ファフロッキーズ 天気の子。 オタマジャクシはカエルの子♪

「ファフロッキーズ」に関するQ&A

ファフロッキーズ 天気の子

約1年ぶりにまた映画を目にすることができたので、つらつらと感想を重ねたいと思います。 なんかもう始まりから懐かしくて涙が出てくるね。 なんか懐かしい — べる bel729• ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーとの共通点 そういえば、母親の死から始まる映画ということで、この前ちょうど見直したこともあり ちょっとGotGのことを思い出しました そう考えながら見直していたら、 陽菜ちゃんが天気の巫女の役目を背負わされたのって 彼女のセリフにもありましたが 「母親と晴れ空の下を歩きたかった」 という後悔が根底にあったりするのかな、と思ったり GotGでスターロードが 「母親の伸ばした手を握らなかった」 後悔が呪縛となっていたように。 それを強く感じたのが、穂高が陽菜ちゃんを取り戻した後のシーン 彼女のチョーカーが外れているんですよね。 チョーカーのシーンもある意味天丼の一種ではあると思うんですけど 落雷を起こして大惨事を引き起こし、 自分のしたことに茫然自失になる陽菜ちゃんを穂高が引っ張っていくシーン 穂高がお守り代わりにしていた拳銃が本物だったことを撃って気づいたシーンと対になっていたんですね。 やっぱり新ためて見返すときづきがおおいです。 美麗な映像はBDでも変わらず BDを待ち望んでいた理由の一つは、 RADWINPSの美麗なミュージックに合わせたこれまた美麗なシーンを何度も見直せるからですよね! 花火大会のシーンなんて、 優しいBGMに合わせてカメラがぐるんぐるん回る まるでドローンで撮影したかのようなシーンに 画面が小さくても鳥肌が止まらなかったですし 100%晴れ女のお仕事を 「祝祭」 をBGMに駆け足で見ていくシーンもいいよね 「人の心は空に繋がっているんだと僕は初めて知った」 という穂高のモノローグが、後半真逆の意味を持ってしまうのも良い か細いピアノソロから始まる 「グランドエスケープ」 から始まる一連のシーンも本当に涙が出るくらい素晴らしい おうちの中で晩御飯食いながら号泣していましたよ このシーンファフロッキーズに陽菜ちゃん食べられそうになっていたのかな 天気の巫女の末路というか、なんというか先代の巫女も空に連れていかれた後ファフロッキーズによって消えていったんじゃろうか、そう考えると結構怖いシーンよね 空から落ちる2人がお互いの手をつかんだ時に、細かく握りなおしながらお互いをだぐり寄せていくのも、所作がとても細かくてさすがすごく丁寧に作られているなと胸が熱くなります。 極めつけはラストシーン 「大丈夫」 の穏やかなイントロの中坂を上っていく穂高は、 瀧君のおばあちゃんから「そういうもの」といわれ 須賀さんから「うぬぼれんな」と励まされ 思いが揺らいでいた穂高の目の前に陽菜ちゃんが現れるところで どん! とサビから始まるの本当に良いですよね。 サビがまさに陽菜ちゃんを見る穂高の心情を表しているので RADWIMPSの圧倒的な歌唱力で視聴者も強制的に穂高とシンクロさせられるて没入感が凄い そして可愛い そのままスッと美しいエンディングに移っていくのも、凄く清涼感の有る後味でスッキリとします😊 テンポの良い前半でスカッとして、重い中盤から怒濤のような後半でがっと泣いて 見終わったらすっごくリフレッシュした気分 グランドエスケープと大丈夫はお子も好きなので、流れるたびにお子が歌いだすのにも癒されました またお子が大きくなって、意味が分かるようになったら一緒に見たいですね。 最後に 一緒に見ていた奥さんが、 「去年の台風を思い出す・・・」 とつぶやいていたのが印象的でした。 確かに1度目の台風でうちの市もいたるところが水没し、停電し その後の対応は通常業務を圧迫して大変でした 台風の後始末が終わらぬまま コロナ禍による緊急事態宣言が始まり それが解除されてなお、私たちは緊張にさらされています。 それがために、 物語から3年後、水没を受け入れて首都として力強く生きていく東京の絵を見て フィクションなのはわかっていますが それでも、変わってしまった世界が、変化を受け入れ、乗り越えていく姿に いわゆる アフターコロナ ウィズコロナ の時代もしぶとく力強く乗り越えられるんじゃないかという希望が感じられ 「君とともに乗り越えていく Weathering With You 」 というタイトルのもう一つの意味が改めて胸に沁み 閉塞感に息が詰まりそうだった今、この作品を改めて見れてよかったと そう思わずにはいられませんでした belphegor729.

次の

【ネタバレ感想考察】「天気の子」を君の名は。嫌いがみた結果|愛が歌われ尽くした世界で描かれた現代人への応援歌

ファフロッキーズ 天気の子

で魚の雨が降った光景。 ファフロツキーズは、その場にあるはずのないものが無数に降り注ぐ現象を指す用語である。 からの散布やによる飛来など原因が判明しているものを除き、「なぜ降ってきたのか分からない」ものを指す。 語義からすればでもファフロツキーズと呼べるはずだが、通常「多数が落下してくる」現象として認識されている。 落下物に明確な共通性はなく、様々な事例が記録されているが、どういうわけか水棲生物の落下事例が目立ち、また混在ではなく単一種のみであることが多い。 このような現象は古来世界各地で確認されている。 英語圏ではを、一般的にはRaining animals、Creature falls 、またはRain of fishのように呼ぶ。 主要な仮説 [ ] 竜巻は牛のような大型の生き物でも吸い上げ数マイル先まで運ぶ力がある。 竜巻原因説 [ ] は強い力で周辺の物体を持ち上げ、巻き込んで上空へ放り出す。 竜巻に巻き上げられた物体は時にの中のに乗り、かなり遠くまで運ばれることがある。 実際、で発生した竜巻によりがと共に巻き上げられて遠く離れた内陸部へ落下した事例が存在する。 とともに魚やが降ってきたという証言も複数存在することから、最も有力な説のうちの一つとなっている。 しかし竜巻ではの軽いものを中心に無差別に巻き込むので、降る時も様々なものが混在すると考えられる。 重量や形態によって気流の影響度合いが異なり落下地点に差が生じたのではないかという意見もあるが、そもそも同時期に広い地域で別のものが降ってくるという記録はなく、大半が人里離れた場所へ落下しているのでもなければ、最初から単一物しか降っていないことになり、竜巻だけでは説明し切れないとされる。 ただし、魚のなど同じ種類の物体だけが狭い範囲に多く集まっている場合もあり、場所によっては巻き上げられる物体が限られるため、完全に否定するには至らない。 鳥原因説 [ ] 水棲生物の落下例が多いことから、が咥えた獲物を上空で取り零しているのではないかという説。 ただ狭い地点に多数落下するためには、(全数を落下させるとは考えられないことから)大規模な群れでなければならず、それならば落下時に無数の鳥が上空を飛ぶのが目撃され、原因と認識されたであろう。 そのような記録もないことから鳥原因の可能性は高くないと考えられる。 飛行機原因説 [ ] これはファフロツキーズの全体を普遍的に説明するというより、一部のファフロツキーズについての可能性を示唆するものである。 飛行機はしばしば飛行中にのによる氷をに生じ、これらがに成長し剥がれて落下してくるという事例は確認されている。 また空輸中に室が開くなどして積荷を撒いてしまう可能性も否定はできない。 悪戯説 [ ] 1555年フランスで描かれた魚が空から降る光景の。 何者かが人為的に落下物を散布しているという説。 ほぼあらゆる事例と矛盾しないが、散布の瞬間を目撃された事例もなく、また最古の事例では1000年以上も遡るなど古くから少なからぬ記録があることから、数例についてそのような行為があった可能性は否定しないものの全体を普遍的に説明する説としてはいささか弱い。 錯覚説 [ ] 主に、事例の多い蛙落下現象を説明する仮説。 蛙が集団発生し群ごと町を横断した場合、「突如として現れた無数の蛙」はまるで空から降って湧いたように思われるのではないか、というもの。 実際、蛙が多数落下してきた瞬間をはっきり目撃した証言はないようで、上空から降ったなら必ず発生するであろう多数の潰死体も記録にない。 すべての事例に当て嵌るものではないが、少なくとも蛙の例では大半がではないかと考えられる。 過去の事例 [ ]• (8年)、 - 『』の記録として、に雷雨があり、23枚が降ってきたと記述されている。 古代の人々には人工物という認識はなく、天空の神々が使用し、雷雨の時に天から落下した天工物と考えられていたが、江戸時代になり、によって初めて人工物であると発表され、によって定説化した。 (5年)8月、市中に小雨に混じって大量の獣毛が降った。 色は白ないしは赤、長さは15~40cm、太さは馬の尾の毛ほどだった。 2月、 - 市内各地で魚の雨が降った。 のような猛禽類が食べた肉を吐き出したものと推定されている。 、 - 強風によって引き裂かれたのものと見られる、真っ赤なの雨が降った。 ただし、裏づけとなるような強風や鳥の死骸はなかった。 7月、アメリカ合衆国 - 嵐が最もひどくなった時にカエルやが降った。 町のおよそ4ブロックに渡ってカエルで埋め尽くされ、最大8cmの厚さまで積もった。 、アメリカ合衆国 - 晴天の中暗雲が現れ、、、といった魚を降らせ、その後白い雲になった。 5月、 - 60~80gのカエルが町に降った。 北アフリカに生息する種であり、強風で運ばれたものと見られている。 ~、アメリカ合衆国 - の粒が数回にわたって降った。 、 - 小雨の中、約800匹が降り、民家のが覆われた。 7月、 - 赤みがかかった雨が降った( )。 詳しい調査によれば雨にはのが含まれていたが、出所は不明だった。 6月、など - 多数のが降った( )。 当時、周辺地域の大気は安定していてなどによる原因とは考えにくく、不可解な現象だったことから全国的なニュースとなった。 しかし後の見解により、鳥が吐き出したものと見られている。 6月、 - 強風を伴う雷雨との中、・・・などの魚介類が降った。 脚注 [ ] [].

次の

「天気の子」展コラボスイーツが可愛すぎる!かなとこ雲パンケーキも登場

ファフロッキーズ 天気の子

約1年ぶりにまた映画を目にすることができたので、つらつらと感想を重ねたいと思います。 なんかもう始まりから懐かしくて涙が出てくるね。 なんか懐かしい — べる bel729• ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーとの共通点 そういえば、母親の死から始まる映画ということで、この前ちょうど見直したこともあり ちょっとGotGのことを思い出しました そう考えながら見直していたら、 陽菜ちゃんが天気の巫女の役目を背負わされたのって 彼女のセリフにもありましたが 「母親と晴れ空の下を歩きたかった」 という後悔が根底にあったりするのかな、と思ったり GotGでスターロードが 「母親の伸ばした手を握らなかった」 後悔が呪縛となっていたように。 それを強く感じたのが、穂高が陽菜ちゃんを取り戻した後のシーン 彼女のチョーカーが外れているんですよね。 チョーカーのシーンもある意味天丼の一種ではあると思うんですけど 落雷を起こして大惨事を引き起こし、 自分のしたことに茫然自失になる陽菜ちゃんを穂高が引っ張っていくシーン 穂高がお守り代わりにしていた拳銃が本物だったことを撃って気づいたシーンと対になっていたんですね。 やっぱり新ためて見返すときづきがおおいです。 美麗な映像はBDでも変わらず BDを待ち望んでいた理由の一つは、 RADWINPSの美麗なミュージックに合わせたこれまた美麗なシーンを何度も見直せるからですよね! 花火大会のシーンなんて、 優しいBGMに合わせてカメラがぐるんぐるん回る まるでドローンで撮影したかのようなシーンに 画面が小さくても鳥肌が止まらなかったですし 100%晴れ女のお仕事を 「祝祭」 をBGMに駆け足で見ていくシーンもいいよね 「人の心は空に繋がっているんだと僕は初めて知った」 という穂高のモノローグが、後半真逆の意味を持ってしまうのも良い か細いピアノソロから始まる 「グランドエスケープ」 から始まる一連のシーンも本当に涙が出るくらい素晴らしい おうちの中で晩御飯食いながら号泣していましたよ このシーンファフロッキーズに陽菜ちゃん食べられそうになっていたのかな 天気の巫女の末路というか、なんというか先代の巫女も空に連れていかれた後ファフロッキーズによって消えていったんじゃろうか、そう考えると結構怖いシーンよね 空から落ちる2人がお互いの手をつかんだ時に、細かく握りなおしながらお互いをだぐり寄せていくのも、所作がとても細かくてさすがすごく丁寧に作られているなと胸が熱くなります。 極めつけはラストシーン 「大丈夫」 の穏やかなイントロの中坂を上っていく穂高は、 瀧君のおばあちゃんから「そういうもの」といわれ 須賀さんから「うぬぼれんな」と励まされ 思いが揺らいでいた穂高の目の前に陽菜ちゃんが現れるところで どん! とサビから始まるの本当に良いですよね。 サビがまさに陽菜ちゃんを見る穂高の心情を表しているので RADWIMPSの圧倒的な歌唱力で視聴者も強制的に穂高とシンクロさせられるて没入感が凄い そして可愛い そのままスッと美しいエンディングに移っていくのも、凄く清涼感の有る後味でスッキリとします😊 テンポの良い前半でスカッとして、重い中盤から怒濤のような後半でがっと泣いて 見終わったらすっごくリフレッシュした気分 グランドエスケープと大丈夫はお子も好きなので、流れるたびにお子が歌いだすのにも癒されました またお子が大きくなって、意味が分かるようになったら一緒に見たいですね。 最後に 一緒に見ていた奥さんが、 「去年の台風を思い出す・・・」 とつぶやいていたのが印象的でした。 確かに1度目の台風でうちの市もいたるところが水没し、停電し その後の対応は通常業務を圧迫して大変でした 台風の後始末が終わらぬまま コロナ禍による緊急事態宣言が始まり それが解除されてなお、私たちは緊張にさらされています。 それがために、 物語から3年後、水没を受け入れて首都として力強く生きていく東京の絵を見て フィクションなのはわかっていますが それでも、変わってしまった世界が、変化を受け入れ、乗り越えていく姿に いわゆる アフターコロナ ウィズコロナ の時代もしぶとく力強く乗り越えられるんじゃないかという希望が感じられ 「君とともに乗り越えていく Weathering With You 」 というタイトルのもう一つの意味が改めて胸に沁み 閉塞感に息が詰まりそうだった今、この作品を改めて見れてよかったと そう思わずにはいられませんでした belphegor729.

次の