮環境を整えるためには、正しいシャンプーの仕方を習慣化しながら、ヘッドスパなどのスペシャル的なケアをバランスよく取り入れていくことです。 頭皮はとても揺らぎやすく、紫外線のダメージをダイレクトに受けやすいパーツでもあるため、根本的なケアと、集中的な頭皮ケアが前髪を整えるポイントになります。 髪の毛を摩擦から守る 髪の毛を何気なく触ること多いですよね。 前髪のクセが気になると、強くブラシを当てたり、手でこすって整えてしまうことが多くなると思うのですが、クセを強くしないためにも、髪に与える摩擦を最小限に抑えることがポイントです。 バスタイム後の、タオルドライやドライヤーでのブローをする際にも、摩擦から前髪にかかるダメージが大きいことを認識し、使い方を見直してみることがおすすめです。 前髪のくせ毛が気になる?!意識したい生活習慣 つづいては、前髪のクセが気になると、やってしまいがちなNGパターンを把握しながら、意識したい生活習慣についても把握していきましょう。 バランスの良い食生活 食事から摂取された栄養は、良くも悪くも髪と頭皮にダイレクトな影響を与えるものです。 髪の健康に必要なタンパク質やミネラルをたっぷりと摂り、美髪を意識した食事の栄養バランスを意識しましょう。 規則正しい生活をして身体の内側からアプローチ 前髪のくせ毛を改善・予防するためには、表面的なケアと同じくらい、カラダの内側からもアプローチすることが大切です。 頭皮環境に悪い影響を与えてしまう、ストレスを溜めないことや、できるだけ良質な睡眠をとるように心がけましょう。 前髪のくせ毛改善・予防はもちろん、髪全体を健やかに生やす、成長ホルモンは、22時~深夜2時に活発に分泌されます。 そのため、この時間の間には意識して、まとまった良質な睡眠をとることを心がけましょう。 正しいシャンプーの仕方 前髪のクセを改善・予防するための基本的なケアとなる、正しいシャンプーの方法は、次の8ポイントになります。 ブラッシングをして、頭皮と髪の汚れやほこりを落としておく• ぬるま湯で、1分以上の時間をかけて予洗いをする• 手にゴルフボール程度の大きさのシャンプーをとり、手のひらで温める• 頭皮にたっぷりの泡をのせ、頭皮から毛先に向かって丁寧に洗う• 髪と頭皮全体を泡でおおうように、指の腹を使ってマッサージをする• 1~2分以上の時間をかけて、丁寧に洗い流す• 軽く水気を切り、ピンポン玉程度の大きさの量のトリートメントを馴染ませる• クセの付いた前髪を、真っ直ぐではなく、気持ち斜めに流すだけで、グッと大人っぽくなったり、フェイスラインに良い意味で影ができ、シックな魅力を引き出すことができます。 たるませ前髪アレンジ たるませ前髪アレンジは、前髪を集めに整えて、ハードスプレーなどで固め、そのままサイドに流しながら、束になった毛先をゆるっとたるませる方法です。 オデコのラインがキレイに見えたり、前髪を集めに整えることで、嬉しい小顔効果も期待できます。 まとめ 前髪のくせ毛対策、楽しんでチェックできましたか? 原因よりも、対処できる方法がたくさんあるので、みなさんそれぞれが継続しやすい方法を習慣にしながら、自分の前髪を好きになっていけるよう、応援しています!.

次の

くせ毛を直す方法でとても簡単にできる3つの方法とは?

前髪 の くせ毛 を 治す 方法

男性は前髪がきれいじゃないとおしゃれに見えない重要な場所 もともと男性がよく前髪を触ってしまうのは、髪型として1番重要な部分だから。 女性からしたらその問題をよくわかっていない人が多く、変な目で見て来るんですよね…。 とくにくせ毛なら外出すると、前髪から崩れてしまうでしょう。 それを目にしたら髪型そのものが、きれいにセットできていない…と、気になって仕方がなかった経験がありますよね? これはすべて前髪が原因だと思っていいですよ。 だからこそくせ毛は前髪がきれいにセットするのが重要なんです。 しかしなぜここまで前髪が重要なのか知っていますか? ツーブロックなどが流行っているからこそ前髪で個性を出すべき 男性が髪型で悩む場合、1番慎重に考えるのが前髪。 それはとくに重要な場所だからと、自然と思い込んでいるからでしょう。 理由なんて知る必要はありませんが、この原因を知っておくと髪型が決まっていないな…と思ったら、前髪さえ治せば案外他が乱れていても気になりません。 なぜ前髪が重要なのか?それは前髪以外のところが、極端に短い髪型が流行っているからなんです! くせ毛の人が前髪で悩むのは、ツーブロックのような刈り上げをしていませんか? この髪型だと1番長くなっている部分が前髪です。 もちろんツーブロックでなくても、男性の髪型は短いものが多く、強いていえば前髪が長くなっているでしょう。 長い髪から順番にくせ毛がひどくなるでしょうから、前髪ばかりが気になってしまうのがわかりますよね? つまり「髪型がなんか決まらないな…」と思ったら前髪をセットしなおすか、最初からくせ毛が治るような対策ができていれば、くせ毛が気にならなくなりますよ。 前髪のくせ毛はすぐには元には戻せないからこそ治す方法を活用 ちなみにくせ毛になってしまう原因を知って、元からくせ毛を治そうとしている人もいるかもしれませんが、それもナンセンス!やらないよりは対策を続けていたほうが、効果があるのはたしかですが、もともとくせ毛になってしまうのは以下のものが原因です。 親族の遺伝からくせ毛に…• 生活習慣からくせ毛に…• 頭皮が詰まっていてくせ毛に… 大まかに言ってしまえば、これらが原因でくせ毛になってしまうのですが、パッと見た感じすぐに改善しなさそうですよね? 今から紹介する方法を実践しつつ、根本的にくせ毛を解消する方法をセットでしていると、今よりはくせ毛がよくなるかもしれません。 しかし即効性が期待できないので、同時進行で以下のくせ毛を治す方法をしてみましょう。 男性の前髪のくせ毛を治す4つの方法 男性は前髪のくせ毛が原因で、なぜか全体の髪型が決まらない…となってしまいます。 だからこそ前髪のくせ毛さえ治す方法を知っていれば、それなりにおしゃれな髪型になれて、すぐにイメージチェンジができるでしょう。 もちろん正しい方法を把握していないと、前髪はすぐにくせ毛で戻ってしまいますよ。 面倒ならドライヤーでセットしてもOK! 前髪のくせ毛を治す1番気軽な方法は、お風呂から出た後に、きれいにドライヤーで乾かすこと!しかしただ乾かすだけだと、外出した瞬間に元に戻ってしまうんですよね…。 これの原因はなんだか知っていますか?じつは外にある湿気を髪が吸ってしまうこと。 湿気を吸収させないためには、ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントなどで、前髪をしっかり保湿してあげましょう。 ちなみにヘアケア剤のパワーによっても、きれいに前髪をセットできない場合があります。 洗い流さないトリートメントの保湿力と、自分の目指す前髪のバランスをチェックしておきましょう。 基本的にこのヘアケア剤は、痛みが出やすい女性に向けたもの。 男性の場合は短い髪型が多いため、保湿力がありすぎて前髪がペッタンコになり、きれいにセットできません。 つまりなるべくサラサラになるタイプを選んで、それをドライヤーの前に付けてから、乾かすのがおすすめですよ! キッチリくせ毛を治したいのならヘアアイロンを活用 ドライヤーで前髪のくせ毛をきれいにする場合、自然な感じに仕上げるのに向いています。 しかしくせ毛の度合いによったら、収まらないケースもありますよね?そこでヘアアイロンを使うと、確実にまっすぐになるでしょう。 ちなみにヘアアイロンの最高の温度をチェックするのがポイント!市販のヘアアイロンは温度がそこまで高くないものが多いので、くせ毛がひどい人だと、満足のいく前髪にならない可能性大!140度前後が一般的ですが、逆にそれ以上の温度にする場合も注意しましょう。 男性の場合は前髪でも比較的短いため、アイロンでセットをして失敗すると、修正できなくなってしまいます。 慎重にする意味でも140度前後がちょうどいいですよ。 さらに毎回ヘアアイロンで前髪をセットしていると、いくら髪が短い男性でも必ず痛みが出てきます。 痛みが出てくると、ヘアアイロンでもきれいにセットできなくなってしまうため、ヘアケア剤で保護しながらアイロンを使うのがベスト! セットを持続させる効果もあり、洗い流さないトリートメントを準備しておきましょう。 くせ毛独特のカールを消したいのなら美容室で部分ストレート 男性なら前髪がきれいにならないと、髪型そのものがパッとしないため、前髪のくせ毛さえまっすぐになれば問題が解決されますよね?それでも毎回ヘアアイロンを使うのも面倒で、続かない…と思った人もいるでしょう。 それなら美容室へ行って、前髪だけストレートパーマをするのもおすすめ!これにもポイントがあるので注意して美容師さんと相談してくださいね。 ストレートパーマには、大まかに分けて、2種類に分けられます。 縮毛矯正• ストレートパーマ それぞれメリットやデメリットがありますが、男性のくせ毛をきれいにするなら、ストレートパーマがピッタリ!縮毛矯正は薬剤のパワーが強いので、髪の毛1本ずつがピンとなって、不自然な髪型になってしまいますよ。 あえてくせ毛を活かした髪型に変えるのもおすすめ 前髪をまっすぐにするのもひとつの方法ですが、それ以上に個人的におすすめなのが、くせ毛を活かす髪型にする方法。 前髪がカールして目立っているのは、髪型全体が均一になっていないから変だと思ってしまうんです。 しかしパーマで全体を均一なカールにしてしまえば、おしゃれなくせ毛に早変わり!前髪だって気にしなくても、クセが活きておしゃれになれますよ。 まとめ 今回は男性のくせ毛を治す方法を紹介しました。 手っ取り早い方法は、ヘアアイロンで前髪をまっすぐする方法ですが、失敗すると修正できないデメリットがあります。 一発でセットできない自信がないなら、ドライヤーを使うのがおすすめ!髪が短い男性なら、この方法がちょうどいいかもしれません。 しかし毎回セットするのが面倒な人もいるでしょうから、美容室で前髪だけストレートパーマをするのもいいでしょう。 くせ毛の度合いによったら、全体にあえてパーマをかける方法でも、均一なカールができておしゃれなりますよ!好みや気分によって、対策の方法を変えてみてくださいね。

次の

前髪くせ毛の直し方って?汗や湿気でクルンってさせない方法と髪型アレンジ5選

前髪 の くせ毛 を 治す 方法

くせ毛も程度によりますが、ある程度直し方を知っておけば毎朝のスタイリングにストレスを感じなくてもすみますよ くせ毛がひどいと流行のヘアスタイルが楽しめない・・・・・。 そんな悩みをかかえた女性が多い中、くせ毛を何とかして直したいと思うことってあるのではないでしょうか? 「くせ毛は個性だから」 「くせがあっても可愛いよ」 なんて言われてもくせ毛の悩みは消えません。 やっぱりある程度くせが改善されることでいろんな髪型にチャレンジできますし、何より毎朝のスタイリングで長時間鏡とにらめっこしなくてもすみます。 (少しのくせが残るくらいならOKなんだけど・・・・・) そう思っている女性も多いのでは??? そんなあなたに今回はくせ毛を簡単に改善する方法をお伝えします。 くせ毛を改善して、毎日のヘアスタイルの悩みから早く解放されましょう。 ストレートパーマ• 縮毛矯正 などです。 これは見た目にかなり変化があり、ひどいくせ毛がまっすぐになる夢のような方法です。 しかしデメリットもそんざいします。 それはダメージが強い• お金がかかる という点です。 確かに縮毛矯正などは一度かけたら半永久的に効果が続きます。 しかし、髪を傷めてまで続けるのってちょっと悩みますよね? 自宅でくせ毛を直す3つの方法とは? 一般的に美容院などで施術してもらう• ストレートパーマ• 縮毛矯正 などは当たり前に耳にすると思います。 なので今回は 自宅で自分でできる内容から考えておすすめの方法を3つご紹介しますね。 シャンプー くせ毛を直すのに身近に取り組めるものといえば毎日使う シャンプーです。 毎日何かしらのシャンプーを使って髪を洗っているのですから、そのシャンプーを見直すだけでくせ毛対策になるなんてとても簡単でいいですよね。 くせ毛を治す効果をうたった商品は数多く出回っています。 しかし、その中のほとんどは、ストレートパーマをかけるために使われる薬剤を配合したものが多いようです。 それで少しはストレートヘアになれればいいのですが、そう簡単にはいかないものです。 シャンプーだけではなかなかストレートヘアにはなりませんし、パーマのための薬剤を使っているとしたら髪に多少のダメージを与えてしまうでしょう。 そうであれば、たとえ簡単に直らなくても、少しずつ髪に潤いを与えてツヤを出したり、くせ毛のうねりなどを落ち着かせてあげられるような目的で商品化されているシャンプーを使うことをおすすめします。 健康な髪を維持しながらくせも改善する この考え方はくせ毛の人には特に大事です。 なぜなら髪の傷みこそがくせ毛をひどくしてしまいます。 くせ毛の場合に大敵なのが 髪の乾燥 です。 くせ毛の構造上、 くせ毛がない人に比べて髪が乾燥しやすいのは避けられません。 それならばその乾燥に潤いを補ってあげればいいのです。 トリートメントをすると髪への指通りや手触りがとてもよくなるのを感じたことはありませんか? これはシリコンが多く含まれているからです。 シリコンは髪の毛のコーティング作用があるので一見とてもいいように思われます。 しかし・・・・・ コーティングすることで外からの栄養素を中に取り込むことができなくなるのです。 なのでくせ毛などで乾燥して潤いのなくなった髪のためにはシリコンがたくさん含まれているものを避けて髪の栄養素になるものを含んでいる商品を選びましょう。 ではその栄養素とは何でしょう?• アミノ酸• ヒアルロン酸 などです。 アイロン 家で簡単にできて効果があるといえば、 ヘアアイロン ですね。 アイロンは、熱を髪に加えて髪の流れを変えます。 アイロンで髪をはさんで開く 位置をずらして同じことを繰り返す。 髪をはさんだまま位置をずらしたり、髪を引っ張ると髪が傷つきます。 その時はきれいになったように見えるかもしれませんが、何度も繰り返すとくせ毛以前に髪がボロボロになって修復できなくなるので注意が必要です。 最近はヘアアイロンにもお手軽な価格で購入できるものも増えているので若い世代から手軽に愛用されることが多いと思います。 しかし、 簡単ゆえに、道具はきちんとしたものを選んだほうがいいですね。 髪のスタイリングは一生続けるものです。 なるべく髪にダメージを与えない、長く使い続けられるものがおすすめです。 使うたびに髪が美しくなる そんなキャッチフレーズのヘアアイロンがあります。 お値段が少し高めですが、縮毛矯正やストレートパーマを何度もかけると考えれば 長い目で見てかなりお得です。 それに使うほどに髪が傷むのが普通のヘアアイロンで、 使うほどにきれいになっていくというのはワクワクしますね。 「くせ毛を直す簡単な方法」のまとめ 今回ご紹介した方法は美容院での施術に頼らず、自宅でできるものです。 自宅でできるのはとてもありがたいのですが、 続けることが大事です。 ストレートパーマや縮毛矯正などのように 劇的に改善するものではありませんが、その分 髪のダメージを考慮してくせ毛に優しい方法になっています。 根本からくせ毛改善を目指すのなら、自分の髪を大事にしていく方法を選ぶのがおすすめです。 未来のヘアスタイルを作るには毎日の継続が大事です。

次の